総括

マラカナン・スタジアム

ブラジル

2014・ブラジル・ワールドカップはドイツの4度目の優勝で幕を閉じた。

美しい繋ぎと縦への速い攻め。ミュンヘンとドルトムントをミックスさせたようなフットボールで、一つの壁となっていたセミファイナルをブラジル相手に7-1という歴史的大勝利で突破を果たし、ファイナルはもう一つの南米の雄、メッシ擁するアルゼンチンをアディショナル・タイムにゲッツェのボレーで沈め、アメリカ大陸で初めてヨーロッパの国がタイトルを獲得するという歴史を作った。

ブラジル対クロアチアで幕が上がった今大会。

開幕戦は退屈なゲームが多いが両チーム合わせて4発(ブラジルが3-1で勝利したのだけれど)という結果に、今大会の未来が表れていたのかもしれない。グループ・ステージ各組で熱戦、激戦が繰り広げられたと思う。引き分けが極端に少なく(48ゲーム中9ゲームのみ)、とかく守備的に成りがちなワールドカップにおいて、ゴールがたくさん生まれ、列強と言われる国を相手にダークホース、アウトサイダーが、怖れず怯まず果敢にゴールを狙いに行った。

チリ、コロンビア、メキシコ、アメリカ、ベルギー、スイス、ガーナ、コスタリカ。惨めだった日本代表に心を痛めたのを除けば、これほど楽しいワールドカップは初めてかもしれない。グループ・ステージは本当に楽しかった。スペイン、イングランド、イタリア、ポルトガルに失望した方も多かった(僕もその一人だが)と思うが、アップセット、ジャイアント・キリングもフットボールの醍醐味だ。予定調和だけではつまらない。さすがにクォーター・ファイナルからはPK戦も多くなり、列強同士の息詰る鍔迫り合いはいつものワールドカップだったが、それでもエキサイティングに違いなかった。

物忘れが多くなった41歳の僕だが、今大会は長く記憶に留まるだろう。

戦術的に新しい“何か”があった訳ではないが、ファイブバック(スリーバック)でまずは守備を構築し、カウンターからネット揺らす(オランダがスペインを5-1で沈めた一戦は白眉だった)戦術が多く見られた。

フォーメーション論議に意味はないが、スペクタクルだったバルサをベースとしたスペインのパス・フットボールをどう攻略するかがポイントだった4年間。引いて守る相手をどう崩すかという永遠のテーマに対する明確なアンサーはには至らなかったが、セミ・ファイナルに進出したブラジルはネイマール、アルゼンチンはメッシという“個”の力に賭けて、オランダはロッベンとファン・ペルシーにボールを集め、トーナメントを登って行った。

引いて守る相手とカウンター。スペースがなければカウンターは見舞えない。大いなる矛盾が立ちはだかる現実に対して、スペインは間違え、ドイツが一つの答えを出した。

若手とベテランが上手くミックスしたドイツは、優勝候補筆頭のままロシア大会を迎えるだろう。しかし、フットボールの世界での4年間はパラダイムシフトには充分過ぎる時間だ。新しい“何か”とそれに伴う素晴らしいチームが4年の間に生まれる事を望んで止まない。我らが日本代表のバウンスバックにも期して、4年後を待ちたいと思う。

矛と盾が噛み合えばスペクタクル、矛と矛の真っ向勝負は最高にゴキゲンだ。改めて、ワールドカップを好きにさせてくれた1ヶ月に、全てのフトッボーラーに感謝したいと思う。

そして最後に・・・。

南米の大会は南米が優勝(アルゼンチン)と安易に予想した自分、猛省を促そうと思う。

ブラジル・ワールドカップ、大会バッドイレブン

ベストゴール3選、大会ベストイレブンに続いて最後は、個人的海外残念選手備忘録。

ワーストイレブンとしたいところでしたが、ここに記録する以上に酷いプレイヤーが数多く居るであろう事実は拭い去れず(特に日本含めアジア勢。故に日本勢等は含めませんでした)、(期待はずれ、残念、不運等の意味も込めて)バッドイレブンとしました。

では、コチラはFWから行ってみましょう。

 

スアレス

ルイス・スアレス(ウルグアイ/リヴァプール→バルセロナ)。

もうね、何なんでしょうね。

イタリア戦でキエッリーニに自身三度目の噛み付き行為を敢行したスアレスは、ワーストと言っても過言ではありません。幼少期の“何か”がそうさせて、また必ずヤル的な精神鑑定を勝手にされてましたが、ホント何処かオカシイのかもしれません。

そんな噛み付き王を、法外なプライス(8,100万ユーロ)で獲得したバルサも病気かもしれませんが・・・。遅々として進まないセントラルの補強は・・・ってバルサの愚痴は別でしましょう。

