アウェイ・ゴールの行方

ミケル1

ミケル

このシステムの考案者は表彰されていい。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、パリ・サンジェルマンVSチェルシー@パルク・デ・プランス。

いよいよ始まったノックアウト・ラウンド。その一発目のゲームは、もちろんこのゲームをセレクトしました。3シーズン連続マッチアップの両者ですが、モウリーニョだけがいない(笑)。でもそれ以外でも違いがありました。パリのポゼッションが洗練されていました。個のドリブル突破も併せてチェルシーゴールへアタックできていました。しかしフットボールは分かりません。ゴールに最も近づいたのはチェルシー。ジエゴ・コスタのヘッドが枠を捉え、パリのGKトラップが間一髪右手でセーブし事なきを得ました。低迷してるとはいえやはり油断ならないチェルシーといったところでしたが、最初のゴールはこの男が齎しました。

 

ズラタン

39分。ゴール正面やや左からズラタン・イブラヒモビッチがFKを捩じ込みパリが先制です。壁の右端のミケルに当たってコースが変わるラッキーな一発。このFKの前にもズラタンが一度FKを蹴ってましたが(それは壁の上を越えて枠を外れました)今度は低く抑えての一撃。パリが貴重な先制ゴールをモノにしましたが、もちろんコレで終わりません。次は、貴重なアウェイ・ゴールを前半中にチェルシーがモノにしました。

 

チェルシー

チェルシー1

アディショナル・タイムでの右CKから、コスタが擦らしたボールをミケルが蹴り込み振り出しに。単に振り出しに戻しただけではない貴重なアウェイ・ゴール。過去2シーズンを振り返っても、アウェイ・ゴールで全てが決まっています。このゴールが180分の戦いを本当に面白くしてくれます。

追いつかれたパリは、後半さらに攻勢に出ます。しかし、専守防衛を基本的に得意とするチェルシーの壁を突破できません。焦れる時間が続きましたが、チュパチャップス・ブランが74分に放った一の矢、エディソン・カバーニが78分に早速結果を残しました。

 

カバーニ

ディ・マリア(だったかな)のパスにオフサイドラインを掻い潜ってエリア内に侵入したカバーニ。右サイド深い位置で角度が無いところを溜めてダイレクトで蹴った一撃は、図ったようにクルトゥワの股を抜いてネットに突き刺さりました。

クルトゥワの足が開くのと同時のタイミングが秀逸すぎました。南米のリズムなんだろうなぁ。日本人FWでは無理と痛感した一撃でパリがリードをモノにし、スコアはこのまま2-1でロンドンへ向かうこととなりました。

 

カバーニ

殊勲の勝ち越し弾を沈めたエディソン・カバーニ。南米のFWらしい一発でした。

 

イブラヒモビッチ

FKは沈めたズラタン王ですが、終了間際のチャンスも決めていれば・・・。

 

パリ

『チームは良かった。良いフットボールが出来ていた。チェルシーに驚いたりはしていない。ヒディンクは落ち着きをもたらし、少しずつ改善している。カウンターは脅威だね』(ブラン)

『この勝利は大きい。でも危険な結果だ。まだすべてがオープンだ。イングランドでは僕たちが失点をしてはいけない』(マルキーニョス)

 

チェルシー

3月9日のスタンフォード・ブリッジで、三度目のマッチアップはどのようなフィナーレを迎えるでしょうか。チェルシーは今日のアウェイ・ゴールを活かせるか。過去二度はどちらもドラマティックでした。それに負けないフィナーレを期待したいものですね。

 

ペドロ

最後に元バルサ、ペドロとマクスウェルの邂逅を。

ペドロ、相変わらず運動量は多いけど脅威って感じではないんだよなぁ。頑張ってもらいたないなぁ。

広告

寝不足だ

諭吉

日経ヘイキンズが激戦の末、今年3度目の連勝を飾った本日。昨日、一睡もしないで仕事をした後ある部下と飲んだ時に『何か投資とかされてますか?』と聞かれたので、眠い目を擦りつつ『まあね。今回の下落で何もしないヤツは一生奴隷だからね』と豪語した@uemachiです。

