マドリーが持つ記録に並ぶ

メッシ

公式戦34試合連続無敗(28勝6分)達成。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナVSセビージャ@カンプ・ノウ。

マドリーがベルナベウで沈みリーガにアディオスした今節で、愛しのバルサがマドリーの持つ1988-1989シーズンに記録した連続無敗記録に並んだ。キックオフ前は、ガナーズ戦後ということもあってかなり心配していたがカンプ・ノウ開催で良かった。

レオ・メッシの右CKが直接右ポストを叩いたり、その流れからのスアレスの一撃がクロスバーを叩くなどチャンスはあったが、基本的にツー・ラインを敷くセビージャの壁に苦戦していた。案の定、惜しいチャンスを逃していたら程なくアレイシュ・ビダルの裏のスペースを突かれるカウンター(ビダルが入れ替わられてしまった)を喰らい、前半20分に失点してしまった。

サンチェス・ピスファンだったらヤバかっただろう。しかし、31分にギガ・クラック、レオ・メッシが強烈なFKを沈め振り出しに戻す。リーガ通算15発目のレオ・メッシのFKは、CR7に唯一劣っていると思われた弱点ももはや存在しないことを証明する強烈なゴラッソだった。

前半にイーブンに戻せた効果は大きく、後半開始早々にメッシとスアレスの美しい崩しからコーナーキックの流れでエリア内最前線に残っていたピケがダイレクトでネットを揺らし逆転とした。これ以降、セビージャもカウンターを窺いビッグチャンスも演出したが、クラウディオ・ブラヴォのいつものブラヴォーなセーブで難を逃れ、ルイス・エンリケはイマイチ乗り切れてなかったアルダやビダル、セルジ・ロベルトをイニエスタ、アウヴェス、ラキティッチと交代させゲームを締めて偉大な記録に並ぶこととなった。

最後に敗れた昨年の@サンチェス・ピスファンでの借りを返すとともに、無敗記録の進撃を続けるバルセロナ。このまま4月のクラシコまで無敗を維持して欲しいものである。

 

メッシ

メッシ

メッシ

ネイマールが蹴ったほうがいい角度だったが、強烈なスピードでサイドネットを突き刺したレオ・メッシの一発。

もはや右足しか弱点(それも問題ないレヴェルだが)が残されていない。

 

ピケ

スアレスのパスに(シュートだった?)ダイレクトで合わせたジェラール・ピケの貴重な勝ち越し弾。それにしてもヒゲが似合ってない。

 

ブラヴォ

クリーン・シートはならなかったが、鬼神に相応しいセーブを披露してくれたクラウディオ・ブラヴォ。

 

バルサ

マン・ユナイテッドとアーセナルのゲームを観てから一眠りしてのライブ視聴だったが、満足。ミッド・ウィークはラージョだし、連続無敗の新記録樹立は確定かな。

 

ルイス・エンリケ

『記録の価値?、ゼロだ。我々がタイトルを獲得できればOKだが、そうじゃなければ何でもない』

『マドリーと勝ち点12差?、アトレティコとは勝ち点8差だ。言い換えれば、近くにいるということだ。我々は最初から連覇できると信じてきた。それが優先目標であり、我々は良い位置にいる。だが、王者になるには必要な勝ち点を稼がなければいけない』

勝って兜の緒を締めたルイス・エンリケ。

チャンピオンズ連覇も信じているゼ。

広告

黒棺

CR7

滲み出す混濁の紋章

不遜なる狂気の器

湧き上がり・否定し

痺れ・瞬き

眠りを妨げる

爬行する鉄の王女

絶えず自壊する泥の人形

結合せよ

反発せよ

地に満ち

己の無力を知れ

ダービーに敗れたあとでのCR7の『チーム全員が自分のレベルにあれば、僕たちは首位に位置していたはずだ。メディアによれば、クソッタレな選手はいつも自分なんだよ。でも僕が残す数字や統計は嘘をついていない』と言ったとされる女々しいコメントに、『黒棺』が頭に浮かんだ厨二全開の@uemachiです。