 

フレッジ

フレッジ(ブラジル/フルミネセン)。

本名が面倒くさい、とても残念なFW。

クロアチア戦での大袈裟喜劇アピール(西村さんがホント馬鹿だった)から、倒れることしか能が無いセレソン史上最も駄目なFW(っと言ったら言い過ぎかな)。ネイマールの替わりに汚れ仕事をしていたんだろうけど・・・。どうでもいいカメルーン戦でのゴールが、個人的にカンに障りました。

 

ロナウド

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)。

初戦のドイツにスペースを消され、自身も消えてしまい、結局は5失点で大会からも消えてしまったCR7。チャンピオンズリーグはファイナルまで戦い、加えて怪我もあってコンディションも良くなかったのかもしれません。

でも、これだったらズラタン王が観たかったですね。残念過ぎました。

続いてはMF。

 

ジェラード

ジェラード&スアレス

スティーブン・ジェラード(イングランド/リヴァプール)。

ウルグアイ戦で、スアレスの決勝ゴールをアシストしてしまう、まさにハードラック。リヴァプールでの致命的なスリップ(コチラ)といい、呪われているとしか思えません。ルーニーのワールドカップ初ゴールを祝うことなくグループ・ステージでのゴーホームに、キャプテンの責任は小さくありません。代表はコレで引退かな。

 

ソング

アレクサンドル・ソング(カメルーン/バルセロナ)

何故?。

後ろから追い掛けて振り下ろす常軌を逸したエルボーは、もちろん1発退場。スアレスと共に、メンタルコントロール、カウンセリングが必要です・・・ってどっちもバルサじゃん(泣)。母国のゴタゴタに自身のイライラ。カメルーンはいつからお騒がせ大国となってしまったのでしょうか。

それにしても酷かった。

 

ブスケツ

セルジ・ブスケツ(スペイン/バルセロナ)。

またバルサ。

好守に全く精彩を欠いていた(消えていたといった方が正しいか)ブスケツ。ゴールに流し込むだけだったチリ戦が忘れられずノミネート。いつもの小憎たらしいボール裁きも陰を潜め、チームと共に沈んでしまった無敵艦隊のアンカーは、モデルチェンジを果たすであろう来たるシーズンのバルサで復活できるだろうか。

心配です。

続いてDF。

 

アウヴェス

ダニエウ・アウヴェス(ブラジル/バルセロナ)。

 

ペペ

ペペ(ポルトガル/レアル・マドリード)。

 

ピケ

ジェラール・ピケ(スペイン/バルセロナ)。

 

スニガ

ファン・スニガ(コロンビア/ナポリ)。

アウヴェスはノックアウト・ラウンドのチリ戦以降(好守にキレがなく老体のマイコンにポジションを奪われる)、ピケはグループ・ステージ第2戦のチリ戦から外されてしまいました。バルサ・・・、勝てない訳だ。

そしてペペ、ホント病気です。不必要な威嚇行為で1発レッド。スニガは、ネイマールへのこの飛び膝で命の危険に・・・。ただただ無事にシーズンを迎えることを祈るばかりです。

スアレス、ソング、ペペが度し難い、愚か者トップ・スリーでしたね。

そして、最後はゴール・キーパー。

 

カシージャス

イケル・カシージャス(スペイン/レアル・マドリード)。

どうしちゃったんだろう。

4年前にシャットアウトしたオランダ(ロッベン)に5発沈められて、どうしようもなくなりました。苦手と言われるハイボール処理でのミスやスリップ。ノイアーに、世界一のガーディアンの座を自ら譲ってしまうこととなりました。

こちらもデ・ヘアと世代交代、引退でしょうか。

以上、バッドイレブンでした。

図らずもフレッジを除いて、欧州トップリーグのリーガとプレミアとセリエAのプレイヤー。特に贔屓のバルサは・・・。リフレッシュして奮起を期待するのみですね。

Wonderful flipbook

コレはイイ。

ブラジル・ワールドカップでのベスト・ゴールをパラパラ漫画で表現した動画が秀逸過ぎます。

ケイヒルのボレーからハメス・ロドリゲスのゴラッソを経てファン・ペルシーのダイビング・ループヘッド。ブリントのロング・クロスから正確に再現していますね。

バックの音楽とアナウンサーの絶叫もそのまま被せてナイスです。最後はラームがカップを掲げ、大満足。

コレ作った人・・・凄いなぁ〜。

 

ゴール後のファン・ハールとのタッチシーンVerもありました。

 

flipbook

クリエイターさんか何かなのかな?。

それにしても、イイですね。