フットボーラーだって人間だもの

クロップ

クロップ

情熱的でユーモアがあって人情味溢れる指揮官のもと、信頼されて快適で結果が出てくれば自信も取り戻す。

2015-2016・プレミアリーグ第13節、マン・シティVSリヴァプール@エティハド・スタジアム。

『クラシコ』のあとに連続で録画視聴しましたが、ユルゲン・クロップは数多のマネージャーたちに無い何かを持っているのでしょう。『完璧にはほど遠いが、とても、とても良かった』と語ったように、まだまだ改善の余地(特にフィニッシュ)があるレッズでしたが、走る走る走る。

run and run、more run。

それもプレミア仕様に、ドルトムント時代よりメリハリが効いていたと思います。ネイマールとタメのコウチーニョが完全復活し、ララーナがガス欠せずにピッチを駆け回る。ミルナーに至っては、何かに取り憑かれたかのようなアップ&ダウン。正直、世界最高峰の華麗なフットボールではありませんが、観る者に訴えかけるエモーショナルに溢れていました。

そんなクロップ・レッズにフットボールの女神も微笑み、ラッキーなオウンゴールで先制(コウチーニョが必死戻ってディフェンスしボールを奪ってからのゴールだった)したこのゲーム。コウチーニョの秀逸な股抜きの一撃(フィルミーニョが必死に走って繋いだゴールだった)で加点し、オフサイドぎりぎりで3点目をゲット(チャンの秀逸なヒールに抜け出したコウチーニョのアシストからのゴールだった)した前半。終了間際にアグエロの美し過ぎるゴラッソで1点返されましたが、後半も泥臭く粘って(バックパスをスターリングに掻っ攫われアグエロにシュートを撃たれたが懸命に戻ってきて必死でスライディングしたりと)耐え凌ぎ、コーナーキックからの溢れ球を蹴り込みマンチェスターから勝ち点3を持って帰還しました。

(陳腐ですが)素晴らしいの一言。

スタンフォード・ブリッジに続きエティハドからも勝ち点3を持ち帰り、勝ち点を20としたレッズ。4位のガナーズとは勝ち点差6。3分の1が終わっただけのリーグ戦。もちろん、トップ4で終える可能性もあるし、過酷なマッチ・スケジュールだけに脱落していく可能性もありますが、観る者を熱くするゲームに、ニュートラルな僕でさえ期待せずにはいられません。

クロップが志向するヘヴィ・メタル・フットボールは、レッズにこれから何かを齎すでしょう。ロジャースが3年間掛けても成し得なかった、対トップ4のアウェイでの二つ目の勝ち点3を早くも成し遂げた愛すべきユルゲン・クロップ。

格上に滅法強いアンダー・ドッグの逆襲が痛快なユルゲン・クロップのフットボールから目が離せなくなってきました。

 

Manchester-City-vs-Liverpool

団結。

俺たちはテロに屈しない。

 

コウチーニョ

フィルミーノ

シュクルテル

ネットを揺らし始めたレッズ。

あとは引いて守る格下相手にどうするかです。

 

アグエロ

イニエスタのゴラッソに続いてアグエロの美しい一発も観れた日曜の幸せ。

フットボールって素晴らしい!!。

 

クロップ

『資金的には、誰もバイエルン・ミュンヘンに対抗することはできなかった。だがピッチ上ではもちろん対抗することもできた。それこそがフットボールに関して私の最も大好きなことだ。どれだけ出費するかが重要なわけではない。何をしたいかだけが重要なんだ』

『だから当然ながら我々もシティと戦うことができるし、もちろん倒すこともできる。ドルトムントでもシティに勝ったことはあるし、アウェーでは引き分けた。彼らの方が金は持っていたが、それは成功の一部でしかない。残りは努力することだ』

とゲーム前に秀逸なコメントをしていたユルゲン・クロップ。粕谷さんですら絶賛する愛すべきユルゲン・クロップ。

 

クロップ

ドルトムント時代に仕事する可能性があったデ・ブライネとゲーム前に談笑。

 

クロップ

ゲーム後には、必ずピッチに入って敵にはシェイク・ハンド、味方にはハグ。

人間味溢れるところも魅力的だ。

広告

ノックアウト・ラウンドへ

アルゼンチン

退屈ながら(苦笑)。

 

