落ち着こうゼ、兄弟

ハメス&ネイマール

因縁のリマッチでしたが・・・。

2015・コパ・アメリカ、グループC第2節、ブラジルVSコロンビア@スタディオ・モヌメンタル・ダヴィド・アレラノ。

なかなか風邪が完治しないなか観ましたが、ネイマールがやってくれました(途方もなく悪い意味で)。コロンビアに先制されて、なかなかゴールが奪えず、主審のクソなジャッジにフラストレーションが溜まりまくるセレソンのNo10。結局ゴールすることが出来ず、事件は(0-1で敗れた)ゲーム終了後に訪れました。

 

ネイマール

ネイマール

お見事(笑)。

笑っちゃいけませんが、コロンビアのDFアルメロのリアクションがジワジワ来ます。(いけませんが)当たったのがスニガだったらホント凄かったんだけど。

 

ネイマール

(ゲーム中にイエローを貰ってましたが)もちろん1発レッド。

怒り狂ったセビージャのバッカもレッドで両成敗でしたが、このゲームの主審は確かにクソでした。

『試合中ずっとストレスを感じていた。僕は試合に負けるのが嫌いだし、プレーで負けるのが嫌いだ。でも、下手くそなレフェリーのせいでストレスを感じていたんだ。彼は愚かにも僕に警告を出して、出場停止に追いやった。泣きたいくらいだ』

何試合出場停止なのかな(泣)。

『ハードで難しい試合だった。簡単な試合なんてないんだ。僕らは同点にするチャンスをつくったけど、今日は正しい形にできなかった』

『僕らはアウェーでプレーしているんだ。それは常に難しいことなんだよ。コパ・アメリカなんだ。目標達成のために最後まで戦わなければいけない。難しいしハードだけど、僕らは続けなければいけないんだ。困難を乗り越えなければいけない』

『どうしてネイマールがナーバスだったのかは分からない。主審も咎められるべきだ。(ネイマールへの)イエローカードも間違っていた。彼らは、自分たちが主役だと考えるのをやめるべきだ。彼らは、レフェリングのためにいるんだ。ブラジルの試合ではいつもこうだ』

とダニ・アウヴェスは語りましたが、(アルゼンチンもそうだけど)点が取れないのは深刻ですね。

ネイマール抜きで真価が問われるセレソン。決勝トーナメントには進むだろうけど、アルゼンチンとのファイナルは無いかなぁ(泣)。

広告

清々しい

ネイマール

ネイマール

台風一過の夜に相応しい、清々しいかつまたいつもの通りの負けっぷりだった。

ネイマールに4発沈められ、為す術なく完敗。

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、ブラジルVS日本@シンガポール・スタジアム。

何もかもが中途半端。

全てのスキルがプア。

『自分たちもある程度、引いてサッカーをするように、自分たちで話をしていて、入って来たところを潰すっていうやり方をやりました。うまくはまったところもありますし、取った後、良い攻撃ができていた前半もあった』とゲーム後に岡崎くんは語ってくれましたが、それにしてはライン設定が高過ぎた。簡単にスルーパスを通されダイアゴナルに入ってきたネイマールがクールにネットを揺らした。

このレヴェルで先に失点していては、絶対に勝てない。

アギーレに『ワールドクラス』と称された柴崎くんはほぼ何も出来ず (何かをしようとはしていたが)、後半開始早々には中盤でイージーにボールを失って2失点目の起点となった。

『2失点目で崩れた』と語った指揮官。

そこからは、セレソンのボール遊びに付き合わされる屈辱。とうの昔に旬の過ぎたカカやロビーニョにいいようにヤラれていては世界では勝ち上がれない。

『日本はチームで戦わないといけないんですけど、チームとして、今の戦い方でやるなら、もっと徹底的にやらないといけない。突きつめないといけないところはいっぱいあると思います』と岡崎くんが言っていた通り、ホント中途半端だった。

スペースが欲しいネイマールに、あれだけ広大なスペースを与える余裕は日本には無い。モウのオヤジなら『愚か』と断罪したことだろう。

『我々は親善試合をアジアカップのメンバー選考のために使っている。相手がブラジルでもそうだ』と語ったアギーレ。ジャマイカ戦から大きくスタメンを変更して、このゲームで使える使えないプレイヤーは分かったのだろうか。

