幸運を

ペドロ

ペドロ

『僕は後半40分からの男ではない』

初めて観た印象は、『よく走るなぁ〜』だった。それも、両手を豪快に回し前からボールを追いかけていた。ピッチの何処にいても、走り方で分かるプレイヤーだった。

左右のどちらの足でも正確なキックが蹴れて、切り返しも上手だ。高さは無いけれど、そこそこスピードがあって、自分を犠牲にできるチーム・プレイヤーだった。

『ラ・マシア』からトップチームでプレイする栄光を手にできる「実力」と「運」を持っていて、バルサでの活躍とともに『ラ・ロハ』にも招集されてビッグ・タイトルも手にすることができた。プジョルやシャビのようにはいかないけれど、セスクよりは愛されヴァルデスのようにワガママではない。

そんなペドロ・ロドリゲスは、かねてより噂されていたマン・ユナイテッドではなくモウのオヤジが待つロンドンへ。

寂しくなるが、ロンドンでの活躍を祈る(もう1G1Aを記録)。君の走り方とパンチパーマを僕は忘れないよ。

幸運を。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中