なんとも因果な職業だ

バレンシア

因果=原因と結果。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第18節、バレンシアVSレアル・マドリード@メスタージャ。

美しいBBCの崩しからのベンゼマのゴールも、ベイルの強靭なヘッドも脆い守備が全てを台無しにした。散々だったペペが2失点に絡みラファ・ベニテスはこのゲーム後に解任を告げられた。

勝っていたらどうだっただろう?。

それでも、無駄に延命しただけだろう。

遅かれ早かれ、ベニテスは職を解かれていただろう。ハメスやイスコを冷遇する采配。守備的布陣や戦い方を非難され、攻撃的布陣で臨むとペレスの言いなりとまた非難される。アンチェロッティのようにロッカールームをマネジメント出来ず、モウリーニョのようにピッチもマネジメント出来なかった。

バルサ相手では借りてきた猫、ラージョ相手に10度ネットを揺らしても弱いものイジメ(相手は9人だった)。ラストゲームが古巣のメスタージャという皮肉に何かしら悪意のようなものも感じたが、こうなるのが遅すぎたかもしれない。

 

ベニテス

致し方あるまい。フットボールに求められる大部分が、結果なのだから。ラファ・ベニテスは、18節を終えて11勝4分3敗、勝ち点37の3位でリーガにアディオスとなった。

 

ジダン

後任はジネディーヌ・ジダン。

世界一だったエレガントなプレイスタイル同様に、マドリーをエレガントに復活させることができるだろうか(死んだままでイイのだけれど)。

『クラブに全身全霊を捧げる』と述べたが、それだけでは半年後にはジョゼに取って替わられるだろう。

全てのマネージャーは消耗品なのだから・・・。

Adios! Rafa‼︎

ベニテス

ネイマール

最高だ。素晴らしい日曜日となった。

ベニテス更迭チャントが木霊したベルナベウ。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第12節、レアル・マドリードVSバルセロナ@サンティアゴ・ベルナベウ。

昨シーズンのチャンピオンズ・セミファイナル、ミュンヘンとのファースト・レグ以上の内容にテンションは最高潮に達した。スアレスとネイマールの決定力。エレガントに切れまくっていたドン・アンドレス。絶妙なポジショニングと運動量、ドルブル突破からのアシストが最高だったセルジ・ロベルト。一度だけボールを奪われかけたが安定していたブスケツ。何故かペナルティ・エリア手前中央にいてスアレスにワンタッチ・アシストを決めたジョルディ・アルバ。鬼神の如くシュートを弾き返したブラヴォ。マスチェラーノが負傷退場したが、アウヴェス以外はほぼ完璧だった。

開始5分を過ぎたあたりから徐々にエンジンが掛かり、ネイマールがシュートを放つ。マドリーのプレスが弱く連動性も欠いていて、11分の先制点で完全にペースを掴んだ。

 

セルジ・ロベルト

スアレス

スアレス

センターサークルを過ぎてセルジ・ロベルトがドリブルでマークを引き剥がし、ペナルティ・エリア手前で右に開いたスアレスに絶妙なスルーパスを通し、スアレスは得意の右アウトに掛けてゴール左に蹴り込んだ。

違いを見せ付けた決定力。怯えた白い巨人相手に難なくロンドを披露したバルサ。余裕が有り過ぎてかえって心配になったが、マドリーはほとんど効果的な攻撃がなかった。

 

ネイマール

ネイマール

ただ1点ではどうなるか分からない。

そして、39分に次の歓喜が訪れた。キレキレのイニエスタからのパスを絶妙にオフサイドラインを掻い潜り抜け出したネイマールがナバスの左脇を抜いて2-0とした。

マドリーの酷すぎた最終ラインのデキにも助けられたが、決め切るのが世界最高峰のS&N。ポゼッションもアテンプトもショットオンターゲットも圧倒した前半だった。

 

イニエスタ

イニエスタ

流石に、後半開始からはマドリーが攻勢を掛けてきた。アウヴェスがマルセロに突破を許して決定機を作られたが、マルセロのシュートは枠を外れ胸を撫で下ろす。勢い付くマドリー。しかし、次のゴールはバルサらしいパス交換から生まれた。ペナルティ・エリア中央手前でイニエスタからボールを受けたネイマールが秀逸過ぎるヒールで右のスペースに出し、走り込んできたイニエスタが無慈悲すぎるゴラッソをゴール右隅上に叩きこんだ。美しく強烈な一撃でマドリーを文字どおり殺した。

 

スアレス

スアレス

仕上げはまたもスアレス。74分。途中出場のメッシが起点となって、何故かセンターフォワードの位置に居たジョルディ・アルバに楔を入れて、アルバがダイレクトでスペースに叩いたボールから抜け出したゴルドがナバスとの一対一を難なく制しベルナベウを黙らせた。素晴らしい。美しい。この後マニータのチャンスが数度あったがムニルが全て外し、ピケが激怒(笑)。世界一のシックス・ポインターは、コレクティブでソリッド、エレガントでシャープだったバルサが圧倒し幕が下りた。

 

メッシ

おかえりなさい。

やはりレオ・メッシが入ると何かが起こりそうになる。得点のチャンスもあった。

 

セルジ・ロベルト

セルジ・ロベルト

堂々とプレイし結果を残した今日のロベルトくん。

またまた一度エリア内中央でのシュートシーンで大きく吹かしてしまったが、完璧だったと思う。

まぁしかし、落ち着け(笑)。

6億人のうちの最低1億人は満足したであろう今シーズン最初の『エル・クラシコ』。ポジティブな三連休を過ごすことが出来そうだ。

ディフェンスマインドが鼻につくんだよなぁ

ベニテス

ベニテス。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループA第3節、パリ・サンジェルマンVSレアル・マドリード@パルク・デ・フランス。

ベンゼマもベイルもハメスもモドリッチ(途中出場はしましたが)も居ないからか、居ないからなのか?。

惜しいシーン(ポストを叩く)はありましたが、世界一なんだからもっと攻めてもらいたいものです。このゲームのパリのデキなら勝ち点3を持って帰ることは十分に出来たと思うんですが・・・。マドリニスタたちはコレでホントにイイのでしょうか。

守備が安定している?、まぁそうだけど。ボールを持たせてカウンター?、モウリーニョ時代に逆戻りじゃん。

敵のことをとやかく言う必要はないんだけどね。

『今夜のチームのプレーには納得している。この数日でやってきたとおりだった。選手たちの素晴らしい仕事ぶりを喜んでいる。我々の方が多くのチャンスをつくり、試合のかなりの部分をコントロールしたね。PSGよりもプッシュした。いなかった選手のことも考えれば、私はとても満足だ』

タイトルを取っても解任じゃね?。眠いし退屈だし・・・。

 

ディ・マリア

古巣相手に遠慮?。

ディ・マリアは全くダメでしたね。

 

イブラヒモビッチ

ズラタン王もラモスに頭突きをかましただけでした(苦笑)。

 

ロナウド

ベンゼマがいないとダメなの?。

CR7もゴールレス。

グループAの頂上決戦はスコアレス・ドロー。それを観終えて慌てて出勤する羽目となりました(泣)。

う〜〜ん・・・。セルタに負けてしまえばイイのに。