オカちゃん、優勝おめでとう

アザール

アザール

アザールの美しい一発がゴール右隅上に決まって、ここまでミラクルな進撃を続けていたレスター・シティの優勝が今朝決まりました。

2015-2016・プレミアリーグ第36節、チェルシーVSトットナム@スタンフォード・ブリッジ。

勝ち続けてレスターの躓きを待つしかなかったスパーズ。前半にケインとソン・フンミンのゴールで0-2にしたにもかかわらず、CKから失点し最後はアザールの個人技に屈してしまいました。それにしてもアザール、今シーズンはほぼ死んでいたのに前節から復活(笑)。このゲームでは後半からの出場でしたが、最後の最後でね(笑)。

 

スパーズ

スパーズ、残念でした。プレミアリーグになってからスタンフォード・ブリッジで勝ったことがないそうですが、勝たなければならない一戦で痛恨のドロー。スタッツ上でも結果でも今シーズンは良いフットボールを見せていただけに悔しいでしょうね。

 

オカちゃん

オカちゃん、嬉しそう(笑)。

そりゃそうだ。現行のプレミアリーグになってから、6チーム目の優勝となったレスター・シティ。ブラックバーン以来の快挙です(92-93シーズンのプレミアリーグ創設以降の優勝チームは、マン・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マン・シティ、ブラックバーンだけだった)。

 

ヴェンゲル

アーセナル

レースターにシーズン・ダブルしても優勝できない、12シーズン戴冠できないヴェンゲルの罪は重い。

ペップとコンテがやってきて、モウのオヤジはマン・ユナイテッドで指揮を執るのか?。ヴェンゲルに代わる誰かはいないの?。

プレミアから目が離せません。

広告

9シーズン連続ベスト8へ

MSN

次の記録はなんだろう?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バルセロナVSアーセナル@カンプ・ノウ。

ファーストレグを0-2でモノにしてましたので余裕がありました。緩く入ったと思いますが、アーセナルもそれほどガツガツは来ず。前半早々は、どちらかというとアーセナルペースだったと思いますが、それも15分まで。メッシがネイマールのロングパスに反応し枠を捉えた2分後の18分、敵陣右サイドでスアレスがボールを引っ掛けてからのショートカウンター一閃。そのボールを拾ったブスケツがスアレスへダイレクトで返し、スアレスはドリブルで引き付け左のネイマールへ。ネイマールはいつものようにクールに(左足でしたが)ネットを揺らし難なく先制しました。

アグリゲート・スコア3-0。ここからアーセナルも攻勢にでましたが、それでは遅い(バルサもアクセルを緩めたかな)。後半開始早々に右サイドを突破したアレクシス・サンチェスの折り返しをエルネニーがダイレクトで沈め1-1となりましたが、バルサがギアを入れ直し65分にスアレスのゴラッソが炸裂。右サイドからアウヴェスの柔らかいクロスをジャンピングボレーで沈め2-1としゲームを殺してくれました。アグリゲート・スコア4-1。終了間際の89分にはレオ・メッシが足首だけでのバセリーナを沈め5-1でネクストラウンド進出を決めてくれました。

MSN揃い踏み。

最終アグリゲート・スコアは5ー1。

完勝。

Mrヴェンゲルは『日々の生活を芸術に変えてしまう3人の選手がいる』とコメントしましたが、それぞれの特徴が出た3人による3つのゴールでネクストラウンド進出を決めてくれました。

 

ネイマール

18分のネイマールの先制弾。

 

スアレス2

スアレス

65分のスアレスのゴラッソ。

 

チャート

このゴールはこのようにして生まれました。

 

メッシ2

メッシ

締めはレオ・メッシのバセリーナ。エリア内右に侵入してキーパーと一対一になった時に絶対バセリーナを打つと思いましたが、パーフェクトなソレでしたね。

 

エルネニー

ルイス・エンリケ

『私が対戦したくないチームは、バルセロナだけだ』

と語ったルイス・エンリケ。アクセルを緩めての失点は反省ですが、ここまでは昨シーズン同様順調です。次がどこでも負ける気がしないなぁ。

 

