終焉の地、マラカナン

スペイン

ブスケツ

スペイン

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第2戦、スペインVSチリ@マラカナン・スタジアム。

勝てる感じが全くしなかった。ネットを揺らす雰囲気は皆無だった。悲壮感のみが漂い、焦り、浮き足立ち、失点し、栄華を極めた無敵艦隊の航海はブラジル・マラカナンの地(今大会のファイナルの地でもある)で終焉を迎えた。

ジエゴ・コスタは素晴らしいタレントだと思うが、このバルサをベースとした“ラ・ロハ”には全く合っていなかった。その後釜のフェルナンド・トーレスは更に酷く、何故彼を投入するのか首を傾げざるを得なかった。

この試合では、第1戦で目も当てられなかったラモスとピケのコンビをラモスとハビ・マルティネスに変えて臨んだデル・ボスケ。しかし、20分にバルガスに蹴り込まれ敢えなく失点してしまう。無失点が前提だったが、この時点でグループ・ステージ突破は事実上不可能となってしまったと言わざるを得ない。

まだ1失点だったのに目も当てられず慌てて、焦って、前半終了間際にアレクシス・サンチェスのFKの溢れ球をアランギスに押し込まれ終わってしまった。

EUROを連覇し、ワールドカップの連覇をも目指した王者だったが、2002年のフランス、2010年のイタリアに続いての前回大会のチャンピオンがグループ・ステージでゴー・ホームとなった事実は何かの証左だろうか。

バルサのサイクルが終わり、代表も一新されるだろう。

フットボールの世界に於いて勝ち続けるのは不可能なことだ。ワールドカップでは単純に4年分歳を取ればクオリティを維持するのは至難の技なのだろう。

寂しいが現実に向き合わなければならない。

今大会は“個”の力に依存したカウンターが威力を発揮している。これからのスペインはどのようなチームを目指すのだろうか。若くて才能溢れるタレントの宝庫だ。まずはEURO。これからも注目していきたいと思う。

 

デルボスケ

采配ミスは明白だろう。

プレイヤーのコンディションも万全ではなかったかもしれないが、名前に固執しすぎたかもしれない。

『ここまでの2試合では、どちらも優位に立てなかった。我々は痛みに打ちひしがれている。今日の前半は消極的なプレーに終始し、後半にはアクションこそ見せたがゴールには至らなかった』

『何が足りなかったか?すぐに考えることは望まない。確実な返答をするためには、ある程度の時間を置かなければね。我々は24~25日間をともに過ごしたが、良いコンディションを維持しており、スタメンの選択も悩ましいものだと思っていた。しかし、現実はそうではなかった』とゲーム後に総括したデルボスケ。

お疲れ様でした。

 

イニエスタ&カシージャス

『何が起こったかを説明するのは難しい。人々に謝罪をしたい。このグループは、こんな終わり方に値しない。最初に責任を負うのはこのチームであり、また最も心を痛めているのも僕たちだ。できるだけ良い形で大会を終えることを考えなくてはならない』と語った全くイイところがなかったカシージャス。

代表のゴールマウスはデ・ヘアに。

一方のドン・アンドレスは

『僕たちにとって大きな失望だ。誰も考えていなかった打撃で、重くのしかかっている。僕たちが抱える期待は大きいものだった』

『このチームは最も高い場所に位置し、現在は最も下にいる。野心が欠けていたわけではない。それは僕たちが抱える問題ではない。大きな失望で、実際難しいことだ。本当に残酷な結末だ。少ししか言葉を発することができないよ』と語ったが、細かいミスが多かった。

 

サンチェス&ブスケツ

絶好調のアレクシスとゴールへ流し込むだけだったシーンを外してしまったブスケツ。

バルサの僚友、明暗がくっきりと。

 

スペイン

沈没した無敵艦隊のスタメン備忘録。

新生“ラ・ロハ”に何人残るだろうか。

広告

今シーズン最高のデキ

バルサ

2013ー2014・リーガ・エスパニョーラ第16節、バルセロナVSビジャ・レアル@カンプ・ノウ。

漸く、漸くでしたね。

キックオフからのインテンシティ。『4ー5ー1』でバス横付けだったビジャ・レアルでしたが、繋いで、奪って、奪って、繋いで。

 

ソング

コーナーキックからの溢れ球をソングが蹴り込み(右ポスト直撃でしたが)狼煙が上がりました。

徐々に徐々に攻め上がるバルサ。ティキ・タカ完全復活です。決定機こそありませんでしたが、ゴールの香りは有りましたね。失ったボールもすぐに奪い返してましたし、圧力が半端無かったです。

キー・プレイヤーはブスケツ。

セルティック戦でも高い位置を取ってましたが、今日も完璧でした。左ラテラルで先発したジョルディ・アルバ(怪我からの復活)もやっぱり外せないですね。速いし、頻繁に左サイドを疾走しアクセントを付けてました。そして、そのアルバのクロスがエリア内でハンドを誘発し、30分で先制に成功。先制点が余裕を齎しました。

