レオ・メッシが好調過ぎる件

バルサ

バルサ

シーズン開幕。フットボールのシーズンが始まりました。

2016-2017・リーガ・エスパニョーラ第1節、バルセロナVSベティス@カンプ・ノウ。

キレキレのレオ・メッシ、大好物のピザを控えたんだろうか(笑)。ヴァケーションを早めに切り上げチームに合流した効果が出まくりです。セビージャとのスーペル・コパでもゴールを上げてましたが、この開幕ゲームでも2ゴール。バルサが誇る世界一のゴール・ハンター、Lスアレスに至っては早くもハットトリックでしたが、ドン・アンドレスが怪我で不在の中盤も支配し、いつものアルバへのロング・フィードも完璧。結果、6-2で難なくベティスを退け今シーズンの航海が始まりました。このままシーズン序盤を乗り切ってもらい、最終的にはチャンピオンズ奪還です。

バモス!バルサ!!!。

 

MSA

昨シーズン、ユーロ2016が散々だったアルダですが、プレシーズンの好調を維持しこのゲームでも2Gと結果を残してくれました。

ネイマールがリオから戻ってきたら一列下がるんだろうけど、このままゴールに絡んでもらいたいものです。

 

メッシ

しかし、おヒゲ何とかならないかなぁ(苦笑)。似合ってない!!。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

ネイマール

最後にJrネタ。

リオでのゴールドメダルおめでとう。マラカナンで宿敵ドイツをPK戦で下しての栄冠です。じっくり休んでバルサに戻ってきてもらいたいものです。

つまんないっス

スコアボード

バルサ

後輩が僕にそう呟いた。

そうだろうそうだろう、俺は最高に楽しいゾ。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第29節、バルセロナVSヘタフェ@カンプ・ノウ。

メッシのスルーパスから左サイドを駆け上がってきたジョルディ・アルバのマイナスのクロスがディフェンダーの足に当たってオウンゴールで先制したバルサ。そうなれば今のバルサは無敵だ。ましてやホーム、カンプ・ノウ。イニエスタとのパス交換からまたまたメッシがゴール前にパスを入れて、それに飛び込んだムニルが頭で押し込み20分で2-0とした。31分にはネイマールがメッシのスルーパスをダイレクトで沈め40分にはメッシ自らゴラッソを叩きこんだ。

前半でポーケル。弱い者イジメは気が引けるが、ティキ・タカからの崩しが完璧だった。その中心に居たのはもちろんレオ・メッシ。スアレスがローテーションでお休みの今節に、主戦場の右サイドから中央へと自由にピッチを支配した。メッシがボールを持つと全員がコレクティブにオートマティックに連動。ひと昔前のアンストッパブルな「システム・メッシ」だった。またまたペナルティを止めらる失態があったが、(問題だが)問題にすらならない。

後半も、ネイマールのラブリー・フィニッシュとアルダのアグリー・オーバーヘッドで、終わってみれば6-0の大勝。レオ・メッシの1G3A(3Aは自身初?)の活躍で無敗記録を37に伸ばすこととなった。

敵将の『今のバルサを止めることなど不可能』の言葉どおり、特にカンプ・ノウでは負けることはないだろう。ローテーションも問題なく決まり、ルイス・エンリケの『今は理想的な状況だ(コンディション的に)』にも頷くしかあるまい。

しかし、勝って兜の尾を締めよ。

ミッドウィークのガナーズとのセカンドレグが本番だ。2点のリードは忘れて、もちろん勝ちに行く。ガナーズ・サポの後輩は『ライブでは観ません。どうせダメだし』と悲観にくれていたが、問題なくネクスト・ラウンドへ進めることを祈念して、僕はもちろんライブ視聴する。

木曜の朝が待ちきれない。

 

ネイマール

ネイマール

スアレスが居なかったのでより躍動したネイマール。

英語の実況が『ラブリー・フィニッシュ』と連呼してたので、僕も後輩にラブリー・フィニッシュだったなぁと連呼しておいた(スマン)。

 

メッシ

凄すぎるドリブル・シュートを放った『アメイジング』レオ・メッシ。

 

メッシ

ピケが『重要なゲームでは決めてくれる』と言ってましたが、PKだけ何とかして。今シーズンの成功率はちょうど50%(泣)だそうで、これだけホント心配(見てられない)。

 

スアレス

出場してゴールを量産したかっただろうスアレスだが、それはガナーズ相手にということで。

 

アルダ

締めはアルダの不恰好なオーバーヘッド(笑)。

スーーーーっとゴールに吸い込まれた。

バモス、バルサ!!

