グランデ・ミランに並ぶ

バルサ

92-93シーズンにミランが記録した、93-94シーズンにチャンピオンズのファイナルで屈辱の0-4で敗れた、あの偉大だったミランの記録、連続無敗記録36に到達。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第28節、エイバルVSバルセロナ@イプルア。

狭いピッチも酷い芝も問題なし。8分にメッシのノーステップでの浮きパスを受けたスアレスが右サイド深部から速いグラウンダーのクロスを中央に入れて、そのボールにファー・サイドから入ってきたムニルが詰めて難なくネットを揺らした。圧倒的にボールを持つバルサ。バジェカスもそうだったが、ピッチが狭くけっこう簡単に寄せられていたがワンタッチ、ツータッチでボールを回しエイバルに何もさせない。相手ボールになっても圧倒的人数で囲み奪い返す。危ない雰囲気はほとんど無かった。

それでもあと1点は必要だ。右サイドからのクロスがブスケツに当たってオウンゴールになりかけたシーンが前半終了間際に訪れたりしてしまうことを見ても、試合を殺す必要がある。そんなことを思っていたら直後の41分に『違いを作ることを常とする男、レオ・メッシ』がやってくれた。

相手ボールをムニルが引っ掛けてからのカウンター。右にスアレス、左にムニルを引き連れてのメッシのドリブル。そのままエリア内に入ろうかとするところで左に持ち出し、細かいステップからディフェンダーが足を上げるのを見計らって鋭く左足を振り抜きネットを揺らしてくれた。前半のうちに2点リードとなったことで、記録継続が確定した。

後半はアクセルを緩め決定機を作れないでいたが、それも残り20分となったところでレオ・メッシが右サイド深部で相手ペナルティ(スライディングからのハンドだった)をゲットし(今回は失敗せず)PKを中央に柔らかく蹴り込んで完全に完璧に試合を殺した。あとはスアレスだけだったが、81分にそのスアレスが強靭なボディバランスとお決まりの股抜きからの一発を沈め、MSMコンプリート。累積イエローでサスペンションだったネイマール不在も丁度いいローテーションとなり、完璧な週末となった。

 

ムニル

スアレスの裏への飛び出し、メッシの浮きパス、ムニルの詰めが生んだ1点目。

エイバルの守備も良くはなかったが、アッサリと先制。

 

メッシ

メッシ

メッシ

この日2得点のレオ・メッシ。

PKを沈めてくれて、ホッ。

 

スアレス

久しぶりにネットを揺らしたスアレス。

ここから股抜きをやるだろうなぁと、分かっていても止められない。

 

ピケ

ブスケツ

少し心配なのが、ピケ(ヒゲを何とかしろ)とブスケツのフィジカル・コンディションか(かなり重そうだった)。まぁ、それでも今週は(かなり久しぶりに)ミッドウィークにゲームがないので回復できるだろう。

 

バルサ

ユーヴェが持つ記録(43試合)の更新を狙おうゼ!

広告

After the “Final”

メッシ

マイ・ディオス、レオ・メッシ。

この日はゴールこそありませんでしたが、リーガ43得点・コパ5得点・チャンピオンズ10得点。5度目のバロンドール当確です。このままピザを減らして、更なる高みへ辿り着くのみです。

 

ネイマール

この日のゴールで、今シーズンのチャンピオンズでのゴールを10としメッシとCR7に並んで得点王タイとなったネイマール。

来シーズンは何処まで行けるでしょう?。

 

スアレス

お子さんが超可愛いルイス・スアレス(笑)。

重要なゲームで重要なゴールを上げて結果を残し、世界最高のNo9となりましたかね。来シーズンはもっと良くなるハズです。

 

シュテーゲン

キックの精度と足元のスキルが半端ないテア・シュテーゲンと闘将マスチェラーノ。

このゲームではそれほどでもなかったけど、パントキックが上手すぎるシュテーゲンは、ミスを減らせばブラヴォからリーガでも定位置を奪う日も遠くないかもしれませんね。

それにしても、ホント上手い。

 

ピケ

安定感抜群だったピケとミランくん。

シーズン前半の不調は何処へやら(笑)。このゲームでは何回オーバーラップしたことでしょう。来シーズンは一対一のスキルの改善を望みます(無理か)。

 

