戴冠叶わず

アルゼンチン

2015・コパ・アメリカ、ファイナル、アルゼンチンVSチリ@エスタディオ・ナショナル・フリオ・マルティネス・パラダノス。

メッシはまたも戴冠はならなかった。

マスチェラーノは『拷問だ』とコメントしたが、バルサとの違いはなんだろう?。アルゼンチンでのメッシは、フィニッシャーにはならないのは何故だろう?。アグエロやディ・マリアがいるから?。マルティーノの戦術が駄目なんだろうか。

バルサと同じ右のトップに位置する(もちろんポジションは流動的だが)メッシだが、エリア内で決定的な仕事をするシーンは皆無だったと思う。メッシがボールを持つとスイッチが入るのも変わらないのだが・・・。

ネイマールもスアレスもいないアルゼンチン。このゲームでのアグエロは良かったが、孤立していた。前線でほとんど守備をしないメッシは、やはりフィニッシュしてこそ意味がある。中盤でゲームメイクやアシストをするだけなら、それなりの守備をしないとバランスを欠くことになる。

そう、アルゼンチンはバランスが悪い。

クリエティブなパストーレも中盤にいるのだし、メッシはやはりフィニッシャーにならなければネットを揺らせない。そんなことを感じたコパ・アメリカだった。

ゲーム自体は、スコアレスのままフットボール・ロシアンルーレットに突入。ファーストキッカーだったメッシは、ブラヴォにコースは読まれたがシュートスピードでゴール右隅に蹴りこんだが、イグアインがどうしようなくヘボで、バネガはチキンだった。

チリはミスなく、4人目アレクシス・サンチェスのパネンカもどきが正面に決まって、アルゼンチンはブラジルW杯に続きファイナルで敗れることとなった。

ナポリでも外しまくったイグアインがキッカーにセレクトされたのは何故だろう。情けないほどに吹かし、外れた時のメッシの苛立つ仕草がとても印象的だった。

アルゼンチンの方が決定機は多く、一つ決まっていたら・・・と思わずにはいられないが、フットボールにイフはない。バルサで素晴らしい3冠を達成したメッシだったが、最後はまたも上手くいかなかった、そんなシーズンの締め括りのゲームだった。

 

メッシ

メッシ

お疲れさまでした。

MVPの受賞を拒んだ(そうだが)レオ・メッシ。そりゃそうだ。マスチェラーノじゃけど、ブラジルW杯の再現って・・・ホント拷問だ。

ヴァカンスで英気を養って、来るシーズンに備えて欲しいものです。チャンピオンズ連覇を個人的には観たいと願ってます。

広告

6発沈めファイナルへ

パストーレ

アルゼンチン

アルゼンチン

2015・コパ・アメリカ、セミファイナル、アルゼンチンVSパラグアイ@エスタディオ・ムニシバル。

久しぶりのフットボール。

アルゼンチン対コロンビア、ブラジル対パラグアイをライブで観れず(8時30分キックオフがなぁ〜)なんだかご無沙汰です。ペナルティ・キック合戦を制したアルゼンチンとパラグアイに敗れたセレソン。そして開催国チリがファイナルへ進み、残りの椅子をアルゼンチンとパラグアイが競いましたが、レオ・メッシ率いるアルゼンチンがゴールラッシュで残りのチケットを手に入れました。

それにしても、パストーレが好調です。

メッシも悪くはないけれど、どちらかというとアシストに徹している感じです。このゲームでもFKからロホのゴールをアシストしたカタチで、27分のパストーレへの秀逸なスルーパスは見事でした。そのパストーレも、完璧なトラップから豪快にゴール左隅に蹴り込んで2ー0とし、前半にパラグアイに1点返されて予選ラウンドの嫌な感じが脳裏をよぎりましたが、後半早々にディ・マリアが2発沈めて勝負あり。終了間際にアグエロとそのアグエロと交代したイグアインがネットを揺らし大勝でファイナルへ進みました。

