ラモス醜態、モラタ輝く

ラモス

最近流行のアンカーで起用されたセルヒオ・ラモスでしたが、トリノでは醜態を晒すこととなりました。そしてモラタ・・・。マドリーのカンテラ出身のストライカーが見事なプレゼンスを発揮。素晴らしかったですね。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、ユヴェントスVSレアル・マドリード@ユヴェントス・スタジアム。

マドリー、ミスが多すぎました。バランスを欠いていました。ユーヴェの2トップ(テヴェスとモラタ)にかなり縦パスを通されて、前を向かれました。マルセロも目を覆うばかり。サイドをけっこう突破されて危ないシーンを演出してしまいました。

 

モラタ

モラタ

モラタ&テベス

ゲームは、8分。テヴェス(何故か左サイドでフリーでした)のシュートをカシージャスがセーブしましたが、その溢れ球をオンサイドからペペの裏を取ったモラタが押し込みユーヴェが先制しました。

モラタ、ポストプレイも上手くなってますね。ボールがよく収まってましたし、縦への突破力もあってスリリングな9番になる階段を登っていますかね。最終的には、レヴァンドフスキくらいにはなるんじゃないでしょうか。

この1点で落ち着いたユーヴェ。しかし、落ち着き過ぎでした。アウェイゴールが即致命傷になるノックアウト・ラウンドで、一瞬の隙からロナウドにネットを揺らされました。

 

ハメス・ロドリゲス

ロナウド

ロナウド

ロナウド

ハメス・ロドリゲスが一瞬右エリア内でフリーとなって中へクロスを放り込み(ユーヴェにとっては寄せが甘かった)CR7がフリーでヘッドを叩き込みました。それにしても、CR7はイイところにいますね。横にピルロがいましたが、ピルロが捕まえるのは無理がありました。

前半終了間際にマルセロからイスコと渡ってイスコのクロスに飛び込んだハメス・ロドリゲスのヘッドがバーを叩くシーンがありましたが、前半は1-1で折り返し。マドリーにとっては貴重過ぎるアウェイゴール。ユーヴェはもう1点とは言わず2点取る必要がありましたが、後半57分にカウンターからテヴェスがエリア内で倒されペナルティをゲットしました。

 

テベス

テベス

マルセロのシュートをブロックで跳ね返してからのカウンター。モラタも後ろを並走した(マルセロが引っ掛けた)カウンター。勢いがありました。カルバハルの応対がちょっと拙かったです。

テヴェスがど真ん中に蹴り込んで2-1となりました。

 

ユベントス

ユーヴェは最低限の勝利でベルナベウへ。

 

ロナウド

アンチェロッティ

『もっと良いパフォーマンスが出来たはずというのは事実だ。我々は効果的ではなかった。だが、コントロールしようと努めたよ。少し不運もあった。1-1のときに(ハメス・ロドリゲスのシュートがクロスバーを叩き)追加点に迫ったからね』

『だが、1−2というスコアには満足している。逆転できるという自信があるからだ。良い結果ではない。だが、悪い結果でもないよ。我々は忍耐強くなかった。ライン間で少し明確さを欠いたんだ。だから序盤に少し苦しんだんだ』

(酷すぎた)セルヒオ・ラモスについて

『悪かったのはセルヒオだけじゃない。全体的に、我々はいつもよりミスが多かった。いつもより後方で苦しんだ。ユーヴェはとても高い位置からプレスをかけてきた。セカンドレグでは、最初の15分のようなプレーをしてはいけない』

憎き古巣に勝利することは叶わなかったミステル。

ラモスのデキが全てでした。まぁベルナベウで得点するでしょうし、問題はないか。

 

モラタ

『勝てたことはうれしいけど、マドリーを倒すのは難しいことだ。セカンドレグに向けてしっかり準備をしなければいけない。マドリッドでは多くのことをしなければいけないだろう。僕らのモットーは全力を尽くすことだ。今日はそれをして、勝つことができたよ』