柴崎くんや武藤くんは世界レヴェルを知った良い機会となった。

岡崎くんは、ドイツで揉まれ既に世界基準を知っている。この試合でも、センターフォワードとして充分にボールを収め、後半にはバーに当てた1発も放ってセレソン相手でもヤレることを示した。

柴崎くんと武藤くん2人には世界に出てもらいたい。Jリーグでは、このレヴェルのディフェンスは居ないだろうから・・・。

川島くんはもう駄目だ(3点目に繋がるミドルシュートの処理が致命的に拙いし、キックは途方に暮れるレヴェル)。小林くんも厳しい。田中くんや森岡くん・・・、インパクト残せなかった。

攻めて散り、引いて散る。

日本代表の現在地は、4年経っても変わらない(というか20年変わっていない)。しかし、フレンドリー・マッチとはいえ、清々しい敗戦はこのあたりでいい加減勘弁してもらいたい。暗中模索から抜け出し結果を出してもらいたい。

次は11月。

どうなるだろうかね。

 

柴崎くん&ネイマール

柴崎くん&ネイマール

柴崎くん

同じ22歳の現在地。

柴崎くんには是非とも海を渡ってもらいたい。

 

ネイマール

ネイマール

遊んで4発のネイマール。

バスケットボールのシュート・パフォーマンスでセレブレーション、とほほ(泣)。

 

ネイマール

『クラシコ』も頼みますよ〜。

悲劇的な瓦解、ミネイロンの惨劇

ブラジル

2014・ブラジルワールドカップ・セミファイナル、ブラジルVSドイツ@エスタディオ・ゴベルナドール・マガリャンイス・ピント。

最終スコアは1-7。

NHKのアナウンサーは惨劇と伝えたが、ここまでのスコアになってしまう要因は一体なんだったんだろう。キックオフから前への推進力は見せてゴールを奪いに行ったが、揺るがないドイツは慌てない。

そして、11分。ドイツのゴールラッシュが始まった。

最初の得点はセットプレイからだった。右コーナーキックから、ニアサイドに人が集まったところで、ファーサイドに何故かフリーでいたミュラーがインステップで蹴り込み、この“惨劇”の幕を上がった。

まだ1点だ。慌てる必要はなかったが何かおかしいブラジル。チアゴ・シウバの不在はやはり大きかったのかもしれない。マルセロとマイコンが上がったサイドのスペースから崩されるシーンが増えて、23分から一気に瓦解した。

クローゼにワールドカップ通算得点記録のトップに立つ(16ゴール目)ゴールを蹴り込まれると、24分にはクロースのゴラッソ、その2分後にもクロースがケディラとのパス交換でゴールにパスを流し込まれ、この日絶好調だったケディラにもゴールにパスされ、あっという間に5失点。

前半30分も経たないうちに5失点してはどうしようもない。

前線でボールが収まらず、中盤やサイドでボール失ってショートカウンターを喰らう悪循環。前への気持ちだけが先走り全くバランスを欠いていた。

老獪だったドイツと搦め捕られたブラジル。ブラジルは攻めさせられて、攻めたい時に攻めたドイツが(後半はシュールレが2発沈め)難なくゲームを締めた(オスカルが終了間際に決めたが何の意味もない)。

好守の要の10番と3番不在の穴を埋められず、ゴールを奪えずブーイングを浴び続けた9番。“マラカナンの悲劇”から64年。母国開催で捲土重来を期したセレソンの挑戦は、“ミネイロンの惨劇”として、新たな忌まわしい歴史として語り継がれることとなってしまった。

 

ミュラー

ダビド・ルイスがマークを外してしまった?1失点目。

 

クローゼ

エリア内を切り裂かれ、ジュリオ・セザールが1度は止めたが溢れたところを押し込まれた2失点目。

 

クロース

ラームの折り返しを中央のミュラーは蹴り損なったが、外に居たクロースに豪快に左足で蹴り込まれた3失点目。

 