こんばんは。

絶えず自壊する「白い巨人」に必要なのは自戒だろう。CR7は超一流だとは思うが、フットボールは一人では出来ない。結合し、反発しなければ。まずは己の無力を知れ。

しかし、まぁ・・・前後が有るんだろうけど、凄い発言だ。清々しいほどに。勝てないフラストレーションの発露としてはお粗末でした。

あら、マドリー

ロナウド

マドリー

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

僕はバルサのクレだ。当然、「白い巨人」に起こる醜い失態をコキ下ろすのが最高に楽しいクチだし、スモール・クラブに対してのみの無駄なゴール・ラッシュに『浮かれんな、クラブ予算を考えろよ恥ずかしい』といつも毒付いている。全身黒づくめの闘将を指揮官に迎えソリッドな闘う集団にトランスフォームした「赤と白」に一時羨望を覚えたこともあるが、それももう今となっては昔の話となった。そもそも守備的なアプローチは退屈でクソだ。

今シーズンもここまで2位アトレティコに8、3位マドリーに9ポイントを離しリーグ・テーブルのトップにいる「紺と臙脂」の状況に満足しながら(今節セビージャに負けたら相当イラつくけれど)、今回の首都決戦を『どれどれ、どんなゲームを披露してくれんのかな?(特にマドリーが)』と左手に団扇を持ってライブ視聴した。

果たして前半(まぁゲームを通してだったが)、マドリーは「個」の突破に頼るのみ(元々なのだが・・・)で(ジダンには)戦術がない。クロースがモドリッチがサイドにボールを散らすが、そこから先がノッキング。イスコのカットインはワンパターンで、ロナウド、ベンゼマ、ハメスはシンクロ率ゼロ%。チャンスらしいチャンスはロナウドのクイック・スローとFKのみだった。ロナウドのFKは、壁を越えて枠は捉えたがオブラクの正面だった。

一方のアトレティコは引いて守ってからのカウンターだが、スキルと鋭さ、勢いがない。中盤を飛ばしてトップのトーレスにボールを蹴り込むのだが、全く収まらない。偶に持ててドリブル突破を試みようとするもグダグダだった。それでも40分過ぎにエリア手前でフリーでボールを持ったグリーズマンが左足を振り抜き枠を捉える一発を放ったが、ナバスのファインセーブでゴールを割ることができなかった。

眠たいスコアレス。そして後半。3分に右サイドからロナウドが右足を振り抜き、面白くなるか!?で始まったはイイが、8分。スローインからグリーズマンにボールを持たれエリア手前まで運ばれ、左サイドを駆け上がってきたフェリペ・ルイスにボールを預けられ、ルイスのマイナスの折り返しをグリーズマンにダイレクトでニアをブチ抜かれ先制を許した。

そして、ここからアディショナル・タイムまでの40分弱、まったく見せ場がなかった。うらぶれた郊外のニュータウンのように何もなかった。指笛と途中退席するサポーター。後半からベンゼマに代わって入ったマヨラル(誰だ?)も途中後退でハメスに代わって入ったルカス・バスケツもイスコに代わって入ったヘセも何も生み出さなかった。ポゼッションからの崩しが失笑ものだった。

僕がマドリーのクレなら死にたくなるだろう。スコアは0-1。マラガ戦に続く勝ち点のロストで、ラ・リーガにアディオスしたマドリーの残すコンペティションはチャンピオンズだけとなった。

うん、大満足。

 

ジダン

守備的なベニテスでコケて、無策なジダンが馬脚を現した。

(僕と)同世代のマネージャーで、頑張って欲しいと上から目線で言ってみる。フットボールのおおよそは結果だ。エレガントな現役時代のようにはいかない現実を突き付けられたジズーの未来は果たして。

「白い巨人」の迷走は続く(永遠に続けと心から願う)。

ファイナリストの意地

ディバラ

ユヴェントス

セカンドレグに望みを繋ぐ。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、ユヴェントスVSバイエルン・ミュンヘン@ユヴェントス・スタジアム。

