300ゴール

メッシ

レオ・メッシが新たな金字塔を打ち立てました。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第16節、スポルティング・ヒホンVSバルセロナ@ムニンシパル・エル・モリノン。

その瞬間は25分に訪れました。中央やや右でボールを受けて、細かいタッチからディフェンダー2人を置き去りにしてからの左脚一閃。相手の股を抜いた一撃がキーパーの手が届かないゴール左隅に突き刺さる歴史的瞬間。クラブ通算10,000ゴールが、レオ・メッシのリーガ通算300ゴールとなりました。

凄すぎる。

ゲーム自体は、その2分後にヒホンの繰り出した美しいカウンターからあっけなく失点してしまいオイオイでしたが、またまたそのすぐ後にスアレスの秀逸なポストプレイの戻しのボールを今度もレオ・メッシが左脚アウトで豪快に蹴り込みリードを取り戻しました。301ゴール目も素晴らしいゴールでしたね。

 

スアレス

スアレス

後半にはスアレスがエリア内右から左脚での一発をゴール左隅に決め切り3-1で勝利。

公式戦不敗記録を31ゲームとしました。

 

メッシ

メッシ

最近ゴールに貪欲な感じがするレオ・メッシ。

いよいよエンジン全開です。

 

スアレス

スアレスがPKを完璧にシャットアウトされたのも心配です。もう誰が蹴っても止められる感じですね(泣)。でもクラブ・ワールドカップで延期されていたゲームでキチンと勝ち点3を上積みしたのでヨシとしますかね(大甘)。

『もし僕がPKを蹴らなければいけないのなら準備だけはしておく。ただ、僕たちはFW陣を絶対的に信頼している。次のPKはゴールに入ってくれるはずだよ』とはラキティッチのコメント。

ルイス・エンリケは『(PKについて)我々は向上しなければいけない。だがPKを失敗した選手は自ら責任を負った選手でもある。何も心配していないよ。PKを外した後すべてをコントロールできなくなったが、スアレスが試合を決めてくれた。我々に落ち着きをもたらし、ヒホンとファンたちを静かにさせてくれた』とコメントしましたが、流石に外し過ぎかな。チャンピオンズのファイナルではPK戦もあるのだし・・・。まぁ90分、120分で試合を殺せれば問題ないのだけれど。

 

メッシ

300ゴールメモリアル

リーガ通算334試合出場で301ゴールの金字塔。内訳は、左脚で240ゴール、右脚から48ゴール、ヘッドで12ゴール、その他で1ゴールとなっています。PKが39ゴール、最近精度が上がりまくっているFKが15ゴールだそうです。

また歴史の目撃者となることが出来た幸せ。このまま週末のフエラでも勝利あるのみです。

広告