コンバンハ。

昭和の厳格な家庭に育った私は(ウソですが)、今回の乗るしかないビッグ・ウェーブにガンガン乗りまくり、市場の有難い格言『落ちるナイフは掴むな』をガン無視し、部下が知ることとなれば『この人は頭がオカシイ』と間違いなく思うくらいの含み損を抱えno football no life生活を満喫しております。

仕事をキチンとこなし、真面目に子育てし、漠然とした将来の不安に怯え生きている部下が僕に投資スタンスを尋ねてきたので(メンドクサイなぁ)、『外国株式のインデックス投資がイイと思うよ。そんで今回のような数年に一度の世界同時大暴落があればスポット購入すればイイんじゃないかな』と適当に答えておきました。

『何の為に投資を考えてんの?』と聞いてみたところシックリくる回答を得られなかった(銀行に預けても増えない程度のものだった)ので、『ただ損をしたや、こんだけ騰がって儲かった』で終わる(損をして終わるだろうなぁ)だろうなぁと思いましたので目的(目標でもいいか)を持って出口戦略を描かないとダメだと併せて真顔で講釈を垂れておきました。

あの世にはお金は持っていけませんからね。大事ですよね、出口戦略。

かくいう僕も明確な出口戦略を持ってはいません。インカムゲインを目的に、少しのキャピタルゲインで旅行が潤えばイイかなくらいなのです。「億り人」になって会社を辞めたいのですが、毎月の給料という最大のインカムとデイトレードで稼ぎ暮らしていくを天秤に掛けると、職を辞するという行動に移せないチキンなのです。

世界のほとんどが資本主義で構成されている以上、この先も永遠に緩やかではあるだろうけど右肩上がりで成長をしていくハズです。それにいくばかりかベットし続けるのみなのです。そうすれば、奴隷にもお溢れがあるハズなのです。数年後に大きなリターンを得るために、もっともっと買い足していくだけだと決意を新たにした今日この頃。いよいよチャンピオンズリーグが再開されますね。また慢性的な寝不足が始まります。

なんでこんなことブログに書いたんだろ。そうか、やっぱこの二日で数十万儲かったのが嬉しかったんだな。

It’s SHOW TIME

バルサ

セルタに敬意を欠いた訳ではありまん。フットボールをエンターテイメントの域までに昇華させたバルサのDNA。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナVSセルタ@カンプ・ノウ。

MSNI、クアトロ・ファンタスティコ躍動。ミッドウィークのコパ・セミファイナル・セカンドレグで大半が休養を取ったローテーションのおかげか、前線のメッシ、スアレス、ネイマール、イニエスタが躍動しました。昨年のバライードスでの苦杯を払拭するゴールラッシュ。セルタは決して悪くなかったと思いますが、決定機でのミスにも助けられ後半の楽しいアタックで大勝を飾ることができました。

最高に気分がイイ月曜の朝をありがとう。

ほとんど寝ずの、スーパーサンデーの締め括りのゲームに最高にエキサイトすることができました。

以下、ゴールシーン備忘録。

 

メッシ

28分の今シーズン5発目のレオ・メッシのFK。リーガ通算299ゴール目は、無慈悲なコースを辿り先制点を齎してくれました。

 

スアレス

前半でアルバがペナルティを献上し、追い付かれての後半59分。メッシとのパス交換から固められた中央を抉ったスアレスの1発は、バルサがバルサであることの証のようなゴールでした。その後も75分にネイマールのシュートの毀れ球に反応し、81分にはトリックPKを流し込んでのハットトリック。

完璧です。

 

PK1

PK2

PK3

PK4

PK5

PK6

1982年の、レジェンド・クライフがアヤックスで披露した伝説的トリックPKからのゴール。

右サイド深部で華麗にディフェンスを躱したレオ・メッシが得たPK。倒れたメッシに駆け寄ったネイマールが何やら言葉を交わしていたのでネイマールが蹴るのかと思いましたが、練習でいつもやっているトリックPKの相談だったみたいです。ネイマールが押し込む予定だったのをスアレスが蹴り込んのはご愛嬌(笑)。

