我が家の問題

我が家の問題

新幹線のお供に、ふと目に留まり買って読んでみました。

奥田英朗著。6編からなる短編集で、サクっと読めてホロりとできました。

・甘い生活?

・ハズバンド

・絵里のエイプリル

・夫とUFO

・里帰り

・妻とマラソン

「夫とUFO」では、そんな奥様居ます?っていうラストでしたが温かい気持ちになりましたし、「里帰り」を読むと、相方の田舎に行った感覚が甦り懐かしい気持ちになりました。

久しぶりに行ってみたい。美味しい海の幸を堪能したい(ソレ?)。

『世の中はろくでもないけれど、捨てたもんじゃない、それを小説にしたい』と奥田さんはおっしゃってますが、まさにそんな短編集でした。移動中はいつもデジタル機器を弄くってますが、たまには読書も良いものです。

本作より前の短編集、『家日和』も買って読んでみよう。

広告