アグエロ

アグエロ

2015・コパ・アメリカ、グループB第2節、アルゼンチンVSウルグアイ@ラ・セレナ。

サバレタからアグエロへのピンポイント・クロス。虎の子の1点を守りきって1-0で勝利。

 

イグアイン

イグアイン&メッシ

2015・コパ・アメリカ、グループB最終節、アルゼンチンVSジャマイカ@サウサリート・ヴィニャ・デル・マール。

こちらは11分にディ・マリアのパスを受けたゴンサロ・イグアインがエリア内中央でターンしてからの1発をゴール左隅に決めて、こちらも1-0で勝利。何度か決定がありましたがね。

『神』メッシはどちらも沈黙。

 

メッシ

ホイッスル後にセルフィーだから、さもありなんですね(苦笑)。

アルゼンチンの次なる相手はハメスのコロンビア。緊張感あるスペクタクルなゲームが観たいものですが・・・、塩試合かなぁ(泣)。

走るメッシと寝込む僕

メッシ

レオ・メッシ好調を維持。

2015・コパ・アメリカ、グループB第1節、アルゼンチンVSパラグアイ@ラ・セレナ。

メッシ、良かったです。

僕、風邪で死んでます。

ゲームは、バックパスを掻っ攫ったアグエロの1発とディ・マリアがセコク得たPKをメッシが沈めて前半で2–0としたアルゼンチンでしたが、後半にパラグアイにゴラッソ2発決められ2–2のエンパテ。

メッシが走ってましたし、縦に楔が入ってましたし、パストーレとメッシが秀逸なワンツーを披露してくれましたし、最終ラインの不安定さを解消出来れば問題ないか。

 

メッシ

『前半は良い戦いができたが、後半には眠ってしまった。こういう形で試合を終えたのは残念だ。2–0でリードした試合を引き分けで終えるのはもちろん不満だけど、続けていくしかない』

『後半は相手がより積極的にプレーしてきて、行ったり来たりの試合になった。うまくいっているうちに試合を終えなければならなかった』

『ウルグアイ戦のことを考えるしかない。改善すべきことはたくさんある。まだ最初の試合でしかないし、もっと落ちついてプレーするべきだ。ウルグアイには勝たなければならないね』

とコメントしたレオ・メッシ。

 

アグエロ

抜け目なくボールを奪って先制点をゲットしたアグエロ。

メッシが追いかけて、ディフェンダーの苦し紛れのバックパスを掻っ攫いました。

 

メッシ

迷わず左へ。

このまま好調を維持して欲しいものです。

 

アルゼンチン

このメンツでドロー発進はいただけないアルゼンチン。

(バレンシアのオタメンディは良かったが)最終ラインの不安定さを解消しないといけません。次はウルグアイ。スアレスがいないし、何としてでも勝つ。

そして僕は、早く風邪を治そうっと。

運良くゴール、試合は殺せず

バルサ

メッシ

終了間際のメッシのペナルティ失敗がセカンドレグを面白くしてしまう。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、マン・シティVSバルセロナ@エティハド・スタジアム。

 

スアレス

ハート

ゲームは16分、メッシのクロスを収めようとしたスアレスのヘッドがコンパニに当たってそのスアレスの足元に転がり、バルサのセンターはこのボールを左脚で振り抜き貴重なアウェイ・ゴールを手にした。

戦前の感じでは、マン・シティはもっと攻めてくるのかと思ったがプレッシャーはそれほどでもなく、バルサもゆっくりとボールを回して静かな感じだったので、スアレスのゴールはバルサにとっては僥倖だっただろう。

その後も試合のテンションは変わらず、そうこうするうちにバルサが美しい崩しから貴重過ぎる2点目をものにした。

 

メッシ

スアレス

スアレス

31分。

中央でメッシがボールを持ってドリブルから左サイドを駆け上がってきたジョルディ・アルバにボールを出して、アルバがグラウンダーのクロスを中央へ供給し、最後はスアレスが触って右ポストからネットを揺らした。

エリア内は(5人いたと思う?)マン・シティが固めていたが、一旦止まって遅れてスペースに顔を出してきたスアレスが秀逸だった。

これでバルサは2-0。

前半はこのまま終了し、昨シーズンと同様の展開に極東の片隅で視聴していた僕も緩んで、当のバルサも緩んでしまった。

 