『僕が決めるはずだったんだ。こういうPKを練習していたけど、スアレスの方が近くにいた。問題はないよ。彼が決めてくれたしプレーがうまくいったからね』

『前線の僕ら全員がすごく寛大なんだ。お互いのことが大好きだし、僕らの友情こそが何よりも重要だ。誰がゴールを決めようが大したことじゃない。バルサが試合に勝ちさえすればいいんだ』

肺癌を患っているクライフに捧げるゴールでしたかね。

 

ラキティッチ

後半途中からセルジ・ロベルトに代わってピッチに入ったラキティッチの84分のループ。空いていたエリア中央へ走り込んでクールに決め切りました。

 

ラキティッチ

400万人以上いる自身のフォロワー向けにユニフォームをひっくり返してご満悦。イエローカードを貰わないように脱がずにひっくり返すところがラキティッチらしかったです(笑)。

 

ネイマール

締めはアディショナル・タイムのネイマール。

 

ヒール・リフト

この日もキレキレでしたが、最後のタッチが僅かに狂っていてネットを揺らしてませんでしたが、最後の最後でMSNコンプリートでした。ゲーム中に魅せた完璧なヒール・リフトといい、ゴールライン際でディフェンダーを躱すドリブルといい、アンストッパブルでしたね。

 

イニエスタ

イニエスタ無双。

 

メッシ

MSN

NS

正直、アウヴェスがグダグダだったり、セルタのカウンターに肝を冷やすシーンも2〜3度あったりで完璧ではありませんでしたが、ゴールへのアタックと楽しそうにプレイするMSNの状態はほぼパーフェクト。負ける感じが微塵もありませんでしたね。

仲良きことは美しき哉。

このまま僕を、そして世界を可能な限り魅了し続けて欲しいものです。

グッバイ、マン・シティ

ポチェッティーノ

マン・シティを葬ったスパーズ。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、マン・シティVSトットナム@エティハド。

見ていて気持ちイイ。前からのプレス、コレクティブなアタック、メリハリが効いていた。マン・シティのお株を奪うポゼッション。前半はスコアレスだったが退屈はしなかった。

後半、ラッキーなペナルティで先制し、追い付かれても下を向かない。84分にラメラのスルーパスから(オタメンディの股の下を通した)エリクセンがネットを揺らし、落ち目のマン・シティをタイトル・レース後方に追いやった。

ポチェッティーノの手腕が見事なのだろう。ヴィラス・ボアスと違うアプローチでヤング・スパーズを導いている。

まだ多くの試合が残されている。PLとELの苛酷なスケジュールにも苦しむだろう。しかし、僕はスパーズを応援したい。外連味のないフットボールが何処までいくのか確かめられずにはいられない。

ミッドウィークにゲームのないレスターがスケジュール的には有利だか、この歴史的なシーズンの結末はどのようなものになるだろう?。ネイマールの美しいヒール・リフトを次の視聴ゲームで目の当たりにしテンションがまだ下がらない月曜の朝。素晴らしい個人的スーパーサンデー第二試合だった。

 

ケイン

ド真ん中。

 

エリクセン

落ち着いたトラップからクールにハートの左を抜いた決勝点。

 

マン・シティ

それにしてもマン・シティ、どうしちゃったのかな。

遅いし、プレスも掛けず、左サイドを抉ってからの同点ゴールはらしかったけど、イイところなく2連敗で優勝が遠ざかりました。

シーズン途中での『賢人』就任発表がダメだったかなぁ。なんかミュンヘンもキナ臭いしね。実社会同様、フットボールの世界も色々難しいもんだね。そして、最後は愛しのバルサ。それはもう最高なゲームでした。つづく。

夢から醒めた夢?