バルサの勝利に気分良く連続視聴したが、とても熱く面白い一戦だった。圧倒的にボールを持つドイツの雄とカウンターを窺うイタリアの雄。ゲームは徐々にミュンヘンのペースとなってユーヴェは自陣で耐えることを強いられる。10分過ぎにトーマス・ミュラーに決定機が訪れたが、ミュラーはバランスを崩し力ないボールがブッフォンの胸に収まった。サイドからサイドへ展開しロッベンとコスタでアタックを仕掛けるミュンヘン。耐えるユーヴェ。今年に入ってから1失点しか許していないユーヴェは、当然アウェイ・ゴールを許さない展開に持ち込みたいところ。しかし前半終了間際に失点してしまい無傷で折り返すことは叶わなかった。

 

ミュラー

43分。左サイドのコスタの折り返しをクリアしたところに何故かいるトーマス・ミュラーがゴールにパスを流し込み、ミュンヘンが先制して折り返し。

何故かソコに居るんだよなぁ(苦笑)。

ユーヴェにとっては当然、痛い失点だ。これ以上は許されないが、後半の早い時点で悪夢を見ることとなった。

 

ロッベン

ロッベン

55分。ミュンヘンのカウンターが炸裂。エリア手前中央でボールを受けたレヴァンドフスキが溜めて右サイドを駆け上がってきたロッベンへパスを捌き、パスは前へ流れたがロッベンが得意の型でドルブルを仕掛け、ゴールから遠ざかるように斜めに左足で持ち出し、最後はボールを美しくゴール左隅に突き刺した。分かってても止められないロッベン・スタイル。ユーヴェにとっては致命傷と成り兼ねない一撃だが、白と黒は諦めない。少し前はアッサリ敗退してたが、傷口を広げるリスクを負って攻めるユーヴェ。月日を重ね進化したユーヴェのソリッドな意思がゴールとなって結実した。

 

ディバラ

63分。右サイドからのクロスをキミッヒが処理を誤りボールがマンジュキッチのところに溢れ、マンジュキッチが右を走っていたディバラにパスを通し、売り出し中のディバラがクールにノイアーの壁を破って1-2とした。

セリエを観る余裕は無いが、ディバラはイイ。テクニックもスピードもある感じだ。この若者のゴールで息を吹き返したユーヴェは、とうとうゲームを振り出しに戻すことに成功する。

 

ストゥラーロ

76分。交代出場で入ったモラタとストゥラーロが結果を出した。左サイドでパスを受けたモラタがヘッドで中央へ折り返したボールに飛び込んできたストゥラーロが押し込み、ゲームはとうとう2-2となった。

マンジュキッチの献身性、クアドラードのスピード、ダイナミックなポグバ。リスクを取って前へ行くことが結果、セカンドレグに望み繋ぐことに成功した。

 

ディバラ

ディバラ

『すごく難しい試合になることは分かっていた。ハートとスピリットで戦い、僕たちは引き分けたんだ』

『前半は少しやられすぎたよ。スペースを与えすぎてしまったんだ。後半はかなり良くなったと思う。高い位置からのプレスがうまくいったね』

『(セカンドレグに向けては)とても難しいスタジアムでの試合が待っている。そこで勝てるチームは少ないね。でも後半に見せたようなハートとスピリットを持っていけば、僕たちはやれるはずさ』

と語ったアルゼンチン出身のパウロ・ディバラ(22歳)。アルゼンチンってホント才能あるアタッカーを輩出する。ディバラが灯した火がミュンヘンではどうなるだろうか。かなり難しいタスクだが、何となくゴール出来そうな予感もある。結果は3週間後。セカンドレグも刮目だ。

青い弾丸

メッシ

メッシ

メッシ

MSN

美しいカウンター一閃。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、アーセナルVSバルセロナ@エミレーツ。