ヴェンゲル

相手が悪かったさ。

アデュー、ムッシュー。

North London Derby雑感

コクラン

コクラン

スパーズは勝たなければいけなかった。

ラムジーの秀逸すぎるヒール・フリックで先制されたが、後半の早い段階で数的有利を得たしガナーズを完全に上回っていたからだ。

2015-2016・プレミアリーグ第29節、トットナムVSアーセナル@ホワイト・ハート・レーン。

トータル・アテンプト、26対10。

ショット・オン・ターゲット、11対4。

ポゼッション、52対48。

スコア、2-2。

何が足りなかったのか?。60分にコーナーキックの溢れ球をアルデルヴァイレルトが捩じ込み、62分には左サイドからハリー・ケインが今年一番の美しいゴールを右ポストに当てて沈め逆転に成功したがリードを守り切れない。76分にショート・カウンターを喰らいアレクシス・サンチェスにゴール左隅に蹴り込まれそのままゲームを終えてしまった。1枚イエローを貰っていたダイアーは2枚目もののファウルを見逃してもらったにも関わらず・・・。追い付かれてしまったがまだ十分に時間があったにも関わらず・・・。ポチェッティーノの交代策も失敗だったか、代わって入ったプレイヤーがゲームに入りきれずホイッスルが吹かれてしまった。

よく走って、インテンシティがあって、コレクティブにプレスを掛けて、ガナーズにフットボールをさせていなかったが・・・それだけでは駄目なんだ。アタッキング・サードでのアイデア、スキル、落ち着き、精度、この辺りが足りない(多くを求め過ぎ?)。

プレミアリーグ2位対3位のシックス・ポインターは、2-2の痛み分け。このあとにゲームを控える首位レスターにこの結果はどのような影響を与えるだろう?。失敗のスペシャリストMrヴェンゲルの首の皮一枚が繋がったノース・ロンドン・ダービーはとても面白いゲームだった。がしかし、繰り返すがスパーズは勝たなければいけなかった(勝てたゲームだった)。またガナーズがどうしてこうも駄目なんだと痛感したゲームでもあった。

 

ラムジー

39分のラムジーの秀逸すぎるヒール・フリック。

ゲーム開始直後から、ラムジーのポジショニングがオカシイと思って観てたが(自陣右サイドをローズにやられまくってたよね?)ゴールで結果は残した。

 

アルデルヴァイレルト

60分。プレミアらしい混戦からのゴールで追い付いたスパーズ。

このゴールの前に、ケインに放たれた一撃がゴールライン・テクノロジーで救われたガナーズだったが、結局決壊してしまった。

 

ハリー・ケイン

ケイン

同点弾の2分後に放ったハリー・ケインの美し過ぎた一発(解説してたベンさんも驚くしかなかった)。早くも今年のベスト・ゴールにノミネート確実な一発だった。

 

サンチェス

サンチェス

ベジェリンの縦パスに反応しダイレクトで捻じ込んだアレクシス・サンチェスの一発。

ゲームの大半で苛立ってたが、結果を残して黙らせた。

 

エジル

ビッグゲームでまたまたほぼ消えていた『天才』エジル。

酷評が待っているだろう。

 

ラムジー&サンチェス

Mrヴェンゲルを救ったラムジーとサンチェス。

 

ゴールライン・テクノロジー

瞬時にノー・ゴール(右側がゴール)と告知してくれたゴールライン・テクノロジーは素晴らしい。

 

スパーズ

勝たなければならなかったスパーズ。

ニュートラルなフットボール・ラバーにとっては、ホント面白いノース・ロンドン・ダービーに大満足。まだまだ混戦が続くプレミアは、リーガとは違った魅力が満載だ。

恒例行事

ヴェンゲル

アーセナル

もはやテンプレ。

ヴェンゲル・アウト。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、アーセナルVSスウォンジー@エミレーツ。

ガナーズ・サポの怒りはもっともだ。今朝の後輩は妙に達観していたのですが、首位レスターが前日にドローで勝ち点差を詰める絶好のチャンスにあろう事かホーム・エミレーツでスワンズに1-2で敗れ、さらに差が開いてしまうというコメディを演じてくれました。毎年毎年の恒例行事ではあるのだけれど、やはり『失敗のスペシャリスト』なんだなぁ(納得)。

