一触即発

モウリーニョ

2015-2016・プレミアリーグ第14節、トットナムVSチェルシー@ホワイト・ハート・レーン。

更迭、解任報道もひと段落した感がある(僕はステージ4だと思っていたのだけれど)チェルシーとそのボス、ジョゼ・モウリーニョ。週末のスパーズとの一戦を観たのですが、なかなかにしてスリリングなシーンがダイレクトに写しだされて、ゲーム自体の退屈さを忘れさせてくれる一戦となりましたね。

その問題のシーンは、終了間際に起こりました。

 

ジエゴ・コスタ

まったくコンディションが上がってこない「太りすぎた野獣」ジエゴ・コスタですが、この日はベンチ・スタート。アザールのゼロトップで臨んだモウリーニョ。ゲームは、どちらも退屈なまでに決め手を欠いてズルズルとスコアレスのまま時間だけが過ぎていきました。

なかなか交代カードを切らないモウリーニョは、結局ジエゴ・コスタを使わずゲームを終えるのですが、それに不満しかない「野獣」がベンチに戻るや否やピンクのビブスを脱ぎ捨てモウリーニョに投げ付けたのでした。

恐ぇぇぇ(笑)。

まぁ、『使わねぇならアップさせんじゃねーよ』ってことなのですが、なかなかできることではありません。

ジエゴ・コスタ、恐るベシ。

 

モウリーニョ

当然の如くゲーム後に質問が飛びましたが、

『(コスタ)彼が私を傷つけたかったのなら、(投げるのは)ビブスではなかっただろう。私は彼と良い関係にある。問題はないよ』

とジョークで記者たちに乾いた笑いを提供したモウリーニョでした。

しかし、ロッカー・ルームではどうだったのだろう?、また腹の底ではどうだったのだろう?と思わずにはいられません。決定力のある9番が居たなら、今後一切プレイすることはないんじゃないかなぁ・・・と思わずにはいられません。

『(コスタは特権を手にしていると語ったモウリーニョ)ベンチに座ったのは最後だったからだ。キャプテンもイバノビッチもイングランド代表副主将のケイヒルも、セスクも、ペドロも、昨季の最優秀選手であるアザールも、オスカルも、全員がベンチに座った』

『だから、ジエゴは特権を手にしていたと思う。これまで彼をチームにとどめてきた(試合に出場していた)からね。そして今日は、こういう形でプレーするのがベストの戦略だと考えた。我々はその選択に満足している』

このゲームについては、

『こういうプレー(失点をしない?)をしていれば、これからの10試合を無敗で乗り切っても私は驚かないだろう。我々にとって望んだ結果ではない。だが、パフォーマンスは良かった』

と語り、

『我々は熱意をもって12月に臨めると思う。私は、12月末には我々が今と違う順位におり、近いうちにトップチームたちとの差を縮められると確信しているよ』

と強弁もしてくれました。

昨シーズンのトラウマがあったかどうかわかりませんが、退屈すぎるチェルシーはトップ4に辿り着くことはあるのでしょうか(無理にベットしています)。

リーグ戦は、残り3分の2を切ったところです。

広告

終わってみればMSN

トリデンテ

ようやく揃い踏み。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第13節、バルセロナVSレアル・ソシエダ@カンプ・ノウ。

静かな前半。動きの少ない前半。何となく嫌な雰囲気。二列目から飛び出したイニエスタのヘッドがポストを叩いてさらに嫌な感じがしましたが、そこはホーム、カンプ・ノウ。

今のバルサ(ネイマール)は、恐ろしい決定力があります。

 

アウヴェス

ネイマール

22分。右サイドからのアウヴェスのグラウンダーに点で合わせたネイマール。決定力を見せつけてくれました。

 

スアレス

スアレス

スアレス

Flying “GORDO”。

次は、またまたアウヴェスのクロスに今度はスアレスがジャンピング・ボレーで合わせて、前半で難なく勝負を決めてくれました。

こうなれば、あとはレオ・メッシのゴールを期待するのみ。しかし、なかなかゴールの匂いはせず(歩いている時間が多すぎました)、そうこうしているとネイマールがマテューのグラウンダーに合わせて、この日2ゴール目をあげました。

 

