残り2ゲーム

バルサ

ディフェンスが安定。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第36節、ベティスVSバルセロナ@ベニート・ビジャマリン。

抉じ開けることができるかが焦点だったが、それはラッキーな形で訪れた。50分。メッシの浮きパスにディフェンダーとキーパーが交錯してボールがラキティッチの前に溢れ、それをバルサのNo4が冷静にゴールに蹴り込み先制に成功した。

相手は前半で10人になっていたし、これでミッション・クリア。80分にはまたまたメッシのパスに今度はNo9スアレスが反応してゲームに幕を下ろした。これで残り2ゲームのリーガ。次は最大の難関のダービー。これを乗り切れば自作自演のリーガの戴冠も可能かもしれない。不安しかないが、あの世のクライフは眉間に皺を寄せているだろうが、どのような形であれ勝つしかない。

 

ラキティッチ

ラキティッチ

ラッキーだったラキティッチの先制ゴール。

ふう。

 

スアレス

スアレス

昨シーズンに記録したMSN合計122ゴールを上回る123ゴール目を上げたスアレス。CR7とのピチチ・レースの差も4に広げ(スアレス:35、ロナウド:31)こちらは視界良好だ。

 

バルサ

あと2つ。

頼むよ、まったく。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中