ラキティッチの2発と心配事

ライティッチ

ラキティッチ

バルサ

強烈なミドルと技あり。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第3節、バテ・ボリソフVSバルセロナ@ボリソフ・アレーナ。

引いて守る相手にネイマールからのアシストで2発沈めたイヴァン・ラキティッチ。最近あまり調子が良くない感じでしたが、この日はセルジ・ロベルトの負傷交代で途中出場ながら結果を出してくれました。

この2ゴールが今シーズンの初ゴール。メッシが居ない右サイドをもっと攻め上がって欲しいと思います。

勝てて良かったですが、正直寝落ち(泣)。アーセナル対ミュンヘンが面白かっただけに・・・。バック・トゥ・バックの次節@カンプ・ノウでグループ・ステージ突破を確実にしてもらいたいものです。

それにしても、眠かったなぁ(泣)。

 

ネイマール

2アシストで引き続き好調のネイマール。

 

バルサ

『ゴールを決めるのは好きだよ。でも、最も重要なのはチームを助けることができたということだ』

と語ったイヴァン・ラキティッチ。これからもゴールに絡むプレイをお願いします。

 

セルジ・ロベルト

心配なのはセルジ・ロベルト。今シーズン大きく飛躍しているカンテラーノですが・・・好事魔多し。

『非常に深刻なケガというわけではないと思う。彼は冷静に歩いていた』とルイス・エンリケはコメントしましたが、大事に至らないことを願うのみです。

広告

歴代最高傑作をいまさらに

SONY DSC

新型のNexus 6PやNexus 5Xが発売されたなか、僕はようやくNexus6(ホワイトの32G版)を手に入れました。

いまさら何故(笑)?。デザインがカッコいい(歴代最高だと思います)のとQiが使える、そして最大の理由が安くなったからですね(新品を5万でゲットしました)。

android6.0マシュマロはまだ降ってきてませんが(5には降ってきたのに・・・)それも個人的にはちょうど良い(5をいつものようにアップデートして後悔してたので)。

末長く愛でて使っていきたいと思います。

それにしても6Pの背面のカメラデザイン、ダサ過ぎません?。アルミボディで凄くイイのにもったいないなぁ。

4G1A

ネイマール

ネイマール

2つのペナルティを誘発。

 

ネイマール

一つは左に、もう一つは右に。

 

ネイマール

スアレスのシュートの溢れ球に詰めて、仕上げはスアレスからの決めろよパスをゴールにパス。

キレていた、ネイマール。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第8節、バルセロナVSラージョ・バジェカーノ@カンプ・ノウ。

図らずも、相方がゲーム前に言ってたとおりに『ラージョだし、圧勝するわね』となった。

まぁでも、まったく褒められたゲームではない。セットプレイから早々と失点(15分に)し、最終ポゼンッション率は45%。確か前回もラージョ相手にポゼッションで下回っていたと思う。ボールロストが目立ち(ラキティッチがダメだったし、サンドロはインビジブル)、パコ・ヘメス曰く『どちらがビッグチーム、スモールチームかは分からなかった』ゲームだった。オマケに22本もシュートを浴びて2失点。

今年いっぱいはこんな感じだろう(泣)。リーガも、チャンピオンズも失わない位置でなんとかゲームを消化して行くことが最優先だ。

 

ネイマール&スアレス

5点目のスアレスのゴールをアシストしたネイマール。

ゲーム中のアウヴェズからのサイドチェンジをヒールでトラップするなどノリノリ、キレキレだった。スペースがあれば仕留められるS&N(このゲームは対ミュンヘン並みにスペースがありました)。レオ・メッシが帰還するまで頼りにするしかないな。

 

イニエスタ&メッシ

イニエスタはもうすぐ復活か。

脱税問題で揺れるレオ・メッシの胸中は如何に?。

 

ルイス・エンリケ

『前半は効果性がないながらも良質パフォーマンスを見せ、後半は悪いパフォーマンスながらも効果性があった。我々は何度となくボールを失ったが、ラージョの守備を前にどうすべきかを判断できなかった(それじゃあ駄目だろうが・・・)。リーガにラージョのようなチームがあまりいなくて良かったよ(確かに)』

『ポゼッションは我々にとって重要なものだが、それはあくまでも結果を手にするための手段であり目的ではない。セルタ、バイエルン、そしてラージョのようなチームを相手にすると、ポゼッションを失うことを危惧しても意味がない。重要なのは結果だ。しかし、ほかのチームを相手にポゼッション率を落とせば、それは心配事となるがね』

そうなんだけどさ・・・。ラージョだぜ?、クラブ規模を考えてくれよ。

 

パコ・ヘメス

シメオネ・ルックで指揮を取った愛すべきパコ・ヘメス。

『両チームのプレイアイデアはとても類似している。私は、幸せを感じながらここを去ることができるよ。結果を見なければどちらがビッグチーム、スモールチームかは分からなかった。もし結果だけを振り返るとしたら、自分はボンクラな監督にしかならないだろうがね』

