圧倒したけれど

カバーニ

ズラタン

ディ・マリア

フィニッシュが・・・。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループA第4節、レアル・マドリードVSパリ・サンジェルマン@サンティアゴ・ベルナベウ。

ポゼッションもディフェンスも良かったけれど・・・。決める時に決めないと、キーパーの飛び出しミスからショボいゴールを決められ0-1で敗れたパリ。マドリーはまったく良くなかった。勝てるゲームだった。ズラタンもカバーニも決めきれず、ディ・マリアのFKはバーを叩いた。

パリはフィニッシュに課題を露呈。

マドリーが敷いた2列の白い壁を崩すことは叶わずグループ・ステージ突破は次節以降に持ち越しとなった。

 

ブラン

『選手たちや、彼らが生み出してくれたプレーを誇りに思っている。これだけ多くのチャンスをつくったのであれば、順当に良い結果を得るために1点を奪わなければならない。その点では不満が残った』

『チャンスとも言えないほどのチャンスで決められてしまった。だがこういう試合は、望んでいた結果を手に入れることはできなかったとはいえ、ポジティブに受け止めなければならない』

チュッパチャップスを咥えてピッチサイドに立っていたブランはこう語りましたが、何はともあれ、フィニッシュですね。

 

マドリー

ベルナベウに木霊したブーイングに何を思うか、エル・ブランコ。

ベニテスじゃダメなんだってば。

広告