新たな悲劇、さらなる試練

バルサ

バルサ

かんべんして欲しい(泣)。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第2節、バルセロナVSレヴァークーゼン@カンプ・ノウ。

開始1分でシュートを放たれ、5分にお返し。レヴァークーゼンが前から激しいプレスを仕掛けてきてオープンな撃ち合いで始まったこの一戦。リアクションを見せたバルサでしたが、徐々に動きを失いレヴァークーゼンの圧力を躱せなくなっていきました。中2日の疲労もあったと思いますが、それは相手も同じ。フレッシュなはずのアウヴェスとマテューが攻撃に参加できない。イニエスタのドリブル突破が効果的でしたが、最後のところでネイマールやスアレスと合いません。不用意なミスからピンチを招きヒヤリとする。そして22分、コーナーキックから簡単に失点してしまいました。言い合うシュテーゲンとスアレス。スアレスが悪かったようには思いませんでしたが、前で競っていなかったからかな。マテューがやられたのが原因だと思いましたが・・・。

 

バルサ

ギガ・クラック、レオ・メッシが居ないなかでどうするのかがポイントでしたが、右サイドのサンドロとアウヴェスはダメでした。前半終了間際にネイマールのシュートが右ポストに当たって、それを拾ったサンドロがシュートを放ちましたが、戻ってきたディフェンダーにブロックされネットを揺らすことができません。これを決めていればノッていけたと思いましたが、前半は0ー1で折り返し。後半早々にチチャリートにフリーでシュートを打たれ(何故か大きく枠を外した)決められていたら終わっていましたが、命拾いをしたバルサ。でもなかなかゴールを抉じ開けることができませんでした。

そして訪れたさらなる悲劇。

 

イニエスタ

イニエスタ

イニエスタ

奮闘していたドン・アンドレスがドリブルで侵入して行って右足でパスを出した瞬間に倒れてしまいピッチをあとに。ハムストリングを痛め4週間から6週間アウトで、バルサはメッシに次いでイニエスタも失ってしまいました(泣)。

イニエスタをジョルディ・アルバ(怪我から戻ってきた)に、サンドロをムニルに替えて打開を図るルイス・エンリケ。70分を過ぎたあたりでラキティッチに替えてセルジ・ロベルト投入。この日は中盤に入ったセルジ・ロベルト。今唯一ノリノリの男がやってくれましたね。

 

セルジ・ロベルト

セルジ・ロベルト

80分。

ジョルディ・アルバの折り返しをシュートしたムニル。そのボールが溢れたところを詰めて貴重な同点弾を上げてくれました。

息を吹き返しイケイケになったバルサ。

 

スアレス

スアレス

82分。

エリア内左で引っ掛かりながらも粘ったムニルが中央に入ってきて、シュートフェイクから中央にいたスアレスに優しいパスを送って、スアレスは豪快にゴール右隅上に蹴り込み勝ち越しに成功しました。

解説していた福田くんも言ってましたが、ボールをもらう前の2歩下がる動きが秀逸でした。

 

スアレス

ここぞの決定力は流石でした。

 

ルイス・エンリケ

『信念で勝つこともあれば、気持ちで勝つこともあれば、素晴らしいプレーで勝つこともある。それがフットボールだ。今日は信念で勝った。チームはこの勝利で強くなるだろう』

と語ったルイス・エンリケ。

シュテーゲンは自信喪失?、ピケとマスチェラーノのデキがよくなく、この日先発したアウヴェスとマテューはまったく使えませんでした。

『イニエスタのケガは全員にとって落胆だ。まるでジョークみたいだ。どうしてケガが多いのかは分からない。それが人生だ。イニエスタのケガは最悪の知らせだが、我々はこれを乗り越えられることを示していく』

セルジ・ロベルトは右ラテラルでとてもイイのに、今後は中盤で使わざるをえないかな。マスチェラーノをアンカーにして、ブスケツとラキティッチでもいいけど、中盤が危機的状況です。

『メディアは、メッシ離脱でほかの選手たちがもっと仕事をしなければいけないという間違った考えを伝えている。では、メッシが戻ってきたら、ほかの選手たちはリラックスしていいということなのか?。これはチームなんだ。全員が常に100%を出さなければいけない』

