カンプ・ノウに立つ

乾くん

乾くん

79分間のメモリー。

今日はやっぱりコレ、午前2時から視聴した。

史上4人目(城くん、大久保くん、中村くんに続く)としてカンプ・ノウのピッチに立ったジャパニーズ・アタッカー、乾貴士くん。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第9節、バルセロナVSエイバル@カンプ・ノウ

しかし、見せ場はほとんど無かった。先制点の起点にはなったが、終始左サイドで孤立していた。フリーなのにパスが来ない。ドリブルで仕掛けるシーンもあったがボールロスト等でプレゼンスは発揮できなかった。この日、ボールに触れた回数は17回だったそうだが、到底満足することはできない。

周りとの連携が足りない(周りに信用されていない?)。ネイマール・ポジションで先発したからには、ボールを持たないことには始まらない。本家のネイマールはスアレスとの効果的な連携から2アシスト。スコアしなくても半端ないプレゼンスだった。レオ・メッシ不在のバルサは、ネイマールから始まりスアレスで終わる。そこまで望まないが、フリーの時はもっとボールを要求して欲しかった。

効果的なワンタッチで起点となったが、こんなものではないハズだ。単なるメモリアルで終わって欲しくない。

同じくこの日、ジグナル・イドゥナ・パルクで『魔法を掛けた』と賞賛されたカガワくん(3アシスト)よりも先にカンプ・ノウのピッチに立った乾くん。デビューゲームのように仕掛け結果を残して欲しい。

『起点になった』という見出しにはウンザリしているんだ。

前線からのプレッシングに周りとの連動。ボールを寄越せとアピールし、時にはエゴイスティックにゴールに向かって行ってもらいたいものだ。

一方の愛しのバルサ。

またもや簡単に失点してしまいどうしようないですが・・・。ちょうど一年前の『クラシコ』でリーガ・デビューを飾ったスアレスが、素晴らしいハットトリックを決めて勝ち点3を手にしました。

よかった。

 

スアレス

スアレス

スアレス

スアレス

世界基準の決定力、プライスレス。

カンプ・ノウに行きたかったなぁ。

 

スアレス&ネイマール

ネイマールとの連携が半端ない。

 

トリデンテ

ハットトリックの記念ボールを手にトリデンテで一枚。

レオ・メッシの帰還を待つと共にこのまま年内は凌いで来日してもらいたいものです。

広告

“歴史ある日”にひとつの“歴史”が刻まれた

ネイマール

ネイマール

ネイマール

2013ー2014・リーガ・エスパニョーラ第6節、バルセロナVSレアル・ソシエダ@カンプ・ノウ。

本日は『カンプ・ノウ』竣工から56周年(1957年9月24日竣工)。そんなメデタイ日に、サントスからやって来た21歳のクラックの歴史的瞬間がようやく訪れました。

開始5分。

アレクシス・サンチェスが右サイドから折り返したボールが、ディフェンダーとキーパーがお見合いしてしまい、左サイドから走り込んできたネイマールのもとに流れ、ゴチャゴチャしてましたが、無人のゴールへ流し込みました。

美しくなくてもイイんです。

試合ごとに連動し、どんどん良くなっていってます。そのうち、シーズンハイライトとなるゴラッソも生まれることでしょう。

 

バルサ

嬉しそう。

何より、チームに溶け込んでますね〜。

 

ネイマール&メッシ

自身のゴール後すぐにメッシへクロスでアシストしました。

通算4アシスト。

 

ネイマール

好調さが窺えます。

上手く抜けていれば2点目でした。

ゲームは23分にブスケツが中央へ流れてきたボールを豪快に蹴り込み、77分にメッシがバルトラ(何故ゴール中央に居たのか分かりませんが)のゴールを演出し4ー1で快勝でした。

 

カンプ ノウ

『クラブ以上の存在』、3年前に訪れた『カンプ・ノウ』。

竣工56年、凄いですね。

竣工100年の時、僕は84歳。生きていれば是非とも行ってみたい。まぁ〜その前にも必ず訪れます。ネイマールが居る間に行きたくなってきましたね。

 

the answer “END”

ビジャ

セスク

ついに終わりが来た。

チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、バルセロナVSバイエルン・ミュンヘン@カンプ・ノウ。

