今クールのアニメはコレで決まりデス

ルパン三世1

なんか音程が違うけど(笑)。

ルパン大好きな昭和のオヂサンにはたまりませんね、30年ぶりのTVシリーズ新『ルパン三世』。

青いジャケットが目を引きます。昭和のオヂサンとしては緑なんだけど(笑)。イタリアで大活躍するルパンと一味(若いころのルパンだそうです)。沢城さんの不二子ちゃん、イケてます。

全24話あるみたいで、楽しみ過ぎますね。

 

ルパン

次元

不二子

五右衛門

OP、カッケェェー。OPだけかもですが、最後まで観ようと思います。

 

 

あとはコレかなぁ。ノイタミナの『すべてがFになるTHE PERFECT INSIDER』。読んだことないのですが、推理作家森博嗣さんの小説が原作。コレも観てみようと思いますが、とにかくルパンですね。

広告

魅せたビッグセーブと大人の対応

カシージャス

モウリーニョ

スペシャル・ワン、何を思う?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループG第2節、ポルトVSチェルシー@エスタディオ・ド・ドラゴン。

三匹の黒い羊(のうちの一匹と言われた)とその羊飼いの邂逅。『聖』イケルは昔のままの『聖』イケルだった。セスクのミドルシュートを難なく弾き出し、ペドロに訪れたビッグチャンスもパーフェクトにセーブ。ハイボールの処理と足元のスキルがプアと酷評されマドリーで干されたカシージャスだったが、健在の超人的なシュート対応力をまざまざと見せつけモウリーニョに強烈なカウンター・パンチをお見舞いした。

前半のラストプレイでウィリアンにFK(カシージャスは一歩も動けなかった)を沈められ追いつかれたが、52分にカウンターから決勝点を上げて2-1で勝利を手にしたポルトとカシージャス。チェルシーを怖れることなく攻めて勝ち点3をモノにした。

 

カシージャス

自身の、チャンピオンズ・リーグ歴代最多出場記録(152試合出場)を祝うカタチとなったこのゲーム。

『モウリーニョとは挨拶を交わしたよ。お互い紳士的に手を差し出した。もう長い時間が過ぎたし、彼と会うことがあれば挨拶を交わすよ。過去に生きるものではないからね』

『彼とは3年間を一緒に過ごして素晴らしい時間もあったし、困難な時間もあった。再会することに特別な意味はなかったよ。喜んだのはモウリーニョに勝ったからではなく、チームが勝ったからさ』

とコメントした大人なカシージャス。

『キャリア・ダウンだろ』という声が大方の意見だったと思うが、『新しい挑戦』としてポルトガルの地へ渡ったイケル・カシージャスの矜持が窺えた一戦、バルサのゲームの後に連続視聴したがナイスゲームでとても良かった。