ほぼ突破

ネイマール

スアレス

ネイマール

ラッキーなペナルティとスアレスのトゥ。最後は高速カウンターで締めてくれました。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第4節、バルセロナVSバテ・ボリソフ@カンプ・ノウ。

ボール支配率69%。

アエンプト20本。

ショット・オン・ターゲット7本。

694本のパスを繰り出し、テア・シュテーゲンのセーブはたった3回。退屈なまでにいつものバルサでした。復帰したイニエスタが変態ボールキープを披露したりもしてくれてとても楽しめたゲーム。やっぱイニエスタは欠かせないなぁ。89分の3点目のカウンターは自陣深くからムニルがドリブルで溜めて前方のセルジ・ロベルトへパス。セルジ・ロベルトは右サイドに開いて待っていたスアレスにパスを通し(オフサイドだったかな)、スアレスがドリブルでエリア内に侵入し、シュートと見せかけてキーパーを引い付けて左サイドから入ってきたネイマールが難なく無人のゴールに。流れるようなカウンター。このゲームもS&Nで計3得点。好調です。

しかし、心配事というか、悲しい出来事が。

 

ラキティッチ

19分で右足の脹脛を痛めて退いたラキティッチ。

『クラシコ』無理だろうなぁ(泣)。レオ・メッシも間に合わないという報道もあって、今回の『クラシコ』はかなりショボイ(マドリーも怪我人が多く)か。

 

バルサ

ビジャレアルとの一戦を勝利して、インターナショナル・マッチ・ウィークを無事乗り切って、『クラシコ』を迎えてもらいたいものです。

 

S&N

ネイマール

『にゃー』

広告