『僕ら全員が良い試合をしたね。でも、まだこれからだ。0-0のつもりでセカンドレグに臨まなければいけない。勝利を目指す。引いて守ったら彼らが得点を挙げ、僕らが敗退することになるのは間違いないね。ベルナベウでの彼らがより危険なのは分かっている。マドリーとの対戦だから、アドバンテージなんてない。本当に大変な相手なんだ』

モラタ、良かったなぁ。

強い意思がゲートを開く

チチャリート

チチャリート

チチャリート

その瞬間は、アディショナルタイムに突入しようかという88分にやってきました。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSアトレティコ・マドリード@サンティアゴ・ベルナベウ。

チチャリートことハビエル・エルナンデス。カガワくんと同様に、ファン・ハールに必要とされずマドリーへローンで出された(マドリーへ行けること自体が彼の凄さを現していると思うのだけれど)苦労人が、ベンゼマもベイルもモドリッチも居ないマドリーを救う値千金のゴールを沈め、ネクスト・ラウンド進出のチケットをマドリーへ齎しました。

エリア手前右サイドで仕掛けたハメス・ロドリゲスが、そのエリア内前に入ってきたCR7にパスを通し、CR7がドリブルでディフェンダーとキーパーを引き付け、中央でフリーで待っていたチチャリートが無人のゴールにボールを蹴り込み試合を決めました。

互いに良いところを潰しあい、リスクを冒さない退屈なゲームでしたが、それでも4〜5度はチャンスがあったと思います。なかなか決めきれないなか最後の最後で大仕事をやってのけた可愛い顔をしたメキシコ人ストライカー。BBCが君臨するマドリー(MSNが君臨するバルサにおけるペドロのよう)で、ただただ訪れるかどうかも分からない出番に備え日々黙々と準備をしてきたであろうと思うと、(憎きマドリーではありますが)ゴールの瞬間はなんとも言えない思いが去来しました。

マドリーがサヴァイブすることとなった貴重なゴールは、とにかくゴールするという、どれだけ外しても最後は決めるという強い意思が結実した美しいシーンだったと思います。

この結果、バルサ・ミュンヘン・マドリー・ユベントス(アウェイのモナコで0-0で勝ち抜けた)と戦前の予想通りとなったセミ・ファイナル。明後日の抽選会で決まるマッチ・アップは、どのようなマッチ・アップとなっても楽しめるビッグ・マッチとなりますね。

個人的にはバルサVSユベントス、ミュンヘンVSマドリーとなって、6月のファイナルは、ユーロ『クラシコ』となることを期待したいと思います。

 

アンチェロッティ

戦術と戦術のチェス・マッチを(怪我人だらけの中で)何とか凌いだMrアンチェロッティ。

『我々は(チチャリート)彼を祝福しなければいけないね。あまりプレーできず、難しい1年を過ごしていた。それでも、彼はいつだって一生懸命練習に励み、戦い、そして苦しんだ。今日のゴールは彼に相応しい。我々にとって重要な選手だ。難しい時期を過ごしてもくさることなく、今日のゴールはその褒賞になった』

昨シーズンの『クラシコ』で失策と共に批判されたセルヒオ・ラモスのアンカー起用については、

『モドリッチが負傷した数分後に決めたことだ。セルヒオは私に自信を与えてくれるし、チームの高さを引き上げる。セットプレーの守備でそこまで苦しまずに済む保証となってくれた。彼をボランチで起用するという決定は、今日の試合のためだけだ。セットプレー時の問題を避けるために必要な決定だと彼は理解し、チームのために尽くしてくれた』

『あの「クラシコ」の後、非難されまくったね。ただ、もう一度非難されまくることも考えながら彼をボランチで起用するために取り組み、今日の私はまだ生きている。ラモスがいれば、セットプレーやCKでやりやすい。彼にはそこでプレーするためのクオリティーがあり、チームのために身を削ってくれた。このポジションでもチームを引っ張ってくれるという確信があったんだ』

と語りました。

 