アウヴェス

行き先不明のクロスが減って存在感が増したダニ・アウヴェスの行き先はミラン?。

貴方は、近代サイドバックの一つのメルクマークで世界最高のライト・バックでした。史上最もアルゼンチン人にアシストしたブラジル人として、僕の記憶に永遠に刻まれます。

アディオス、ダニ。

 

ブスケツ

世界最高のセントラルMF、セルヒオ・ブスケツは横顔のみ(笑)。ジョルディ・アルバもほんのちょっとだけ(苦笑)。

先日、マエストロ・シャビに後継指名を受けていたブスケツ無くしてこの成功は有り得ませんでした。

 

ラキティッチ

セスク・ファブレガスよりも上であることを証明したイヴァン・ラキティッチ。秀逸なバランスとポジショニング。メッシサイドで守備にも奮闘する玄人好みのクロアチアン。

個人的には、100%この日のマン・オブ・ザ・マッチだった。

 

シャビ&イニエスタ

共に4度ヨーロッパを制したカンテラの最高傑作デュオ、マエストロ・シャビとドン・アンドレス。

この日のイニエスタは、心配された怪我の影響を微塵も感じさせずエレガントにキレてました。3回のファイナルでアシストを記録した初めてのプレイヤーとなったドン・アンドレス。

『最初の3冠は、誰も達成できないものだと思っていた。だけど僕たちは、もう一度それを成し遂げたんだ。3冠という偉業が達成されることは、これから先も数えるくらいしかないだろう。スペクタクルだね。バルサに誇りを感じるべき日だ』

ブラヴォ!!。

 

メッシ&シャビ

『神』とマエストロ。

FKの時に口元を隠して相談するシーンがもう観れないのはホント残念です。

 

トリデンテ

間違いなくフットボール史上最高のトリデンテ、MSN。

3人で上げたゴールの数122、プライスレス。

 

メッシ&エンリケ

確執を乗り越えて・・・。

 

ルイス・エンリケ

ルイス・エンリケ

『賢人』ペップ・グアルディオラを上回る数字で3冠を達成したルイス・エンリケ。救い難いアホって言ってゴメンナサイ。来シーズンも指揮を執ることになるのでしょうか?。

それにしても、3冠を達成しても去就が決まってないって・・・どんなマネージャーだよ(苦笑)。

 

バルサ

ホント、エクセレントなシーズンでした。

来シーズンは、史上初のチャンピオンズ連覇しかありません。そして、願わくばファイナルで『ユーロ・クラシコ』とならんことを。

 

ポグバ&ピルロ

最後に残酷な明と暗の一枚を。

涙のアンドレア・ピルロと次なる『1億ユーロの男』ポール・ポグバ。ポグバは果たしてバルサにやって来るのでしょうか?。個人的は是非とも来て欲しいですが・・・。

コパ・アメリカ、ユーロの予選等みんな怪我無く終えて、ヴァカンスでリフレッシュして、また次のシーズンで拝見できることを祈念いたします。

全てのフォットボーラーに愛を込めて。

93分に訪れた歓喜

ブスケツ

ブスケツ

ブスケツ

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第13節、バレンシアVSバルセロナ@メスタージャ。

ドローが妥当だったかもしれない。

後半、スアレスがネットを揺らしたがオフサイドで取り消された(オンサイドだったけれど)シーン以外はほとんど決定機は無かった。

『素晴らしいプレーを見せた時間帯があり、明確な決定機も手にした。一方、前半のバルサのチャンスは一度だけだった。疑いようなく、勝てた試合だった。敗戦に悲しみを感じながら、スタジアムを去ることになる。勝利できたという感覚とともにね』と相手のヌノが語ったとおり、カウンターから2度バレンシアに決定機はあった。

しかし、ドラマはATに訪れた。

93分。

コーナーキックの流れから、エリア右サイドからメッシがクロスを放り込み、この柔らかいボールがネイマールにヒットしたがキーパーに弾き出され、しかし、そのボールを詰めていたブスケツが左脚でボレーを叩き込み貴重な勝ち点3をモノにした。

 

