一触即発

モウリーニョ

2015-2016・プレミアリーグ第14節、トットナムVSチェルシー@ホワイト・ハート・レーン。

更迭、解任報道もひと段落した感がある(僕はステージ4だと思っていたのだけれど)チェルシーとそのボス、ジョゼ・モウリーニョ。週末のスパーズとの一戦を観たのですが、なかなかにしてスリリングなシーンがダイレクトに写しだされて、ゲーム自体の退屈さを忘れさせてくれる一戦となりましたね。

その問題のシーンは、終了間際に起こりました。

 

ジエゴ・コスタ

まったくコンディションが上がってこない「太りすぎた野獣」ジエゴ・コスタですが、この日はベンチ・スタート。アザールのゼロトップで臨んだモウリーニョ。ゲームは、どちらも退屈なまでに決め手を欠いてズルズルとスコアレスのまま時間だけが過ぎていきました。

なかなか交代カードを切らないモウリーニョは、結局ジエゴ・コスタを使わずゲームを終えるのですが、それに不満しかない「野獣」がベンチに戻るや否やピンクのビブスを脱ぎ捨てモウリーニョに投げ付けたのでした。

恐ぇぇぇ(笑)。

まぁ、『使わねぇならアップさせんじゃねーよ』ってことなのですが、なかなかできることではありません。

ジエゴ・コスタ、恐るベシ。

 

モウリーニョ

当然の如くゲーム後に質問が飛びましたが、

『(コスタ)彼が私を傷つけたかったのなら、(投げるのは)ビブスではなかっただろう。私は彼と良い関係にある。問題はないよ』

とジョークで記者たちに乾いた笑いを提供したモウリーニョでした。

しかし、ロッカー・ルームではどうだったのだろう?、また腹の底ではどうだったのだろう?と思わずにはいられません。決定力のある9番が居たなら、今後一切プレイすることはないんじゃないかなぁ・・・と思わずにはいられません。

『(コスタは特権を手にしていると語ったモウリーニョ)ベンチに座ったのは最後だったからだ。キャプテンもイバノビッチもイングランド代表副主将のケイヒルも、セスクも、ペドロも、昨季の最優秀選手であるアザールも、オスカルも、全員がベンチに座った』

『だから、ジエゴは特権を手にしていたと思う。これまで彼をチームにとどめてきた(試合に出場していた)からね。そして今日は、こういう形でプレーするのがベストの戦略だと考えた。我々はその選択に満足している』

このゲームについては、

『こういうプレー(失点をしない?)をしていれば、これからの10試合を無敗で乗り切っても私は驚かないだろう。我々にとって望んだ結果ではない。だが、パフォーマンスは良かった』

と語り、

『我々は熱意をもって12月に臨めると思う。私は、12月末には我々が今と違う順位におり、近いうちにトップチームたちとの差を縮められると確信しているよ』

と強弁もしてくれました。

昨シーズンのトラウマがあったかどうかわかりませんが、退屈すぎるチェルシーはトップ4に辿り着くことはあるのでしょうか(無理にベットしています)。

リーグ戦は、残り3分の2を切ったところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中