前節、ヤング・ユナイテッドに打ち負けての連敗。前節での失態でOBのポール・マーソンに

『彼以上の指揮官はいないと言うかもしれないが、アーセナルで4位以内に入れる指揮官はゴマンといる。『一銭もいらないが、4位以内に導いたら1,000万ポンド(約15億6,000万円)くれ』という指揮官なんてたくさんいるよ。世界中の監督がその取引に応じるはずだ。アーセナルは常にトップ4に入る。レスターかトッテナムがタイトルを獲得したら、私にはどうして彼が仕事を保てるのか分からないね』

とコキ下ろされていましたが、至極穏当な意見です。

サンチェスもラムジーも駄目。加えて守護神ペトル・チェフがラストプレイで怪我をする喜劇。ちょい前まではウォルコット良かったんだけどなぁ・・・。ヴェンゲルはマネジメントがヘタなんだろう。

レスターの夢は醒めたと思いましたが、スパーズも敗れた今節を見るとまだ夢は醒めてないのかもしれません。ガナーズの次節はそのスパーズとのノース・ロンドン・ダービー@ホワイト・ハート・レーン。またまたシックス・ポインターではありますが・・・。ガナーズが勝つ感じがしてきました(笑)。

 

ファン・ハール

ファン・ハール

何気にマン・ユナイテッドがトップ4に肉薄してきているのも笑えます(1位レスター:勝ち点57、2位トットナム:勝ち点54、3位アーセナル:勝ち点51、4位マン・シティ:勝ち点47(1試合消化が少ない)、5位マン・ユナイテッド:勝ち点47、以下ウエストハム、ストーク、リヴァプール、サウサンプトン、チェルシー勝ち点39と続く)。

ガナーズ戦で見せたファン・ハールのダイブがジワジワ効いてきてるかな(笑)。まだまだダービーもあるし、ビッグマッチもたくさん残ってますのでプレミアは目が離せません。

でも後輩よ、今年もガナーズは優勝しないと思う。

青い弾丸

メッシ

メッシ

メッシ

MSN

美しいカウンター一閃。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、アーセナルVSバルセロナ@エミレーツ。

キックオフ直後からインテンシティ溢れるガナーズ相手に、なかなかゴールに近づけませんでした。ゲームが落ち着いてからも、引いて閉じ籠る11人の壁に更なる苦戦を強いられました。切れ味鋭いカウンターを喰らうシーンもあって肝を冷やしましたが、ピケもマスチェラーノもテア・シュテーゲンも集中力を切らさず、またアーセナルが精度を欠いていたのにも助けられました。ゲームはジリジリとした展開へ。前半ラストプレイでのスアレスのヘッドでゴールに近づきましたが、枠へは飛ばずスコアレスで折り返し。前半は枠内シュートゼロ。まぁアウェイだしヨシとするところですが、何とかアウェイ・ゴール一つは持ち帰りたいところです。

後半は、アーセナルのテンションが少し下がったでしょうかね。余裕を持ってボールは回せていたし、ネイマールがイニエスタのスルーパスに抜け出しチェフとの一対一のシーンがありました(チェフがパーフェクトにセーブ)。しかし、アーセナルもカウンターを繰り出します。60分にジルーのヘッドがゴール左下を捉えましたが、テア・シュテーゲンが掻き出すファイン・セーブで難を逃れました。徐々にオープンな展開となるエミレーツ。そうなればルーチョ・バルサにとっては好都合だし、案の定ゴールはその11分後に訪れました。

アーセナルのクロスを弾き返し、イニエスタが左のネイマールに繋ぎ、ネイマールが少し溜めてから前のスアレスに出して、スアレスが秀逸過ぎる股抜きパスをスペースに出して走り込んできネイマールにリターン。ネイマールはそのまま縦にドリブルでエリア内に侵入しディフェンダーを引き付け中央に入ってきたメッシへラスト・パス送り、メッシはそのボールを(ダイレクトでは打たず)足裏でワン・トラップしてからクールにネットを揺らしました。

前掛かりのアーセナルのスペースを突く完璧なカウンター。

貴重なアウェイ・ゴールを手に入れあとはこのままゴールを許さずバルセロナへ戻るのみでしたが、更なる僥倖が83分に訪れました。アーセナルエリア内で溢れたボールをメッシが詰めて拾ったところで蹴り倒されペナルティをゲット。このペナルティをメッシが難なく左に沈めて2-0でバルセロナへ帰還することとなりました。