クロース

ケディラ

ゴールにパスされた4失点目と5失点目。

 

シュールレ

シュールレ

シュールレに連続ゴールを許した6、7失点目。

 

スコアボード

エジル&ルイス

いいようにヤラれ過ぎた、無念のダビド・ルイス。胸中は如何ほどだろうか。

 

ルイス&シウバ

一人では・・・。

チアゴ・シウバが出ていれば状況は変わっただろうか。

 

ネイマール

ネイマールはこの試合をどう観ただろうか。

 

ブラジル

セレソンの戦いは無惨に終わりを告げた。

若き2人の10番の夏が終わった

ハメス・ロドリゲス

ネイマール

ホロ苦くも美しい敗北と、チームが取ったアグレッシブさが招いた受ける必要のないファウルとともに。

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト8、ブラジルVSコロンビア@カステロン・スタジアム。

22歳と同じ年齢で、早くから将来を嘱望された至宝と今大会ブレイクした金の卵、プレイスタイルは違うが、同じNo10と母国の期待と夢を背負う若者の対決が注目された一戦は、敗者も勝者もワールドカップを去ることとなってしまった何とも言えないゲームとなった。

勝てると信じて疑わなかったコロンビア。どんな内容でも畢竟するに勝てば良いブラジル。

ナイーブだったと言わざるを得ない、前半早々のコーナーキックからの失点が痛すぎたコロンビア。どんどんファウル覚悟(意図していたと思う)でゲームの流れを止めて、何がなんでも勝ちに行くブラジル。

結果、ブラジルは『君の振る舞いは、リーダーとして問題があるのではないか』と責められた、泣き虫キャプテンと恐ろしいブレ球を豪快に蹴り込んだダビド・ルイスの両セントラルのゴールのリードを守り、辛くも何とか逃げ切った。

ハメス・ロドリゲスは、ブラジルに削られながらも美しい一瞬の煌めきを存分に見せて、“本物”という爪痕を残し大会を去る。

ネイマールは、腰椎骨折(それほど激しい接触には思えなかったが)という事態に見舞われ、残りのゲームの出場は叶わなくなった。

ゲームを観終えたあと、僕は何とも言えない気分に見舞われた。

“戦争”とも比喩される代表戦、それも最高峰のワールドカップならではの結果に、世界中のニュートラルなフットボール・ラバーはどう思っただろう?。美しいゲームを披露していたコロンビアを、もっと観たいと思ったのは僕だけではないハズだ。しかし、ピッチに、ブラジルに、センチメンタリズムは存在しない。

オンリー・ウィン、マスト・ウィン。

カナリア軍団は、結果のみを追い求め、ドイツとの決戦のチケットを手に入れた。このゲームで、エースが離脱しキャプテンはサスペンデットになる代償を払った。汗を掻き、土に塗れながらも行軍するホスト・カントリー。

ワールドカップの凄まじい一面を、王国ブラジルならではの厳し過ぎる現実を痛感させられ、また若い両クラックをもう観ることが出来ないのだと、時間が経って改めて寂しく思うこととなった。

これもフットボールだと言わざるを得ないのかもしれない。

 

チアゴ・シウバ

チアゴ・シウバ

チアゴ・シウバの横のディフェンダーが痛すぎるボール・ウォッチャーとなってしまったコロンビア。

これで歯車が狂ってしまった。

 

ダビド・ルイス

ダビド・ルイス

強烈なゴラッソを沈めたダビド・ルイス。

このフリーキックとなったファウルはファウルで無かったけれど・・・。2本のセットプレイでの失点は予想外だったであろうコロンビア。

マラドーナや多くの識者が、『このゲームの主審は最低だった』的なことを述べているが、やはり何の慰めにもならない。

 

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

フェルナンジーニョに削られまくりだったハメス・ロドリゲス。

しかし、自身のスルーパスから得たペナルティを沈め、今大会5試合全てでゴールを上げた。あと5分、時間があれば追い付いていたかもしれない。フットボールにイフは無いのだけれども・・・。