ロースコアゲームが多いコパですが、アルゼンチンが決定機を次々にゲットしたゲーム。ボールも持てるけど、カウンターも威力があって、1993年以来のタイトルに向けてアルゼンチンが調子を上げてきた感じです。今シーズンの4冠目を狙うレオ・メッシは最高なカタチで今シーズンを締め括ることが出来るでしょうか。ファイナルは日本時間5日の5時キック・オフ。

これはライブで視聴したいと思います。

ノックアウト・ラウンドへ

アルゼンチン

退屈ながら(苦笑)。

 

アグエロ

アグエロ

2015・コパ・アメリカ、グループB第2節、アルゼンチンVSウルグアイ@ラ・セレナ。

サバレタからアグエロへのピンポイント・クロス。虎の子の1点を守りきって1-0で勝利。

 

イグアイン

イグアイン&メッシ

2015・コパ・アメリカ、グループB最終節、アルゼンチンVSジャマイカ@サウサリート・ヴィニャ・デル・マール。

こちらは11分にディ・マリアのパスを受けたゴンサロ・イグアインがエリア内中央でターンしてからの1発をゴール左隅に決めて、こちらも1-0で勝利。何度か決定がありましたがね。

『神』メッシはどちらも沈黙。

 

メッシ

ホイッスル後にセルフィーだから、さもありなんですね(苦笑)。

アルゼンチンの次なる相手はハメスのコロンビア。緊張感あるスペクタクルなゲームが観たいものですが・・・、塩試合かなぁ(泣)。

走るメッシと寝込む僕

メッシ

レオ・メッシ好調を維持。

2015・コパ・アメリカ、グループB第1節、アルゼンチンVSパラグアイ@ラ・セレナ。

メッシ、良かったです。

僕、風邪で死んでます。

ゲームは、バックパスを掻っ攫ったアグエロの1発とディ・マリアがセコク得たPKをメッシが沈めて前半で2–0としたアルゼンチンでしたが、後半にパラグアイにゴラッソ2発決められ2–2のエンパテ。

メッシが走ってましたし、縦に楔が入ってましたし、パストーレとメッシが秀逸なワンツーを披露してくれましたし、最終ラインの不安定さを解消出来れば問題ないか。

 

メッシ

『前半は良い戦いができたが、後半には眠ってしまった。こういう形で試合を終えたのは残念だ。2–0でリードした試合を引き分けで終えるのはもちろん不満だけど、続けていくしかない』

『後半は相手がより積極的にプレーしてきて、行ったり来たりの試合になった。うまくいっているうちに試合を終えなければならなかった』

『ウルグアイ戦のことを考えるしかない。改善すべきことはたくさんある。まだ最初の試合でしかないし、もっと落ちついてプレーするべきだ。ウルグアイには勝たなければならないね』

とコメントしたレオ・メッシ。

 

アグエロ

抜け目なくボールを奪って先制点をゲットしたアグエロ。

メッシが追いかけて、ディフェンダーの苦し紛れのバックパスを掻っ攫いました。

 

メッシ

迷わず左へ。

このまま好調を維持して欲しいものです。

 

アルゼンチン

このメンツでドロー発進はいただけないアルゼンチン。

(バレンシアのオタメンディは良かったが)最終ラインの不安定さを解消しないといけません。次はウルグアイ。スアレスがいないし、何としてでも勝つ。

そして僕は、早く風邪を治そうっと。

2011年以来も

メッシ&ロナウド

メッシ&ロナウド

45分のみ。

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、アルゼンチンVSポルトガル@オールド・トラッフォード。

遅ればせながら。

メッシとロナウドの久しぶりの代表戦。どちらもほとんど見せ場はありませんでした。メッシは一度、エリア内右深部からポストに当てる惜しいシーンがありましたが・・・。クロアチア戦でもそうでしたが、マルティーノはメッシを右ウイングとして使うつもりのようですね。

『メッシはロナウドがこれだけのゴールを決めているのを見て、精神面で影響を受けていると思う。サイドでは彼の平均得点数を維持することはできない。長いスパンで見れば、彼は幸せになれないだろう。サイドでのプレーはフィジカルの消耗が激しい

『メッシはチームで最高の選手だ。彼がチームの活力となる。監督との間に良い化学反応があれば、監督の能力を引き上げられる。だが、適したポジションで起用しなければチームは弱体化してしまうだろう』とヴェンゲルはディスってましたが・・・。