前半は枠内シュートゼロでヤキモキしながら観てましたが、後半はキッチリと結果を残してくれました。

 

メッシ

メッシ

メッシ

このゲームまで6試合チェフからゴールを奪ったことがないとゲーム前に煽られたレオ・メッシでしたが、7試合目で2ゴールを上げる結果を残してくれました。

 

スアレス

前半のラストプレイでのスアレス。

後半、メッシのゴールの後に訪れたビッグ・チャンスでは右ポストに当ててしまいましたが、やはり存在感がありました。

 

テア・シュテーゲン

ビッグ・セーブを見せてくれたテア・シュテーゲン。

キックもホント上手く、必ず引き止めなければなりませんね。

 

ネイマール

チェフにストップされたネイマールでしたが、メッシへのアシストはパーフェクト。終了間際にヘッドを沈めるチャンスがあり決めていればネクスト・ラウンド進出が決まっていたのですが・・・ね。

 

メッシ

『幸運にも今日は(ゴールを)決めることができた。でも最も重要なのは僕たちが素晴らしい試合をして、素晴らしい結果をつかんだことだ。多くのスペースがあったからね。何度か相手のラインを破ることができ、先制した後はオープンな展開になったね』

『アーセナルはハードな戦いを仕掛けてきたけれど、後半にペースダウンすることは分かっていたよ。あのようなハイテンポを維持するのは難しいからね』とコメントしてくれたレオ・メッシ。

このまま好調を維持して欲しいものです。

 

ルイス・エンリケ

『アブラカタブラ』

と唱えたルイス・エンリケ。

 

バルサ

今日は誰も交代せず93分間戦いましたが、週末のセビージャ戦は大丈夫だろうか。

まだまだ無敗記録を継続して欲しいのだけれど。

夢から醒めた夢?

シンプソン

ダニー・シンプソンの酷すぎる2枚目のイエローが、歴史的なシーズンを台無しにしたかもしれない。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、アーセナルVSレスター@エミレーツ。

攻めるガナーズと守るレスター。開始1分も経たずにレスター・ゴールを襲ったアーセナルのこのゲームに賭ける意気込みとインテンシティが伝わってきたキックオフ直後。徐々に落ち着きカウンターを見舞おうとするレスター。期待が持てる雰囲気に満ちたゲームにテンションが上がる僕。0-0の緊迫した鍔迫り合いで進む前半だったが、ヴァーディがヘッドを枠内に飛ばし最初にゴールに近づいたのはレスターだった。単に守るだけじゃないレスター。そして前半終了間際にそのヴァーディがモンレアルを誘いPKを得た。ここまでプレミア得点王のジェイミー・ヴァーディが自ら得たPKを豪快に右に蹴り込み、レスターが先制に成功した。

ふう、ハーフタイムの間の一服がとても心地よい。

そして後半が始まる。このまま終わる訳には行かないホームのアーセナル。前半以上の更なる圧力でゴールをうかがう。このまま敗れれば(僕は敗れなくても)ヴェンゲルは代えた方がよかったが、54分に運命の分かれ道、愚か者の愚か過ぎるファウルでヴェンゲルは命を拾い、ラニエリは頭を抱える(もちろんそんな素振りはなかったが)こととなった。

ここからスピード豊かなウォルコットを投入し門を抉じ開けようとするアーセナル。耐えるレスター。しかし、レスターにとって(アーセナルにとってもだが)はあまりにも多くの時間が残っていた。繰り返されるサイドチェンジと両ウイング両ラテラルの突破に疲弊するレスター。とうとう74分にベジェリンのクロスをジルーが頭で落とし、そこに飛び込んできたウォルコットがきっちりとネットを揺らし1-1となった。

まだアディショナル・タイムを入れて20分はあったし、レスターが勝ち点をロストするのは明白だった。フレッシュなプレイヤーを入れてなんとか凌ごうとするラニエリだったが、如何せん攻撃することが叶わない。ヴェンゲルは10ヶ月ぶりにカムバックしてきたウェルベックを投入し最後の攻勢を掛ける。左でアレクシス・サンチェスとモンレアルが、右でウォルコットとベジェリンが何度も何度も仕掛け、中央でジルーやラムジーがゴールを抉じ開けようとした。

