マドリーが持つ記録に並ぶ

メッシ

公式戦34試合連続無敗(28勝6分)達成。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナVSセビージャ@カンプ・ノウ。

マドリーがベルナベウで沈みリーガにアディオスした今節で、愛しのバルサがマドリーの持つ1988-1989シーズンに記録した連続無敗記録に並んだ。キックオフ前は、ガナーズ戦後ということもあってかなり心配していたがカンプ・ノウ開催で良かった。

レオ・メッシの右CKが直接右ポストを叩いたり、その流れからのスアレスの一撃がクロスバーを叩くなどチャンスはあったが、基本的にツー・ラインを敷くセビージャの壁に苦戦していた。案の定、惜しいチャンスを逃していたら程なくアレイシュ・ビダルの裏のスペースを突かれるカウンター(ビダルが入れ替わられてしまった)を喰らい、前半20分に失点してしまった。

サンチェス・ピスファンだったらヤバかっただろう。しかし、31分にギガ・クラック、レオ・メッシが強烈なFKを沈め振り出しに戻す。リーガ通算15発目のレオ・メッシのFKは、CR7に唯一劣っていると思われた弱点ももはや存在しないことを証明する強烈なゴラッソだった。

前半にイーブンに戻せた効果は大きく、後半開始早々にメッシとスアレスの美しい崩しからコーナーキックの流れでエリア内最前線に残っていたピケがダイレクトでネットを揺らし逆転とした。これ以降、セビージャもカウンターを窺いビッグチャンスも演出したが、クラウディオ・ブラヴォのいつものブラヴォーなセーブで難を逃れ、ルイス・エンリケはイマイチ乗り切れてなかったアルダやビダル、セルジ・ロベルトをイニエスタ、アウヴェス、ラキティッチと交代させゲームを締めて偉大な記録に並ぶこととなった。

最後に敗れた昨年の@サンチェス・ピスファンでの借りを返すとともに、無敗記録の進撃を続けるバルセロナ。このまま4月のクラシコまで無敗を維持して欲しいものである。

 

メッシ

メッシ

メッシ

ネイマールが蹴ったほうがいい角度だったが、強烈なスピードでサイドネットを突き刺したレオ・メッシの一発。

もはや右足しか弱点(それも問題ないレヴェルだが)が残されていない。

 

ピケ

スアレスのパスに(シュートだった?)ダイレクトで合わせたジェラール・ピケの貴重な勝ち越し弾。それにしてもヒゲが似合ってない。

 

ブラヴォ

クリーン・シートはならなかったが、鬼神に相応しいセーブを披露してくれたクラウディオ・ブラヴォ。

 

バルサ

マン・ユナイテッドとアーセナルのゲームを観てから一眠りしてのライブ視聴だったが、満足。ミッド・ウィークはラージョだし、連続無敗の新記録樹立は確定かな。

 

ルイス・エンリケ

『記録の価値?、ゼロだ。我々がタイトルを獲得できればOKだが、そうじゃなければ何でもない』

『マドリーと勝ち点12差?、アトレティコとは勝ち点8差だ。言い換えれば、近くにいるということだ。我々は最初から連覇できると信じてきた。それが優先目標であり、我々は良い位置にいる。だが、王者になるには必要な勝ち点を稼がなければいけない』

勝って兜の緒を締めたルイス・エンリケ。

チャンピオンズ連覇も信じているゼ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中