どうなんだろうなぁ?。

僕がプレイするFIFAやウイニング・イレブンでは右サイドなんだけれど(笑)。ゴールマシーンを期待するなら真ん中だけど、イグアインもいるし、テベスもカムバックしたしで難しいところですね。でも“システム・メッシ”が行き詰まった昨今では、違う何かが必要でしょう。

(この試合自体にさして意味はない)メッシは、

『全体的には良い試合だったと思う。僕たちはタタが求めたことを90分間やり続けた。プレスをかけ、ボールを保持していた。彼らが僕たちのゴール前までたどり着いたのは、僅かだった』

『だけど決め切ることができなかったね。それでも、結果にかかわらず僕たちは監督の指示に従いそれを続けた。試合からはポジティブな部分を抜き出せる。僕たちは良い道を歩んでいるよ』

『僕は45分間のみのプレーだと知っていた。タタからそう言われていたんだ』

とゲーム後に語りました。

怪我しなくて(ディ・マリアは痛んだみたいですし)良かったです。

 

メッシ&ロナウド

『前半だけなんだよ、今日は』

『俺もだぜ』

『それにしても、空席目立つね』

『マン・ユナイテッドにしか興味ねぇーんだよ、ココは』

ゲームはアディショナルタイムにポルトガルが得点し、0-1で勝ちました。

 

メッシ

メッシのコメントを以下。

アルゼンチンメディアにバルサ退団について聞かれた模様で、もちろん『ノー』と答え、

『僕は今に生きている。バルセロナで今年を素晴らしいものとすること、欲しているタイトルを獲得することに集中しているよ。それ以上は何もない。その後のことはそれからだ』

『フットボールの世界では、多くの紆余曲折がある。僕はいつだって(バルサに)残りたいと言ってきたけど、時には望んだようにいかないものだ。僕次第ならずっと居続けたい。でも、さっきも言ったように思ったとおりにいかないこともある。特にフットボールの世界では多くの変化がある。さまざまなことが起こり得る。難しいね。バルセロナが今過ごしている時期にか鑑みれば、尚更だよ』

『バルセロナは大きなクラブで、2連敗をすれば、たちまちすべての方向から批判が飛んでくる。代表でも少し似たようなことが起こる』

『チームには新たなアイデアを持った新たな監督がやってきて、まだ少しの時間しか経っていない。今シーズンの僕たちは、大きなことを成すのに十分な選手を擁している。僕は冷静だ。まだ始まったばかりなんだからね。リーガもチャンピオンズリーグも多くの試合が残っているし、自分は落ち着いているよ』

自身はアンタッチャブルな存在かについては

『いいや。去年から僕も非難を受け始めている。2014年も同じだ。結果が伴わないとき、人々は平等に全員を標的にする。外から見れば簡単に見えることでも、実際にはそうではないんだ』

週末は好調セビージャとの対戦が控えています。何かと騒がしいですが、勝利することに集中してもらいたいと思います。

掴み損ねた栄冠

メッシ

メッシ&マスチェラーノ

勝てたゲームだった。

2014・ブラジルワールドカップ・ファイナル、ドイツVSアルゼンチン@マラカナン・スタジアム。

前半、イグアインに2度決定機が訪れた。

クロースの不用意な頭でのパスが、オフサイド・ポジションのエリア手前に居たイグアインにパスするカタチとなって、ノイアーと一対一(あろうことか、ノイアーのプレッシャーに負けたか、ゴール左に大きく外してしまう)となったシーンとラベッシの右サイドからのクロスに点で合わせネットを揺らした(が明らかにオフサイドだった)シーン。

ファイナルのプレッシャーなのか。イグアインは2流だった。

このレヴェルでは、このようなチャンスをモノに出来ないとフットボールの女神は微笑まない。案の定、アディショナル・タイムにコーナーキックから右ポストを叩かれ肝を冷やした。