シンプソン

ダニー・シンプソンの酷すぎる2枚目のイエローが、歴史的なシーズンを台無しにしたかもしれない。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、アーセナルVSレスター@エミレーツ。

攻めるガナーズと守るレスター。開始1分も経たずにレスター・ゴールを襲ったアーセナルのこのゲームに賭ける意気込みとインテンシティが伝わってきたキックオフ直後。徐々に落ち着きカウンターを見舞おうとするレスター。期待が持てる雰囲気に満ちたゲームにテンションが上がる僕。0-0の緊迫した鍔迫り合いで進む前半だったが、ヴァーディがヘッドを枠内に飛ばし最初にゴールに近づいたのはレスターだった。単に守るだけじゃないレスター。そして前半終了間際にそのヴァーディがモンレアルを誘いPKを得た。ここまでプレミア得点王のジェイミー・ヴァーディが自ら得たPKを豪快に右に蹴り込み、レスターが先制に成功した。

ふう、ハーフタイムの間の一服がとても心地よい。

そして後半が始まる。このまま終わる訳には行かないホームのアーセナル。前半以上の更なる圧力でゴールをうかがう。このまま敗れれば(僕は敗れなくても)ヴェンゲルは代えた方がよかったが、54分に運命の分かれ道、愚か者の愚か過ぎるファウルでヴェンゲルは命を拾い、ラニエリは頭を抱える(もちろんそんな素振りはなかったが)こととなった。

ここからスピード豊かなウォルコットを投入し門を抉じ開けようとするアーセナル。耐えるレスター。しかし、レスターにとって(アーセナルにとってもだが)はあまりにも多くの時間が残っていた。繰り返されるサイドチェンジと両ウイング両ラテラルの突破に疲弊するレスター。とうとう74分にベジェリンのクロスをジルーが頭で落とし、そこに飛び込んできたウォルコットがきっちりとネットを揺らし1-1となった。

まだアディショナル・タイムを入れて20分はあったし、レスターが勝ち点をロストするのは明白だった。フレッシュなプレイヤーを入れてなんとか凌ごうとするラニエリだったが、如何せん攻撃することが叶わない。ヴェンゲルは10ヶ月ぶりにカムバックしてきたウェルベックを投入し最後の攻勢を掛ける。左でアレクシス・サンチェスとモンレアルが、右でウォルコットとベジェリンが何度も何度も仕掛け、中央でジルーやラムジーがゴールを抉じ開けようとした。

そして劇的な瞬間がアディショナル・タイムの94分に訪れた。ここまで40分近く耐えるという以上に戦っていたレスター。しかし、あと1分というところまで漕ぎ着けながら最後の最後でエジルのFKをウェルベックに頭で合わされ、ゲームはアーセナルがものにすることとなった。

両チームとも2度とアトキンソンのジャッジは見たくない・・・やら、後半のガナーズの攻める姿勢は「12年ぶりの戴冠」の資格がある・・・やらとミラーオンラインに書かれていましたが、アーセナルは優勝することができるだろうか?。レスターの夢は醒めてしまったのだろうか?。一人の愚か者の2枚のイエローカードで終わってしまうのはあまりにも悲しすぎる。まだ勝ち点差は2ポイントあるのだ。

レスターのバウンス・バックを期待せずにはいられない。

 

ヴァーディ

理想的な前半だったのだけれど・・・。

 

ウォルコット

ウェルベック

Mrヴェンゲルが放った2本の矢、ウォルコットとウェルベックのゴール。

 

モンレアル

救われたモンレアル。

 

シンプソン

度し難い愚か者のダニー・シンプソン。

 

カンテ

クロード・マケレレになれる逸材のカンテは攻守に獅子奮迅。

 

レスター

まだ終わっちゃいない。

シックス・ポインター×2

ラニエリ

ヴェンゲル

こんなハッピー・バレンタインはあるだろうか?。

プレミアの日程アルゴリズムはホント素晴らしい!!。この日曜日は、フットボール・ラバーには堪らないシックス・ポンターが2つ。首位レスター対3位のアーセナル、2位のスパーズ対4位のマン・シティ。第26節はトップ4決戦なのだ。前節でマン・シティを叩き連勝を狙うレスター。1月まではポール・ポジションにいたのに恒例の失速をみせたガナーズ。なかなか負けず勝ち点を積み重ね念願のCL出場圏内当確?のスパーズに、怪我人続出で落ち目のマン・シティ。これで優勝が決まるわけではないけれど、直接対決で叩くことができればそれに越したことはない。

明日の(もう今日だけど)スーパー・サンデーは、@エミレーツからエティハド経由カンプ・ノウです。

楽しみだ。

 