ドン・キホーテと嘲笑するのは簡単だ。もう少しディフェンスを何とかすればと誰もが思う。でもラージョはこれでイイさ。僕はパコを尊敬して止まない。

ブレイブ・ラージョに幸運を。

グレイト・パコに祝福を。

I also believe

クロップ

初陣はスコアレス・ドロー。

2015-2016・プレミアリーグ第9節、トットナムVSリヴァプール@ホワイト・ハート・レーン。

なかなかにして厳しい現状です。スタリッジが先発できないアクシデントに見舞われ、やはり攻め手を欠きました。プレスの意識は高く、前半はほとんどスパーズに何もさせてませんでしたが、やはりガス欠になって危ないシーンが多くなりました。個人的に不安の一要素と思っているミニョレに何度も救われる事態。シュクルテルのケインに対するディフェンスが酷すぎて何度入れ替わってしまいました。最終的にスパーズの決定力不足にも助けられて黒星スタートは免れましたが、なかなか先が思いやられますかね。

『選手はファイトしていた。インテンシティを見せてくれた。満足すべき点もあるが改善すべき点もある。なによりミニョレのビッグセーブに救われたね。うちも前半にバーを叩いたシーンがあったし、後半も一、二度チャンスを作っていた。一つでも決まっていれば状況はもっとポジティブだったが、それがフットボールだ』

こんなところでしょうか?。

ローマは一日にしてならず。

クロップならリヴァプールを変えることができると思うけれど、相当タフなミッションです。

 

ララーナ

ララーナとコウチーニョはそれほど悪くはない(なによりよく走ってました)と思いましたが・・・。

スタリッジやベンテケが出場すればまた変わるかもですが、とにかくゴールを上げるスペシャルなFWが必要ですかね。

 

クロップ

赤いヘヴィ・メタルを奏でることは叶うだろうか。

 

クロップ

これからだゼ。

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』

F

第1章『白い面会』を観ました。

原作も読んでませんしドラマも観ていませんので、結構楽しみしていますが第1章では何もわかりませんね。サブカル臭満載ではありましたが・・・。

【あらすじ】

孤島の研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才プログラマ・真賀田四季。四季に一目会いたいと、研究所を訪れた那古野大学准教授・犀川創平と学生・西之園萌絵はそこである事件に遭遇する。彼らが目にしたのは、誰も出入りできないはずの四季の部屋から現れた。ウエディングドレスを纏い両手両足を切断された死体だった。不可思議な密室殺人に犀川と萌絵が挑む。

 

F

犀川センセイ。

 

F

萌絵ちゃん。

なんっつーイイ車乗ってんだ。それも大学に乗り付けて。

 

F

N大学って名古屋大学じゃん。

僕も覚王山にスィーツ食べに行きたいです。

 

F

重要人物の真賀田さん。

キャラクター原案の浅野にいおさん臭もかなり苦手なのですが、好物の密室推理モノみたいなので最後まで観てみようと思います。

第2章『蒼色の邂逅』へ。

ノイズⅡ

今日もクダラナイ会議。

延々と午前中いっぱいを使って決まったことは、オソロシク無意味でどうでもいいことばかりだった。

ヴィジョンが、アイデアが、ソリューションが欠けていた。頭の中でいつものようにノイズが響き渡り、会議資料がゲシュタルト崩壊した。

小難しそうに眉間にシワを寄せている頭の薄い目の上のタンコブ。意味の分からない質問をヒステリックに投げかけるコシギンチャク。真剣に話しを聞いているフリをして株式マーケットをチェックするメタボ。我関せずとスカした上昇志向だけは一人前のウザすぎるチビ。マジメに考えてバカ正直にデカイ声で意見して否定されるアホ。大声で怒鳴られて萎縮し下を向く貧乏揺すりが半端ないユトリ。人形のように規則正く頷いて一心不乱にメモを取るシンジン。

虫酸が走る。

無性に煙草が吸いたくなる。昔は心ゆくまで吸えたのに・・・。気が付けば僕は、様々な表情とポーズのドラえもんを計8体も描いていた。

我ながらかなり上手く描けていた。

 

レオノール・ワトリング

『ドラえもんばかり描いていましたね、なにしてんですか(笑)』と仲のいい後輩が喫煙所で話しかけてきた。

ふぅ。

『三色ボールペンで色も付けてましたよね?。遠くから見ても分かりましたもん(笑)。緊張感無さすぎですよ、先輩』

『発狂しそうになるんだよ。それで、あれだけ罵倒しておいて会議室を出たら180°変わる態度。あのゴミ以下は、なぜ毎週毎週こんなことやるんだ?。建設的で意味のあることがなに一つない』

『キャラクターを演じてそれにキモイほど酔っていますよね。まぁそんなことよりランチいきましょうよ。新しいお店に。美味いって評判ッスよ(笑)』

レールから大きくはみ出した僕は、今日もまた後輩に救われ正気を保つことができた。

3月のライオン11巻

3月のライオン11巻

妻子捨男完結編。

川本家と零ちゃんの4人に訪れた束の間の幸せ、ホント良かったなぁ〜・・・から〜の、最終決着の今巻。心底、胸糞悪いあかりさんたち三姉妹のお父さんがいなくなってホント良かったデス。零ちゃん、雷堂棋竜と妻子捨男のダブルヘッダー、ご苦労様でした。

12巻は、あかりお姉ぃちゃんのお相手探しもあるのでしょうか。どうなるにしても、心優しい誠実なお相手が見つかることを祈念したいと思います。

『島田プロなの?、ねぇ島田プロなの??(それはイヤだなぁ)』

どうでもいいけど、川本家のご飯ってホント美味しそうです。そしてアニメ化決定のお知らせ。やっぱノイタミナでやることになるのでしょうか?。

こちらも楽しみにしたいと思います。