しかし、移り気なフットボールの女神に、まだ去られてはいない。それを証明するかのように後半、メッシにこのゲーム一番のチャンスが訪れた。

47分。スルーパスに抜け出したメッシは、エリア内左でフリーで左足を振り抜いたが、ボールは無情にもポスト右へ外れネットを揺らすことは叶わなかった。左45°だったが、ペップ・バルサ時代のメッシなら難なくネットに突き刺したであろうシーンだった。僕は、これでもう駄目だと思った。相手はドイツなのだ。残りの45分で2度くらいネットを揺らされるであろうと諦めた。しかし、ディフェンスは危ないながらもマスチェラーノを核に踏みとどまった。

スコアレスでエクストラ・ラウンドへ。

もう走れない。ガソリン切れだった。それでも最後に、本当に最後に途中出場のパラシオに、エリア内でノイアーと一対一になるシーンが訪れた。フンメルスがヘッドでクリア仕損なったボールが、ファビオ・カンナヴァーロに似た顔の、変な髪型のインテルのプレイヤーの下に訪れる僥倖。トラップが少し流れ、焦って放った感のあるループシュートはあらぬ方向に飛んでゴールマウスを捉えることはなかった。以降アルゼンチンに決定機が訪れることはなく、ドイツのジョーカー、マリオ・ゲッツェのボレーに沈み、メッシのワールドカップは幕を閉じた。

僕はアルゼンチン・サポではないが、怒りと悲しみが混じり合った不思議な感情に捕われた。

ドイツが圧倒的有利の前評判の中、アルゼンチンは堅守からカウンターでチャンスを築き、勝てたゲームだった。ドイツの最終ラインは恐ろしく高く、その裏をメッシが突いてエリア内に切れ込むシーンも見られ、『神』メッシは伝説になるかに思えた。

4度あった決定機。

タフでタイトでソリッドなファイナルだ。少なくないチャンスを逃していては戴冠は叶わない。マヌエル・ノイアーが鬼神だったが、それでもだ。

今大会、ほとんど走らない(走ることを許されていない?)メッシだったが、グループステージでは決定的なゴールを上げて母国をノックアウト・ラウンドへ導いた。11人にエリア内に壁を築かれたイラン戦での白眉な一撃は、まさに『神』の為せるワザだった。

順調では無いが、悪くもない。

決定的な仕事を最後には遂行する。

ノックアウト・ラウンドに入ってコンディションを上げて、ファイナルに合わせてミッション・コンプリート。しかし、現実ではまた嘔吐してしまい、生きる伝説に昇華することは叶わなかった。

やはり何か(メンタル的なことだろうか)が問題なのだろう。いや、普通ではないだろう。

ディ・マリアの負傷も痛すぎた。アグエロの怪我とそこから来る不調に加え、イグアインは2流だった。クアトロ・ファンタスティコスは最後まで輝きを放てず、アンカー・マスチェラーノの、魂の、獅子奮迅の活躍のみがクローズ・アップされたアルゼンチン。原因は色々あるだろう。

繰り返すが、4度あった決定機。

僕は、深く溜息を吐いて仕事に出掛けなければならなかった。

 

ノイアー&メッシ

何かの冗談か・・・ゴールデングローブ賞のノイアーと大会MVPに選出されてしまったメッシ。大会MVPはノイアーだろう。

『僕たちは顔を上げないといけない。でも、僕のキャリアの中で最もつらいときであることは間違いない』

『2018年にどうなっているかは分からない。僕たちは今日の結果を悲しんでいる。今は他のことは何も考えられない』

と語ったマイ・ディオス。今のプレイスタイルなら31歳となる2018年も全く問題ないだろうけど・・・。ペップが心配したとおり、飽きてしまわないかが問題だろう。

 

メッシ

インテンシティ溢れるドリブルでフンメルスを置き去りにし、ノイアーも躱した前半。良かったと思ったが・・・。

 

メッシ

メッシ

ビッグチャンスが訪れた後半47分。

マラドーナは伝説となって、メッシは未だ成らずのシーン。つまるところ神の左足は、照準が狂っていたようだ。

 

メッシ

フットボール大好きオバサンのメルケル首相との1枚。少しだけ微笑んだが・・・。

 