ネイマール

『今の僕は、キャリアで最高の時期だね。今やっていることにすごく満足している。チームを助けられているしチームメートも僕を助けてくれる。さらに良くしていきたいね』

『試合ではメッシを探そうとしていたよ。いつもお互い助け合おうと意識しているからね。メッシ、スアレスと一緒にやれてすごく幸せだ』

と語ったネイマール。

そして、ようやく最後の最後で揃い踏み完成でした。

 

メッシ

メッシ

アディショナル・タイム。ネイマールのグラウンダーに合わるだけでしたね(笑)。

『今が最高の時期だという感触は持っていない。昨シーズンはもっと良いプレーをしていたと思う。我々は素晴らしいレベルにあり、それこそが関心のあることだ。最高の時期はこれからやって来ることを期待したい』

昨シーズンは、マドリーが年明けから急激に失速した。心配するのがデフォルトのバルサ・クレなんですが、ルイス・エンリケ同様に僕も期待するのみです。

レオ、もうちょい走ってくれよ〜。でもまぁホント楽しい。このままゴキゲンに来日することを祈念して。

バモス!バルサ!!。

ウノ ゼロ

マンジュキッチ

ブッフォン

手堅いユーヴェ、ゴールに鍵を掛けてマン・シティを退ける。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第5節、ユヴェントスVSマン・シティ@ユヴェントス・スタジアム。

途中で寝落ちしてしまいました。

マンジュキッチのゴールまで観てたんですが・・・。ソリッドなカテナチオを破れなかったマン・シティはまたまたグループ・ステージ2位に。今シーズンも上には行けないかなぁ。シルバの復帰が望まれますかね。

 

ポグバ

ポグバの身体能力スゲー。

寝落ちしてしまったので、特に記すことがない。

残念(泣)。

突破は自分たち次第

ヴェンゲル

三度のメシよりフットボールが好き。

こんばんは、@uemachiです。

ゴキゲンなバルサのおかげで終始ゴキゲンな僕ですが、バルサのゲームをライブ視聴した後に連続して崖っ淵のガナーズのゲームを観ました。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF第5節、アーセナルVSディナモ・ザクレブ@エミレーツ。

エジルが躍動しましたね。サンチェスが決定力を発揮しましたね。妙に入れ込まず我慢してゲームを運び、何とかモノにしたって感じでした。正直、バルサのゲームの後だけに欠伸が出てしまいましたが、ガナーズ好きの後輩のためにも、勝てて良かったです。

 

エジル

『前半の彼はズバ抜けていた。今の(エジル)彼には得点感覚がある。これまでは、そこまでペナルティーエリア内で彼を見ることはなかったが、今シーズンは、特にここ5、6試合の彼はそうしているね』とMrヴェンゲルに賞賛された『天才』エジルの珍しい頭でのゴールで先制したガナーズ。

 

サンチェス

サンチェス

お疲れ気味のアレクシス・サンチェスも続いて、前半で2-0とし一安心。

 

サンチェス

後半にもサンチェスが一発捩じ込み3-0で勝利。

1節、2節の体たらくがなければ楽々突破だったのに、ホントやれやれですね。

 

アーセナル

過去、勝ち点3で第4節を終えた(39)チームがグループ・ステージ突破を果たしたケースは1回しかないそうですが、果たして2チーム目になることはできるでしょうか?。

 

ヴェンゲル

『(突破を賭けた最終節は)非常に面白い試合になることを約束する』と語ったMrヴェンゲル。

舞台は、12月9日@ギリシャ・ピレウス。

ミッションは1-0か2-1以外での勝利。(敗退した)昨シーズンより条件はかなり緩いですが、ガナーズは果たして突破できるでしょうか?。

うん、楽勝じゃね?(笑)。

帰ってきた美しいバルサ

バルサ

ビューティフル、アメイジング、トレメンダス、センセーショナル、ワンダフル、パーフェクト。あの煌びやかだったペップ・バルサを彷彿とさせる、フットボールをエンターテイメントの域にまでに昇華させた史上最高のバルサに戻ったかのような、素晴らしいゴール・ラッシュだった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第5節、バルセロナVSローマ@カンプ・ノウ。

ベルナベウでマドリーを粉砕し、今度はホーム、カンプ・ノウでローマの壁を崩壊させた。ローマは果敢にも高いライン取りを見せてきたが、今のバルサには自殺行為だった。

開始早々からローマ・ゴールへと迫るバルサ。メッシはプレイする喜びに溢れ、躍動する。広大なスペースを両ラテラルが駆け上がる。効果的で無駄のないティキ・タカ。コレクティブに、オートマティックに。キックオフ直後はオフサイドに掛かったが、それもこのあとのゴール・ショーの前座に過ぎなかった。

