2つの赤とブラヴォ

ロハ1

ブラヴォ

ロハ2

40分過ぎと50分過ぎと60分過ぎ、「ゲームの行方」を決めた3つの要因。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第22節、バルセロナVSアトレティコ・マドリード@カンプ・ノウ。

最近、簡単に失点してしまうバルサですが、この日も10分にアルバが左サイドを抉られコケに沈められ目が醒める。30分、ネイマールを追い越しエリア内に入ってきたアルバが、一瞬溜めて中央のメッシへ。速すぎる左足を振り抜いたレオ・メッシがニアを破って追いついたバルサ。ほとんどシュートを打てませんでしたが、前半で追いつけたのが大きかったですね。38分には、よく見るアウヴェスのロングパスがオフサイドラインを掻い潜ったスアレスに通り、エリア内に侵入したスアレスが2つの股を抜いて逆転に成功。スアレスは身体の寄せと股抜きが秀逸過ぎますね。

そして、この「ゲームの行方」を左右する1つ目の要因が前半終了間際に発生しました。

解説していた都並さんが、『アウヴェスのメッシへの頭越しのパスにフェリペ・ルイスが苛立った』と言ってましたが、足裏を見せてメッシの膝にアタックしてしまい妥当な一発レッド。ニュートラルなフットボール・ラバーは11人対11人が観たかったことと思いますが、退場は致し方なしだったと思います。

一人少なくなったアトレティコですが、全く油断なりません。引いて守りカウンター。コーナーやフリーキックのセットプレイから一発を狙う。前線でカラスコがファイトしまくり、バルサにとっては危険な存在でした。

そして55分、この「ゲームの行方」に左右した2つ目の要因が訪れました。

右サイドでボールを持ったカラスコが(マスチェラーノだったと思いますが)ディフェンスを躱してアーリーにクロスを上げたその先に、どフリーのグリーズマンが合わせたボレーをクラウディオ・ブラヴォが左足を残してスーパー・セーブ。最初はグリーズマンが枠に飛ばせなかったように見えましたが、ブラヴォのブラボー過ぎるセーブでした。ここで追いつかれていたら、勝ち点2を落としていたかも知れませんでした。

そして65分、この「ゲームの行方」を決めた最後の要因、ゴディンの深いスライディング・タックルがスアレスを抉って自身この日2枚目のイエロー・カードでゲームの幕が降りました。

愛しのバルサ的には相手が9人となってよかったのですが、頂上決戦、シックス・ポイント・ゲームとしては何とも言えない微妙なゲームとなってしまいましたかね。

コケのゴールもメッシのゴールもスアレスのゴールも美しかっただけに、ね。

それでも、贅沢は言いっこなし。1試合消化ゲームが少ない中で2位アトレティコに勝ち点3差を付けたのは大きい。

重要なゲームが目白押しとなる2月に向けて、大きい勝利となった1月最後の一戦でした。

 

メッシ

メッシ

公式戦ここ7試合で7ゴール目を上げたレオ・メッシ。

(怪我が心配なんですが)トップ・フォームに近づきつつあるかな。

 

スアレス

2つの股を抜いたスアレスの一発。

スアレスは、身体を預けるプレイとシュートが上手すぎますね。

 

ブラヴォ

今日はこのビッグ・セーブに尽きるでしょう。

このあと、(ソシエダ時代のチームメイトだった)グリーズマンと何やら会話してましたが、ブラヴォのブラボー過ぎたセーブで勝利をモノにすることができました。

 

バルサ

次はミッド・ウィークのコパ・セミファイナル対バレンシア。その後は、レバンテ、バレンシア、セルタ、ヒホン、ラス・パルマス、アーセナル。3日置きにゲームが続きます。

タフだなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中