メッシ

MVPトロフィーを受け取った後、また準優勝メダルを貰いに階段を昇る。

罰ゲーム過ぎる・・・。

 

メッシ

お疲れさま。

ゆっくり休んで、来たるシーズンに備え新生バルサを牽引してもらいたいと思う。

そしてここから以下は、アフター・ザ・フェスティバル。

 

ゲッツェ

ゲッツェ

と、その前に値千金のボレーを沈めたマリオ・ゲッツェを。

ヨアヒム・レーヴに『自分がメッシより上だと示してW杯を決めてこい』と言われ、送り出されたドルトムントが生んだ天才。グループ・ステージではスタメンでしたが、消えている時間も多く控えに回ってしまった悔しさ晴らす一発でしたね。

 

ドイツ

ドイツ代表

パス・フットボールの向こう側へ。

ペップ・バイエルンを基礎に、24年ぶり4度目の栄冠を勝ち取ったマンシャフト。手を使えるリベロと称される、名実共に世界一となったマヌエル・ノイアーの安定感と、ラームを右サイドバックに戻したのが勝利を掴んだ要因でしょうか。

アルゼンチンとは控え組の力の差、選手層の厚さもがありましたかね。

おめでとうございました。

 

プジョル&ジゼル・ブンチェン

何故かグラン・カピタンが(笑)。

NFL・ニューイングランド・ペイトリオッツのスターQB、トム・ブレイディの奥様でブラジル人スーパーモデルでもあるジゼル・ブンチェンとカップを運んでいました。

お久しぶり〜!!。

 

シャキーラ&ミランくん

ピケ・ファミリー

3大会連続で閉幕式を彩ったコロンビアの歌姫(もう違うか)シャキーラを迎えるピケとミランくん。

ミランくんはパパ似かな。奇しくもバルサの元セントラルとセントラルが揃い踏みでしたね。

メッシを応援してただろうなぁ。

 

ゲッツェ

ゲッツェ

ドイツ人モデル、キャサリン・ボメルさんからアツいキスでお祝いされたゲッツェ。ドルトムントに帰って来ないかなぁ・・・。

 

ノイアー

くどいが、MVPはノイアーだろう。

 

シュバインシュタイガー

シュバインシュタイガー

心優しきシュバイニー、プレシーズン・マッチでまた会おう!!。

んでもって、いつも居るサラはどうした?。

おしまい。

以下、追加。

 

サラ

ドイツ人デザイナーの人と観戦してたサラ。

喫煙が最高にイイ!!って言ったら叩かれますね。でも、海外のスタジアムに行ったことがある方ならお分かりだと思いますが、ガンガン吸えるんですよねぇ〜。喫煙者にとっては有難い。

クールに一服ですね。

 

ドイツファミリー

ゲーム後はもちろんピッチに居たみたいですね。

左から、ヴァイデンフェラーの彼女(リサ)にサラ、レナ・ゲルゲ(ケディラの彼女でこちらもモデルさん)にノイアーの彼女(カトリン)だそうです。あとは・・・もういいや。

ちなみに、右の男の子はクローゼの息子くんだそうです(笑)。

 

エジル&ハニー

忘れてた個人的贔屓の天才とその彼女(マンディ・カプリスト)も追加。

マンディちゃんは、ドイツのアイドルなんだそうです。

 

マンディ・カプリスト

スタジアムではボアテングの娘さんをだっこしてる姿が捉えられてました。

 

サラ

やっぱりNo1はサラという事で。ゲームに勝利した後は、みんな笑顔でイイですね。

次は個人的にワールドカップの総括でもやってみようと思います。

潰し合い、退屈

オランダVSアルゼンチン

シュレッセン

オランダの悲願はまたしても成らなかった。

そして、アルゼンチンはこのままでは優勝出来ないだろう。

2014・ブラジルワールドカップ・セミファイナル、オランダVSアルゼンチン@アレーナ・コリンチャンス・スタジアム。

昨日のセレソンの敗戦(悪夢)が歴史的惨敗として記憶されるなら、このゲームは退屈の極地として記憶しておきたいと思う。

オランダは『5-3-2』、アルゼンチンは『4-3-1(メッシ)-2』だったと思うが、オランダは全く攻めることが出来なかった。オランダはメッシにデ・ヨングをマンマークで付け、アルゼンチンは必ず2枚の数的優位でロッベンとファン・ペルシーをケアした。ここまで強烈な“個”の力で勝ち上がってきた両国だったが、“個”を潰し合い、退屈極まりないゲームだった。