とにかく今いる人間でベストを尽くす。年内には全員が揃い年明けには新戦力がプレイできる。

そこまで耐えて、耐えて勝ち点3を拾う。リーガもチャンピオンズもまだ狙える状況にいることができれば・・・。

バモス!バルサ!!。

広告

フットボールよりも大切なことがある

カタルーニャ

バルサ

27日に行われたカタルーニャ州議会の総選挙で、スペインからの分離・独立派が過半数の議席を得た。スコットランドとは違う結果を得る可能性を得たカタルーニャの人たち。日本人の僕なんかには想像も出来ない、宿願への偉大な歴史的第一歩なのだろう。

『バルサよりも独立の方が重要だ』

でも『クラシコ』が観れなくなる(そうとも言い切れないのだけれど)のはとてもとても悲しい。リーガ・カタルーニャ創設や別のリーグに参戦する(仏リーグ・アンなど)や法律を変えて(大人の事情)リーガ・エスパニョーラで引き続きプレイする等色々言われていますが・・・。

どうなるのでしょうか。

Yellow Signal

メッシ

メッシ

メッシ

8週間アウト?。んな馬鹿な。AS.comには3〜6週間とありましたが・・・。兎に角、メッシが傷んだのは間違いありません。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第6節、バルセロナVSラス・パルマス@カンプ・ノウ。

セルタ戦の傷口に塩を塗り込んだ厳しいアクシデントが発生してしまいました。開始4分。右サイドに侵入してきたメッシが振り抜いた左足がディフェンダーに引っ掛かって左足左膝内側の筋肉?を痛め当分ゲームに出ることが出来なくなりました。wowowでは8週間というコメントもありましたが、実際はどうなんだ?。もちろん『クラシコ』もアウト?。それよりもチャンピオンズ。バテは何とかなってもレヴァークーゼン相手に大丈夫か。8週間とかだとグループ・リーグもほぼアウト。

連覇は遠く霞の向こうへ去ってしまいました。

 

スアレス

スアレス&ネイマール

スアレス

ここで踏ん張らないといけないのがS&N。

この試合ではスアレスが結果を出しました。25分にセルジ・ロベルトのクロスを頭で叩き込み、54分にはムニルのグランウンダーのクロスからブスケツがスルーしたボールをエリア内やや右から豪快に蹴り込みドブレッテ。ちょっとイラついていましたが、真ん中でやはりプレゼンスを発揮してくれました。

 

ネイマール

一方のマルコメ・ネイマール。

脱税しているという報道(それで坊主にしたのかな?)がゲーム前に出てましたが、そのせいか気負い過ぎてスアレスが得たハンドのペナルティを強引に奪って蹴りましたが、ボールは大きく枠の上に飛ばす失態(泣)。

蹴れども蹴れども・・・。後半終了間際にカウンターから左サイドを抜け出し、中央に侵入して右サイドでフリーになっていたサンドロに決めろよパスを出してましたが、肝心のサンドロがフリーにもかかわらず枠に飛ばせない。ムニルもサンドロもやはり厳しいですね。しかし前線はもう他に誰もいません。加えてこのゲームでは、中盤の底に入っていたマスチェラーノのボールロストからまたまた失点してしまう醜態。

ここまで6節、守備が酷すぎます。ブラヴォが戻ってきて落ち着けばイイけど。

そしておそらく1月にはセルタのノリートを獲るのでしょうけど(メッシの怪我で確定した)、そこまでにバルサの今シーズンは終了しているかもしれません。

期待していたシーズンでしたが、早くもイエロー・シグナルが灯りました。

 

セルジ・ロベルト

ここまでで唯一の明るいニュースが、右ラテラルで躍動しているセルジ・ロベルト。

このゲームでも、ドリブルで相手を剥がしたり効果的なオーバーラップを仕掛けたり正確なクロスを上げたりと、パーフェクトに近いプレイを見せてくれました。

文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。

 

メッシ

歩いてピッチを後にしたんだけど・・・。離脱期間情報がフェイクであって欲しい。11月21日の『クラシコ』には間に合った!!・・・まぁ無理か。

それにしても酷い週末となってしまいました。

えっ???

ギャングスタ

ギャングスタ

ギャングスタ

ギャングスタ

ギャングスタ.