 

スアレス

15分。先制点はセンターサークルを少し過ぎたあたりでボールを持ったネイマールからの1本のスルー・パスから生まれた。

ネイマールがドリブルで前方へ進むや否や、右サイドを駆け上がったアウヴェスがディフェンダーの裏を取っていた。ネイマールの狙いすましたロング・スルーパスを受けたアウヴェスは、シュチェスニーを引きつけ同時に中央を駆け上がっていたスアレスに難なくパスを通し、スアレスはあとはゴールへパスするだけだった。

ネイマールへの寄せと最終ラインのオフサイド・トラップが甘かったローマが責められるべきだが、ホームで早い時間帯に先制点をモノにしたバルサは躍動する。次のゴールは、その3分後の18分に早くもやってきた。

 

メッシ

後方からビルドアップし、こちらもセンターサークルを過ぎたあたりからヴェルマーレンがネイマールへ出したあと、ネイマールが前方に居たメッシにダイレクトで楔を入れて、メッシがワンタッチでネイマールへ戻し、またネイマールがメッシへ戻したボールをメッシがスアレスとのワンツーでエリア内に侵入し最後は得意のバセリーナでフィニッシュ。ネイマール→メッシ→ネイマール→メッシ→スアレス→メッシ。全てワンタッチ・プレイ。キーパーを入れた9人?で形成されたローマの壁を美しく攻略した。

このゴールが生まれるまでに繋いだパス27本、有機的に連動し、美しく完璧に崩したゴールシーンだった。

その後、なかなかゴールは生まれなかったが前半終了間際の44分にスアレスがまたまたアウトに掛けて豪快にネットを揺らしてくれた。

 

スアレス

左サイドでネイマールがワンフェイクからディフェンダーを外しいれたクロスの毀れ球を、エリア内中央やや右にいたスアレスが豪快に振り抜いた右足一閃。ボールは糸を引くようにゴール左隅に突き刺さった。

ダイレクトで、右足アウトに掛けるシュートが上手すぎるスアレス。今シーズンのチャンピオンズでのゴールを5に伸ばし量産体制に突入だ。

そして後半。まだまだ続くゴール・ショー。

 

ピケ

ピケ

56分。右ショート・コーナーからネイマールがボールを持って中央に向かってドリブル、中央やや右にいたスアレスに預け、スアレスはまたまたダイレク・ポストプレイから右エリア内に侵入したメッシに通し、メッシが胸トラップからまたまたキーパーを引き付け、最後はピケがゴールにパスをした。

クラシコでゴール出来ずに怒っていたピケだったが、ピッケンバウアーもこのゴールでようやく溜飲を下げ、この直後にマルク・バルトラと代わりお役御免となった。

ここまで4-0。『クラシコ』と同スコアとなったが、この日のバルサはまだ止まらない。続くゴールはこのゴールの3分後に訪れた。

 

メッシ

いつもの、メッシの右サイドからのダイナミックなサイドチェンジから、ボールをオシャレに右足をクロスさせてトラップしたネイマールが左サイドでエリア内へ仕掛け、足裏でボールを運びながら一度跨ぎフェイントを入れて中央のスアレスへパス。スアレスはまたダイレクトで右から走り込んできたメッシへ出して、メッシのダイレクト・シュートは一度セーブされたがそのまま溢れ球に詰めてネットを揺らした。復帰後2戦目にしてドブレッテを達成したレオ・メッシ。スアレスも2ゴールで、こうなれば今シーズン初となるトリデンテ揃い踏みが観たいところだ。

そのチャンスは77分に訪れた。

 

ネイマール

自身で得たペナルティを蹴らせてもらったネイマール。だがコースが甘く止められてしまった。

これは決めなくてはならないシーンだった。助走を取らないスタイルに変えて決めていたネイマールだったが・・・。

 

アドリアーノ

しかし、その溢れ球に詰めていたアドリアーノがゴールに蹴り込み、77分間で6ゴール。カンプ・ノウを訪れたクレたちは、今シーズン最初のフィエスタを体験することとなった。

 