そして劇的な瞬間がアディショナル・タイムの94分に訪れた。ここまで40分近く耐えるという以上に戦っていたレスター。しかし、あと1分というところまで漕ぎ着けながら最後の最後でエジルのFKをウェルベックに頭で合わされ、ゲームはアーセナルがものにすることとなった。

両チームとも2度とアトキンソンのジャッジは見たくない・・・やら、後半のガナーズの攻める姿勢は「12年ぶりの戴冠」の資格がある・・・やらとミラーオンラインに書かれていましたが、アーセナルは優勝することができるだろうか?。レスターの夢は醒めてしまったのだろうか?。一人の愚か者の2枚のイエローカードで終わってしまうのはあまりにも悲しすぎる。まだ勝ち点差は2ポイントあるのだ。

レスターのバウンス・バックを期待せずにはいられない。

 

ヴァーディ

理想的な前半だったのだけれど・・・。

 

ウォルコット

ウェルベック

Mrヴェンゲルが放った2本の矢、ウォルコットとウェルベックのゴール。

 

モンレアル

救われたモンレアル。

 

シンプソン

度し難い愚か者のダニー・シンプソン。

 

カンテ

クロード・マケレレになれる逸材のカンテは攻守に獅子奮迅。

 

レスター

まだ終わっちゃいない。

どつき合い

クロップ

クロップ

K)どうなん?、あれ。

W)・・・(苦笑)。

2015-2016・プレミアリーグ第21節、リヴァプールVSアーセナル@アンフィールド。

めっちゃオモロイ試合やった。

アタリのゲームやった。

10分のフィルミーノのゴールでどつき合いのゴングが鳴った。4分後にラムジーの同点弾。ダイアゴナルに入ってきたラムジーを捕まえきれず、ミニョレがショボすぎた(抜かれたらあかんニアをブチ抜かれた)。リバポはキーパーを替えなアカン。ハイボールの処理が致命的にヘタやし、なによりドンくさい。ミニョレのまんまやといつまでたっても安心でけへん。

でも、19分にまたフィルミーノがスゲェ一発を決めた。解説のバンドが、ボールの置き方が素晴らしいと言うとったけど、ホンマ凄い一発やった。

でもまた簡単に失点。CKからアッサリと。センターバックとキーパーがホンマあかん(サコとコロとミニョレ)。

その後にジルーのドフリーがあったけど、ボールをうまく捉えることが出来へんで助かったリバポ。前半終了間際には、三たびフィルミーノにもチャンスがあったけど、振り抜いた左足の一撃はクロスバーを掠め、枠の外へ。

『零コンマ数秒我慢できたら』ってバンドが言うてたけど、惜しいチャンスやった。

後半へ。

55分。エリア内中央でジルーが、おフランス・ターンからの綺麗な一発でアーセナルが2-3とした。正直リバポに、同点、逆転する力はあらへんと思った。実際、時間が経つにつれて疲弊し運動量が落ちた。それでも、クッロプに変わって一番変わったのが、諦めへんこと、信じること、か。

ベンテケ入れて、ロングボールから溢れ球を狙う戦術に切り換え、最後の最後でその狙いが当たった。ヴェンゲルの交代策も間違うてたけど、出来過ぎやと思う。

朝早う起きて(5時)観たかいがあったどつき合いの一戦。

ヘヴィ・メタルとクラッシックの邂逅は、両者痛み分け。リバポとしては、(先制したし)勝てた試合やったと思うけど、多すぎる怪我人のことを考えると、よお引き分けたんとちゃうかな。

クロップはやっぱええなぁ。

 

フィルミーノ

フィルミーノのコシェルニーの股を抜いての1点目。

 

ラムジー

ラムジーの1発で1-1に。

 

フィルミーノ

この日のハイライトの一つ、フィルミーノの2点目。

 

ミニョレ

やらんでええ失点で2-2に。

 

ジルー

この日のもうひとつのハイライト、オリヴィエ・ジルーの美しすぎる1発。

 

アレン

諦めない終了間際のアレンの同点弾。

 

クロップ

喜びを爆発させるクロップ。

 

エジル

ほとんど消えていた天才エジル(一度だけ凄いトラップを披露してくれた)。

 

ヴェンゲル

間違えたヴェンゲル。

 

リヴァプール

湿った雪が舞ったアンフィールドに、最後の最後まで諦めない熱気が確かに存在していた。