サヴァイブ2

モウリーニョ

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループG最終節、チェルシーVSポルト@スタンフォード・ブリッジ。

『これから(カシージャス)彼は、まだ手に入れていなかった唯一のタイトルを勝ち取るチャンスを得ることができるね。ヨーロッパリーグだ』

ゲーム後にシニカル過ぎる一発を見舞ったスペシャル・ワン。

ジエゴ・コスタとの一対一には勝った『聖』イケルだったが、跳ね返ったボールがそのままゴールに吸い込まれて行き、チェルシーは貴重な先制点をモノにした。

後半早々には、アザールの優しいパスを右サイドで受けたウィリアンが豪快過ぎる一発をニアにブチ込み勝利を決定付けた。

リードしてからのお得意のカウンター。ポルトはブラヒミだけが可能性があって奮闘していたが、ネクスト・ラウンドへ進むだけのクオリティは無かった。カシージャスも神掛かってはいなかった(ハイボール処理がやはりバタバタしていた)。

ブルーズはサヴァイブし、ファン・ハールとの違いは見せたスペシャル・ワン。正直、このレヴェルでは今後は相手によっては早々にゴー・ホームとなるだろう。

相手に恵まれ、運がないと・・・ね。

 

アブラモヴィッチ

『残り3年半の契約を全うする』ことは叶うだろうか。お得意の『ディテールが勝敗を決める』的なシーンが見られるだろうか。アブラモヴィッチ・オーナーの眠気を吹き飛ばすパフォーマンスを披露できるだろうか。

答えはまずは来年2月。

待ち切れない。

 

ウィリアン

抜かれてはいけないニアを破られた『聖』イケル。

この失点の前の同じようなシーンではセーブしていたのだけれど・・・。ウィリアンの一発が強烈過ぎた。

『モウリーニョの話題は十分か? 、本当だ。僕は飽き飽きしている。周りの人たちには退廃的な魅力があるのかもしれないけど、もう蒸し返さなくていい。彼には彼のキャリアがあり、僕には僕のキャリアがある』

『僕はセニョール・モウリーニョと戦うためにロンドンに行ったわけじゃないし、彼も僕と戦いたかったわけじゃないだろう。僕たちは違うチームにいて、異なる目標に向かってチャレンジしている。僕は周りが関心を払うことよりも自分のことに集中している』

『聖』イケルらしい優等生的発言。モウのオヤジほどでなくていいので、もう少し毒が欲しいところだ。

 

モウリーニョ

笑えるが、マン・シティ、アーセナルに続いてノックアウト・ラウンドへ駒を進めたモウリーニョ・チェルシー。連続視聴で少々お腹一杯だったミッドウィークが終わり、またすぐに週末がやってきた。

バルサを心配し、リヴァプールでドキドキし、チェルシーを酷評する。

果たして、この週末はどんな結末が待っているだろう?。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中