カンプ・ノウに立つ

乾くん

乾くん

79分間のメモリー。

今日はやっぱりコレ、午前2時から視聴した。

史上4人目(城くん、大久保くん、中村くんに続く)としてカンプ・ノウのピッチに立ったジャパニーズ・アタッカー、乾貴士くん。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第9節、バルセロナVSエイバル@カンプ・ノウ

しかし、見せ場はほとんど無かった。先制点の起点にはなったが、終始左サイドで孤立していた。フリーなのにパスが来ない。ドリブルで仕掛けるシーンもあったがボールロスト等でプレゼンスは発揮できなかった。この日、ボールに触れた回数は17回だったそうだが、到底満足することはできない。

周りとの連携が足りない(周りに信用されていない?)。ネイマール・ポジションで先発したからには、ボールを持たないことには始まらない。本家のネイマールはスアレスとの効果的な連携から2アシスト。スコアしなくても半端ないプレゼンスだった。レオ・メッシ不在のバルサは、ネイマールから始まりスアレスで終わる。そこまで望まないが、フリーの時はもっとボールを要求して欲しかった。

効果的なワンタッチで起点となったが、こんなものではないハズだ。単なるメモリアルで終わって欲しくない。

同じくこの日、ジグナル・イドゥナ・パルクで『魔法を掛けた』と賞賛されたカガワくん(3アシスト)よりも先にカンプ・ノウのピッチに立った乾くん。デビューゲームのように仕掛け結果を残して欲しい。

『起点になった』という見出しにはウンザリしているんだ。

前線からのプレッシングに周りとの連動。ボールを寄越せとアピールし、時にはエゴイスティックにゴールに向かって行ってもらいたいものだ。

一方の愛しのバルサ。

またもや簡単に失点してしまいどうしようないですが・・・。ちょうど一年前の『クラシコ』でリーガ・デビューを飾ったスアレスが、素晴らしいハットトリックを決めて勝ち点3を手にしました。

よかった。

 

スアレス

スアレス

スアレス

スアレス

世界基準の決定力、プライスレス。

カンプ・ノウに行きたかったなぁ。

 

スアレス&ネイマール

ネイマールとの連携が半端ない。

 

トリデンテ

ハットトリックの記念ボールを手にトリデンテで一枚。

レオ・メッシの帰還を待つと共にこのまま年内は凌いで来日してもらいたいものです。

広告