素晴らしいパフォーマンスで、今大会を盛り上げてくれた若者に惜しみない拍手を贈りたいと思う。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール・ハニー

ネイマールの夏も終わった。

昨年のコンフェデのような、ネイマールの大会とはならず残念だが、早く回復してバルサに戻ってきてもらいたいと切に願う。

そして、アルゼンチン・メッシがいよいよキックオフ。ホント、寝不足だ。

クォーターファイナル決まる(とびきりの美人サポーターと共に)

ブラジルサポ

コロンビアサポ

ブラジルVSコロンビア

ブラジルの至宝対超新星。No10と母国の思いを背負う若き22歳のクラック対決。『マドリーが好きだ』と言ったハメス・ロドリゲスとバルサのネイマール。ここまであまり良いとは言えないながらも、勝ち上がってきたセレソン。母国大会でこんなところで負けることは許されません。

プレッシャーを撥ね除けた者だけに栄冠が。チリ戦でのネイマールの涙が気になりますが、栄冠はどちらの若者に?。

少しだけコロンビアが勝つような気もしています。トホホ・・・。

 

オランダサポ

コスタリカサポ

オランダVSコスタリカ

ポゼッションの母国オランダが超絶カウンターでここまで勝ち上がってきました。しかし引いて守る相手に弱いオランダ、苦戦必至。今大会キレキレのロッベン次第でしょうか。

それにしてもコスタリカの美人サポ、イイですね(笑)。ジャイアント・キリングに美人サポ。ブラジルはコスタリカの大会でもありました。ブラジル発のフェアリーテイルは、まだこの先へと続くのでしょうか?。

返す返すも、大会の直前のテストマッチでコスタリカに3-1で勝利していた我らが日本。ホント、やれやれです(泣)。

 

サラ

フランスサポ

ドイツVSフランス

こちらは欧州老舗対決。美人サポでお馴染みのサラが毎度応援するドイツ(シュバインシュタイガーをだろうけど)、一致団結した退屈なレ・ブルー、手強いかもしれません(全く観てませんが)。決戦当日、スタジアムの一区画は一流のモデルさん達でカラフルに彩られることとなるでしょう。

『ドイツはやはりドイツだった』

僕はドイツが勝つシーンしか思い浮かびません。

 

アルゼンチンサポ

ベルギーサポ

アルゼンチンVSベルギー

メッシがまた最後に仕事を果たすのか。はたまた、プレミア・ベルギーが新しい時代の扉を開くのか。

メッシとアザール、チームをネクストラウンドへ導くのは果たしてどちら?。ベルギーのゲームをほとんど観ておりません(アフロがヘッドを決めたゲームだけ観ました)が、今大会のアルゼンチンなら勝つことも可能でしょうね。それでも僕は、アルゼンチンにベットしたままです。

順当なベスト16の結果となった今大会。次のこのステージでは番狂わせがあるでしょうか?。ブラジル、オランダ、ドイツ、アルゼンチンとなればツマラナイ?。でもそうなる可能性が高いですよね。

いよいよ大詰めの@ブラジル、全てライブ視聴し歴史の一部を目撃したいと思います。

 

メキシコサポ

美人サポ備忘録番外編。

メキシコ、惜しかったですね。コスタリカサポとこの可愛いメキシコサポがブラジルの地でひと際輝いた大会前半。後半はどうなる?。しかし、美人サポで、プレイヤーの彼女は駄目ですよね。

おしまい。

ハワード・ウェブと誤審と心配なセレソン

ウェブ

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト16、ブラジルVSチリ@スタディオ・ゴベルナドール・マガリャンイス・ピント。

今でも忘れられない、ワールドカップ・サウスアフリカ大会のファイナル、スペインVSオランダのジャッジをしたハワード・ウェブ。結構な誤審やロッベンの単騎ドリブルを意図的に悪質なファウルで止めようとしたプジョルに対してイエロー・カードしか提示しなかったこのスキンヘッドのプレミア・レフェリーが、このゲームを捌くことに僕は少なからず不安を抱いていた。彼の地で彼はまた致命的なミスを犯すのではないかと。ホスト・カントリーでの失敗はかなり危険だから。

