エティハドに訪れた歓喜

デ・ブライネ

デ・ブライネ

デ・ブライネ

齎らしたのはこの男、ケビン・デ・ブライネ。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、マンチェスター・シティVSパリ・サンジェルマン@エティハド。

美しい一撃だった。

76分。守備に戻ってきたカヴァーニを軽くワントラップで躱し振り抜いた右足一閃。カーブがかかった美しい軌道の一発がゴール右隅に突き刺さり、エティハドが揺れた。

前半に、アグエロが自ら得たPKをあろうことか枠内に蹴ることが出来ずどうなるかと思われたが、低調なパリにも助けられアウェイ・ゴールを許さず1-0(アグリゲート・スコア3-2)でネクスト・ラウンドへのチケットを手に入れることに成功した。

本当に美しいゴールだった。

ファーストレグでも豪快な一発でネットを揺らしていたデ・ブライネ。怪我から復帰してきたばかりだが、マン・シティを初のファイナル4に導くゴール2つは長く語られることとなるだろう。

お見事だった。

 

ブラン

オイル・マネー対決を制したマン・シティ。パリは、4シーズン連続でこのステージでの敗退。指揮官ローラン・ブランは何を思うだろう?。70%を越えてボールを持ってはいたが、失点を恐れ過ぎてはいなかったか?。ダビド・ルイスのサスペンションで取った苦肉の3バックは機能しなかった。一つのサイクルが終わりを告げるのだろう。

 

イブラヒモビッチ

またしてもヨーロッパを制することが叶わなかったズラタン王。

来シーズンは果してどこのチームに(マン・ユナイテッド?)いるだろうか?。

 

マン・シティ

おめでとう。

ライブ視聴して良かった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中