無抵抗、というか攻める術が無かった。守る術を見失なった。ビラノバのフットボールでは駄目だ。

カンプ・ノウに詰め駆けたクレ達は何を思っただろう。

メッシが居ないからしょうがないといった感じがホイッスルの瞬間は漂っていたが、それでは寂しすぎる。まだメッシがいるから来シーズンは違うゼって感じでは同じ過ちを繰り返すだろう。簡単に失点し献上するアウェイゴール。モウリーニョが見付け実践したメッシを無力化する方法も有効だ。

ホーム&アウェイのヨーロッパの舞台。ミラノやパリでも見せていた綻びが、ミュンヘンで無惨に白日の下に晒され取り返しが付かなくなり、バルセロナに戻っての最後の抵抗に1%の期待を抱いていたが、抵抗にすら(放棄した)ならなかった。

アウヴェスの凡庸なクロスは虚しく跳ね返され、ビジャはボールロストを繰り返し、ブーイングを浴び続けたセスクは何のためにホームに戻って来たのだろう。

世界が羨むタレントには欠かないが、ヨーロッパで3番目に価値の有るフットボーラーでも一人ではゴールは奪えない。マエストロは後半早々に指揮することを許されなかった。この世に生まれた瞬間からソシオのディフェンダーのみ攻めでも守りでも戦っていたが、決壊を防ぐことは出来なかった。

2試合合計0-7。

歴史的惨敗。

世界が目指したモダンでエレガントなフットボールは地に堕ち、泥にまみれた。ボールを失ってからが始まりだったハズだが、プレイヤー間の距離が離れ過ぎていてコレクティブにプレスが掛けられず、すぐにマイボールに出来ない。ボールマンに届かず躱され、後退する。サイドを切り崩され、単純なクロスから失点する。

マドリーの抵抗を、ファイナルへの諦めない意欲とインテンシティを、ゲーム後のセルヒオ・ラモス、クリスティアーノ・ロナウド等の涙を観ただけに、最後まで戦わなかった哀しさが募る。

バイエルンは完璧で素晴らしかったが、王者は戦わず白旗を振った。ファイナルへ届かないなら、せめて儚く散った昨シーズンのようなシーンを観たかったのだが・・・。

来シーズンは、皮肉にもバルサ王朝を築いた『賢人』グアルディオラがバイエルンで指揮を執る。帝国は着々と用意周到に礎を築いている。

史上初のドイツ決戦となるウェンブリー。

スペインの2強、世界のトップ2が2シーズン連続でセミファイナルで敗退した結果は、多くの何かを示唆しているだろう。答えを見付けなければならない。メッシ以外の解を早急に探さなければならない。

王座奪還の過酷で長い旅はまたすぐにはじまるのだから。

 

カンプ・ノウ

ホーム、カンプ・ノウは決戦の準備が出来ていたが・・・。

 

メッシ

舞台にさえ立たなかった『神』。

 

イニエスタ

独りでは無理だ。

 

ピケ

孤軍奮闘も・・・。

苦い記憶だけが残ったチャンピオンズとなった。

 

ゴール

後半開始3分。

ロッベンに右サイドを切り裂かれ、美しくネットを揺らされ命尽きた。

 

オウンゴール

キレたオウンゴールもマンジュキッチに押し込まれるよりはマシだったか?

どちらにしても無惨だった。

 

ミュラー

2人も居ながらまたもやミュラーに決められた3失点目。

 

ヴァルデス

グッバイ、ヴィクトール。

ブラウ・グラナでの最後のチャンピオンズだろう。

 

バイエルン

覇権はバルサ王朝からミュンヘン帝国へ。

ゲルマン決戦となるが、昨シーズンの雪辱を若きボルシア相手に果たすだろうか?

