課題の克服には至らず

okazaki

okazaki

永遠に無理なんだろうなぁ。

引いた相手をやはり崩せず。

2018・ロシアワールドカップ・アジア2次予選第6節、カンボジアVS日本@プノンペン・オリンピック・スタジアム。

前半終了間際に藤春くんのシュートがポストを叩いたが、それ以外に決定的なシーンはなかった。試合後のコメントからも、前半は散々だった。かと言って後半が見違えるデキだったかというと、それもクエスチョンだ。

後半スタートから入った柏木くんは良かったが、宇佐美くんは消えてしまい本田くんと交代させられる。贔屓のカガワくんは、ペナルティをゲットしたが、たまたま競り合ったディフェンダーがぶつかってくれただけだ。岡崎くんが蹴ったPKはキーパーに難なくストップされる。嫌な感じがしたが、柏木くんが蹴った精度の高いFKからオウンゴールを誘い何とかなった。

うん、ダメだ。

まったくダメだ。

引いて守る相手にはこんなモノだろう。

予選は突破できる。

全ては本戦でどうするか。

予選で6試合連続クリーンシートを声高に叫んでもね。カンボジアのアタッカーにチギられた吉田くんを目の当たりにすると、これより上のレヴェルではやはりダメなんじゃと思ってしまう。

さて、どうしたものか。

 

honda

後半途中出場で後半アディショナル・タイムにヘッドでネットを揺らした本田くん。予選で5試合連続ゴールの新記録を打ち立てたが、またガゼッタあたりに皮肉られるのが関の山。

格下相手にしかゴールできない。

『(前進しているのか?の問いかけに)そこは早く強い相手とやらないと分からないし、いずれ嫌でも2年後ぐらいには明らかになる。アジアでの戦いとW杯での戦いはまったく異なる。今の代表にそういう戦い方を得意としている選手がそろっているわけではないのは事実だけど、強い相手とやれるポテンシャルがある選手がいるのも事実。今、判断するのは難しいし、今は『こういう相手とやるのは下手だな』でいいんじゃないですか』

その通りなんだけど、スッキリしないゼまったく。

寝落ちしなかったのが不思議なくらいだった(泣)。

広告