レオ・メッシが好調過ぎる件

バルサ

バルサ

シーズン開幕。フットボールのシーズンが始まりました。

2016-2017・リーガ・エスパニョーラ第1節、バルセロナVSベティス@カンプ・ノウ。

キレキレのレオ・メッシ、大好物のピザを控えたんだろうか(笑)。ヴァケーションを早めに切り上げチームに合流した効果が出まくりです。セビージャとのスーペル・コパでもゴールを上げてましたが、この開幕ゲームでも2ゴール。バルサが誇る世界一のゴール・ハンター、Lスアレスに至っては早くもハットトリックでしたが、ドン・アンドレスが怪我で不在の中盤も支配し、いつものアルバへのロング・フィードも完璧。結果、6-2で難なくベティスを退け今シーズンの航海が始まりました。このままシーズン序盤を乗り切ってもらい、最終的にはチャンピオンズ奪還です。

バモス!バルサ!!!。

 

MSA

昨シーズン、ユーロ2016が散々だったアルダですが、プレシーズンの好調を維持しこのゲームでも2Gと結果を残してくれました。

ネイマールがリオから戻ってきたら一列下がるんだろうけど、このままゴールに絡んでもらいたいものです。

 

メッシ

しかし、おヒゲ何とかならないかなぁ(苦笑)。似合ってない!!。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

ネイマール

最後にJrネタ。

リオでのゴールドメダルおめでとう。マラカナンで宿敵ドイツをPK戦で下しての栄冠です。じっくり休んでバルサに戻ってきてもらいたいものです。

やっぱチャンピオンズだよなぁ、Campion of “2016”

ロナウド

マドリー

隣の芝は青い。青すぎる。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ファイナル、マドリード・ダービー@サンシーロ。

クソ仕事のせいで更新が全くできなかった5月。ELのファイナルもコパのファイナルも色々記したいことがあったのに付いていかないフィジカルとメンタル(泣)。全てライブで観たのだけれど・・・。チャンピオンズのファイナルだけは何とか記録しておこう。

ウンデシマ、うんクソだ。

ラモスの先制ゴールは完璧にオフサイドだった。フットボールの女神はリッチに微笑む。自身の髪の毛のマネジメントは出来るクラッテンバーグは、このゲームをマネジメントしたフリをした。後半グリーズマンがPKをクロスバーに当ててマドリーが勝つのかよと悪態を付いたが、シメオネに率いられたロヒブランコは諦めていなかった。後半からピッチに立って、まったくダメで代えられかけていたカラスコがフアンフランのグラウンダーに合わせて追い付いたアトレティコ。そのゴールのほんの少し前にマドリーに2度完璧な決定機があってからのカウンターパンチ。正直、バルサのクレの僕もエキサイトせずにはいられなかった。ゲーム中にUEFAのカメラ?に何度も抜かれていた涙を流すアトレティ・サポの女の子に訪れた幸せな瞬間。

しかしフットボールは限りなく残酷だ。

1-1のまま迎えたフットボール・ロシアンルーレット。後攻めのアトレティコ。4人目のキッカーの(マドリーのカンテラ出身の)フアンフランが蹴ったボールが非情にも左ポストを叩いた瞬間にクソマドリーのウンデシマが決まってしまった。マドリーの5人目はCR7。このゲームでは全くもってクソだったが、このハンサムでリッチで世界で2番目のフットボーラーが外すワケはなかった。

2年前はあと4分耐えていれば・・・だったアトレティコ。

今回は120分まではイーブンだったが・・・、またしても何かが足りなかった。

ファイナルが『クラシコ』だったらと思わずにはいられない。シメオネは凄いと思うが、シメオネのフットボールは好きになれない。クソマドリーがまた一歩先に進んだ今シーズン。来シーズンは、再び愛しのバルサが一歩進む事を願わずにはいられない。

 