女神、微笑む

カンプ・ノウ

messi

メッシ

メッシ②

チャンピオンズリーグ・ベスト・オブ・16セカンドレグ、バルセロナVS ACミラン@カンプ・ノウ。

『神』メッシの覚醒と一つの運がバルセロナをネクストラウンドへ導きました。

サンシーロで成す術なく0-2で敗れたバルセロナ。チャンピオンズリーグ史上、ファーストレグを0-2で敗れセカンドレグをホームで迎えるケースが過去17度あったそうですが、0勝17敗と全て敗れていたそうです。データからも、現実的にもかなりタフなミッションを遂行しなければなりません。

まずは早い時間帯での得点と90分間無失点でゲームを終えるタスク。

まずは開始5分。

メッシがシャビとエリア中央手前でワン・ツーで突破し(メッシはエリアで4人位に囲まれていたと思いますが・・・)素早い振り抜きでゴール左上に鮮やかにネットを揺らし先制に成功しました。ここ数試合はエリアに入る前に引っ掛かっていたメッシですが、ダイレクトプレイでディフェンスを掻い潜りエリア内に侵入し、ブロックされる前にシュートを決めきりました。

俄かに活気づくバルセロナ。キックオフから丁寧にボールを回し、右サイドではアウヴェスがかなり高い位置を取って、早い段階でクロスを供給していました。中央にビジャが入りミランディフェンスを引き付け、メッシは自由に右ではアウヴェスと絡み、中央でシャビやイニエスタとパス交換を行っていました。

あと2点(無失点が前提ですが・・・)。

ペドロがダイアゴナルでエリア内に入ってきたり(アバーテに倒されましたが・・・)、イニエスタのミドルがバー叩いたりして2点目の雰囲気が徐々に漂いはじめましたが、決めきれず一息付いたところ、一つの綻びからミランが最初で最後となったビッグチャンスを迎えます。

ミラン陣エリア内からのクリア(確かモントリーボが大きく蹴り出したと思いますが)をセンターサークルを越えたあたりでマスチェラーノがヘッドでの処理を誤り、裏に18歳のニアンが抜け出し単騎ドリブルで、ヴァルデスと一対一になりました。やや右に持ち出してドリブルしシュートを放ちますが、ポスト左を叩いてゴールとはなりませんでした。

決まっていれば終わっていたバルセロナ・・・。

その3分後の40分。

バルサに待望の追加点がメッシによって齎されました。中盤でボールを奪ったイニエスタが右アウトでメッシにパスを出し、メッシはいつものように左へドリブルしメクセスの股を抜いてゴール右に決めました。『クラシコ』でもラモスの股を抜いて決めましたが、貴重なトータルで追い付く2点目を、見事得意の形で決めたメッシ。135分を終えてアグリゲートスコア2-2。そしてラスト45分です。

ふう~。

後半もメンバーチェンジはなくバルセロナがボールを持って始まりました。そして、美しい瞬間がまたも5分に訪れました。

55分。

エリア手前右でシャビがボールを持って、更に右に居たビジャに絶妙なスルーパスが通り(スライディングしたコンスタンは届かず・・・)フリーで裏に抜けたビジャは秀逸過ぎるトラップで前を向き、アッビアーティの位置を冷静に確認し、左足で美しく巻いたシュートをゴール左に決めきりました。

2年前のユナイテッドとのファイナルで決めた3点目にも勝るとも劣らない美しいゴール。センターフォワードらしい完璧な1発でした。

アグリゲートスコア3-2。これで延長戦はなくなりました。まだ40分も時間が残されています。守備に不安を抱えるバルセロナはもう1点を取らなければ安心出来ません。

1点取ればまだ分からないミランはムンタリとロビーニョを入れて活性化を図り、3人目はここカンプ・ノウで育ったボージャンを投入。そのボージャンがチャンスを一度(左サイドをピケを抜いてクロスを入れました)演出しましたが、中央に居たロビーニョのシュートをアルバが体でブロックし何とか凌ぎ切りました。

そして、アディショナルタイム。

ボージャンがミスしたボールを中央でメッシが奪い、ゆっくりボールをキープし前へうががい、右サイドを猛然と駆け上がったアレクシス・サンチェスに出して、そのサンチェスはダイレクトで逆サイドのキーパーが届かない絶妙なところへ放りこみ、左サイドをこちらも自陣から駆け上がってきたアルバが受けて冷静にアッビアーティの逆を取って右サイドに流し込み、試合の幕を引きました。
4-0(トータルスコアは4-2)で美しく勝利したバルセロナ。

正直、守備はまだ危ういですが絶好調時のような、失ったボールをすぐに囲み再度マイボールにする攻撃的守備は見せていました。

中央に居座ったビジャが効いていて、メッシのドリブルするスペースを作り、アウヴェスが上がりっぱなしで右サイドを攻略。ダイレクトパスやドリブル突破、エリア内の人数が豊富でゴールする、ゴール出来る雰囲気に溢れていたカンプ・ノウ。戦術的修正とメッシ以外のゴールも生まれ、少しは良い方向へ進んで行きそうです。