ルイス・エンリケ

『このチームを誇り高く思うよ。我々は盛大に勝利を祝った。93分に勝利することは美しく、メスタージャのような難しいピッチを舞台に、試合を通して苦しんだからね。この結果は我々を大きく後押しするものだ』

『ブスケツをインサイドハーフで起用したのは、バレンシアの攻守におけるトランジションを阻止するためだった。選手たちは良い試合を演じてくれたよ。プレーの明確性を欠いた時間帯もあったが、主導権を握ってバレンシアを普段よりも後方に押し込めた』

とゲーム後に語ったルイス・エンリケ。

引いたバレンシアにほぼ何も出来なかったけれど、難敵のセビージャとバレンシア相手に勝ち点3を上積み出来たことはポジティブだ。

『改善すべきメカニズムはまだある。が、チームからは素晴らしい意志の強さが伝わってくるし、今日の試合でもそれは見られた。我々は最後まで自信を失わず、自分たちのスタイルを信じ続けて勝利を収めた』

メッシが楽しくフットボールするしかない。メッシが楽しければバルサは楽しいし、クレも楽しい。

コパ・デル・レイも始まり、来週はパリとのビッグマッチもある。

『システム・メッシ』に懐疑的だけど、やっぱソレしかないんだよなぁ(泣)。

 

メッシ

ブスケツのゴールを皆で喜んでいた時にペットボトルを頭にぶつけられたメッシ。

痛がって、時間稼ぎでイエローを貰ったが・・・、とにかく楽しんで欲しい。それを願うのみだ。

ブラヴォ、イスコ

イスコ

イスコ

EURO2016予選・グループC、スペインVSベラルーシ@エスタディオ・ヌエボ・コロンビーノ。

格下が相手とはいえ、前半18分の1発はキーパーが一歩も動けないまさにゴラッソでした。

最近はマドリーでも活躍しているみたいですが、僕はあの頃を思い出しました。

ブラジルからの捲土重来を期す“ラ・ロハ”の命運はこの男とコケが握っているのかもしれません。

『今は調子が良いね。チャンスをうまく生かすことができていると思う。今が自分の最高の時期だとは考えたくないけどね。フィジカルの状態が良くて、速く質の高いプレーができている。それをピッチ上で見せることができているんだ』

『僕はとにかく頑張って、毎日自分の場所を勝ち取ろうとしている。あとは監督たちが決めることだよ。スペイン代表にもレアル・マドリーにも、世界最高の選手たちがいる。僕はただ、監督たちの選択を難しくさせたいと思っている』

 

ブスケツ

ブスケツ

ゲームはイスコのゴールの1分後にブスケツが豪快に叩き2-0とし試合を決めました。

バルサでももっと打って欲しい。

 

ペドロ

バルサでは出番が限られているペドロが後半にネットを揺らし3-0で勝利した“ラ・ロハ”。

ペドロ、ゴール出来て良かったです。でも1月には海を渡るかなぁ(泣)。

 

モラタ

モラタも出番がありました。

そして、カジェホンも(笑)。出場時間は多くありませんでしたが、ファースト・チョイスのジエゴ・コスタがフィットしてませんので脅かして欲しいですね。

 

スペイン

スタメン備忘録。

サンティ・カソルラも良かった。ピケがセントラル・・・(泣)。若手の守備陣は育ってませんかね。右サイドはアスピリクエアタで良かったのでは?。もうカシージャスもアディオスでいいのでは?。デ・ヘアがゲーム前に脱臼し離脱しましたが・・・。

デルボスケ翁にはデ・ヘアを使って欲しい。

 

デルボスケ

その翁、ゲーム後にイスコに軽くごもっともな戒めを。

『イスコはとても良いプレーだった。だが、ちょっと上品にやりたがりすぎる場面もあった』

『我々は良いプレーをして、試合を支配した。最初の30分で2点を決めた。だが、上品に、芸術的にやりたがることが時々ある』

それがスペインではありますが、王座をドイツに明け渡した今はもっと泥臭く、ガムシャラにプレイすることが必要かもしれませんね。

 