アグエロ

後半開始からフワっとしたバルサ。

立て続けにピンチを迎え、マン・シティの拙いフィニッシュに助けられ凌いでいたが、このままクリーンシートも見えてきたと思った矢先の69分にメッシのボールロストからショートカウンターからアグエロにクールに沈められて試合を面白くしてしまった。

失点すると目が覚めるのか、ここからまたアタッキングサードへどんどん入っていくバルサ。この日、メッシに散々やられていたクリシが2枚目のイエローで退場となってこのゲームでの勝負は付いたが、試合を殺さなければならない。そしてそのチャンスはアディショナル・タイムに訪れた。

 

メッシ

メッシ

左サイド深部へドリブルで侵入したメッシが同胞のサバレタに倒されペナルティを獲得。まんま昨シーズン同様に3点目を得たと思ったが、ゴール右側へ蹴ったメッシのボールはジョー・ハートにクリーンにストップされホイッスルが吹かれた。

 

メッシ

敗戦したかのようなメッシ。

このゲームでは、前からのディフェンスも完璧にこなしボールロストもあったげどピッチに君臨していたと思う。ペナルティを沈めていればゲームは終わったが、今日のようなプレイを見せてくれればカンプ・ノウで敗れることはないだろう。

セカンドレグは『クラシコ』の前の3月18日。このままやる気に満ち溢れるメッシを見ていたいものだ。

vamos!messi!!vamos!Barça!!

“deloitte report” 2013-2014

毎年恒例のビッグクラブの収入ランキングが今年も発表されました。個人的興味からまたまた備忘録です。前回からはミランが圏外(12位)に去って、リヴァプールがカムバック(12位→9位)。贔屓のドルトムントはチャンピオンズで安定した成績を残すも前回同様11位(2億6,150万ユーロ)でした。その他、圏外ではスパーズが22%の収入増加で13位(2億1,580万ユーロ)にランクイン。トップ10入りを目指すなら悲願のチャンピオンズ出場がマストですかね。

では以下、キープレイヤーと共に。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):2億7,940万ユーロ。

ポグバ

前回の9位(2億7,240万ユーロ)から微増も10位に後退した黒の貴婦人。カルチョの国ではトップもヨーロッパでも躍進したいところ。ドルトムントとのノックアウト・ラウンドは見物です。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):3億0,590万ユーロ。

ジェラード

圏外(12位:2億4,060万ユーロ)から大幅増でトップ10に返り咲いたレッズ。しかし、ついにジェラードは戴冠することなく今シーズンでプレミアを去ることとなりました(泣)。

寂しいですね。昨シーズンの、まさかのスリップからの失点ゲームが忘れられません。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):3億5,930万ユーロ。

サンチェス

前回同様の順位をキープしたガナーズ。昨シーズンはFAカップを制し、収入は大幅増(2億8,430万ユーロから)となりました。しかし、今シーズンもプレミア制覇は難しく、代わり映えしないのが如何とも・・・。何とかチャンピオンズで躍進を果たし、サポーターに報いたいところですかね。

 

【第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億8,790万ユーロ。

アザール

こちらも前回と順位は変わらずも25%増(3億0,340万ユーロから)の収入を得たチェルシー。

プレミアでは快調に首位をキープし、ハッピー・ワン帰還から2年目の今シーズンは、まさに飛躍のシーズンとなる予感。チャンピオンズで(2シーズン連続で対戦する)パリとのリマッチも注目です。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):4億1,440万ユーロ。

アグエロ

またまた前回同様ですがおよそ1億ユーロも収入を増した(3億1,620万ユーロからの大幅増)マン・シティ。

プレミアではここ2節の取り零しで2位ですが、まだまだ連覇が可能な位置に付けています。そして、チャンピオンズでまたまたバルサとの決戦が決まり、(個人的には勘弁して欲しいですが)そろそろ勝ち上がりたいところ。アグエロが爆発するしかないかなぁ?。

 

【第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):4億7,420万ユーロ。

イブラヒモビッチ

2シーズン連続で5位をキープした異色の傭兵軍団。収入も着実に増加させ、チャンピオンズでもそろそろネクストステージへ進みたい。かつてのボスに恩返しを果たすか?ズラタン王。いつまでパリに居るか分かりませんし、ラストチャンスかもしれませんね。

 

【第4位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,460万ユーロ。

メッシ

5年間維持した2位からとうとう陥落した愛しのバルサ。昨シーズンは無冠で、(前回は4億8,260万ユーロ)栄華を極めたバルサ王朝も崩壊しました。あの煌びやかだったパス・フットボールは、トリデンテの“個”にモデルチェンジし復権となるでしょうか?。

