グランデ・ミランに並ぶ

バルサ

92-93シーズンにミランが記録した、93-94シーズンにチャンピオンズのファイナルで屈辱の0-4で敗れた、あの偉大だったミランの記録、連続無敗記録36に到達。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第28節、エイバルVSバルセロナ@イプルア。

狭いピッチも酷い芝も問題なし。8分にメッシのノーステップでの浮きパスを受けたスアレスが右サイド深部から速いグラウンダーのクロスを中央に入れて、そのボールにファー・サイドから入ってきたムニルが詰めて難なくネットを揺らした。圧倒的にボールを持つバルサ。バジェカスもそうだったが、ピッチが狭くけっこう簡単に寄せられていたがワンタッチ、ツータッチでボールを回しエイバルに何もさせない。相手ボールになっても圧倒的人数で囲み奪い返す。危ない雰囲気はほとんど無かった。

それでもあと1点は必要だ。右サイドからのクロスがブスケツに当たってオウンゴールになりかけたシーンが前半終了間際に訪れたりしてしまうことを見ても、試合を殺す必要がある。そんなことを思っていたら直後の41分に『違いを作ることを常とする男、レオ・メッシ』がやってくれた。

相手ボールをムニルが引っ掛けてからのカウンター。右にスアレス、左にムニルを引き連れてのメッシのドリブル。そのままエリア内に入ろうかとするところで左に持ち出し、細かいステップからディフェンダーが足を上げるのを見計らって鋭く左足を振り抜きネットを揺らしてくれた。前半のうちに2点リードとなったことで、記録継続が確定した。

後半はアクセルを緩め決定機を作れないでいたが、それも残り20分となったところでレオ・メッシが右サイド深部で相手ペナルティ(スライディングからのハンドだった)をゲットし(今回は失敗せず)PKを中央に柔らかく蹴り込んで完全に完璧に試合を殺した。あとはスアレスだけだったが、81分にそのスアレスが強靭なボディバランスとお決まりの股抜きからの一発を沈め、MSMコンプリート。累積イエローでサスペンションだったネイマール不在も丁度いいローテーションとなり、完璧な週末となった。

 

ムニル

スアレスの裏への飛び出し、メッシの浮きパス、ムニルの詰めが生んだ1点目。

エイバルの守備も良くはなかったが、アッサリと先制。

 

メッシ

メッシ

メッシ

この日2得点のレオ・メッシ。

PKを沈めてくれて、ホッ。

 

スアレス

久しぶりにネットを揺らしたスアレス。

ここから股抜きをやるだろうなぁと、分かっていても止められない。

 

ピケ

ブスケツ

少し心配なのが、ピケ(ヒゲを何とかしろ)とブスケツのフィジカル・コンディションか(かなり重そうだった)。まぁ、それでも今週は(かなり久しぶりに)ミッドウィークにゲームがないので回復できるだろう。

 

バルサ

ユーヴェが持つ記録(43試合)の更新を狙おうゼ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中