アウェイ・ゴールの行方

ミケル1

ミケル

このシステムの考案者は表彰されていい。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、パリ・サンジェルマンVSチェルシー@パルク・デ・プランス。

いよいよ始まったノックアウト・ラウンド。その一発目のゲームは、もちろんこのゲームをセレクトしました。3シーズン連続マッチアップの両者ですが、モウリーニョだけがいない(笑)。でもそれ以外でも違いがありました。パリのポゼッションが洗練されていました。個のドリブル突破も併せてチェルシーゴールへアタックできていました。しかしフットボールは分かりません。ゴールに最も近づいたのはチェルシー。ジエゴ・コスタのヘッドが枠を捉え、パリのGKトラップが間一髪右手でセーブし事なきを得ました。低迷してるとはいえやはり油断ならないチェルシーといったところでしたが、最初のゴールはこの男が齎しました。

 

ズラタン

39分。ゴール正面やや左からズラタン・イブラヒモビッチがFKを捩じ込みパリが先制です。壁の右端のミケルに当たってコースが変わるラッキーな一発。このFKの前にもズラタンが一度FKを蹴ってましたが(それは壁の上を越えて枠を外れました)今度は低く抑えての一撃。パリが貴重な先制ゴールをモノにしましたが、もちろんコレで終わりません。次は、貴重なアウェイ・ゴールを前半中にチェルシーがモノにしました。

 

チェルシー

チェルシー1

アディショナル・タイムでの右CKから、コスタが擦らしたボールをミケルが蹴り込み振り出しに。単に振り出しに戻しただけではない貴重なアウェイ・ゴール。過去2シーズンを振り返っても、アウェイ・ゴールで全てが決まっています。このゴールが180分の戦いを本当に面白くしてくれます。

追いつかれたパリは、後半さらに攻勢に出ます。しかし、専守防衛を基本的に得意とするチェルシーの壁を突破できません。焦れる時間が続きましたが、チュパチャップス・ブランが74分に放った一の矢、エディソン・カバーニが78分に早速結果を残しました。

 

カバーニ

ディ・マリア(だったかな)のパスにオフサイドラインを掻い潜ってエリア内に侵入したカバーニ。右サイド深い位置で角度が無いところを溜めてダイレクトで蹴った一撃は、図ったようにクルトゥワの股を抜いてネットに突き刺さりました。

クルトゥワの足が開くのと同時のタイミングが秀逸すぎました。南米のリズムなんだろうなぁ。日本人FWでは無理と痛感した一撃でパリがリードをモノにし、スコアはこのまま2-1でロンドンへ向かうこととなりました。

 

カバーニ

殊勲の勝ち越し弾を沈めたエディソン・カバーニ。南米のFWらしい一発でした。

 

イブラヒモビッチ

FKは沈めたズラタン王ですが、終了間際のチャンスも決めていれば・・・。

 

パリ

『チームは良かった。良いフットボールが出来ていた。チェルシーに驚いたりはしていない。ヒディンクは落ち着きをもたらし、少しずつ改善している。カウンターは脅威だね』(ブラン)

『この勝利は大きい。でも危険な結果だ。まだすべてがオープンだ。イングランドでは僕たちが失点をしてはいけない』(マルキーニョス)

 

チェルシー

3月9日のスタンフォード・ブリッジで、三度目のマッチアップはどのようなフィナーレを迎えるでしょうか。チェルシーは今日のアウェイ・ゴールを活かせるか。過去二度はどちらもドラマティックでした。それに負けないフィナーレを期待したいものですね。

 

ペドロ

最後に元バルサ、ペドロとマクスウェルの邂逅を。

ペドロ、相変わらず運動量は多いけど脅威って感じではないんだよなぁ。頑張ってもらいたないなぁ。