ポチェッティーノ

ペジェグリーニ

マン・シティは、『賢人』ペップ・グアルディオラの就任が決まりヤヤ・トゥーレのマインドが下がったのが痛いかな(気持ちは痛いほどわかるけど)。

プレミアも目が離せなくなってきましたが、個人的にはレスターかスパーズの優勝を望みます。歴史的なシーズンもイイじゃんか。

80勝9敗11分

ルイス・エンリケ

ルイス・エンリケは名将なのだろうか?。

ルーチョ・バルサは歴代最強のバルサなのだろうか?。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第23節、レバンテVSバルセロナ@シウダ・デ・バレンシア。

2014年8月に(無冠で失敗に終わった)タタ・マルティーノの後を引き継いだルーチョ。23節のレバンテ戦を何とかモノにし(アルバのクロスからの相手オウンゴールとアディショナル・タイムのスアレスの一発で勝利したがレバンテにもビッグチャンスが数回あった)、公式戦通算100試合の成績が80勝9敗11分となった。この記録はバルサの新しい記録となる。偉大過ぎたペップ・バルサが71勝、レジェンド・クライフが率いたドリーム・バルサが60勝だから、この記録が如何に凄いかが窺い知れる。

この100試合で282ゴールを記録したルーチョ・バルサ。1950年代後半のバルサに遅れは取るが、その頃のフットボールとはフットボールのクオリティが180°違う。ペップ・バルサの240ゴールより42ゴールも多い事実は、MSNの決定力及び縦に速いモダンスタイルへのトランスフォームが成功しゴールに直結している証左だろう。

そして永遠に尽きない疑問、果たしてルーチョは名将なのだろうか?。

ペップ・バルサ時代から残っている現在の主要メンバーは、メッシ、イニエスタ、ブスケツ、ピケ、マスチェラーノ、アウヴェスだ。基本スタイルは不変の4-3-3。アンカーから最終ラインが変わらず中盤から前線の血が入れ替わり、与えられた戦力からティキ・タカに拘泥しないスタイルで第2次黄金時代を築きつつある。共存が危ぶまれていた(クライフ曰く船頭は2人も要らない)前線は、恐ろしいほどシンクロし、縦に速いモダン・フットボールへのモデルチェンジは(引いて守らない)ヨーロッパの列強相手に甚大なダメージを与えている。歴史上初めてチャンピオンズリーグ連覇を果たす可能性を十二分に秘めている。

昨年1月のソシエダ戦での敗戦からレオ・メッシとの不仲がメディアを賑わし瓦解しかけたところからのV字回復は、(最終的には史上2度目のトレブルを達成した手腕は)ローマでの苦い蹉跌を上手く活かした結果だろう。

個人的見解は、「名将と言わざるを得ない」と思う。

好き嫌いは置いておいて、フットボールは多分に結果がモノを言うロマンだけは生き残れないシビアな世界なのだ。このまま勝ち続け再びトレブルを達成しても「MSNのおかげ」と言われることだろう。セルタやローマで結果を残せなかった事実が、これからも付いて回るだろう。でもベニテスを見てほしい。BBC擁するマドリーでも結果を残せないマネージャーがいるのだ。名将といって間違いないアンチェロッティでさえリーガは取れなかったのだ。世界一のプレイヤーが揃っていてもリーグ・テーブルのトップに立てる訳ではないのだ。

ルイス・エンリケは、フットボール史上最強のスリートップを率いフットボール史上最強のチームを作り上げた人物として、僕は記憶したいと思う。衆人が認める名将かどうかは、バルサを離れた後の実績で決まるだろう。

「80勝9敗11分」という一つの記録は、名実共にとても偉大な記録で、ルーチョが名将だと言ってもいい一つの証だろうと思う。

 

バルサ

MSN

ペップが去って一度は暗黒の時代へと堕ちていくバルサを覚悟したのだが、もう暫くはトップでい続けるだろう愛しのバルサ。MSNが楽しげにプレイする限り、結果も付いてくるだろう。ルーチョ・バルサにないものは、「奇跡的なゴール」とか「歴史的逆転勝利」といったところだろうか。そんなものなくても勝ち続ければイイのだけれど・・・。

今シーズンもトレブルを期待するのみだ。