ウェンブリーへの航海がまだ続くことに歓喜した極東の朝。本当に幸せな朝となりました。

 

シャビ

間に合って良かった。

ビジャへのスルーパスは今シーズン最高のひとつでした。

 

イニエスタ

この試合でもウマ過ぎるプレイで輝いたイニエスタ。

ゴールこそなりませんでしたが、ミドルも放ち、『セカンドレグはまた別のものだ』をチーム全体で有言実行しました。

 

メッシ

メッシ

イタリア勢に対して、流れからの初ゴール(それも2つ)を決めたメッシ。

まだ少し遅い!って思うシーンもありますが、兎に角試合を振り出し戻し、そしてゲームを支配していました。

ネクストラウンドももっとお願いします。

 

ビジャ

ビジャ①

ビジャ②

ビジャ③

最高の1発でした。

ザ・リアル・ストライカー。おめでとう、そして貴方が居て良かったです。

 

アルバ

前半は右サイドの攻めが多く攻撃での見せ場はありませんでしたが、最後に美味しいところをキッチリ決めきったジョルディ・アルバ。

EUROでもカウンターを成就させましたが、速いです。

 

ピケ

もう少し頑張らないと・・・。

ネクストラウンドがマドリーだとまたやられるかもしれません。

 

メッシ

こんなメッシめったに観れませんね。

!Enhorabuena!

屈辱にまみれたカンプ・ノウ

ロナウド

コパ・デル・レイ、セミファイナル・セカンドレグ、バルセロナVSレアル・マドリード@カンプ・ノウ。

バルセロナ、クレにとって屈辱の夜@『クラシコ』となりました。

開始早々からマドリーは前の意識が覗え、圧され気味でスタートしたバルセロナ。しかしペドロのクロスをメッシが惜しいシュートを放って少し落ち着いたかと思われましたが・・・。珍しく右サイドを駆け上がったロナウドについて行けなかったピケがエリア内で引っ掛けペナルティを献上。

ロナウドはきっちり左に蹴り込み厳しい展開となりました。早過ぎる13分の失点。

前掛かりになるバルサに対して、絶好のカウンターの展開となります。その以前に得点できるのか?って感じでしたが、やはりここ数試合のようにメッシは前へ行けず、エリア内でのイマジネーションが圧倒的に足りません。

しかし最近の低調なゲームに比べて、やはり『クラシコ』ということもあってか、ペドロが前へフリーランニングして右サイドにスペースができたところをアウヴェスが上がってきて厚みのある攻撃を見せようとしてはいました。左ではイニエスタが一人好調を維持し、孤軍奮闘って感じでアルバも何度かオーバーラップを見せてましたが、如何せん中の人数が少ないです。効果的なクロスもなく、得点の香りが全くありませんでした。

見せ場は一度、メッシのフリーキックがあわやというのが唯一では・・・。

後半のキックオフ開始のかなり前にピッチに姿を見せたブラウ・グラナイレブンでしたが、57分、世界一のカウンターの餌食となってしまいコパが終了しました。

ケディラの自陣からのロングフィードを左サイド前線にいたディ・マリアが単騎ドリブル突進し、エリアでプジョルを振り切り(プジョルは足を取られ滑っていました)シュートを。この一撃はピントが弾きましたが、そのボールがあろうことか右サイドを駆け上がっていたロナウドへのパスとなってしまい、ロナウドは難なくアルバのブロックを掻い潜ってゴールへ流しこみました。

2-0。

静まり返るカンプ・ノウ。

ビッグクラブの引いた守備を全く突破出来ないバルセロナ。深刻です。その後コーナーキックからファーストレグに続くヴァランのヘッドで失点してしまいここ数年では最悪の屈辱となってしまいました。

能力の高いバック陣が引いた相手に対しての新しいオプションを早急に生み出さないと厳しいですね。両サイドバックの攻撃参加はあまり効果がなく、どうしてもメッシ頼みで、メッシのドリブルが完璧に抑えられている2試合を観て見ると、昨シーズン結構使っていた『3-4-3』で中盤を厚くし、細かいパス回しやダイレクトプレイでエリア内を突破するのはどうでしょう?スピード豊かなテージョを左に配してもっとサイドを抉るのも効果的だと思います。