シメオネ

一方、昨シーズンのファイナルのリベンジが叶わなかったシメオネは、

『私はこのチームを率いることができて幸せだ。インテンシティーとしっかりと仕事に取り組む姿勢を有し、90分にわたって努力を振り絞ったこのチームをね。このチームの仕事ぶりは、私のアイデンティティーと完全に一致するものだ。ネガティブな感覚など一切ない』

『アトレティコはクラブとして力をつけているし、再び欧州最高の8チームに入った。我々は最大限のレベルで競争に励み少しずつ成長してきたんだ。子供の頃、広場で遊んでいた私は、もしフットボールで負けても、全力を尽くしていれば満足することができた。アトレティコのファンは、このチームの選手たちに誇りを感じている』

勝負の綾となったアルダ・トゥランのドブレ・アマリージャについては、

『それまでは良い形で試合に取り組めていた。私からはそれだけ言わせてもらう』

と語ってくれました。

ビッグ・マッチで一人少なくなってはミッション・インポッシブル。いつものように、ディテールが勝敗を分けたヨーロッパのホーム&アウェイ。余計なお世話ですが、シメオネがクロップのようにならないことを願わずにはいられません。

 

チチャリート

マドリー

『全員の勝利だ。ゴールを決めたのは僕だったけど、みんなでつかんだゴールだね。チーム、そしてファンのゴールだった』

『出場機会が少なくても、僕は落ち着いていた。チームメートや家族は僕のことを信じてくれた。だから、このゴールは彼らのものなんだ。監督には準備しておけと言われていた。これまでのようなプレーを見せろ、とね』

あの時、あのポジションにいることで訪れた美しい歓喜の瞬間に拍手。そしてまた、フットボールの週末がやってきます。

スコアレスドロー

ベイル

オブラク

『(マドリーにとって)最低の中では最高の結果』

『アトレティコ・マドリーの守備は、世界最高レベルだ。オブラクは偉大な仕事をしたね』

2014-2015・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・ファーストレグ、アトレティコVSマドリー@ビセンテ・カルデロン。

眠い目を擦りつつライブ視聴。前半はマドリーペースだったと思いますが、ベイル・・・あの決定機(一対一)は決めないとまた叩かれるかな。アトレティコはゴール出来る感じは皆無でした。セルヒオ・ラモスの不用意なパスを引っ掛けてからのグリーズマンのチャンス一度だったでしょうか。

マドリーにとっては、

『0-0以上のスコアに値したと思う。特に前半はね。前半のレアル・マドリーはファンタスティックで、意思の強さとともに素晴らしいプレーを見せた』

『後半は異なる内容になった。相手のプレッシャーがきつくなり、ボールを保持することが難しくなったからだ。この結果は良いものではない。だが、チームが示したプレーに対して自信も得ている』

勝敗はディテールに左右される。

『本当に些細なことだ。我々はチャンスを掴んで、全員が攻撃面で素晴らしい働きをした。だが、フィニッシュがうまくいかなかったんだ。次の水曜日のベルナベウでは、今日のような試合を繰り返さなければいけない』

アンチェロッティの思い描くようなセカンドレグとなるでしょうか。

 

シメオネ

『選手たちは素晴らしいリアクションを見せた。後半にはとても満足しているよ。通常であれば、前半に優位に立たれれば、後半にも相手に譲歩してしまうものだ。だが、この試合ではそうならなかった。我々は球際の争いでインテンシティーを持ち、ゴールを決める状況を生み出した。オブラクの出番は少なくなったね』

『(望んでいた結果か?の問いに)このような結果を手にしたというだけだ。我々は強大なライバルと対峙し、私は後半に見せたチームの変化を評価している』

『本命?。我々は期待と落ち着きでもって、重要な一戦に臨む。すべてがオープンなままだ。今日のような前半を過ごさないためには、もっとインテンシティーを高めなくてはならない』

とコメントしたシメオネ。

オープンなままでセカンドレグへ。突破の可能性は50%。だが、アトレティコにとって1ゴールがネクストラウンドへのチケットを手繰り寄せることとなる。マドリーはどんどん攻めてくるだろう。『聖』イケルの壁を破れるかは自分たち次第。

僕は、その可能性は少なからずあると思っています。