ゲームはホイッスル後から激しい当たりが展開された。チリの前へのアタックにピッチのあちこちで転げるカナリア軍団。そして微妙なシーンが10分を過ぎて訪れた。

ネイマールとのパス交換でフッキがエリア内で倒れたのだ。見ようによってはペナルティ(しかしペナルティではない)。しかし、ハワード・ウェブは微動だにせず、最初の難関を突破した。このあたりは流石と言わざるを得ない。開幕戦でレフェリングした西村さんとの違いに(良いか悪いかはべつだが)僕は安堵した。開幕戦でのジャッジが基準となるなら吹かれてもおかしくなかったと思うが、プレミア基準はいい意味でひと味違う。

ゲームは、チリの魂のディフェンスがセレソンの黄色い弾丸を防ぎ、熱い熱いゲームとなって観る者を飽きさせなかった。

しかし、徐々に押し込まれるチリ。まぁ仕方ない。相手は世界のトップ・オブ・トップでホストカントリーなのだから。数多くのコーナーキックを得たブラジルはそのうちの一つをモノにし、リードを奪う。しかし、チリもセレソンの一瞬の隙(スローインからのミスを見逃さなかった)を付いてダイレクトパスを受けたアレクシス・サンチェスがエリア内右に侵入しゴール左隅に流し込んで1-1とした。

前半は本当に面白かった。ここまでのベスト・バウトと言っても過言ではないスリリングなゲーム展開に、後半も期待が高まっていった。そして、また訪れた誤審。やはり人間のすることだ。致し方あるまい。

55分。ロングフィードをエリアで前を向いて受けたフッキ。右胸あたりでトラップしボールを不格好ではあるがゴール右隅に流し込み後半早々にセレソンがリード・・・と思いきや今度はそれがハンドと見なされゴールは取り消されたのだ。

微妙ではあった。スローで観るとハンドでは無かったが、またもや誤審が生まれてしまったのだ。セレソンサポーターの怒りは尋常ではなかっただろう。その後はブラジル寄りにホイッスルが吹かれていたように錯覚を覚えてしまい、徐々に足が止まっていく両チーム(凄まじい炎天下では致し方ないが)。その中でもブラジルに二度、チリにも二度ほど決定機が訪れたがネットを揺らすことは叶わず(特にチリは本当に惜しかった)エクストララウンドへと進んでいった。

もはや両者に走れ攻めろと言っても、太陽が西から昇ることがないように効果的なソレは不可能なことだった。それでも終了間際にチリがバーを叩くシュートシーンを演出し、ブラジルサポーターの何人か心臓が止まったことだろう。

フットボール・ロシアン・ルーレット。

後攻めのチリが連続で失敗し、ブラジルもウィリアンがストップされ、この試合何かとキーとなったフッキも失敗し手に汗濁る残酷な展開も、最後はチリがポストに当ててしまいジ・エンド。

セレソンが辛くもネクスト・ラウンドに進み、勇敢に戦った偉大なチリがブラジルの地を去ることとなった。

ウィン・オア・ゴーホームの1発勝負はやはり面白い。

ハワード・ウェブのジャッジは後半に失敗したが、ゲームを熱くする無駄なカードを出さなかった点は褒められると言っていいだろう。戦犯になりかけたフッキも胸を撫で下ろし、セレソンは次なるハードルへと1歩進んだ。

 

フッキ

ハンドじゃなかったよな。

1ゴール損したが、勝ててよかった。

 

セレソン

死闘。

 

セレソン

勝利が確定した瞬間のセレソン。

チアゴ・シウバとネイマールの涙が物語っていました。

 

アレクシス・サンチェス

アレクシス・サンチェス

この日もキレキレだったアレクシス。

同点ゴールは見事でしたがね・・・。

 

バルサの僚友

バルサ&バルサ&バルサ。

『苦しかった。それが本音だ。勝ちたいという気持ちは自分のサッカー人生の中で一番大きかった。すべてを出し切ったよ。いまはただ休みたい 』

『母国のファンの前で負けてしまうのではという恐怖はなかった。勝ちたいという気持ちがその恐怖を打ち消した。あの涙は勝てた喜びからだよ』とゲーム後に語ったネイマール。