キックオフ直後からインテンシティ溢れるガナーズ相手に、なかなかゴールに近づけませんでした。ゲームが落ち着いてからも、引いて閉じ籠る11人の壁に更なる苦戦を強いられました。切れ味鋭いカウンターを喰らうシーンもあって肝を冷やしましたが、ピケもマスチェラーノもテア・シュテーゲンも集中力を切らさず、またアーセナルが精度を欠いていたのにも助けられました。ゲームはジリジリとした展開へ。前半ラストプレイでのスアレスのヘッドでゴールに近づきましたが、枠へは飛ばずスコアレスで折り返し。前半は枠内シュートゼロ。まぁアウェイだしヨシとするところですが、何とかアウェイ・ゴール一つは持ち帰りたいところです。

後半は、アーセナルのテンションが少し下がったでしょうかね。余裕を持ってボールは回せていたし、ネイマールがイニエスタのスルーパスに抜け出しチェフとの一対一のシーンがありました(チェフがパーフェクトにセーブ)。しかし、アーセナルもカウンターを繰り出します。60分にジルーのヘッドがゴール左下を捉えましたが、テア・シュテーゲンが掻き出すファイン・セーブで難を逃れました。徐々にオープンな展開となるエミレーツ。そうなればルーチョ・バルサにとっては好都合だし、案の定ゴールはその11分後に訪れました。

アーセナルのクロスを弾き返し、イニエスタが左のネイマールに繋ぎ、ネイマールが少し溜めてから前のスアレスに出して、スアレスが秀逸過ぎる股抜きパスをスペースに出して走り込んできネイマールにリターン。ネイマールはそのまま縦にドリブルでエリア内に侵入しディフェンダーを引き付け中央に入ってきたメッシへラスト・パス送り、メッシはそのボールを(ダイレクトでは打たず)足裏でワン・トラップしてからクールにネットを揺らしました。

前掛かりのアーセナルのスペースを突く完璧なカウンター。

貴重なアウェイ・ゴールを手に入れあとはこのままゴールを許さずバルセロナへ戻るのみでしたが、更なる僥倖が83分に訪れました。アーセナルエリア内で溢れたボールをメッシが詰めて拾ったところで蹴り倒されペナルティをゲット。このペナルティをメッシが難なく左に沈めて2-0でバルセロナへ帰還することとなりました。

前半は枠内シュートゼロでヤキモキしながら観てましたが、後半はキッチリと結果を残してくれました。

 

メッシ

メッシ

メッシ

このゲームまで6試合チェフからゴールを奪ったことがないとゲーム前に煽られたレオ・メッシでしたが、7試合目で2ゴールを上げる結果を残してくれました。

 

スアレス

前半のラストプレイでのスアレス。

後半、メッシのゴールの後に訪れたビッグ・チャンスでは右ポストに当ててしまいましたが、やはり存在感がありました。

 

テア・シュテーゲン

ビッグ・セーブを見せてくれたテア・シュテーゲン。

キックもホント上手く、必ず引き止めなければなりませんね。

 

ネイマール

チェフにストップされたネイマールでしたが、メッシへのアシストはパーフェクト。終了間際にヘッドを沈めるチャンスがあり決めていればネクスト・ラウンド進出が決まっていたのですが・・・ね。

 

メッシ

『幸運にも今日は(ゴールを)決めることができた。でも最も重要なのは僕たちが素晴らしい試合をして、素晴らしい結果をつかんだことだ。多くのスペースがあったからね。何度か相手のラインを破ることができ、先制した後はオープンな展開になったね』

『アーセナルはハードな戦いを仕掛けてきたけれど、後半にペースダウンすることは分かっていたよ。あのようなハイテンポを維持するのは難しいからね』とコメントしてくれたレオ・メッシ。

このまま好調を維持して欲しいものです。

 

ルイス・エンリケ

『アブラカタブラ』

と唱えたルイス・エンリケ。

 

バルサ

今日は誰も交代せず93分間戦いましたが、週末のセビージャ戦は大丈夫だろうか。

まだまだ無敗記録を継続して欲しいのだけれど。

お疲れさま

バルサ

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第25節、ラス・パルマスVSバルセロナ@グラン・カナリア。

