流麗

アーセナル

エミレーツ

これだからガナーズ・ファンは止めれないのかな。今シーズン観た中で一番素晴らしい前半でした。

2015-2016・プレミアリーグ第8節、アーセナルVSマン・ユナイテッド@エミレーツ。

『スーパー・サンデー』の一発目にライブ視聴しましたが、最高でした。6分、前から奪いかえしたボールをラムジーがエジルに渡し、エリア内右深部を抉ったエジルが中央へ折り返したボールをアレクシス・サンチェスが走り込んできて秀逸なヒールでデヘアの壁を破り、その1分後には左サイドで仕掛けたウォルコットが中央で待ち構えていたエジルに決めてくださいパスで、エジルがゴール左隅に美しく蹴り込んであっという間に2-0。

前からのプレッシャー、ボール奪取からのショート・カウンター。パーフェクトでしたね。マン・ユナイテッドは受けてしまいましたかね。20分には左サイドからドリブルで仕掛け中央から豪快にネットを揺らし3-0。このテンションを90分維持するのは不可能ですが、このレヴェルのプレイをコンスタンに披露できればプレミアを制するのになぁ。

凄い前半でした。マン・ユナイテッドにシュートを前半終了間際まで許さずパーフェクト。ワントップのウォルコットは速く、エジルのプレゼンスも良かったです。『天才』でした(笑)。

まぁ、後半はアクセルを緩めましたが危ないシーンもチェフがビッグセーブで失点を許さずクリーン・シート。Mrヴェンゲルはこの後のインターナショナル・マッチ・ウィークをさぞや恨んだことでしょう。

しかし、ガナーズは麻薬でしょうか(笑)。このゲームのようなフットボールを披露できるなら期待したくなりますよ、そりゃあ。コンスタントに披露できるか、ヨーロッパの舞台でどこまでできるか。僕はアーセナル・サポではありませんが、やっぱ観たくなります。でも裏切られるんだよなぁ。それが麻薬的でもありますかね。

『スーパー・サンデー』一発目のこのゲーム、最高に満足できました。

 

サンチェス

サンチェス

ハットトリックは逃しましたが、2得点で最近複数得点で確変中のアレクシス・サンチェス。

セリエ、リーガ、プレミアの三大リーグでハットトリックを達成した初めてのプレイヤーに相応しい活躍でした。

 

エジル

エジル

1G1Aで結果を出した『天才』エジル。

やれば出来るんだよなぁ。好きなプレイヤーなので頑張って欲しいですね。

 

ヴェンゲル

苦虫を噛み潰す顔を見る予定だったんだけど・・・(笑)。チームは、この笑顔ガッツポーズのデキでしたね。まぁ、たまにはイイかな。

『スタートからいくと決めてきた。プレスをかけて、素早く仕掛けることにしたんだ。うまくいったね。それができたら、我々はゴールを決めることができる。守備も統制がとれていて、コンパクトさを維持した』

『ビッグゲームにはいつも勝たなければいけない。それが自信を得るために重要だということは、過去の経験から十分に分かっている。ただ、それを次に生かさなければいけないね。次はワトフォード戦だ。代表に行く選手が無事に戻ってくることを祈ろう

 

ファンハール

こちらはマン・シティに首位の座を開けた渡し三日天下に終わったファン・ハール。

『あのようなスタートでは、決して試合に勝てない。我々はすべての一対一やセカンドボールで負けた。アーセナルが素晴らしいチームなのは前もって言っていたはずだ。彼らにあのようなスペースを許せば、難しい。5分で2点差では、もっと難しい』

『私はまだ答えを探している。チームの半分以上がゲームプランどおりでなかった。予想外だ。我々は首位のチームだった。(公式戦)4連勝中だったんだ。それを守らなければいけなかった。理解するのは難しい。まだ理由を探さなければいけない』

『(最悪のパフォーマンスだったか?)そうだと思う。我々は普通のパフォーマンスができず、アーセナルの方がずっと良かったからね。彼らの方がずっとアグレッシブだった』

神経症の暴君の苦悩はまた続く。マン・ユナイテッドのバウンス・バックにも期待したいと思います。

広告