新記録と2枚のレッドとハットトリック

メッシ2

メッシ

ラージョが相手なのでガンガン点が入ると思ってましたが、やはりそうなりましたね。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第27節、ラージョ・バジェカーノVSバルセロナ@バジェカス。

惜しいオープニング・シュートをラージョが放ちましたが(ブラヴォが簡単にセーブ)、先制点はあっけなくバルサがモノにしました。22分。セルジ・ロベルトの単純なクロスをキーパーが取り損ない、その溢れたボールを拾ったラキティッチが押し込んで先制です。その2分後の24分にはカウンターからメッシがネイマールの折り返しを蹴り込み早々と0-2に。メッシのゴールはネイマールがオフサイドだったし、前半終了間際にラキティッチに足裏を見せてのスライディングが1発レッドとなってラージョにとっては踏んだり蹴ったり。率直に言ってパコ・ヘメスの『今日のバジェカスでは審判を見かけなかった』とコメントは痛いほど分かる。バルサ相手に10人となっては・・・(ノーチャンス)ですし。一発レッドは厳しい感じがしたし。

後半に入った53分にセルジ・ロベルトのグラウンダーのクロスの跳ね返りをスアレスがダイレクトで叩く。スアレスの一撃は右ポストを叩いたが、その跳ね返りを中央にいたメッシが難なくゴールに流し込み0-3となった。これでもうゲームは終わったのですが、一人少ないラージョにネットを揺らされるバルサ(いただけません)。緊張感が無くなってしまった。

その後に、ネイマールのFK(クロスバーを叩く)の溢れ球をシュートしょうとしたブスケツを後ろから削ったラージョに2枚目の一発レッド(&ペナルティ)が提示され、なんともかんともでした。『荒れなきゃイイけどなぁ(解説してた北澤くん)』。ブスケツ、オフサイドだったんじゃないかなぁ。スアレスが蹴ることとなったPKでしたが、またまたシャットアウトされてしまう(オイオイ、いい加減にして)。

9人となっても高いラインを敷くラージョ相手にカウンターからメッシがこの日3点目を上げて、終了間際の86分にはアルダに移籍後初ゴールが生まれ(ヘッドだった)マニータで記録更新を祝うことにはなったけど、もう少し締まったゲームが観たかった(贅沢?)。

 

ラキティッチ

キーパーの有り得ないミスからの先制点がラッキーでした。

 

メッシ

ハットトリックで19ゴールとしたレオ・メッシ。いつの間にかネイマールを追い越してしまいましたね。

 

スアレス

この日もPKも失敗したスアレス。今シーズンのバルサ通算7度目のPK失敗。どうしたらいいものかしら・・・。

 

ラージョ

ラージョ

パコ・ヘメス

『率直に言って2人の退場者が出るような試合ではなかったと思う。バルサほどのチームと戦うのは(普通でも)難しいのに、2人少ないのであれば言うまでもないことだ』

『11人だったらどうなっていたかは分からないが、直感的にはもう少しマシな結果になっていたのではないかと思う。あくまで直感でしかないがね』と語った愛すべきパコ・ヘメス。

率直に言ってパコは何も間違っていない。

 

ルイス・エンリケ

『ラージョと戦うのはいつも難しいものだが、今回は最初から強いインテンシティーや自信を持って戦うことができた。実際のところ、試合をとおしてまったく危険は感じなかった』

『シーズンはこれから架橋に入り、最も美しい時期がやってくる。我々が何を達成できるか、何に値するかは今後を待たなければならないが、このレベルでプレーしていれば我々を止めるのは非常に難しいね』とコメントしたルイス・エンリケ。オープニング・シュートはけっこう危なかったと思うけど、まぁ負ける感じはしないよね。

 

バルサ

バルサ

週末はフエラで乾くんのエイバルと。

 

アルダ

ネイマールが累積警告で出場できませんが、アルダに期待したいと思います。簡単ではないだろうけど、ここを乗り切ってミッドウィークに英気を養ってもらいたいものです(久しぶりにゲームがない)。

