和歌山だけじゃないゼ

智辯学園

第88回選抜高校野球決勝の組み合せは、高松商業(香川)対智辯学園(奈良)。

ヒリヒリとした投手戦にケリを付けたのは、自らのバットでだった。

延長11回の裏、2アウト1塁の場面でバッターボックスに入った(6番バッターの)智辯学園のエース村上くん。ここまで4打席2三振だったが、甘いストレートを逃さなかった。高松商業のエース裏くんのストレート(少しシュート回転して真ん中付近来た)を完璧に捉えた打球がグングンと伸びて行き、懸命にグラブを出すセンターの頭上を越えて行った。高松商業が誇る韋駄天センター安西くんでも及ばない鋭いライナーの打球がフェンスに到達し、懸命の中継プレイも少し及ばず1塁ランナーがホームに滑り込み、熱戦に幕が降ろされた。

準決勝の龍谷大平安戦に続く、2試合連続のサヨナラ勝ち。前評判は決して高くは無かった奈良の智辯学園が掴んだ初の栄冠は、(決勝でのサヨナラツーベースが無くても)エースの村上くん抜きには語れない。初戦(福井工大福井)の完封(4-0)を皮切りに、2回戦の鹿児島実業戦は1失点(4-1)、準々決勝の滋賀学園戦も2安打完封(6-0)、龍谷大平安戦も1失点(自責点0の2-1)とほぼ完璧に近い内容で一人で投げ抜いてきた。

140㌔台のストレートも投げるが、130㌔台でもスピンの効いた伸びのある球筋が印象的な良いピッチャーだ。そして、(松坂大輔くんみたいに)投げれば投げるほど良くなっていく感じが頼もしい。170㎝前半の体格だが、馬力があって打ち辛いピッチャーなのだ。

この決勝戦も8回に1失点してしまうが、完璧にゲームを作って(何回か3塁にランナーを背負うピンチがあったが)サヨナラゲームを演出してくれた。5試合で計669球の熱投に、決勝でのサヨナラツーベース。素晴らしいの一言だ。

智辯と言えば兄弟校の智辯和歌山が名実ともに高校野球界をリードしてきたが、奈良智辯もひとつの歴史を作ることとなった。プロに行った青山くんや岡本くんが居ても成し得なかった悲願の優勝は、チーム一丸となった証だろう(龍谷大平安戦の9回裏の4連打がまさにソレだ)。エラーをしても全員でカバーする。下級生の3番4番も打つが、7番以降の下位打線も抜け目なく強烈な当たりを飛ばす。超高校級は居ないが纏まりのある良いチームだった。

智辯和歌山に並ぶセンバツの優勝。先を行く和歌山に追い付くためには、夏も戴きに立つ必要がある。村上くん以外にもう一人ゲームを作れるピッチャーが出て来れば、その可能性(全く簡単ではないが・・・)を追うことが出来る。このゲームをライブで観ていて、僕はそう実感した。

広告

忘れられない1球二つ

龍谷大平安

【その一】第88回センバツ高校野球ベスト8・第2試合、明石商VS龍谷大平安。

いいピッチャーだったなぁ。その名は、明石商の吉高くん。上背は無いが、キレの良いストレート(146㌔)とストレートと同じ軌道からのスプリットに時折見せる縦のカーブを駆使する右の本格派。初戦の日南学園(2失点)、二回戦の東邦(完封)の結果の通り、このゲームでも0を重ね味方の得点を待つ。最近の甲子園では、瀬戸内の山岡くんと中京大中京の上野くんに続く(上背が無くても)良いと思えるピッチャーだった。

ゲームは延長12回、2アウト満塁から左中間に運ばれ(2-1)吉高くんの春は終わった。2ストライクに追い込んでからの最後のスプリットが真ん中高めに浮いてしまったが、コレは責めることは出来ない。悔やまれるとすれば、この回の先頭バッターに甘く入ってしまったストレートをライト戦に2塁打されたことだろう。送りバントを挟んでからの満塁策。2アウトにしたが、3つ目のアウトを取ることは叶わなかった。

