デヴィッド・フィンチャーが贈る珠玉のスタイリッシュ・コメディ

ゴーン・ガール

『ゴーン・ガール』をwowowで観ました(ネタバレなし)。

【あらすじ】

ミズーリ州のとある田舎町。結婚して5年目になるニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は、誰もが羨む理想のカップルだった。ところが結婚記念日に、エイミーは突然姿を消してしまう。室内には争った跡があり、警察は他殺と誘拐の両面から捜査を開始。美しい人妻の謎めいた失踪事件はたちまち注目を集め、小さな町に全米中からマスコミが殺到した。次第に不可解な言動が明るみとなり、疑惑と批判の矢面に立たされていくニック。だが、そこには恐るべき真相が隠されていた。

 

ゴーン・ガール

とてもオモシロ恐ろしい映画でした。『セブン』のデヴィッド・フィンチャーが撮ったので期待して観ましたが、期待を裏切りません。

破綻した夫婦関係を、アホ過ぎる旦那と静かに怒り狂う妻が取った恐ろしい行動を描き切った快作です。

加えて、秀逸な映像美と音楽。

デヴィッド・フィンチャーが、世の中の全ての夫婦に贈る『お前らマトモじゃねーよ』というブラック過ぎる皮肉が描かれています。

兎に角、観て損はありません。

 

ゴーン・ガール

幸せだったエイミーとニック。

 

ゴーン・ガール

ゴーン・ガール

それが、エイミーをこれほどにまでさせる(笑)。

全ての男は馬鹿なのだ。

 

ゴーン・ガール

ゴーン・ガール

コメディです、間違いなく。

(観ていただくと分かりますが)ベン・アフレックの顎からしても、半ばでのエイミーのチャップリン・ジャンプやモーテルでの出来事等々。

 

ゴーン・ガール

村上春樹風に言えば、『相互理解に基づいた「我慢」と「許容」』が結婚生活を円満に送るコツなのだが、「我慢」と「許容」の限界を超えたアメリカン・リアリティ・コメディ。結局は、『人々はじっさいには不自由が好きなんだ』という名言が映画のラストで去来しました。

シルバー・ウィークに何て映画を観てしまったんだろう(笑)。でもまだ観てない全てのカップルにオススメする良作です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中