スペイン

チアゴ・アルカンタラやイジャラメンディが居ませんが、U-21・EUROを連覇した逸材の息吹を感じるスペイン代表。

まだスロバキアに遅れを取っていますが、ここから復活して欲しいものです。

マエストロ残留

バルサ

新キャプテン、マエストロ・シャビ。

カタールやアメリカ等への移籍が囁かれてましたが、残留が決定しました。何故?。

『僕のバルサでの時代は終わったと思った。だから、クラブの人たちと親しくしている人たちに、メッセージを送ったんだ。でも、今はそれが性急な決断だったと思っている。ただ、あのときは本当に自分の中で大きな失望が2度あったんだ』

『リーグ戦の最終節となったアトレティコ・マドリー戦で、僕はベンチに座っていた。スペイン代表でのチリ戦でも、同じことが起きた。シーズンを通じて自分が役に立つと思っていたけれど、大事な2試合で実際はそうではなかった。そこで、決断を下した』

だったそうですが、

『周囲の人々には、あのときの僕の気持ちを理解してほしいと願っている。それから、僕はアンドニ(スビサレッタ)とルイス・エンリケに説得された。自分が重要な存在になれると思えた。特に、ルイス・エンリケは僕のメンタリティを変えたんだ。彼が(残留の)鍵を握った』

『僕を我慢強く待ってくれたクラブに対しては、感謝しなければいけない。今は、自分が再び戦う準備ができていて、元のままのモチベーションがあると感じている。決断は、完全にスポーツ的な側面からのものだ。報道されているような契約の清算などはない。ルイス・エンリケには、再びゼロからのスタートだと言われた』

だそうです。

間違いなくバルサのマネージャーになる人だから良かったと思う反面、外に出て色々なことを経験するのも良かったのではと思う今日この頃。

縦に速くのトレンドの中で、(死んだ)“ティキ・タカ”の申し子はどうマイナー・チェンジを果たすでしょうか。

答えは1年後、タイトルを奪還出来たときに出るでしょう。新しい“何か”を見せて欲しいものです。

そして、『神』メッシ。太すぎるよ〜(泣)。

受け継がれる魂と不安要素

バルサ

バルサ

久しぶりのバルサ。

グラン・カピタンのNo5がブスケツに引き継がれるそうです。

うん、コレは良いニュースですね。

カンテラーノからカンテラーノへ。

マテュー獲得(リーガでの経験はアドヴァンテージですが、チャンピオンズでは心許ないですよね)のニュースには懐疑的な今日この頃。もうこの際、ブスケツがセントラルをすればいいじゃないかな。

お金の使い方(30歳を超えた本職がサイドバックのセントラルに2,000万ユーロを費やした)がヘタ過ぎるバルサ。スアレスとラキティッチが加わったアタッカー陣も連携が取れるのはかなり先と不安要素ばかりです。

来たるシーズンとセスクのNo4はどうなるのだろう?。

ネイマールは怪我だし、メッシも脱税問題が燻りシーズン序盤は厳しいでしょうかね。

今シーズンはビッグ・イヤーを掲げてもらいたいのだけれどなぁ〜。

ハメス・ロドリゲスとトニ・クロースを獲得した白い巨人に遅れを取ったプレ・シーズン。昨シーズンはネイマール獲得でプレシーズンは制しましたが、肝心のシーズンでは無冠に終わりました。今シーズンは逆になってもらいたいものです。

 

ラキティッチ

期待。

 

マテュー

ルイス・エンリケ

不安&不安。

ペップ就任時のようなワクワク感が無いのは何故だろう。ルックスのせいかしら?。

ブラジル・ワールドカップ、大会バッドイレブン

ベストゴール3選、大会ベストイレブンに続いて最後は、個人的海外残念選手備忘録。

ワーストイレブンとしたいところでしたが、ここに記録する以上に酷いプレイヤーが数多く居るであろう事実は拭い去れず(特に日本含めアジア勢。故に日本勢等は含めませんでした)、(期待はずれ、残念、不運等の意味も込めて)バッドイレブンとしました。

では、コチラはFWから行ってみましょう。

 

スアレス

ルイス・スアレス(ウルグアイ/リヴァプール→バルセロナ)。

もうね、何なんでしょうね。

イタリア戦でキエッリーニに自身三度目の噛み付き行為を敢行したスアレスは、ワーストと言っても過言ではありません。幼少期の“何か”がそうさせて、また必ずヤル的な精神鑑定を勝手にされてましたが、ホント何処かオカシイのかもしれません。

