重い、遅い、守れない

バルサ

バルサ

おまけに運もない。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第7節、セビージャVSバルセロナ@サンチェス・ピスファン。

酷い、拙い、攻めれない。

前半、ネイマールのFKがポスト右に当たってキーパーの背中からゴールライン上を転がりましたがゴールならずのシーンがありましたが、それだけ。身体が重そうで、ピッチ状態も酷く重い。プレイスピードと判断が恐ろしく遅くゴールできる雰囲気は皆無でした。そんな中では絶対に失点してはいけないのですが、今シーズンはまったく守れません。52分にマテューの緩すぎるプレイから右サイドを難なく突破されグラウンダーのクロスから溢れたところをクロンデーリに蹴り込まれ失点。その後の58分にはクロンデーリの左サイドからのクロスをこれも難なく頭で沈めらて0-2に。

今のバルサに2失点は重すぎます。でもここからギアが上がったように攻めるバルサ。遅い、遅過ぎる。サンドロの無理なシュートがハンドを誘いネイマールが危なっかしく決めて1-2となって更なる勢いが出ました。ホント遅い。ネイマールがこれでもかとシュートしますが跳ね返され、セーブされ固く閉じられた門。それでも、ネイマールのスルーパスを受けたスアレスが左サイドを抉って中央に飛び込んできたサンドロが交錯しながらシュートしたボールは左ポストを直撃しゴールならず。

運もない。

 

ネイマール

セビージャ

ピケが詰めてきたんですが・・・、遅い(泣)。

繰り返しますが、運も無い。

 

マテュー

マテューのディフェンス、酷すぎました。

 

バルサ

使える、使えない(マテューとアウヴェス)がはっきりしてきましたが、圧倒的にコマが足りません。ブラヴォでも2失点が物語る酷すぎる守備。(この日外された)テア・シュテーゲンが心から気の毒に思いました。

インターナショナル・マッチ・ウィークに突入して、FIFAウィルスに感染してくる人数も多いと思いますが、幸いにてスアレスとネイマールは出場停止。でも2人で抉じ開けるにはあまりにも渋滞しているエリア内。さて、どうしたもんか。イエロー・シグナルから早くもレッド・シグナル?。『スーパー・サンデー』前日に贔屓のバルサの失速は悲しい限りです。勝ってたらバイエルン対ドルトムント、アーセナル対マン・ユナイテッドにマドリード・ダービーを心ゆくまで楽しめたのになぁ。

カガワくんの活躍を、Mrヴェンゲルの苦虫顔を、マドリーが負けるのを願うばかりです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中