甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ

今クールのアニメはコレですね、『甲鉄城のカバネリ』。

圧倒的なクオリティ。

戦国時代と現代テイストをミックスさせた意欲作。蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ヒノモト)を舞台に、不死の怪物カバネ(ゾンビ)との戦いを描いているそうです。OPのエゴイストも鉄板でしょうか。

 

甲鉄城のカバネリ

本作の主人公生駒(イコマ)くん。

第2話まで観ましたが、カバネの謎を探求し、カバネを倒そうと戦います。しかし、カバネに噛まれてしまいカバネ化(ゾンビ化)・・・というところで自身の仮説を試しカバネ化しないことに成功しました。ウイルスが脳に達しなければカバネ化しないのですね。

 

甲鉄城のカバネリ

本作のヒロインの無明(ムメイ)ちゃん。

第2話で、自身と生駒が人でもカバネでもないカバネリと明かしてくれました。

 

甲鉄城のカバネリ

圧倒的な戦闘力。

 

甲鉄城のカバネリ

作画クオリティも大満足。世界観もイイし、何より大好物のゾンビもの。ノイタミナ、グッジョブです。

今クールはコレと『ジョーカーゲーム』でかなり楽しめそうで、良かった良かった。

シュタインズ・ゲートを超えるか?

僕だけがいない街

僕だけがいない街

僕だけがいない街

第1話としての掴みはコレ以上ない。

『僕だけがいない街』第1話『走馬灯』を観ました。

原作を読んでいませんので、絶対楽しめると思わせる第1話でした。主人公の悟は、ピザ屋でバイトする売れない漫画家。数分前にタイムリープすることができるのだが、最悪な目にばかり遭う。心臓発作で急死したトラック運転手が運転するトラックから子供を助けるところから物語が始まりました。

北海道から出てきたお母さん。

曰くつきの過去。声優がコナンの高山みなみさんだから推理か・・・と思って観ていたら急転、お母さんが刺され犯人にされた悟、からのタイプリープ。

 

僕だけがいない街

お母さんを刺した犯人。

 

僕だけがいない街

僕だけがいない街

ヤバい。

 

僕だけがいない街

僕だけがいない街

今クールのアニメはコレに決まりデス。『すべてがFになる』も良かったですが(コレはそれ以上に期待)最近のノイタミナ、イイですね。

早く第2話が観たいです。

進撃の正月

進撃の巨人

お正月は進撃の巨人三昧でした。

MBSで劇場版含め一挙放送されてました。第2期が始まる関係ですかね。コミックを読んでいるのですが、進撃はアニメの方が断然面白いですね。立体機動が素晴らしい。

 

リヴァイ

リヴァイ

進撃の巨人といえばやっぱり人類最強、リヴァイが最高にカッコいいです。

リヴァイ班全滅の回の、怒りのリヴァイが最高にクールです。

 

リヴァイ

リヴァイ

リヴァイ

女型の巨人も圧倒、まさに人類最強。

 

進撃の巨人

2期はNHK BSプレミアムで放送開始。

続き、楽しみです。

『思い出のマーニー』、哀しい思い出に

思い出のマーニー

『えっ』

うん、間違いなく『ジブリ』は死んだんだな。

 

思い出のマーニー

思い出のマーニー

金曜ロードSHOW!で録画視聴。

鈴木Pが『ジブリ』らしい作品とおっしゃてたそうですが、脱宮崎駿に踠き苦しんでいる(無理だということを露呈し続けている)。美しい作画クオリティはもちろん『ジブリ』だが、個人的には劇場まで足を運んで観るようなモノではなかった。

問題を抱えた少女が、幼い日の思い出と空想、自然豊かな田舎で、おおらかな親類夫婦やちょっと変わった心優しい友達に救われ立ち直る物語。でも、無口なオジサンのボートにホイホイ乗っちゃダメだ。今の日本じゃとても無理が有り過ぎる。大人も子供も楽しめない映画だった。

偉大すぎる宮崎駿を払拭するのは不可能なのだ。

商業的成功を収めるだけなら、庵野秀明が『ナウシカⅡ』を作ればいいが・・・。

『ジブリ』は宮崎駿商店だったということを改めて認識させられた。

『ジブリ』はもう死んだんだ。

それは、とても哀しく寂しいことだけれど・・・。

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』

F

第1章『白い面会』を観ました。

原作も読んでませんしドラマも観ていませんので、結構楽しみしていますが第1章では何もわかりませんね。サブカル臭満載ではありましたが・・・。

【あらすじ】

孤島の研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才プログラマ・真賀田四季。四季に一目会いたいと、研究所を訪れた那古野大学准教授・犀川創平と学生・西之園萌絵はそこである事件に遭遇する。彼らが目にしたのは、誰も出入りできないはずの四季の部屋から現れた。ウエディングドレスを纏い両手両足を切断された死体だった。不可思議な密室殺人に犀川と萌絵が挑む。