そんな噛み付き王を、法外なプライス(8,100万ユーロ)で獲得したバルサも病気かもしれませんが・・・。遅々として進まないセントラルの補強は・・・ってバルサの愚痴は別でしましょう。

 

フレッジ

フレッジ(ブラジル/フルミネセン)。

本名が面倒くさい、とても残念なFW。

クロアチア戦での大袈裟喜劇アピール(西村さんがホント馬鹿だった)から、倒れることしか能が無いセレソン史上最も駄目なFW(っと言ったら言い過ぎかな)。ネイマールの替わりに汚れ仕事をしていたんだろうけど・・・。どうでもいいカメルーン戦でのゴールが、個人的にカンに障りました。

 

ロナウド

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)。

初戦のドイツにスペースを消され、自身も消えてしまい、結局は5失点で大会からも消えてしまったCR7。チャンピオンズリーグはファイナルまで戦い、加えて怪我もあってコンディションも良くなかったのかもしれません。

でも、これだったらズラタン王が観たかったですね。残念過ぎました。

続いてはMF。

 

ジェラード

ジェラード&スアレス

スティーブン・ジェラード(イングランド/リヴァプール)。

ウルグアイ戦で、スアレスの決勝ゴールをアシストしてしまう、まさにハードラック。リヴァプールでの致命的なスリップ(コチラ)といい、呪われているとしか思えません。ルーニーのワールドカップ初ゴールを祝うことなくグループ・ステージでのゴーホームに、キャプテンの責任は小さくありません。代表はコレで引退かな。

 

ソング

アレクサンドル・ソング(カメルーン/バルセロナ)

何故?。

後ろから追い掛けて振り下ろす常軌を逸したエルボーは、もちろん1発退場。スアレスと共に、メンタルコントロール、カウンセリングが必要です・・・ってどっちもバルサじゃん(泣)。母国のゴタゴタに自身のイライラ。カメルーンはいつからお騒がせ大国となってしまったのでしょうか。

それにしても酷かった。

 

ブスケツ

セルジ・ブスケツ(スペイン/バルセロナ)。

またバルサ。

好守に全く精彩を欠いていた(消えていたといった方が正しいか)ブスケツ。ゴールに流し込むだけだったチリ戦が忘れられずノミネート。いつもの小憎たらしいボール裁きも陰を潜め、チームと共に沈んでしまった無敵艦隊のアンカーは、モデルチェンジを果たすであろう来たるシーズンのバルサで復活できるだろうか。

心配です。

続いてDF。

 

アウヴェス

ダニエウ・アウヴェス(ブラジル/バルセロナ)。

 

ペペ

ペペ(ポルトガル/レアル・マドリード)。

 

ピケ

ジェラール・ピケ(スペイン/バルセロナ)。

 

スニガ

ファン・スニガ(コロンビア/ナポリ)。

アウヴェスはノックアウト・ラウンドのチリ戦以降(好守にキレがなく老体のマイコンにポジションを奪われる)、ピケはグループ・ステージ第2戦のチリ戦から外されてしまいました。バルサ・・・、勝てない訳だ。

そしてペペ、ホント病気です。不必要な威嚇行為で1発レッド。スニガは、ネイマールへのこの飛び膝で命の危険に・・・。ただただ無事にシーズンを迎えることを祈るばかりです。

スアレス、ソング、ペペが度し難い、愚か者トップ・スリーでしたね。

そして、最後はゴール・キーパー。

 

カシージャス

イケル・カシージャス(スペイン/レアル・マドリード)。

どうしちゃったんだろう。

4年前にシャットアウトしたオランダ(ロッベン)に5発沈められて、どうしようもなくなりました。苦手と言われるハイボール処理でのミスやスリップ。ノイアーに、世界一のガーディアンの座を自ら譲ってしまうこととなりました。

こちらもデ・ヘアと世代交代、引退でしょうか。

以上、バッドイレブンでした。

図らずもフレッジを除いて、欧州トップリーグのリーガとプレミアとセリエAのプレイヤー。特に贔屓のバルサは・・・。リフレッシュして奮起を期待するのみですね。