ラモス

15分のセルヒオ・ラモスの先制点。

2年前の魂のヘッドに続いてのファイナルでのゴールは、完璧にオフサイドだった。後半終了間際のインテンショナル・ファウルは一発レッドでもおかしくなかったが、このゲームではマン・オブ・ザ・マッチ。

フットボールは時としてクレイジーだ。

 

グリーズマン

打つ前から外しそうだったグリーズマンのPK。

 

カラスコ

後半からピッチに立って、そして代えられかけていたカラスコの同点弾。酷いマルセロの守備が齎してくれたゴールではあったが、フットボールは時には不思議なことが起こるものだ。

 

フアンフラン

PSV戦では勝利のPKを決めたフアンフランだったが・・・。

マドリーのカンテラ出身のアイロニー。フットボールでも人生でもまま訪れる不幸な悲劇。

 

フアンフラン

シメオネ

顔を上げて、前を向いて。男は、ただ労をねぎらうのみだ。

 

シメオネ

『誰も準優勝チームのことは覚えていない。決勝を2回落とすのは失敗だ』

『どの敗戦が一番つらいかは分からない。何よりも心が痛むのは、ここに来るためにお金を払った人たちが悲しんでいることだ。彼らが望むものを与えることができなかった。その責任を感じる』

と語った闘将シメオネ。足が止まっていたマドリーに120分間で止めを刺せなかったことが敗因なのだが、フットボールは時として運で勝敗が決してしまうものだ。シメオネの来シーズンは果たして?。

 

シダン

プレイヤーとマネージャーでビッグイヤーを掲げた4人目(アンチェロッティ、ライカールト、グアルディオラに続く)の人となったジズー。戦術は持っているとは思えないが、凄すぎたスキル以外に何かを持ってはいるのだろう。

 

マドリー

重要なので繰り返すが、ラモスの先制点は完璧なオフサイドだった。クソッ。

さてと、来月はEUROが待っている。フットボール・シーズンはまだ終わらない。

2年連続24回目

バルサ

最後は美しく戴冠。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第38節、グラナダVSバルセロナ@ロス・カルメネス。

紆余曲折だった今シーズン。チャンピオンズ連覇は出来ませんでしたが、リーガは何とかモノに出来ました。スアレスの3発。どれも良いゴールでした。同時開催だったマドリーが前半早々にCR7の一発で先制した時は嫌な感じでしたが、前節に続いて好調だったネイマールが左サイドを蹂躙し、22分にその左サイドで裏を取ったアルバのグラウンダーをスアレスが沈め安心できました。

 

スアレス

スアレス

『このタイトルはグループとしての働きの褒賞だ。今はこの瞬間を喜び、その後にコパ・デル・レイ決勝について考えたい』

『自分のゴールはチームメートがいたからにほかならない。特にここ数試合で顕著だったが、彼らは自分がどこにいるか探してくれたし、僕はただボールを押し込むだけでよかった』

とコメントしたバルサのスナイパー。

 

スアレス

おそらく世界No1のNo9、ルイス・スアレス。

この日のハットトリックで今シーズンのリーガ40ゴールは素晴らしいかぎりです。もちろんトップ・スコアラー。コパのファイナルでもゴールを。

 

MSN

バルセロナ

ここ8シーズンで6回目の栄冠。

バルサ・ダイナスティ。

 

イニエスタ

イニエスタ

イニエスタ

『今回のリーガ制覇は、本当に嚙みしめるものがある。苦しみながらも努力を貫いた褒賞だし、栄光の味がするね。リーガはシーズンを通して戦い続ける、僕たちがいつも優勝を求める大会なんだ』

『ここ8シーズンで6回のリーガ優勝を果たしたという事実が、ひとりでに物語っているはずだ。そう、僕たちは現在のサイクルを継続させていきたいんだ』

と語ったドン・アンドレス。

個人的には@ベルナベウ『クラシコ』での一発が忘れられません。

 

スアレス

コパ・ファイナルでも勝利を。