シュテーゲン

この日、自陣で凍えていたテア・シュテーゲンも見せ場が一つ。ヴェルマーレンが献上したPKを見事にシャットアウト。このビッグ・セーブでまたまたクリーン・シート達成・・・かと思ったアディショナル・タイムにゼコにヘッドでネットを揺らされた点は反省しなければならないが、『クラシコ』の内容を超える今シーズン一のデキを披露したバルサ。もちろん、グループ首位通過を果たし年明けから連覇へ向けた本当の戦いへ進むこととなった。

 

メッシ

トリデンテ

メッシ

『ケガが少し長かったし、またピッチに立ってプレーしたくウズウズしていた。外からチームを見るのも楽しんだけどね』

『チームは本当に良いプレーをしている。だが、まだ道のりは長い。僕らはこれからとても重要な戦いを控えている。例えばクラブ・ワールドカップとかね。このまま続けていけるよう願っているよ』

『調子は良い。少しずつ良くなっている。どんなケガでもケガをしたときはそういうものだ。今はプレー時間を積み、自信を深めて、フィジカルの調子を取り戻そうとしている。フル出場できてうれしいね』

『(好調なトリデンテについて)それがチームの成功の鍵になっているかどうかは分からないけど、僕等が本当にうまくいっているのは事実だ。すべての試合で楽しもうとしている。僕等はプレーを楽しみ、責任を感じ、勝ちたいと思っている』

とコメントしたレオ・メッシ。

無理せずこのまま順調にトップ・フォームへ進んでもらいたい。

 

ルイス・エンリケ

『フットボールという非常に複雑なスポーツでは、常に改善できる部分がある。今の我々はかなり充実した時期を過ごしているので、できるだけこの時期を伸ばせるようにしなければならない』

『選手たちは十分に賢いし、今がシーズンの最初の3分の1だということも分かっている。最高の時期はまだこれからであり、先は長い。どこかで状況が変わることもあるはずだが、あらゆる時期に対して準備を整えておくことが必要だ』

好事魔多しという。ルイス・エンリケには、細心で最善の準備を心がけてもらいたいものだ。

 

セルジ・ロベルト

今日のロベルトくん。

特に見せ場はなかった。そろそろ休息が必要か。

それにしても、ライヴ視聴したかいのある素晴らしいゴール・ラッシュが観れた最高なミッド・ウィークの朝だった。

重要なので繰り返す。

美しいバルサが帰ってきた。このまま連覇するまで続くことを願うのみだ。

イニエスタ、伝説の偉人となる

イニエスタ

イニエスタ

イニエスタ

マラドーナ、ロナウジーニョに次ぐ、77分にムニルと交代でピッチをあとにする時にベルナベウの観客にスタンディング・オベーションで讃えられた3人目となったドン・アンドレス。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第12節、レアル・マドリードVSバルセロナ@サンティアゴ・ベルナベウは、伝説が誕生した歴史的瞬間でもありました。

無慈悲な、ケイラー・ナバスがノーチャンスだった一撃だけでなく、ドリブルにヒール・パスにアシスト。全てがエレガント。「魔法」という言葉以外にないスペシャルなパフォーマンスでした。

『拍手をしてくれた人たちに感謝している』

『パス出しの部分で完成度の高い試合ができた。効率的な試合ができたね。できるだけ多くの点差をつけて勝ちたかった。差がつけられればその方がいいからね』

『率直に言って、僕らはあらゆる意味で完璧な試合をできたと思う。ボールを持って数的優位を目指し、相手にはチャンスを与えず、ボールを失うこともなかった。そうすればチャンスは生まれてくる。僕らはすごく冴えていたよ』

『試合前の会見で言ったように、僕らにとって大事だったのは自分たち自身であることだけだった。それができたと思う』

『これで勝ち点6差だけど、リーガはまだかなり残っている。これが決定的ということはないけど、本当にすごく満足して帰ることができるよ』

『勝ちたいと思っていたし、首位に立って差を広げられるなら広げられるほど良いことだ。ホームでのマドリーはいつも手強いチームだから、大差をつけられるならその方がいいね』

今一度『クラシコ』を観て、テンションが上がった備忘録。

 

イニエスタ

2009年のチャンピオンズリーグ・セミファイナル、セカンドレグ対チェルシー戦での『スタンフォード・ブリッジの奇跡』、2010年の南アフリカ・ワールドカップ・ファイナル対オランダ戦でのダニ・ハルケに捧げる『決勝ゴール』に続く、イニエスタを語る上で外せないスタンディング・オベーション。