吉高くんは、明石商は、夏に戻ってくることは叶うだろうか。激戦の兵庫。もう一度その姿を聖地で見たいのだが・・・。

【その二】第88回センバツ高校野球ベスト8・第3試合、木更津総合VS秀岳館。

あとアウト一つが遠い。1-0で9回裏2アウト3塁。木更津総合のエース早川くんが、5番バッターに投じたフルカウントからの渾身のインコースへのストレートがボールと判定された。ストライクでもおかしくなかったと思う。ファボールで3塁1塁。次の打者がセカンド横に放った打球がライトに抜けて追い付かれる。個人的には取ってあげて欲しかった打球だった。最後はセンターオーバー(これもあと少しで取れたが・・・)に運ばれ熱戦(これも2-1)にピリオドが打たれた。

吉高くんのスプリットと早川くんのインコースへのストレート。僕はしばらくこの2球を覚えていたいと思う・・・ということで、第88回センバツ高校野球はベスト8が終わりました。仕事もせずに2試合を堪能した訳ですが、ベスト8はやはり面白いですね。特にセンバツは一日で4試合を行うので一日楽しめます。ベスト4に勝ち上がったのは、あとは智辯学園と高松商。智辯学園は投打に隙なく6-0で滋賀学園を下し、高松商は海星を活発過ぎる打撃を持って17-8で下しました。

一日休養日を挟んで、智辯学園対龍谷大平安、秀岳館対高松商のベスト4。

ナイスゲームが観れるとイイなぁ。

 

美しく勝利せよ

クライフ11

クライフ

クライフ1

バルサのレジェンド、ヨハン・クライフが亡くなりました。

『ハーフタイムを終えて2-0でリードしている』と独特の言い回しで病状を語っていたハズですが・・・。

1947-2016、享年68歳。

 

クライフ3

3度獲得したバロンドール。

 

クライフ

クライフ2

『ボールを動かせ、ボールは疲れない』

『まずボールコントロールだ。それが全ての基礎だ。ボールをコントロールできないようなら、ボールを追いかけて走るようになる。それではフットボールではない。他のスポーツだ』

『プレッシングは、優れたテクニックの前では無力だ』

『フットボールの試合は、まず観客を楽しませなければならない』

数々の名言をこの世に残したフットボール界の偉人。

 

クライフ・ターン

tumblr_n4k5pl1czK1tp5565o1_400

美しいクライフ・ターン。

 

クライフ

クライフ

R・I・P。『美しく勝利せよ』を僕は忘れません。

ご冥福をお祈り致します。

完全にやってますね

秀岳館

元高校球児だった僕の後輩は、確信を持ってそう言った。

第88回センバツ高校野球一回戦、花咲徳栄VS秀岳館。

僕と後輩は、仕事もせずこのゲームを観ていた(オイオイ)。今大会注目の花咲徳栄(埼玉)の左腕高橋君対九州王者秀岳館(熊本)。秀岳館打線が高橋君を攻略できるかがポイントのゲームだったが、(問題行為)それは4回の裏に起こった。2塁走者がバッターにピッチャーが投げるコースまたは球種を教える。3回から怪しかったが、明確な行為が見てとれたのか球審がセカンドランナーとベンチの監督に注意を与えた。

このゲームを観ていて、この出来事が起こる前から僕と後輩は

徳栄、サインを盗まれてんじゃね?』

『そうですね。その可能性が高いですね』と話していた。

その理由は、花咲徳栄のキャッチャーが最初は外角に構えていて高橋君が投げると同時に内角に動く(その逆も多数)という行為をずっとやっていたからだ。また、(単に秀岳館のバッターのスキルが高いだけかもだが)ゲーム序盤から高橋君が投げるフォークや低めのスライダーを完璧に見極めていて『球種もバレてますね(伝達してますね)』と後輩は確信を持って語っていた。

3回に1点を先制した花咲徳栄。その裏に長単打を集め一挙5得点で逆転した秀岳館。昨夏、花咲徳栄の甲子園ベスト8進出の立役者だった高橋君を打ち砕いた秀岳館の打撃は見事だったと思う。ゲーム自体は、中盤に1点づつ取り合い終盤8回に花咲徳栄が3点を返し1点差まで追い縋す好ゲームとなったが、最後は秀岳館が1点差を守り逃げ切った。

