North London Derby雑感

コクラン

コクラン

スパーズは勝たなければいけなかった。

ラムジーの秀逸すぎるヒール・フリックで先制されたが、後半の早い段階で数的有利を得たしガナーズを完全に上回っていたからだ。

2015-2016・プレミアリーグ第29節、トットナムVSアーセナル@ホワイト・ハート・レーン。

トータル・アテンプト、26対10。

ショット・オン・ターゲット、11対4。

ポゼッション、52対48。

スコア、2-2。

何が足りなかったのか?。60分にコーナーキックの溢れ球をアルデルヴァイレルトが捩じ込み、62分には左サイドからハリー・ケインが今年一番の美しいゴールを右ポストに当てて沈め逆転に成功したがリードを守り切れない。76分にショート・カウンターを喰らいアレクシス・サンチェスにゴール左隅に蹴り込まれそのままゲームを終えてしまった。1枚イエローを貰っていたダイアーは2枚目もののファウルを見逃してもらったにも関わらず・・・。追い付かれてしまったがまだ十分に時間があったにも関わらず・・・。ポチェッティーノの交代策も失敗だったか、代わって入ったプレイヤーがゲームに入りきれずホイッスルが吹かれてしまった。

よく走って、インテンシティがあって、コレクティブにプレスを掛けて、ガナーズにフットボールをさせていなかったが・・・それだけでは駄目なんだ。アタッキング・サードでのアイデア、スキル、落ち着き、精度、この辺りが足りない(多くを求め過ぎ?)。

プレミアリーグ2位対3位のシックス・ポインターは、2-2の痛み分け。このあとにゲームを控える首位レスターにこの結果はどのような影響を与えるだろう?。失敗のスペシャリストMrヴェンゲルの首の皮一枚が繋がったノース・ロンドン・ダービーはとても面白いゲームだった。がしかし、繰り返すがスパーズは勝たなければいけなかった(勝てたゲームだった)。またガナーズがどうしてこうも駄目なんだと痛感したゲームでもあった。

 

ラムジー

39分のラムジーの秀逸すぎるヒール・フリック。

ゲーム開始直後から、ラムジーのポジショニングがオカシイと思って観てたが(自陣右サイドをローズにやられまくってたよね?)ゴールで結果は残した。

 

アルデルヴァイレルト

60分。プレミアらしい混戦からのゴールで追い付いたスパーズ。

このゴールの前に、ケインに放たれた一撃がゴールライン・テクノロジーで救われたガナーズだったが、結局決壊してしまった。

 

ハリー・ケイン

ケイン

同点弾の2分後に放ったハリー・ケインの美し過ぎた一発(解説してたベンさんも驚くしかなかった)。早くも今年のベスト・ゴールにノミネート確実な一発だった。

 

サンチェス

サンチェス

ベジェリンの縦パスに反応しダイレクトで捻じ込んだアレクシス・サンチェスの一発。

ゲームの大半で苛立ってたが、結果を残して黙らせた。

 

エジル

ビッグゲームでまたまたほぼ消えていた『天才』エジル。

酷評が待っているだろう。

 

ラムジー&サンチェス

Mrヴェンゲルを救ったラムジーとサンチェス。

 

ゴールライン・テクノロジー

瞬時にノー・ゴール(右側がゴール)と告知してくれたゴールライン・テクノロジーは素晴らしい。

 

スパーズ

勝たなければならなかったスパーズ。

ニュートラルなフットボール・ラバーにとっては、ホント面白いノース・ロンドン・ダービーに大満足。まだまだ混戦が続くプレミアは、リーガとは違った魅力が満載だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中