コレで終わりは余りにも酷い。

ギャングスタ.Act.12『ODDS AND ENDS』を観たのですが、これで最終回。2期がないとは・・・。

今クールのアニメで一番楽しんで観てたのですが、これには正直開いた口塞がりませんでした。

コニーちゃんはどうなんの?。

ニックは雨の中飛んでるだけだし・・・。

ウォリックはナイフで刺されながらストライカーさんに一撃を見舞う(ダウナー注射?)も2階から落とされて・・・。

原作と同じ進行とのことで、『続きは原作を読め』ってことだとまとめサイトにコメントが出てましたがそんなのでイイの?。最近はこういうのが流行り?。結局、血界戦線の最終話も全然放送されないし(何のアナウンスもない)・・・。

 

ギャングスタ

ニナちゃんもビックリ。

昭和のオヂサンは正直付いていけませんよ、まったく。

 

ギャングスタ

前話でダグ坊だけ死んじゃって・・・(泣)。

 

ギャングスタ

サー・ジーナ・パウルクレイと赤毛のジンジャー好きだったのに、あまりにも見せ場がなかった。

 

ギャングスタ

攫われたコニーちゃんはどうなんのよ、ホント。

デリコとエリカ兄妹の邂逅は?。

2期・・・なっ、なんで?。

バライードスに沈み首位陥落

バルサ

バルサ

バルサ

酷かったなぁ。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第5節、セルタVSバルセロナ@バライードス。

眠らずに観たが、バルサは終始眠っていました。特に最終ライン。出場停止が開けたピケとマスチェラーノが酷すぎました。グイグイとプレッシングを掛けてるセルタ。ボールを持てばパス&ムーブでどんどんアタッキングサードに侵入してきてました。

左サイドでボールを持ったノリートが軽くコースを狙って蹴った先制点。ノリートへの寄せが甘すぎましたし、シュテーゲンも何とかして欲しかった。

ピケの不用意なボール処理からイアゴ・アスパスに難なくバセリーナを沈められて瓦解。攻めへの意識が強すぎて、バランスを欠いて失点してしまうバルサ。見るに堪えないゲームでした。

あと、今シーズンは前半の45分にゴールを記録することが出来ていません。スロースタート過ぎますね。惜しいチャンスもありましたが、セルタ程度のプレッシング(このゲームのセルタは凄かったですが)を掻い潜れないのは恥ずべきことです。

『セルタを称賛するしかない。効率性やフットボールの内容という点で、彼らは非常に完成度の高い試合をした。我々に勝つのであれば、セルタのようなチームであってほしいと思う。良いサッカーをして、汚い手を使わないチームだ。最も魅力的なフットボールをしているチームの一つだ』

『1-4で敗れて満足することはできない。これからよく考えて、分析していきたい。この結果を教訓として、フットボールで勝つのはいつも非常に大変なんだと理解しなければならない。リーガで勝つのは非常に難しい』

とコメントしたルイス・エンリケ。

確かにセルタは汚いファウルも見苦しいプレイもなく、ただ単純にランニングとインテンシティでバルサを上回りました。セルタのプレッシング、マンマークを掻い潜る戦略を提示できなかったことも不安です。両セントラルをワイドに開かせ、両ラテラルに高い位置を取らす。これだけでも結構躱せたと思うんだけど・・・。

『相手は僕らに結果で勝っただけじゃなく、プレーでも上回っていた。それが心配なことだ。個人の勝負でも勝っていた彼らは勝者に相応しかった』

と語った元気がなかったマスチェラーノ。

ビルドアップも右サイドへの安全なパスばかり。チームを鼓舞することも、怒るシーンもありませんでした。どうしちゃったんだ?。

何はともあれ首位から陥落したバルサ。

負けるのは構いませんが(負けるときもある)、それなりのものは見せてもらわないと。週末のバウンス・バックに期待するのみです。

 

メッシ

レオ・メッシはそれほど悪いとは思いませんでしたが・・・。シュートがポストに嫌われたりとやや不運もあったと思いますが、ゴールが少ないのが気になります。

このゲームではメッシのアシストからネイマールが沈めたのみ。昨シーズンはMSNで122ゴールを決めましたが・・・。

次節は前半からガンガン行ってもらいたいものです。

ノイズ

オマエは何のために働いているのか?。

クダラナイ仕事に、クソのような上司とゴミのような同僚。気の利かない後輩といけ好かないクライアント。毎日毎日決まった時間に吐き溜め輸送車に乗り込み、携帯端末を弄る目の死んだ他人たちと共にオフィスへ向かう。