『神』メッシが楽しく、やる気に満ち溢れていればまたビッグイヤーを戴冠出来ると思うのだけれど・・・。最初のハードルは再びマン・シティ。刮目です。

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億8,750万ユーロ。

ロッベン

クラブ史上最高収入を記録するも順位は3位のままのミュンヘン。『賢人』ペップ・グアルディオラ2シーズン目もブンデスでは無双です。それ故に、マイスターシャーレより2シーズンぶりにベルリンでのビッグイヤー戴冠がクラブに課せられた重要過ぎるミッションでしょうか。ハイブリッド・パス・フットボールの極致は、マドリーを上回るのか。

楽しみです。そして、なんと2位はあの・・・(笑)。

 

【第2位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):5億1,800万ユーロ。

ルーニー

モイーズ・・・(笑)。

前回より24%増の収入を得た赤い悪魔。7位に沈んだ『チョーズン・ワン』の蹉跌。トップ10で唯一チャンピオンズに出ていないマン・ユナイテッドは、ただ今ファン・ハール体制で復活を試行錯誤中。チャンピオンズ復帰が現実的な目標は寂しい限りですが、憎たらしいまでに勝ち切っていたファーガソン時代に戻れるか?。

それにしても、人気があるんですね。

 

【第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億4,950万ユーロ。

ロナウド

10年連続での1位の『白い巨人』。

デシマ達成で前回の5億1,890万ユーロから着実に収入を増やし、今シーズンも大本命です。絶好調過ぎるCR7はメッシが持つリーガのゴール記録(50ゴール)を破ることでょう。

チャンピオンズ連覇を果たすと(果たさなくても)11年連続の1位は確実ですね。

個人的にはミュンヘンとのビッグマッチをセミ・ファイナルあたりで観たいと夢想しております。

以上、備忘録でした~。

敗戦に値しなかった

グアルディオラ

10人にも係わらず、(ペップ・グアルディオラ)この人のチームって、ホント凄いです。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第5節、マンチェスター・シティVSバイエルン・ミュンヘン@エティハド・スタジアム。

ライブ視聴したのにメモするの忘れてました。スゲェ〜なぁと思ったので、遅ればせながら・・・。

1発レッド10人となって、アグエロにペナルティを決められビハインド。しかし、ダンチを入れてスリーバックにトランスフォームし高いライン設定から諦めずゴールを狙う。

1点リードしたマン・シティが引いたってのもあったと思いますが、『本当に一人少ないの?』って感じでパスを回すペップ・バイエルン。

 

シャビ・アロンソ

レヴァンドフスキ

40分。シャビ・アロンソが、自らのバースデイを祝うFKをグラウンダーで沈め、45分には右サイドからのクロスをレヴァンドフスキが肩あたりでしぶとくネットを揺らし、前半のうちにゲームをひっくり返したミュンヘン。

マン・シティがだらしないと言えばそれまでですが、ネットを揺らす術を持っています。

ゲーム自体は、85分のシャビ・アロンソと91分のボアテングのミスから、アグエロの秀逸でクールな個人技によってひっくり返され3-2で敗れましたが、悪く言ってドローが妥当でしたかね。

『選手たちは敗戦に値しなかった。これが今日で良かったよ。我々にとっても教訓になる』

『だが、決勝トーナメントで同じようなことが起きたら、敗退になってしまう。それでも、私はチームをすごく誇りに思っているよ』

と語った『賢人』。

2つのミスで負けはしましたが、僕は改めて感心してしまいました。偉大過ぎる『パス・フットボール』。今のバルサはこうは出来ないでしょう。

寂しい。

 

アグエロ

アグエロ

アグエロ

終盤の秀逸過ぎる2発でハットトリックを決めたアグエロ。

相手がノイアーでも冷静に一対一に勝利し、マン・シティのグループリーグ突破の可能性を最終節まで残しました。ローマとの直接対決はやはり視聴スケジュールに入れないとです。

 

ミュンヘン

ラームもアラバも居ないけれど、このゲームを観ると、今シーズンのチャンピオンズはマドリーとミュンヘンが抜け出ていますね。

果たして、ビッグイヤーの行方は?。ノックアウト・ラウンドが待遠しいです。