マドリーが持つ記録に並ぶ

メッシ

公式戦34試合連続無敗(28勝6分)達成。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナVSセビージャ@カンプ・ノウ。

マドリーがベルナベウで沈みリーガにアディオスした今節で、愛しのバルサがマドリーの持つ1988-1989シーズンに記録した連続無敗記録に並んだ。キックオフ前は、ガナーズ戦後ということもあってかなり心配していたがカンプ・ノウ開催で良かった。

レオ・メッシの右CKが直接右ポストを叩いたり、その流れからのスアレスの一撃がクロスバーを叩くなどチャンスはあったが、基本的にツー・ラインを敷くセビージャの壁に苦戦していた。案の定、惜しいチャンスを逃していたら程なくアレイシュ・ビダルの裏のスペースを突かれるカウンター(ビダルが入れ替わられてしまった)を喰らい、前半20分に失点してしまった。

サンチェス・ピスファンだったらヤバかっただろう。しかし、31分にギガ・クラック、レオ・メッシが強烈なFKを沈め振り出しに戻す。リーガ通算15発目のレオ・メッシのFKは、CR7に唯一劣っていると思われた弱点ももはや存在しないことを証明する強烈なゴラッソだった。

前半にイーブンに戻せた効果は大きく、後半開始早々にメッシとスアレスの美しい崩しからコーナーキックの流れでエリア内最前線に残っていたピケがダイレクトでネットを揺らし逆転とした。これ以降、セビージャもカウンターを窺いビッグチャンスも演出したが、クラウディオ・ブラヴォのいつものブラヴォーなセーブで難を逃れ、ルイス・エンリケはイマイチ乗り切れてなかったアルダやビダル、セルジ・ロベルトをイニエスタ、アウヴェス、ラキティッチと交代させゲームを締めて偉大な記録に並ぶこととなった。

最後に敗れた昨年の@サンチェス・ピスファンでの借りを返すとともに、無敗記録の進撃を続けるバルセロナ。このまま4月のクラシコまで無敗を維持して欲しいものである。

 

メッシ

メッシ

メッシ

ネイマールが蹴ったほうがいい角度だったが、強烈なスピードでサイドネットを突き刺したレオ・メッシの一発。

もはや右足しか弱点(それも問題ないレヴェルだが)が残されていない。

 

ピケ

スアレスのパスに(シュートだった?)ダイレクトで合わせたジェラール・ピケの貴重な勝ち越し弾。それにしてもヒゲが似合ってない。

 

ブラヴォ

クリーン・シートはならなかったが、鬼神に相応しいセーブを披露してくれたクラウディオ・ブラヴォ。

 

バルサ

マン・ユナイテッドとアーセナルのゲームを観てから一眠りしてのライブ視聴だったが、満足。ミッド・ウィークはラージョだし、連続無敗の新記録樹立は確定かな。

 

ルイス・エンリケ

『記録の価値?、ゼロだ。我々がタイトルを獲得できればOKだが、そうじゃなければ何でもない』

『マドリーと勝ち点12差?、アトレティコとは勝ち点8差だ。言い換えれば、近くにいるということだ。我々は最初から連覇できると信じてきた。それが優先目標であり、我々は良い位置にいる。だが、王者になるには必要な勝ち点を稼がなければいけない』

勝って兜の緒を締めたルイス・エンリケ。

チャンピオンズ連覇も信じているゼ。

黒棺

CR7

滲み出す混濁の紋章

不遜なる狂気の器

湧き上がり・否定し

痺れ・瞬き

眠りを妨げる

爬行する鉄の王女

絶えず自壊する泥の人形

結合せよ

反発せよ

地に満ち

己の無力を知れ

ダービーに敗れたあとでのCR7の『チーム全員が自分のレベルにあれば、僕たちは首位に位置していたはずだ。メディアによれば、クソッタレな選手はいつも自分なんだよ。でも僕が残す数字や統計は嘘をついていない』と言ったとされる女々しいコメントに、『黒棺』が頭に浮かんだ厨二全開の@uemachiです。