スアレス以外全員ダメ。特にアルダ(イエローも貰ってたし前半で交代)とセルジ・ロベルトが酷かったなぁ。ブスケツ不在を痛感。どうしてもアーセナル戦を考えちゃうよなぁ。開始早々6分にイニエスタのスルーパスに抜け出したアルバのグラウンダーのクロスをスアレスが決めきったまでは良かったんですけどね。10分にアルバがオフサイドを掛け損ない中央を破られ追いつかれる。基本、足が動いていない。39分に力ワザでネイマールが蹴り込み何とか勝ち越し。それまでにスアレスに決定機があったんですけどね。フリーのヘッドは右ポスト外(泣)。後半も決定機がありましたが、危ないシーンも数度ありました。苦しいフエラのスケジュールを何とか乗り切っての勝ち点3。勝てて良かったです。

繰り返しますが、スアレス以外全員ダメ。

以上です。

 

スアレス

ゴール以外にもホントよくチェイシングしてましたし、孤軍奮闘でした。エリア内での切り返しも絶妙。決定機を決めきっていればラクに勝利でしたが、最早無くてはならない存在です。

 

ネイマール

全然ダメだったネイマールも久しぶりのゴール。

終了間際のカウンターからのどフリーも決めきれずトホホ・・・。

 

MSN

エミレーツ、大丈夫かなぁ。

アウェイ・ゴールを持ち帰って欲しいのだけれど・・・、心配だ。

 

1455981257_014254_1455983126_album_grande

スアレス、神でした。

久しぶりのロンドンでもゴールを期待したいものですね。

300ゴール

メッシ

レオ・メッシが新たな金字塔を打ち立てました。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第16節、スポルティング・ヒホンVSバルセロナ@ムニンシパル・エル・モリノン。

その瞬間は25分に訪れました。中央やや右でボールを受けて、細かいタッチからディフェンダー2人を置き去りにしてからの左脚一閃。相手の股を抜いた一撃がキーパーの手が届かないゴール左隅に突き刺さる歴史的瞬間。クラブ通算10,000ゴールが、レオ・メッシのリーガ通算300ゴールとなりました。

凄すぎる。

ゲーム自体は、その2分後にヒホンの繰り出した美しいカウンターからあっけなく失点してしまいオイオイでしたが、またまたそのすぐ後にスアレスの秀逸なポストプレイの戻しのボールを今度もレオ・メッシが左脚アウトで豪快に蹴り込みリードを取り戻しました。301ゴール目も素晴らしいゴールでしたね。

 

スアレス

スアレス

後半にはスアレスがエリア内右から左脚での一発をゴール左隅に決め切り3-1で勝利。

公式戦不敗記録を31ゲームとしました。

 

メッシ

メッシ

最近ゴールに貪欲な感じがするレオ・メッシ。

いよいよエンジン全開です。

 

スアレス

スアレスがPKを完璧にシャットアウトされたのも心配です。もう誰が蹴っても止められる感じですね(泣)。でもクラブ・ワールドカップで延期されていたゲームでキチンと勝ち点3を上積みしたのでヨシとしますかね(大甘)。

『もし僕がPKを蹴らなければいけないのなら準備だけはしておく。ただ、僕たちはFW陣を絶対的に信頼している。次のPKはゴールに入ってくれるはずだよ』とはラキティッチのコメント。

ルイス・エンリケは『(PKについて)我々は向上しなければいけない。だがPKを失敗した選手は自ら責任を負った選手でもある。何も心配していないよ。PKを外した後すべてをコントロールできなくなったが、スアレスが試合を決めてくれた。我々に落ち着きをもたらし、ヒホンとファンたちを静かにさせてくれた』とコメントしましたが、流石に外し過ぎかな。チャンピオンズのファイナルではPK戦もあるのだし・・・。まぁ90分、120分で試合を殺せれば問題ないのだけれど。

 

メッシ

300ゴールメモリアル

リーガ通算334試合出場で301ゴールの金字塔。内訳は、左脚で240ゴール、右脚から48ゴール、ヘッドで12ゴール、その他で1ゴールとなっています。PKが39ゴール、最近精度が上がりまくっているFKが15ゴールだそうです。

また歴史の目撃者となることが出来た幸せ。このまま週末のフエラでも勝利あるのみです。