ブラジルの敗戦を目の当たりにして、より守備的に臨む羽目になったオランダとアルゼンチン。

そう、僕はワールドカップが嫌いだったんだ。勝ち上がることに固執し、リスクを取らないゲームが多すぎた暗黒の時代を思い出してしまった。自国のサポーター以外なんら感情移入できない。玄人好みの、守備的なゲーム。ふむ、しかし、穴熊だけで振り飛車が欠けていた。欠伸が出てしまう。

リスクを取らないところに勝利は訪れない。

オランダと言えば、タイトルは取れないが魅力的なアタックで観る者を大いに楽しませてくれる素敵な国だったのに、前回のサウス・アフリカ大会から現実路線(退屈路線)に転換し、今大会も攻撃的フットボールの急先鋒だったファン・ハールが5バック(変形3バックでもあるが)を採用しカウンターを見舞う。そして、ここまでは来れた。スペインやメキシコを沈め、シンデレラ・チームも退けた。大会を見渡しても、攻撃的なイタリアは2大会連続でグループステージでゴー・ホームだ。いいだろう、悲願のカップを掲げるのなら。しかし2試合続けてネットを揺らせず、また、自ら読んだコースに飛んできたボールを外に弾き出せないゴールキーパーでは、フットボール・ロシアン・ルーレットからは生還出来ない。

ファン・ハールは何故ペナルティ・キック合戦になると思わなかったのだろう?。ノリノリであろうクルルを投入すべく、結果論は承知だが、交代枠は残しておくべきだったのだ。120分でネットを揺らせる雰囲気は皆無だったのだから。

策士のベットは最後に外れ、無一文となってしまった。

一方のアルゼンチン。

僕のフットボール・ディオス、メッシがファイナルまで到達できたのは誠に喜ばしいことではあるが、このままでは充実一途のドイツにあっけなく踏み潰されるであろう。昨年のコンフェデ・ファイナルでもそうだったが、一日違うコンディションは大いにハンディキャップとなるだろう(まして120分間も戦ったのだから)。ブラジル国民は喜ぶかもしれないが、南米の2強が2度も歴史的敗北を喫する訳にはいくまい。

唯一無二の希望はやはり『神』メッシ。

ノイアーよりも走行距離が少ないと揶揄されるメッシだ。

動かない、守備をしない(しては駄目だと言われているのではないか)“戦術”メッシは、果たしてモダン・フットボール(ハイブリット・パス・フットボール)の極地に上り詰めようとするドイツに、果たして有効な何かを刻み付けることは出来るだろうか。

難しいと言わざるを得ない。『神』の一撃を見舞うスペースは全くないだろうから・・・。

 

ロッベン

ロッベン

このゲームの唯一の得点機。

スナイデルとのパス交換でエリア内にフリーで侵入してきたロッベンだったが・・・。マスチェラーノの魂のブロックが、アルゼンチンを救うこととなった。

 

ファン・ハール

最後に間違えた策士ファン・ハール。

ファン・ペルシーは残して(全く動けなかったのだけれど)、シュレッセンをクルルと代えるべきだった。クルルで負けたことの方が、プライドが許さなかったのかもしれないが・・・。

シュレッセンは酷すぎた。

 

オランダ

トータル・フットボール発祥の国の、2大会連続の現実路線での蹉跌。攻めても守っても、未だワールドカップを掲げることは叶っていない。なら、ポゼッションのオランダに、ウインガーを多用しスリートップで攻撃的に攻めるオランダに戻ろう。2-3、3-4で美しく敗れ去ろう。

0-0はオレンジには似合わないのだから。

 

メッシ

今のままではマラドーナを超えることは出来ない。

どうする?。ディ・マリアの奇跡を期待するだけでは寂し過ぎるよ。