Bell&Rossベルト交換

Bell&Ross

昨年1月に電池交換したBell&Ross“Fusion”のベルトを、消費税が上がる前にブレスに交換してみました。

うむ、悪くない。

前のベルトはカジュアル過ぎてビジネスシーン(僕が勤めているクソな会社)ではなかなか着けるのが憚れるものでしたが、コレで社の上層部にも目を付けられることがなくなりそうです(笑)。

ベルロスでアラビア数字の文字盤(1〜11まで)の時計ってもう無いと思いますので、希少価値アリかな。

これから夏に向けて活躍させてみようかと思います。

 

Bell&Ross

&のマークがお気に入り。

スクエア型の大人気シリーズ“HERITAGE/ヘリテージ”にはないシンプルでエレガントな佇まい。

コレはコレでアリかなと思ってます。

“simple is best”

Bell&Ross

電池が切れてましたが、ようやくメンテナンスから戻ってきたBell&Rossの『Fusion』。

クォーツの弱点は電池切れ。暫く使ってませんでした。

ルックスは非常にシンプルでとても好きです。デジタル表示は日付や時間、ストップウォッチや表示しない等に切り替えが可能。そして、フランス生まれのせいかエレガントな佇まいに感じますね。写真は上手く撮れませんでしたが(色が・・・)。

『Phantom』がブレイクしたBell&Rossですが、『Fusion』も凄く良い時計でオンでもオフでも使える1本です。

明日、仕事に着けて行こうっと。