It’s over !?

モウリーニョ

美人すぎる女医、(モウリーニョに干された)エヴァ・カルネイロ女史の呪いなのだろうか(笑)。

グティソン・パークにこだました『降格』のチャント。今シーズン最初のプレミア視聴は、ディフェンディング・チャンピオンが早くもタイトル・レースから脱落することとなったゲームかもしれない一戦となった。

2015-2016・プレミアリーグ第5節、エヴァートンVSチェルシー@グティソン・パーク。

敵地の乗り込んで守備的戦術で臨んだにもかかわらず、前半に負傷交代でピッチに入ったネイスミスにネットを揺らされ、最終的にはハットトリックを許すお粗末。コスタもアザールも沈黙し、マティッチの豪快なミドルで一時は1点差に迫るも、まったくイイところがなかった。

5節を終えて勝ち点4の、1988年以来の最悪なシーズン・スタートとなったブルーズ。モウのオヤジが、プレミアで初めて喫したハットトリック。5節で12失点は、老朽化した最終ラインの弊害か。守備的戦術の達人の蹉跌。まだ5節だが、首位を無敗で快走するシティに早くも勝ち点差11を付けられ16位に沈んだブルーズ&ハッピー・ワン。

来週からは、チャンピオンズも始まるヨーロッパ・フットボール。長期政権を望むモウリーニョの最初の正念場が早くも訪れることとなった。

 

ネイスミス

ネイスミス

ネイスミス

屈辱の3失点。

 

banner

『オマエらの失敗はオマエらの遺産だ』

どういう意味を込めて、どちら側の人間が飛ばしたバナーか分かりませんが、ブルーズに(モウリーニョに)なんともアイロニカルに響きます。

どう巻き返すだろうか。

カルデロンでの決戦をライブ視聴する前に目の当たりにしたモウのオヤジの歴史的敗北。CR7がエスパニョール相手にマニータで覚醒した土曜の夜。間も無くキックオフを迎えるバルサとアトレティコとのビッグ・マッチに、バルサの勝利を祈るばかりです。

合掌。

広告