負傷の報道も出てましたので心配(セレソンのゲーム内容も含め)ですね。そして、次は超新星ハメス・ロドリゲス率いるコロンビア。こちらも凄い試合になることを期待したいと思います。

 

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

今大会一のスーパー・ボレーを沈めたハメス・ロドリゲス。

ブラジルをも飲み込めばハメスの大会となるかもしれません。しかし、ヤバイ1発だったなぁ〜。

まもなくオランダVSメキシコです。また寝不足だ。

センセーショナルに開幕

ネイマール

途方もなく悪い意味で。

2014・ブラジルワールドカップ・開幕戦(グループA・第1戦)、ブラジルVSクロアチア@アレーナ・コリンチャス・スタジアム。

色々記しておいきたいことがあった開幕戦。

ただこれだけは言いたい。

この記念すべき開幕戦のレフェリングを任された主審が日本人であることに僕は少なからず喜びを感じていたが、目を覆いたくなるような一つのジャッジに、幾ばくの寂しさを覚えることとなった。

69分。

エリア内で接触(確かにクロアチアのロブレンの手がフレッジに掛かっていたが)があり、喜劇役者のように大袈裟にフレッジが倒れ、西村氏は迷わずペネルティスポットを指差した。

僕は、思わず首を振ってしまった。途方もない失望感とともに。色々な議論はあるだろう。厳密に言えばペナルティなのかもしれない。しかし、あのシーンではプレミアでもリーガでもチャンピオンズリーグでも倒れたフレッジにイエローカードが提示されたはずだ。アウェイチームであれば恐ろしいブーイングがスタジアムに木霊したはずだ。

日本人はフットボールを知らない。南米や英国、イタリアなら街を歩くことが出来なくなる程のジャッジだったと思う。

結局、ホストカントリーであるブラジルがその後にカウンターからオスカルが止めを刺して3-1で開幕戦をものにした。

このゲームでのレフェリングが今大会の一つの基準になるのなら、マリーシアが散見されることとなる、あるいはピッチを大袈裟に見苦しく転げ回るシーンに数多く出会うこととなるだろう。

残念だ。

ある元レフェリーは、『フレッジはインザーギのように倒れた。彼はボディコンタクトを待っていたね。こういった間違いは、このような試合に慣れているレフェリーなら起こらない。コンスタントにチャンピオンズリーグのようなゲームをさばくと、もっとうまくこういった状況を見極めることができる』と語り、また別のレフェリーは、

『残念で仕方がない。フットボールを愛する一人の人間として心が痛む。ブラジルが勝利に値しなかったとは言わないが。この開幕戦という大事な試合で、あのPKはダメだ』と語った。

一方で『PKに関しては、彼にはあれを取る権利があった。ルールは明確であり、規則通りに与えられたPKだ。エリア内で相手のボールキープを妨害すれば、接触が激しかろうと軽かろうとPKを取ることができる。あとは審判の裁量次第だ』とも語ったみたいだが、やはりあのシーンでペナルティを取っては駄目だろう。

クロアチアのコバチ監督はゲーム後怒りを露にした。

もっともなことだ。

クロアチアの人達は、日本人にゲームを盗まれたとこれから数年は言うだろう。

一つのジャッジを巡る残酷な現実は、今大会をどう導くだろうか。世界が注目する一代イベントが始まった。

 

マルセロ

マルセロのオウンゴールで先制点を許したセレソン。

 

ネイマール

同点弾を放ったネイマール。

このゲームでのブラジルは、弱点を露呈していた。引いて守る相手に決め手を欠いて攻め倦ね、ネイマールやオスカル等の個人技に頼るのみだった。

今後、調子を上げていくだろうか。

 

セレソン

ネイマール

ペナルティもなんとか沈め2ゴールを上げ幸先の良いスタートとなったネイマール。

至宝が真の至宝に昇華する可能性を秘めるスタートとなった。

 

西村さん

それにしても・・・。

アレはペナルティじゃないよ。

気を取り直して、朝のスペイン対オランダに備えるとします。