件の伝達行為はクロだったと思う。高校野球では禁止されている行為なのでやってはダメだ。ゲーム後、伝達行為をしていた(と思う)選手は『ユニホームの上着が出ないようベルトに手をやっていた』とスッとぼけ、鍛治舎監督は『馬鹿らしいことをやってしまった。非常に残念です』と他人事のようなコメントを発し『そういうことをしないように指導してきた。教育の一環ですから』と選手に責任転嫁した。

高校球児も監督も大変だ(心底そう思う)。

センバツの組み合せ抽選会後に後輩と飲んだ席での予想は、東邦(愛知)と大阪桐蔭(大阪)の決勝っていう誰もが予想する予想とは言えない予想で意見の一致を見たが、秀岳館には是非ともベスト8で大阪桐蔭(今日の第一試合で土佐に9-0で快勝し順当にいけば対戦する)を破って、決勝で東邦に勝ってもらいたいと思う。対戦相手の分析とそれを活かすスキルにかけては素晴らしいものを持っているし、オール枚方ボーイズ出身者で固めたレギュラー陣の団結には期待できる。

春はセンバツから。

秀岳館が花巻東に続いてヒールとして甲子園に認定された第88回センバツ。めげずに頑張ってもらいたいものである。

ビジャレアルはアーセナルより強い!?

ビジャレアル

コレクティブでインテンシティに溢れてました(泣)。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第30節、ビジャレアルVSバルセロナ@エル・マドリガル。

開始1分も経たずゴールに迫り、5分でブラヴォにセーブを強いたイエロー・サブマリン。マドリーもアトレティコも勝ち点を失ったエル・マドリガルで凄いインテンシティを披露してくれました。受けてしまうバルサ。苦手のランチタイム・キックオフ@フエラ。しかし、20分のラキティッチのゴールで先制し連勝記録は続くかと思われました。41分にネイマールが自身で得たPKをクッキアイオで沈めれば尚更です。しかし後半、落とし穴というか、『クラシコ』を睨んだ采配(選手交代)からバランスを欠いて2失点してしまい2-2のドローでゲームを終えてしまいました。

一枚イエローを貰っていたピケの完全なハンドを見逃して貰い、一人少なくなる状況を回避できたのもかかわらずカウンターから失点。61分にはコーナーキックからマテューがオウンゴールを献上。終了間際のアドリアン・ラモスの決定機をマスチェラーノが止めなければ無敗記録も途絶えてしまってました。ネイマールが3点目を決めていれば(凄いドリブルからの決定機があった)何てことはないゲームだったのですが、決める時に決めないとこうなる見本のゲーム。前日にアトレティコがヒホンに負けていたのでリーガの大勢に影響はないのですが、今日のような感じではチャンピオンズ連覇は厳しいと言わざるを得ません(モティベーションが違うのだろうけど)。

インターナショナル・マッチ・ウィークを挟んでの次節は『クラシコ』@カンプ・ノウ。その後はチャンピオンズでアトレティコです。取り敢えずは、みんな怪我せず無事に帰還してもらいたいものです。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

PKはPKだったと思います。

それよりも60分あたりでの左からのカットイン・シュートを決めて貰いたかったなぁ。

 

スアレス

このゲームでは久しぶりに?ほぼ消えてしまっていたスアレス。累積イエローにリーチが掛かっていたせいかと思います(『クラシコ』に出場停止は避けることができました)。

 

メッシ

悪くはなかったレオ・メッシ。

絶対怪我しないでね。

 

イニエスタ

ハムストリングを痛め出場しなかったドン・アンドレスが心配(泣)。

何故なんだ。軽症なの?。

 

マスチェラーノ

パーフェクトなタックルで勝ち点ロストの危機を救ったマスチェラーノがMOM。

ペップ・バルサの記録、16連勝には届かず(12連勝で終えた)エンパテは残念でしたが、アーセナルよりも難しい相手であったことには違いないです。

 