こんばんは。

絶えず自壊する「白い巨人」に必要なのは自戒だろう。CR7は超一流だとは思うが、フットボールは一人では出来ない。結合し、反発しなければ。まずは己の無力を知れ。

しかし、まぁ・・・前後が有るんだろうけど、凄い発言だ。清々しいほどに。勝てないフラストレーションの発露としてはお粗末でした。

あら、マドリー

ロナウド

マドリー

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

僕はバルサのクレだ。当然、「白い巨人」に起こる醜い失態をコキ下ろすのが最高に楽しいクチだし、スモール・クラブに対してのみの無駄なゴール・ラッシュに『浮かれんな、クラブ予算を考えろよ恥ずかしい』といつも毒付いている。全身黒づくめの闘将を指揮官に迎えソリッドな闘う集団にトランスフォームした「赤と白」に一時羨望を覚えたこともあるが、それももう今となっては昔の話となった。そもそも守備的なアプローチは退屈でクソだ。

今シーズンもここまで2位アトレティコに8、3位マドリーに9ポイントを離しリーグ・テーブルのトップにいる「紺と臙脂」の状況に満足しながら(今節セビージャに負けたら相当イラつくけれど)、今回の首都決戦を『どれどれ、どんなゲームを披露してくれんのかな?(特にマドリーが)』と左手に団扇を持ってライブ視聴した。

果たして前半(まぁゲームを通してだったが)、マドリーは「個」の突破に頼るのみ(元々なのだが・・・)で(ジダンには)戦術がない。クロースがモドリッチがサイドにボールを散らすが、そこから先がノッキング。イスコのカットインはワンパターンで、ロナウド、ベンゼマ、ハメスはシンクロ率ゼロ%。チャンスらしいチャンスはロナウドのクイック・スローとFKのみだった。ロナウドのFKは、壁を越えて枠は捉えたがオブラクの正面だった。

一方のアトレティコは引いて守ってからのカウンターだが、スキルと鋭さ、勢いがない。中盤を飛ばしてトップのトーレスにボールを蹴り込むのだが、全く収まらない。偶に持ててドリブル突破を試みようとするもグダグダだった。それでも40分過ぎにエリア手前でフリーでボールを持ったグリーズマンが左足を振り抜き枠を捉える一発を放ったが、ナバスのファインセーブでゴールを割ることができなかった。

眠たいスコアレス。そして後半。3分に右サイドからロナウドが右足を振り抜き、面白くなるか!?で始まったはイイが、8分。スローインからグリーズマンにボールを持たれエリア手前まで運ばれ、左サイドを駆け上がってきたフェリペ・ルイスにボールを預けられ、ルイスのマイナスの折り返しをグリーズマンにダイレクトでニアをブチ抜かれ先制を許した。

そして、ここからアディショナル・タイムまでの40分弱、まったく見せ場がなかった。うらぶれた郊外のニュータウンのように何もなかった。指笛と途中退席するサポーター。後半からベンゼマに代わって入ったマヨラル(誰だ?)も途中後退でハメスに代わって入ったルカス・バスケツもイスコに代わって入ったヘセも何も生み出さなかった。ポゼッションからの崩しが失笑ものだった。

僕がマドリーのクレなら死にたくなるだろう。スコアは0-1。マラガ戦に続く勝ち点のロストで、ラ・リーガにアディオスしたマドリーの残すコンペティションはチャンピオンズだけとなった。

うん、大満足。

 

ジダン

守備的なベニテスでコケて、無策なジダンが馬脚を現した。

(僕と)同世代のマネージャーで、頑張って欲しいと上から目線で言ってみる。フットボールのおおよそは結果だ。エレガントな現役時代のようにはいかない現実を突き付けられたジズーの未来は果たして。

「白い巨人」の迷走は続く(永遠に続けと心から願う)。