要塞カルデロン

カルデロン

シメオネ

とシメオネ・アトレティ、ミュンヘンを呑み込む。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、アトレティコ・マドリードVSバイエルン・ミュンヘン@ビセンテ・カルデロン。

乾いたピッチ、ノイジーなスタジアム、エモーショナルなマネージャーにインテンシティ溢れるイレブン。これだけの要素が揃えば世界のトップ3にも勝つことが可能だと再び証明したシメオネ・アトレティ。

お見事と言うしかあるまい。

アラバのミドルがバーを叩き、マルティネスのヘッドは正面で、ビダルの豪快な一発はオブラクが弾き出した。ミュンヘンがゴールしてもおかしくないシーンも3つあったが、要塞カルデロンはそれを許さなかった。

相方はアトレティコを応援していたが、僕はパス・フットボールに殉じているのでもちろんミュンヘンだ。しかし、バルサに続いてミュンヘンを下し2シーズンぶりのファイナルに大きく前進したアトレティコにネガティブな感情は湧いてこなかった。サウールがメッシばりのドリブルからディフェンダーを躱してゴール左隅に蹴りこんだ一発にはただただ驚くばかりだった。

虎の子の1点を悠々と守りきって(少なくとも僕にはそう見えた)、残り90分。このまま簡単にはいかないとは思うが、シメオネ・アトレティはまた大きなことを成し遂げるように思えてならない。そんな90分だった。

 

サウール

サウール

サウール

サウール

サウール

11分にサウールが沈めたレオ・メッシばりの一発。鬼神マヌエル・ノイアーも届かなかった秀逸な一発。でも、ミュンヘンの守備も緩かったけどね(言い訳)。

 

グアルディオラ

マドリー、バルサに続いてアトレティコにも敗れ、スペインの地を離れてからスペインの地で勝てない『賢人』ペップ・グアルディオラの反撃は見られるだろうか。

リベリーとミュラーをスタメンで使わなかったことを疑問視され、カルデロンの重すぎる乾いたピッチに手を焼いて、3シーズン連続でセミファイナルでゴー・ホームすることは許されない。パス・フットボールが何より優れていることを、パス・フットボールが勝利に一番近いことを、パス・フットボールの矜持を見せてもらいたいとパス・フットボール殉教者の僕は心から願う。

『我々のボール回しは遅かった。ピッチが助けとならなかったからだ。芝は非常に乾いた状態だった。そういう状態にされることは分かっていたけれどね』と言い訳をしている場合ではないぜ。

残り90分。マン・シティ含め『ペップ・ダービー』のファイナルにならんことを祈念して(たぶんマドリード・ダービーだろうけど)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中