It’s SHOW TIME

バルサ

セルタに敬意を欠いた訳ではありまん。フットボールをエンターテイメントの域までに昇華させたバルサのDNA。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナVSセルタ@カンプ・ノウ。

MSNI、クアトロ・ファンタスティコ躍動。ミッドウィークのコパ・セミファイナル・セカンドレグで大半が休養を取ったローテーションのおかげか、前線のメッシ、スアレス、ネイマール、イニエスタが躍動しました。昨年のバライードスでの苦杯を払拭するゴールラッシュ。セルタは決して悪くなかったと思いますが、決定機でのミスにも助けられ後半の楽しいアタックで大勝を飾ることができました。

最高に気分がイイ月曜の朝をありがとう。

ほとんど寝ずの、スーパーサンデーの締め括りのゲームに最高にエキサイトすることができました。

以下、ゴールシーン備忘録。

 

メッシ

28分の今シーズン5発目のレオ・メッシのFK。リーガ通算299ゴール目は、無慈悲なコースを辿り先制点を齎してくれました。

 

スアレス

前半でアルバがペナルティを献上し、追い付かれての後半59分。メッシとのパス交換から固められた中央を抉ったスアレスの1発は、バルサがバルサであることの証のようなゴールでした。その後も75分にネイマールのシュートの毀れ球に反応し、81分にはトリックPKを流し込んでのハットトリック。

完璧です。

 

PK1

PK2

PK3

PK4

PK5

PK6

1982年の、レジェンド・クライフがアヤックスで披露した伝説的トリックPKからのゴール。

右サイド深部で華麗にディフェンスを躱したレオ・メッシが得たPK。倒れたメッシに駆け寄ったネイマールが何やら言葉を交わしていたのでネイマールが蹴るのかと思いましたが、練習でいつもやっているトリックPKの相談だったみたいです。ネイマールが押し込む予定だったのをスアレスが蹴り込んのはご愛嬌(笑)。

『僕が決めるはずだったんだ。こういうPKを練習していたけど、スアレスの方が近くにいた。問題はないよ。彼が決めてくれたしプレーがうまくいったからね』

『前線の僕ら全員がすごく寛大なんだ。お互いのことが大好きだし、僕らの友情こそが何よりも重要だ。誰がゴールを決めようが大したことじゃない。バルサが試合に勝ちさえすればいいんだ』

肺癌を患っているクライフに捧げるゴールでしたかね。

 

ラキティッチ

後半途中からセルジ・ロベルトに代わってピッチに入ったラキティッチの84分のループ。空いていたエリア中央へ走り込んでクールに決め切りました。

 

ラキティッチ

400万人以上いる自身のフォロワー向けにユニフォームをひっくり返してご満悦。イエローカードを貰わないように脱がずにひっくり返すところがラキティッチらしかったです(笑)。

 

ネイマール

締めはアディショナル・タイムのネイマール。

 

ヒール・リフト

この日もキレキレでしたが、最後のタッチが僅かに狂っていてネットを揺らしてませんでしたが、最後の最後でMSNコンプリートでした。ゲーム中に魅せた完璧なヒール・リフトといい、ゴールライン際でディフェンダーを躱すドリブルといい、アンストッパブルでしたね。

 

イニエスタ

イニエスタ無双。

 

メッシ

MSN

NS

正直、アウヴェスがグダグダだったり、セルタのカウンターに肝を冷やすシーンも2〜3度あったりで完璧ではありませんでしたが、ゴールへのアタックと楽しそうにプレイするMSNの状態はほぼパーフェクト。負ける感じが微塵もありませんでしたね。

仲良きことは美しき哉。

このまま僕を、そして世界を可能な限り魅了し続けて欲しいものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中