我が家の問題

我が家の問題

新幹線のお供に、ふと目に留まり買って読んでみました。

奥田英朗著。6編からなる短編集で、サクっと読めてホロりとできました。

・甘い生活?

・ハズバンド

・絵里のエイプリル

・夫とUFO

・里帰り

・妻とマラソン

「夫とUFO」では、そんな奥様居ます?っていうラストでしたが温かい気持ちになりましたし、「里帰り」を読むと、相方の田舎に行った感覚が甦り懐かしい気持ちになりました。

久しぶりに行ってみたい。美味しい海の幸を堪能したい(ソレ?)。

『世の中はろくでもないけれど、捨てたもんじゃない、それを小説にしたい』と奥田さんはおっしゃってますが、まさにそんな短編集でした。移動中はいつもデジタル機器を弄くってますが、たまには読書も良いものです。

本作より前の短編集、『家日和』も買って読んでみよう。

屋久島トレッキングの旅DAY-2

sankara

屋久島2日目。

7時過ぎからビュッフェ形式のモーニングをゆっくり食べてプールサイドへ。割とリゾート・ホテルに泊まりましたが、ここのプールの水が一番冷たかったかも。地下水を引いているそうです。

日差しが強く、すぐに真っ赤に(泣)。

 

教団X

毎年恒例の旅での読書は、『教団X』をセレクト。

アメートークでも取り上げられていましたが、かなり遅いですね(笑)。まだ冒頭しか読んでませんが、この旅で読み切ってまた感想を記したいと思います。

いよいよ明日は縄文杉トレッキング。

4時にホテルを出発はかなり辛いですが、楽しみです。

『ペップ・グアルディオラ』キミにすべてを語ろう

ペップ

新幹線での移動のお供に、ミュンヘンでの『賢人』について記した本書を読んでみました。

バルサから退いて、1年休養を取ってからのミュンヘンでのファースト・シーズンについてを丹念に記した本書。

バルサでのことを記した知られざるペップ・グアルディオラとは違った趣がある本書(著者のマルティ・パラルナウは、一切口外しないことを条件にチームに帯同を許された)ですが、『賢人』について記すとどれも似たようなものになるものですかね。

完璧主義者、フットボール・ジャンキー、一に戦術、二に戦術、三四がなくて五に戦術。もちろん、マドリーとのチャンピオンズ・セミファイナルでの失敗もきちんと記されてはいました。

シュバイニーがマン・ユナイテッドに去って、マリオ・ゲッツェも放出すると噂されているミュンヘンの、来るシーズンはどのようなものとなるでしょうか。レオ・メッシに沈められた2014-2015シーズンの、ヨーロッパでの2シーズン続けての蹉跌に、カウンターへの対応が急務なドイツの雄は、「新たな答え」を披露してくれるでしょうか。プレ・シーズンが始まって、またすぐにシーズンインですが、興味が尽きません。

まぁ本書自体は、ペップ信者以外は読む必要はないかな。