 

F

犀川センセイ。

 

F

萌絵ちゃん。

なんっつーイイ車乗ってんだ。それも大学に乗り付けて。

 

F

N大学って名古屋大学じゃん。

僕も覚王山にスィーツ食べに行きたいです。

 

F

重要人物の真賀田さん。

キャラクター原案の浅野にいおさん臭もかなり苦手なのですが、好物の密室推理モノみたいなので最後まで観てみようと思います。

第2章『蒼色の邂逅』へ。

“Hello,world!”

血界戦線

オセェーよ、ったく。

ようやく完結を見た『血界戦線』。観ました血界戦線最終話『Hello,world!』。

よくわからん。11話を観たのが3ヶ月も前のことだし・・・。確かホワイトちゃんが撃たれて、2次崩落が始まった。3年前にあった崩落はブッラク&ホワイトちゃんの両親によって、ホワイトちゃんを使って止めたんですよね?。ホワイトちゃんが死ぬことによって、また崩落が始まるでOK?。その中心へ向かうレオ。でもレオはレオで前話で神々の義眼を奪われてなかったっけ?。奪われてなくて、使われただけだっけ?。倒れてるレオのもとに現れた堕落王。何やらゲームをおっぱじめヘルサレムズロッドはグールだらけに。

崩落を何とかしようとするライブラ・オールスター。エイブラムスさんからハマー、ツェッドとチェインに見守るようなK・Kとスティーブン。絶望王と戦うクラウスの旦那、そしてそこにようやく辿り着くレオ。絶望王の中のブラックが生きたいと願う。ホワイトに向けて叫ぶレオの咆哮。微かに命を繋いでいたホワイトの元に向かうレオ。絶望王に頭突きをかましたレオ。

ブラックとホワイトの邂逅に、結界となって消え逝くホワイト。

 

血界戦線

血界戦線

血界戦線1

血界戦線

血界戦線

悲し過ぎたゼ、コノヤロウ。

6つのポイント(最後の一つがホワイトちゃんだった)が作動し2次崩落を止める結界が結ばれた。ホント悲しい。ミシェーラへの手紙からの上のミシェーラの奪われて無くなってしまった目が怖かった(泣)。

 

血界戦線

ハロー、ミシェーラ。元気ですか?

兄ちゃんは元気です。

手紙を書いたのは、僕なりに考えたけじめのつもりだ。

どうか怒らずに、兄貴のためと思って持っていて欲しい。

ミシェーラ、僕は元気だ。

君のいない街で、君の光を頼りに、今日も何とか生き延びている。

会えるのはもう少し先になるだろう。

でもいつか。きっと直接伝えるよ、僕の見てきた世界の話。

僕と、僕に希望を示してくれたある人たちの物語

 

血界戦線

2期への伏線なの?。

新たな宿主を見つけた絶望王も描かれてました。

 

血界戦線

エンディングで謎の演出が・・・。死んだはずのホワイトちゃんが登場してましたが、思い出の一枚なんだろうか。

 

血界戦線

全然関係ないですけど・・・ヒーロー、2期はあるのかい?

ないだろうなぁ・・・。

おしまい。

今クールのアニメはコレで決まりデス

ルパン三世1

なんか音程が違うけど(笑)。

ルパン大好きな昭和のオヂサンにはたまりませんね、30年ぶりのTVシリーズ新『ルパン三世』。

青いジャケットが目を引きます。昭和のオヂサンとしては緑なんだけど(笑)。イタリアで大活躍するルパンと一味(若いころのルパンだそうです)。沢城さんの不二子ちゃん、イケてます。

全24話あるみたいで、楽しみ過ぎますね。

 

ルパン

次元

不二子

五右衛門

OP、カッケェェー。OPだけかもですが、最後まで観ようと思います。

 

 

あとはコレかなぁ。ノイタミナの『すべてがFになるTHE PERFECT INSIDER』。読んだことないのですが、推理作家森博嗣さんの小説が原作。コレも観てみようと思いますが、とにかくルパンですね。