要塞カルデロン

カルデロン

シメオネ

とシメオネ・アトレティ、ミュンヘンを呑み込む。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、アトレティコ・マドリードVSバイエルン・ミュンヘン@ビセンテ・カルデロン。

乾いたピッチ、ノイジーなスタジアム、エモーショナルなマネージャーにインテンシティ溢れるイレブン。これだけの要素が揃えば世界のトップ3にも勝つことが可能だと再び証明したシメオネ・アトレティ。

お見事と言うしかあるまい。

アラバのミドルがバーを叩き、マルティネスのヘッドは正面で、ビダルの豪快な一発はオブラクが弾き出した。ミュンヘンがゴールしてもおかしくないシーンも3つあったが、要塞カルデロンはそれを許さなかった。

相方はアトレティコを応援していたが、僕はパス・フットボールに殉じているのでもちろんミュンヘンだ。しかし、バルサに続いてミュンヘンを下し2シーズンぶりのファイナルに大きく前進したアトレティコにネガティブな感情は湧いてこなかった。サウールがメッシばりのドリブルからディフェンダーを躱してゴール左隅に蹴りこんだ一発にはただただ驚くばかりだった。

虎の子の1点を悠々と守りきって(少なくとも僕にはそう見えた)、残り90分。このまま簡単にはいかないとは思うが、シメオネ・アトレティはまた大きなことを成し遂げるように思えてならない。そんな90分だった。

 

サウール

サウール

サウール

サウール

サウール

11分にサウールが沈めたレオ・メッシばりの一発。鬼神マヌエル・ノイアーも届かなかった秀逸な一発。でも、ミュンヘンの守備も緩かったけどね(言い訳)。

 

グアルディオラ

マドリー、バルサに続いてアトレティコにも敗れ、スペインの地を離れてからスペインの地で勝てない『賢人』ペップ・グアルディオラの反撃は見られるだろうか。

リベリーとミュラーをスタメンで使わなかったことを疑問視され、カルデロンの重すぎる乾いたピッチに手を焼いて、3シーズン連続でセミファイナルでゴー・ホームすることは許されない。パス・フットボールが何より優れていることを、パス・フットボールが勝利に一番近いことを、パス・フットボールの矜持を見せてもらいたいとパス・フットボール殉教者の僕は心から願う。

『我々のボール回しは遅かった。ピッチが助けとならなかったからだ。芝は非常に乾いた状態だった。そういう状態にされることは分かっていたけれどね』と言い訳をしている場合ではないぜ。

残り90分。マン・シティ含め『ペップ・ダービー』のファイナルにならんことを祈念して(たぶんマドリード・ダービーだろうけど)。

マン・シティを救う2つのビッグ・セーブ

ハート

ハート

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、マンチェスター・シティVSレアル・マドリード@エティハド。

ハイライトはこの2つのセーブ。

特に終了間際のペペのシュートを止めたのは大きかった。

ボール・ポゼッション、アテンプト、ショット・オン・ターゲット等がほぼ同じだった退屈なゲーム。マン・シティはシルバが怪我でピッチを後にしてからボールが収まらず、CR7が居ないマドリーは流れのなかでネットを揺らす雰囲気が全くありませんでした。

そんな中、マドリーのセットプレイからのチャンスでジョー・ハートが見せた2つのビッグ・セーブはマン・シティにとっては値千金でした。結局両チーム最後までネットを揺らぜずスコアレスでセカンドレグへ。アウェイゴールを許さなかったマン・シティはベルナベウでネットを揺らすことができるでしょうか。マドリーは勝たなければなりません。やっぱりCR7頼み?。間に合うの?。答えは1週間後@ベルナベウ。

リスクを取った面白いゲームを観たいものです。

 

ハート

『このセーブが重要なものになったら良いね。これはファーストレグで、僕たちはそのために準備をしてきた。この結果(0-0)に失望することはない。ベルナベウで戦う準備はできているよ』と語ったジョー・ハート。

ファイナルへのチケットを手にするには更なるビッグ・セーブが必要でしょうかね。

残り3ゲーム

バルサ

ピケは否定したが、与えられた勝利だった。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第35節、バルセロナVSスポルティング・ヒホン@カンプ・ノウ。

相変わらず簡単に喰らうカウンター。失点しなかったのは相手のスキルがプアだからだ。12分に相手キーパーの中途半端なパンチングをレオ・メッシがヘッドで押し込みラッキーに先制。その後、2度3度決定機があったと思うが決めきれず折り返し。前半終了間際にピケがゴールライン上でハンドを見逃してもらう僥倖。やれやれだ。63分に中央のメッシから左サイドのイニエスタと繋ぎ、最後はファーサイドのスアレスが蹴り込み2-0としたがイニエスタからスアレスへのラスト・パスはオフサイドだった。追いつかれていてもおかしくなかった展開からラッキーにも2点差としゲームの行方は決まったと言えた。その後3つのPK(スアレスが2回、ネイマールが1回)とスアレスの豪快な一撃で6-0。形の上では大勝だが、内容は決して良くはなかった。残り3ゲーム。いつまでもラッキーは続かない。相手のカウンターを敵陣で止めなければ勝ち点3は心許ない。何とももどかしい勝利に不満の日曜日。愛しのバルサの連覇は叶うだろうか。もうどんな内容でもOKだ。無冠はゴメンだ。

『ポジティブな部分を捉えるようにしたい。残りはホームで1試合とアウェーで2試合だ。もうアドバンテージはないが、我々は3試合とも落とすことはないと思う。そう願っている。そうすればチャンピオンになれるからね』

と語ったルイス・エンリケ。

ここまでくればどんな形でも勝利あるのみだ(泣)。

 

メッシ

ラッキーだったレオ・メッシの先制点。

 

スアレス

オフサイドだったスアレスのゴール・・・。

 

スアレス1

PK2発とニアをブチ抜いた一撃で、2試合連続4ゴールのスアレスは好調だ。

 

ネイマール

問題はネイマール。

このゲームでも全くイイところが無かった。迷い過ぎだ。加えてキレも無さ過ぎる。もう最後までこのままだろう。そしてオリンピックでもダメと思う。

 

MSN

CLが無いのでリフレッシュして週末に臨んでもらいたい。