リーガは大丈夫だと思いますが、来月のミラン戦でも同じように低調ではかなり寂しいです。敗れてなおバルサというものを、世界に攻撃のレッスンを披露してもらいたいものです。

 

イニエスタ

一人だけ好調なイニエスタ。

何とかしたい気持ちの現れか?珍しいミドルを放っていましたが・・・。

 

ピケ

駄目でした・・・ピケ。痛恨で愚かしいペナルティ。

ロナウドの縦への突破に付いて行けず。中央にアウヴェスが居たんだけどなぁ~。戦犯の一人となってしまいました。

 

ペドロ

一度、縦へ突破はしていましたがラモスに防がれました。

悪くは無かったですが、特に違いも生み出せずでした。

 

メッシ

唯一の見せ場となってしまいました。

逆を取って壁の下を抜いた惜しいフリーキックでしたが・・・。苦しんでいます。

 

ロナウド②

『クラシコ』で結果を出し続けるCR7。

カンプ・ノウで6試合連続ゴールは見事という他ありません。

 

ヴァラン

ロナウドより高いかもしれません。

『クラシコ』連続ゴールのラファエル・ヴァラン。メッシも完封し、凄いセントラルになりますね。

 

アルバ

焼け石に水。

これほど虚しいゴールも久しぶりですかね。

 

バルサ

一時代は終わりを迎えたのでしょうか?

まだミラン戦があります。メッシに頼らず、早い時間でゴールを奪えれば・・・。

Vamos Barça !!

ほかの惑星からきている2人

『エル・クラシコ』。

日本時間2012年10月8日午前3時、もちろん超満員のカンプ・ノウ。昨年訪れ観戦した興奮が蘇りました。

 

お馴染みの『イムノ』が流れる中の入場。否応無しにテンションがあがります。

 

強烈にニアに蹴り込んだ先制点。

アウヴェスが中央に寄り過ぎて間に合わず、ヴァルデスに非はありませんでした。以前は重要な試合でゴールを上げることが出来ずチキンだったCR7ですが、『クラシコ』6試合連続ゴールの新記録を打ち立てました。

 

バルサらしい美しい崩しからのゴールではありませんでしたが、詰めていたメッシが冷静にゴールに流しこみ前半で追い付く貴重なゴールを決めました。『クラシコ』通算16ゴール目。

 

リアルゴッラソ。

『クラシコ』通算17ゴール目で1位のディ・ステファノの18ゴールにあと1ゴールと迫る美しい弧を描いた1発。次のアウェイ@ベルナベウで追い抜いていただきましょう。

 

世界一のガーディアンでも届かない1発。

スーペル・コパでもメッシに決められましたが、壁の問題もあるのでしょうか?

 

エアポケットに嵌ったバルサ。

フリーのエジルから絶妙なスルーパスを受けたCR7がヴァルデスを難なく突破し2-2となりました。通算222回目の『クラシコ』は世界のトップ2が共に2ゴールをあげての2-2のドローで勝ち点を分け合いました。

バルサはディフェンダーに怪我人が多すぎます。急造CBのアドリアーノのスピードに期待したティトでしたが、結局はディフェンスが上手くいきませんでしたね。また全体的にも良くありませんでしたが勝てた試合です。勝ち点差を『11』にできなかった結末は、リーガを混沌へ導くかもしれません。

しかし、面白い一戦で寝ずに観た甲斐がありました。

Muchas Gracias!! El Clásico

 

画になるオヤジ。

タイトルのコメントには珍しく1票です。

フットボールの祭典

今シーズンもいよいよ始まるチャンピオンズリーグ。

昨シーズンは意外にもチェルシーが手にしたビッグイヤー。

今シーズンは【グループD】が死の組と言われていますが、マドリーとシティで決まりです・・・たぶん。

そして、バルサの5度目の戴冠を信じて止まない@uemachi。

まさかのジャイアントキリングを起こすチームは現れるでしょうか?

楽しみです。また慢性的な寝不足も始まります。

 

カンプ ノウに展示されていたビッグイヤー。

今シーズンは必ず奪還です。