新たな悲劇、さらなる試練

バルサ

バルサ

かんべんして欲しい(泣)。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第2節、バルセロナVSレヴァークーゼン@カンプ・ノウ。

開始1分でシュートを放たれ、5分にお返し。レヴァークーゼンが前から激しいプレスを仕掛けてきてオープンな撃ち合いで始まったこの一戦。リアクションを見せたバルサでしたが、徐々に動きを失いレヴァークーゼンの圧力を躱せなくなっていきました。中2日の疲労もあったと思いますが、それは相手も同じ。フレッシュなはずのアウヴェスとマテューが攻撃に参加できない。イニエスタのドリブル突破が効果的でしたが、最後のところでネイマールやスアレスと合いません。不用意なミスからピンチを招きヒヤリとする。そして22分、コーナーキックから簡単に失点してしまいました。言い合うシュテーゲンとスアレス。スアレスが悪かったようには思いませんでしたが、前で競っていなかったからかな。マテューがやられたのが原因だと思いましたが・・・。

 

バルサ

ギガ・クラック、レオ・メッシが居ないなかでどうするのかがポイントでしたが、右サイドのサンドロとアウヴェスはダメでした。前半終了間際にネイマールのシュートが右ポストに当たって、それを拾ったサンドロがシュートを放ちましたが、戻ってきたディフェンダーにブロックされネットを揺らすことができません。これを決めていればノッていけたと思いましたが、前半は0ー1で折り返し。後半早々にチチャリートにフリーでシュートを打たれ(何故か大きく枠を外した)決められていたら終わっていましたが、命拾いをしたバルサ。でもなかなかゴールを抉じ開けることができませんでした。

そして訪れたさらなる悲劇。

 

イニエスタ

イニエスタ

イニエスタ

奮闘していたドン・アンドレスがドリブルで侵入して行って右足でパスを出した瞬間に倒れてしまいピッチをあとに。ハムストリングを痛め4週間から6週間アウトで、バルサはメッシに次いでイニエスタも失ってしまいました(泣)。

イニエスタをジョルディ・アルバ(怪我から戻ってきた)に、サンドロをムニルに替えて打開を図るルイス・エンリケ。70分を過ぎたあたりでラキティッチに替えてセルジ・ロベルト投入。この日は中盤に入ったセルジ・ロベルト。今唯一ノリノリの男がやってくれましたね。

 

セルジ・ロベルト

セルジ・ロベルト

80分。

ジョルディ・アルバの折り返しをシュートしたムニル。そのボールが溢れたところを詰めて貴重な同点弾を上げてくれました。

息を吹き返しイケイケになったバルサ。

 

スアレス

スアレス

82分。

エリア内左で引っ掛かりながらも粘ったムニルが中央に入ってきて、シュートフェイクから中央にいたスアレスに優しいパスを送って、スアレスは豪快にゴール右隅上に蹴り込み勝ち越しに成功しました。

解説していた福田くんも言ってましたが、ボールをもらう前の2歩下がる動きが秀逸でした。

 

スアレス

ここぞの決定力は流石でした。

 

ルイス・エンリケ

『信念で勝つこともあれば、気持ちで勝つこともあれば、素晴らしいプレーで勝つこともある。それがフットボールだ。今日は信念で勝った。チームはこの勝利で強くなるだろう』

と語ったルイス・エンリケ。

シュテーゲンは自信喪失?、ピケとマスチェラーノのデキがよくなく、この日先発したアウヴェスとマテューはまったく使えませんでした。

『イニエスタのケガは全員にとって落胆だ。まるでジョークみたいだ。どうしてケガが多いのかは分からない。それが人生だ。イニエスタのケガは最悪の知らせだが、我々はこれを乗り越えられることを示していく』

セルジ・ロベルトは右ラテラルでとてもイイのに、今後は中盤で使わざるをえないかな。マスチェラーノをアンカーにして、ブスケツとラキティッチでもいいけど、中盤が危機的状況です。

『メディアは、メッシ離脱でほかの選手たちがもっと仕事をしなければいけないという間違った考えを伝えている。では、メッシが戻ってきたら、ほかの選手たちはリラックスしていいということなのか?。これはチームなんだ。全員が常に100%を出さなければいけない』

とにかく今いる人間でベストを尽くす。年内には全員が揃い年明けには新戦力がプレイできる。

そこまで耐えて、耐えて勝ち点3を拾う。リーガもチャンピオンズもまだ狙える状況にいることができれば・・・。

バモス!バルサ!!。

広告