ルイス・エンリケ

『勝ち点1を獲得した分だけ目標に近づき、残りの試合がまた一つ減った。ここはビッグチームが敗れてきた場所なんだ。ビジャレアルはチャンスをつくり出し、それは我々も同じだった。チームは勝ち点3に近づきもしたが、敗戦することだってあり得たんだ。よって我々は、勝ち点1を得られたということで納得している』

『試合が始まった際、選手たちは簡単な一戦にはならないと理解した。同点に追いつかれたのは我々が集中していなかったのではなく、相手が素晴らしいクオリティを有しているからだ。チームのパフォーマンスは悪くなかった。悪ければやられていただろう』

『クラシコ』を見据えた交代策がアダとなったルイス・エンリケ。重要なので繰り返しますが、アーセナルより難しい相手でしたね。

ここからシーズン終盤に向けて重要なゲームが続きます。昨シーズンの歓喜をもう一度共有できることを願って止みません。

皆の無事の帰還を祈念して。

“draw of quarter finals”(2015-2016)

組み合わせ

組み合わせ

最強の矛と最強の盾。

決まりましたね、2015-2016・チャンピオンズリーグ、クォーター・ファイナルの組み合わせ。愛しのバルサはアトレティコになりました。13-14シーズンのリマッチです。その時はアトレティコに2戦合計1-2で敗退の忌々しい結果でした。その時とは違うハズです。今シーズンのリーガでもダブルを達成してますし、スアレスがいますし・・・。しかし、『クラシコ』の後すぐだもんなぁ(泣)。まぁ泣き言を言っても始まりません。

リベンジあるのみです。

【日程&組み合わせ】

4月5日/4月13日

バイエルン・ミュンヘンvsベンフィカ

バルセロナvsアトレティコ・マドリード

4月6日/4月12日

ヴォルフスブルクvsレアル・マドリード

パリ・サンジェルマンvsマンチェスター・シティ

※左側のチームががファーストレグをホームで戦います。

セカンドレグをホームで戦う方が有利と言われていますが、個人的にはファーストレグでホームが好きです。アウェイ・ゴールを許さず2点以上取る。順当に行けばマドリー、ミュンヘン、バルセロナ、パリですが果たして?。ヴォルフスブルクやベンフィカはジャイアント・キリングを起こせるか?。ロード・トゥ・サンシーロ。いよいよシーズンも佳境へって感じですね。楽しみです。

それにしてもマドリーとミュンヘン、当たりクジだなぁ。

そこにいるトーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

起死回生。

九死一生。

一昨シーズンのファイナルでのセルヒオ・ラモスの一発を思い出すトーマス・ミュラーの値千金の一発が、バイエルンを(ペップ・グアルディオラを)救うこととなった。まぁバイエルンの自作自演と言ってもいいかもしれないが・・・ね。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSユヴェントス@アリアンツ・アレーナ。

敵地のファーストレグを2-2で終えていたバイエルン。勝ち切れなかったが貴重なアウェイ・ゴール2発をトリノから持ち帰り、この日はホーム。ほとんどの人が勝ち抜けを予想していたと思うが、フットボールはそう簡単にはいかない(改めて・・・)。

5分に単純なロビングボールの処理をノイアーとアラバの連携が上手くいかずリヒトシュタイナーに引っ掛けられて流れたところをポグバに蹴り込まれ、あっさり失点してしまう。声を荒げるノイアー。何かしら不安げでバタつく(そう見える)最終ライン。

28分にはモラタに自陣から50メートル以上の独走を許し(ベナティアの対応が緩くキミッヒがあっさり躱された)、最後は右サイドを並走してきたクアドラードに(ラームのスライディングを秀逸に躱す)美しい切り返しからニアをブチ抜かれ0-2とされた。前半30分も経たずにアウェイ・ゴール2発のアドバンテージを吐き出し、逆に2点以上取らなければならなくなった。

しかし、モラタをトップに置いてそのすぐ下に(横に?)ポグバを配し、残りが綺麗な2列を形成したユヴェントスをなかなか崩せないなか前半を終えることとなる。ピッチをワイドに使い相手ディフェンスを広げさせてウイングの突破から得点を上げるミュンヘンだが、白と黒の壁の素早い寄せにほとんどチャンスらしいチャンスもないままだった。縦への突破を完全にシャットアウトされ、シャビ・アロンソの楔は入るが、その後はノッキングしなかなかエリア内に入っていけなかった。

