和歌山だけじゃないゼ

智辯学園

第88回選抜高校野球決勝の組み合せは、高松商業(香川)対智辯学園(奈良)。

ヒリヒリとした投手戦にケリを付けたのは、自らのバットでだった。

延長11回の裏、2アウト1塁の場面でバッターボックスに入った(6番バッターの)智辯学園のエース村上くん。ここまで4打席2三振だったが、甘いストレートを逃さなかった。高松商業のエース裏くんのストレート(少しシュート回転して真ん中付近来た)を完璧に捉えた打球がグングンと伸びて行き、懸命にグラブを出すセンターの頭上を越えて行った。高松商業が誇る韋駄天センター安西くんでも及ばない鋭いライナーの打球がフェンスに到達し、懸命の中継プレイも少し及ばず1塁ランナーがホームに滑り込み、熱戦に幕が降ろされた。

準決勝の龍谷大平安戦に続く、2試合連続のサヨナラ勝ち。前評判は決して高くは無かった奈良の智辯学園が掴んだ初の栄冠は、(決勝でのサヨナラツーベースが無くても)エースの村上くん抜きには語れない。初戦(福井工大福井)の完封(4-0)を皮切りに、2回戦の鹿児島実業戦は1失点(4-1)、準々決勝の滋賀学園戦も2安打完封(6-0)、龍谷大平安戦も1失点(自責点0の2-1)とほぼ完璧に近い内容で一人で投げ抜いてきた。

140㌔台のストレートも投げるが、130㌔台でもスピンの効いた伸びのある球筋が印象的な良いピッチャーだ。そして、(松坂大輔くんみたいに)投げれば投げるほど良くなっていく感じが頼もしい。170㎝前半の体格だが、馬力があって打ち辛いピッチャーなのだ。

この決勝戦も8回に1失点してしまうが、完璧にゲームを作って(何回か3塁にランナーを背負うピンチがあったが)サヨナラゲームを演出してくれた。5試合で計669球の熱投に、決勝でのサヨナラツーベース。素晴らしいの一言だ。

智辯と言えば兄弟校の智辯和歌山が名実ともに高校野球界をリードしてきたが、奈良智辯もひとつの歴史を作ることとなった。プロに行った青山くんや岡本くんが居ても成し得なかった悲願の優勝は、チーム一丸となった証だろう(龍谷大平安戦の9回裏の4連打がまさにソレだ)。エラーをしても全員でカバーする。下級生の3番4番も打つが、7番以降の下位打線も抜け目なく強烈な当たりを飛ばす。超高校級は居ないが纏まりのある良いチームだった。

智辯和歌山に並ぶセンバツの優勝。先を行く和歌山に追い付くためには、夏も戴きに立つ必要がある。村上くん以外にもう一人ゲームを作れるピッチャーが出て来れば、その可能性(全く簡単ではないが・・・)を追うことが出来る。このゲームをライブで観ていて、僕はそう実感した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中