 

ネイマール

ネイマール

キッカーを任されたネイマール。

冷静に逆を取ってネットを揺らしました。

 

ネイマール

前半はこの1点のみでしたが、完全にゲームをコントロールしたバルサ。あとは追加点を上げるのみ。しかし、後半開始早々に悪いクセのセットプレイからの失点が起ってしまいました。

 

ビジャ・レアル

バルトラがムサッキオにマークを外されてしまいネットを揺らされました。

バカヤロウ。

しかし、今日のデキでは負ける感じはしませんでしたね。ただ、ソングがインテリオールはやはり荷が重かったです。マルティーノもその辺は承知だったか、ソングに代えてマエストロをピッチに入れて勝ち越しを目指しました。

うん。やっぱりボールの回りが違いますね。右に左にスムーズです。セスクの飛び出しに応えたり、徐々にネットを揺らす雰囲気がカンプ・ノウを覆いました。

 

ネイマール

68分。

アレクシス・サンチェスの飛び出しにセスクがピンポイントで浮きパスを合わせ、サンチェスはきっちりトラップしディフェンダーとキーパーを引き付け、ネイマールへ優しいパスを出して勝負を決めました。

ネイマールが無人のゴールに流し込み勝ち越しに成功。その後も何度かチャンスを作り(結局得点はできませんでしたが)試合を締めました。

難敵を退け勝ち点3を上積み。年内はあと1試合ですが、良い印象を持って首位のままクリスマス・ヴァケーションに入ってもらいたいもです。

 

バルサ

アルバはやっぱり必要ですね。

 

ネイマール

セルティック戦に続き2得点のネイマール。

ハットトリックのチャンスがありましたが、まぁ〜イイでしょう。コンディションも上がっている感じで、期待大です。

 

イニエスタ

キャプテンマークを巻いていたドン・アンドレス。

ドリブルもまずまずキレてましたし、エレガントに削られてました。惜しむらくは、ダイレクトボレーが枠を捉えましたがキーパーにセービングされたことでしょうか。

 

ブスケツ

個人的には最も良かったと思うセルヒオ・ブスケツ。

『ここ最近は完璧な試合を演じている。この数年間に成し遂げたことから、良いパフォーマンスを披露すればバルサの本質を取り戻したと言われる。だけど、僕たちがその本質を失ったことはない。次節ヘタフェ戦でも、現在のようなプレーを見せなければね』とゲーム後に語りましたが、ペップが見出した才能、重要性は増すばかりです。

 

マルティーノ

『今季最も満足感を得た試合だった。もっと良いプレーを見せることはできるが、何よりこの結果を得たことに満足している。チームの見せた素晴らしいプレー、対戦相手のクオリティーに鑑みて、私にとって大きな価値のある勝利だ。レアル・マドリーがビジャレアルと引き分けたから、そう言っているわけではないよ』

『素晴らしいプレーを見せ、なおかつ前線からプレッシングを仕掛けることこそが、バルサの称賛されてきた理由だ。私はそのことを最も評価している。50~60回のボールタッチから、ゴールを決めるよりもね』

次節以降もインテンシティを披露できるようにマネジメントしてもらいたいですね。

Visca Barça

バルサ①

リーガ・エスパニョーラ第36節、バルセロナVSバジャドリード@カンプ・ノウ。

お祝いです。

ペドロがゴールを決めて、オウンゴールで早々に2ー0とし試合を決めました。後半もペドロやビジャ、イニエスタにセクスと何度もチャンスがありましたが決め切れず。 まぁ〜今日はイイですよ。

終了間際にモントーヤがペナルティを献上しましたがそれはご愛嬌?

来シーズンはヨーロッパでの復権を切に願います。

 

ペドロ

ペドロ②

今シーズンはゴールが足りませんでした。

 

オウンゴール

最近オウンゴール多くね?

 

バルサ

去就が注目されるビジャとセスク。

ビジャは去るだろうなぁ〜。

 

トロフィー授与

トロフィー

カピタンが受け取り、この後ビラノバとアビダルが掲げました。

 

バルサ

イイですねェ〜。

この後、お子さんがいる選手はみんな迎えに行きました。

 

メッシ&ベイビー

メッシ&ベイビー②

チアゴくんとお祝いのメッシ。

早く怪我を治して欲しいですね。

 

イニエスタ&ベイビー

ヴァレリアちゃんはママ似で超カワイイ。

良かった良かった。

 

ブスケツ

バルサ②

ブスケツにもお子さんがいるのかな?

カワイイですね。

 

メッシ

お疲れさまでした。

まだリーガは2試合残っていますが、来シーズンもよろしくお願いします。