ベルナベウの観客に、ペレスとベニテスに対するアイロニーがあったとしてもフットボールを知る全世界の人々が納得し感嘆したパフォーマンス、うちの相方はイニエスタッソとご満悦でした。

良かった良かった。

フットボーラーだって人間だもの

クロップ

クロップ

情熱的でユーモアがあって人情味溢れる指揮官のもと、信頼されて快適で結果が出てくれば自信も取り戻す。

2015-2016・プレミアリーグ第13節、マン・シティVSリヴァプール@エティハド・スタジアム。

『クラシコ』のあとに連続で録画視聴しましたが、ユルゲン・クロップは数多のマネージャーたちに無い何かを持っているのでしょう。『完璧にはほど遠いが、とても、とても良かった』と語ったように、まだまだ改善の余地(特にフィニッシュ)があるレッズでしたが、走る走る走る。

run and run、more run。

それもプレミア仕様に、ドルトムント時代よりメリハリが効いていたと思います。ネイマールとタメのコウチーニョが完全復活し、ララーナがガス欠せずにピッチを駆け回る。ミルナーに至っては、何かに取り憑かれたかのようなアップ&ダウン。正直、世界最高峰の華麗なフットボールではありませんが、観る者に訴えかけるエモーショナルに溢れていました。

そんなクロップ・レッズにフットボールの女神も微笑み、ラッキーなオウンゴールで先制(コウチーニョが必死戻ってディフェンスしボールを奪ってからのゴールだった)したこのゲーム。コウチーニョの秀逸な股抜きの一撃(フィルミーニョが必死に走って繋いだゴールだった)で加点し、オフサイドぎりぎりで3点目をゲット(チャンの秀逸なヒールに抜け出したコウチーニョのアシストからのゴールだった)した前半。終了間際にアグエロの美し過ぎるゴラッソで1点返されましたが、後半も泥臭く粘って(バックパスをスターリングに掻っ攫われアグエロにシュートを撃たれたが懸命に戻ってきて必死でスライディングしたりと)耐え凌ぎ、コーナーキックからの溢れ球を蹴り込みマンチェスターから勝ち点3を持って帰還しました。

(陳腐ですが)素晴らしいの一言。

スタンフォード・ブリッジに続きエティハドからも勝ち点3を持ち帰り、勝ち点を20としたレッズ。4位のガナーズとは勝ち点差6。3分の1が終わっただけのリーグ戦。もちろん、トップ4で終える可能性もあるし、過酷なマッチ・スケジュールだけに脱落していく可能性もありますが、観る者を熱くするゲームに、ニュートラルな僕でさえ期待せずにはいられません。

クロップが志向するヘヴィ・メタル・フットボールは、レッズにこれから何かを齎すでしょう。ロジャースが3年間掛けても成し得なかった、対トップ4のアウェイでの二つ目の勝ち点3を早くも成し遂げた愛すべきユルゲン・クロップ。

格上に滅法強いアンダー・ドッグの逆襲が痛快なユルゲン・クロップのフットボールから目が離せなくなってきました。

 

Manchester-City-vs-Liverpool

団結。

俺たちはテロに屈しない。

 

コウチーニョ

フィルミーノ

シュクルテル

ネットを揺らし始めたレッズ。

あとは引いて守る格下相手にどうするかです。

 

アグエロ

イニエスタのゴラッソに続いてアグエロの美しい一発も観れた日曜の幸せ。

フットボールって素晴らしい!!。

 

クロップ

『資金的には、誰もバイエルン・ミュンヘンに対抗することはできなかった。だがピッチ上ではもちろん対抗することもできた。それこそがフットボールに関して私の最も大好きなことだ。どれだけ出費するかが重要なわけではない。何をしたいかだけが重要なんだ』

『だから当然ながら我々もシティと戦うことができるし、もちろん倒すこともできる。ドルトムントでもシティに勝ったことはあるし、アウェーでは引き分けた。彼らの方が金は持っていたが、それは成功の一部でしかない。残りは努力することだ』

とゲーム前に秀逸なコメントをしていたユルゲン・クロップ。粕谷さんですら絶賛する愛すべきユルゲン・クロップ。

 

クロップ

ドルトムント時代に仕事する可能性があったデ・ブライネとゲーム前に談笑。

 

クロップ

ゲーム後には、必ずピッチに入って敵にはシェイク・ハンド、味方にはハグ。

人間味溢れるところも魅力的だ。