始業時間の5分前に着席し、ラップトップを開いてコーヒーを飲み干す。数台のデスクで鳴り響く受話器に殺意を覚え、ものの5分もしないうちに紫煙のために席を立つ。

寿命を削る安息の地に、アホ面を下げた部下が『部長が探しておられます』と死刑宣告を告げにやってくる。二度目の殺意を胸に仕舞い、無菌室のようなカンファレンスルームの扉をノックして、僕は席に着くことだろう。

吐く息がこの世のものとは思えない体制側の奴隷にいいように言われ続け、僕はカンファレンスルームの片隅に置かれたパキラを眺め、冷静さを保つ努力を実行することだろう。

無駄なコストの垂れ流しを罵倒し続け、コミットメント、コミットメントと覚えたての横文字をオウムのように言い続けるクソヤロウ。延々と続くミーティング。空虚な目標設定と無意味な対策。折りたたみテーブルを蹴り上げ、『死ね』と言えればどれほど爽快なことだろう。

『アンタの吐く息は生ゴミ以下だ』

 

モニカ・ベルッチ

頭の中のノイズと共に『一服して落ち着けよ』ともう一人の自分が囁き掛けてくる。

良くない・・・、全くもって良くない。

まもなく、ラグビーのワールドカップ(初戦で優勝候補の南アフリカ相手にスポーツの歴史上で最も凄いジャイアント・キリングを起こした我らが日本)の第二戦が始まる。未明には、バルサのゲームからマドリーと連続ライブ視聴が待っている。スポーツを観て気持ちを切り替えよう。仕事は、お金のためだけなんだ。仕事は、遊ぶためにやっているんだ。

まぁ、仕方ないよな。僕は、何処にも行けない哀れな社畜なんだから・・・。

後半4発4連勝

バルトラ

ネイマール

メッシ

メッシ&ネイマール

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第4節、バルセロアVSレバンテ@カンプ・ノウ。

ホッと一安心と一抹の不安。

チャンピオンズのローマ戦からスタメン5人を入れ替えたバルサ。前半は、その弊害がモロに出てましたかね。ムニルとサンドロは稚拙過ぎて、アウヴェスは無駄なクロスを上げまくり、アドリアーノは相変わらずゲームに入れませんでした。良かったのは先制点を上げたバルトラくらいか。メッシがトップ下で先発というフォーメーションは斬新も、前半はほとんど見せ場なし。嫌な雰囲気の中始まった後半にようやくいつものアシストでバルトラの先制点をお膳立てし、勝ち点3が見えました。続けてネイマールが2人の股間を通してゴールを上げて、ネイマールが得たペナルティをメッシが沈め、さらに終了間際に右サイドから中央へ切れ込みゴール左隅に蹴り込んでドブレッテで4連勝。ローテーションで勝ち点3を上積み出来たことはポジティブでした。

 

シュテーゲン

メッシ

一方の不安点。

またまたシュテーゲンが、今度はハイボールをパンチング仕切れず失点してしまい、またメッシが自ら得たペナルティを大きくフカして失敗してしまいました。

最近目立つなぁ。

確実に失点をなくして、得点を奪う。改善が必要です。

『うまく組織的なプレーができていなくて、みんな少し混乱に陥ってしまった。僕ももっとはっきりプレーすべきだったし、失点の責任は受け入れる』と語ったテア・シュテーゲン。今回はコーチング不足だったかな。スペイン語大丈夫なんだろうか、心配です。

『確かなのは、僕は自分のスタイルに忠実なGKだということだ。なぜプレースタイルを変える必要があるんだ?。このままの形でプレーを続けるつもりだ。自分の仕事のやり方には満足しているからね』

ブラヴォより足元のスキルがあるので、よりバルサ向きではあります。何とか修正してもらいたいものです。

 

ルイス・エンリケ

2シーズン目でローテーションのやり繰りもサマになってきたルイス・エンリケ。

ミッドウィークも注目です。