MS不在でも先勝

ネイマール

S&N

スアレスが出場停止(2試合)及びメッシの離脱(軽傷?)のなか、要塞サン・マメス・バリアで2ゴールは大きい。

不満は、終了間際に不用意なアウヴェスのミスからの失点とwowowがコパを放送しないことだ。

2015-2016・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・ファーストレグ、アスレティック・ビルバオVSバルセロナ@サン・マメス・バリア。

そんなに褒められたゲームではなかった(特に後半)と思いますが、若駒ムニルとネイマールのラッキー・ゴールで先勝です。

 

ムニル

18分。右サイドセンターライン付近でのアルダの秀逸な溜めからのパスに、(そのアルダに渡して自陣から駆け出していた)ラキティッチが反応し、そのまま高速グラウンダーを入れて、それにダイレクトで合わせたムニル。

ヤレばできる。

スアレスの代わりに入ったセンターで結果(コパで5ゴール目)を残しました。

 

ネイマール

ネイマール

24分のネイマールのラッキーなゴール。

キーパーに引っ掛かりかけましたが、上手くボールが溢れましたね。

その後のバルサは正直、いただけませんでしたが・・・。

 

シュテーゲン

アウヴェスのありえないミスから1点返され、同点のピンチを救ったシュテーゲン。

相手コーナーキックからニアのフリックも掻き出したり、このゲームでは当たってました。

 

アルダ

スキルフルなアルダ。

ラキティッチへの秀逸なパスでした。あとは、90分間でプレゼンスを発揮して欲しいものです。

 

バルサ

MS不在での先勝。

よもやカンプ・ノウで失態はするまい。しかし、アウヴェスはビダルに代わるかなぁ。あとwowow。今シーズンは何故放送しないのか(怒)。ユーチューブで課金しないと観れないのが返す返すも腹立たしい。

まさかマドリーが早々に失格したから・・・なんて理由じゃないよね?

バロンドール前祝い

メッシ

メッシ

メッシ

メッシ

今シーズン初のレオ・メッシのハットトリック(アシストはアルダとスアレス、最後のゴールはネイマールのシュートがポストに当たって跳ね返ったのを押し込みました)。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第19節、バルセロナVSグラナダ@カンプ・ノウ。

問題なく4-0で勝利。

エスパニョールも問題ですが、このゲームのグラナダもね・・・。緩すぎました。

 

バルサ・クレ

まぁ勝利で美人クレも満足か。

でも面白みに欠けるか(余裕)。

 

アルダ

バルサでのリーガ初先発で、メッシに股抜きアシストを記録したアルダ。

馴染んできたかな。

 

バルサ

終了間際にネイマールもネットを揺らし、メッシと共に気分良くスイスへ。昨シーズン同様に、ここから頂上まで一直線で。

アンチにとっては退屈すぎるゲームでしたかね。

猛るバルサ

イニエスタ

メッシ

スアレス

アルダ

4発見舞う。

2015-2016・コパ・デル・レイ・5回戦・ファーストレグ、バルセロナVSエスパニョール@カンプ・ノウ。

直近のリーガでスコアレスでしたが、このゲームでは4発。アウヴェスのパスを引っ掛けられてからのカウンターで失点したのはいただけませんが、ホーム、カンプ・ノウでは黙っていませんでしたね。

レオ・メッシにやる気が漲ってました。

 

メッシ

イニエスタのスルーパスを受けての1点目。

 

メッシ

リーガではバーを叩きましたが、今回はバーを叩いてからゴールラインを越えていった2点目。

前半でリードして、後半開始早々に3点目を上げてゲームを殺しました。

 

ピケ

コーナーキックの流れからピケにアシスト。

 

ネイマール

極めつけはネイマールとメッシのワンツーからネイマールがダイレクトボレー。

美しい。

 

メッシ

レオ・メッシの2G2Aでリーガでの借りを綺麗に精算。

ネクスト・ラウンド進出をほぼ決めたゲームでした。

 

イニエスタ

アルダとヴィダルも無事デビューし(悪くなかった)、ここからです。

それにしてもwowowは、今シーズンはコパの放送はないのかな?。このゲームはリーガのYouTubeオフィシャルチャンネルで観ましたが、wowowでやって欲しいものです。

お願いいたします。