後半、『賢人』ペップ・グアルディオラは策を敢行。全くダメだったベナティアをベルナトに代えてアラバを中央にしてカウンター対策を取りつつ、左右のウイング、ドウグラス・コスタとリベリーの位置も変えた。利き足と同じ位置に入った両ウイングの縦深部への突破からゴールを窺うバイエルン。しかし状況は変わらず時間だけが過ぎて行った。

次なる『賢人』の策は60分、キングスレー・コマンをシャビ・アロンソに代えて投入しサイドでの起点、更なる縦への突破を目指した。徐々に疲弊するユーヴェの両サイドと下がりはじめるバックライン。左右からクロスの雨を降らせるバイエルン。何とか跳ね返すユヴェントスだがボールをキープ出来ず耐えるのみとなっていった。右のコマン、左のリベリー、抉じ開けようとするバイエルン。ケディラをストゥラーロ、モラタをマンジュキッチに代えて耐えていたがついにバイエルンが抉じ開ける。

 

レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキ

73分。右サイドでボールを残したコマンのパスをドウグラス・コスタがクロスを入れる。そのクロスにピンポイントで合わせたレヴァンドフスキ。

あと1点。残り時間は、アディショナル・タイムを入れて20分。十分に時間が残されていた。ユヴェントスに前へ行く力は残されておらず、あとは1点を守りきるのみだった。バイエルンのハーフコート・オフェンス。

 

トーマス・ミュラー

そして、劇的な冒頭の画像の一発はアディショナル・タイムの90分+1に訪れた。エブラが不用意にボールロストはしたが、そのボールを奪ってからのショートカウンター。右サイド深部からコマンが入れた秀逸なクロス。レヴァンドフスキの1点目と同様の強烈なトーマス・ミュラーの強烈なヘッド一閃。そこにいるトーマス・ミュラーの値千金の一発でゲームはエクストラ・ラウンドへ進むこととなった。

もうユヴェントスに攻めるチカラは残されていなかった。

 

チアゴ

108分。ミュラーとのワンツーを完成させたチアゴ・アルカンタラ。

 

コマン

コマン

ポグバを潰して自陣からカウンターを完結させたキングスレー・コマンの美しくも残酷なトドメの一発。

ボール・ポゼッション69%対31%。

アテンプト26対16。

ショット・オン・ターゲット8対11。

アグリゲート・スコア6-4。

 

グアルディオラ

『ハーフタイムで、これ以上失点するわけにはいかないが、とにかく1点を返せばどんなことでも起こり得ると選手たちに言った。特にドイツ人魂を発揮すればね。そしてリベリーとコスタを中心にもっとサイドを抉るように指示した。後半開始後はユーベがいくつかチャンスをつくったが、その後はゲームを支配できた。それがフットボールというものだ。ほんの1分前までまるでダメだったものが、見違えるように良くなったりする』

『ユヴェントスは本当に強いチームだ。序盤、我々は非常にナーバスになっていた。3点目を奪われていたら、どうなっていただろうか。しかし、次のゴールは我々が奪い主導権を握ることができた。特に延長戦は、バイエルンが一方的に攻める展開になった』

ほとんど死にかけていたが、歴史的逆転勝利でサヴァイブしたペップ・バイエルン。ボール・ポゼッションの矜持を示すコメントが、らしい。

 

トーマス・ミュラー

『プランどおりじゃなかった。ちょっとクレージーなゲームだった。スコアのことじゃなくて、僕にとってものすごく変な試合だったと思う。ユーヴェの守備はほぼマンマークで、僕はあまり試合に入り込めていなかったからね』

『相手に2点を奪われれば、試合は違ったものになる。メンタル面も含めてね。ホームでの試合だし後半には2点取れると信じていたよ。もちろん簡単だとは思わなかったけどね。僕らにとって大事だったのは焦らなかったこと。3点目を許せば敗退が決まっていたわけだからね』

と語ってくれた、往年のフィリッポ・インザーギのようにソコにいるトーマス・ミュラー。

侮れない。