サヴァイブ2

モウリーニョ

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループG最終節、チェルシーVSポルト@スタンフォード・ブリッジ。

『これから(カシージャス)彼は、まだ手に入れていなかった唯一のタイトルを勝ち取るチャンスを得ることができるね。ヨーロッパリーグだ』

ゲーム後にシニカル過ぎる一発を見舞ったスペシャル・ワン。

ジエゴ・コスタとの一対一には勝った『聖』イケルだったが、跳ね返ったボールがそのままゴールに吸い込まれて行き、チェルシーは貴重な先制点をモノにした。

後半早々には、アザールの優しいパスを右サイドで受けたウィリアンが豪快過ぎる一発をニアにブチ込み勝利を決定付けた。

リードしてからのお得意のカウンター。ポルトはブラヒミだけが可能性があって奮闘していたが、ネクスト・ラウンドへ進むだけのクオリティは無かった。カシージャスも神掛かってはいなかった(ハイボール処理がやはりバタバタしていた)。

ブルーズはサヴァイブし、ファン・ハールとの違いは見せたスペシャル・ワン。正直、このレヴェルでは今後は相手によっては早々にゴー・ホームとなるだろう。

相手に恵まれ、運がないと・・・ね。

 

アブラモヴィッチ

『残り3年半の契約を全うする』ことは叶うだろうか。お得意の『ディテールが勝敗を決める』的なシーンが見られるだろうか。アブラモヴィッチ・オーナーの眠気を吹き飛ばすパフォーマンスを披露できるだろうか。

答えはまずは来年2月。

待ち切れない。

 

ウィリアン

抜かれてはいけないニアを破られた『聖』イケル。

この失点の前の同じようなシーンではセーブしていたのだけれど・・・。ウィリアンの一発が強烈過ぎた。

『モウリーニョの話題は十分か? 、本当だ。僕は飽き飽きしている。周りの人たちには退廃的な魅力があるのかもしれないけど、もう蒸し返さなくていい。彼には彼のキャリアがあり、僕には僕のキャリアがある』

『僕はセニョール・モウリーニョと戦うためにロンドンに行ったわけじゃないし、彼も僕と戦いたかったわけじゃないだろう。僕たちは違うチームにいて、異なる目標に向かってチャレンジしている。僕は周りが関心を払うことよりも自分のことに集中している』

『聖』イケルらしい優等生的発言。モウのオヤジほどでなくていいので、もう少し毒が欲しいところだ。

 

モウリーニョ

笑えるが、マン・シティ、アーセナルに続いてノックアウト・ラウンドへ駒を進めたモウリーニョ・チェルシー。連続視聴で少々お腹一杯だったミッドウィークが終わり、またすぐに週末がやってきた。

バルサを心配し、リヴァプールでドキドキし、チェルシーを酷評する。

果たして、この週末はどんな結末が待っているだろう?。

魅せたビッグセーブと大人の対応

カシージャス

モウリーニョ

スペシャル・ワン、何を思う?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループG第2節、ポルトVSチェルシー@エスタディオ・ド・ドラゴン。

三匹の黒い羊(のうちの一匹と言われた)とその羊飼いの邂逅。『聖』イケルは昔のままの『聖』イケルだった。セスクのミドルシュートを難なく弾き出し、ペドロに訪れたビッグチャンスもパーフェクトにセーブ。ハイボールの処理と足元のスキルがプアと酷評されマドリーで干されたカシージャスだったが、健在の超人的なシュート対応力をまざまざと見せつけモウリーニョに強烈なカウンター・パンチをお見舞いした。

前半のラストプレイでウィリアンにFK(カシージャスは一歩も動けなかった)を沈められ追いつかれたが、52分にカウンターから決勝点を上げて2-1で勝利を手にしたポルトとカシージャス。チェルシーを怖れることなく攻めて勝ち点3をモノにした。

 

カシージャス

自身の、チャンピオンズ・リーグ歴代最多出場記録(152試合出場)を祝うカタチとなったこのゲーム。

『モウリーニョとは挨拶を交わしたよ。お互い紳士的に手を差し出した。もう長い時間が過ぎたし、彼と会うことがあれば挨拶を交わすよ。過去に生きるものではないからね』

『彼とは3年間を一緒に過ごして素晴らしい時間もあったし、困難な時間もあった。再会することに特別な意味はなかったよ。喜んだのはモウリーニョに勝ったからではなく、チームが勝ったからさ』

とコメントした大人なカシージャス。

『キャリア・ダウンだろ』という声が大方の意見だったと思うが、『新しい挑戦』としてポルトガルの地へ渡ったイケル・カシージャスの矜持が窺えた一戦、バルサのゲームの後に連続視聴したがナイスゲームでとても良かった。

大きな蹉跌

カシージャス

ロナウド

ロナウド

撃てど撃てどもネットは揺らせず。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第36節、レアル・マドリードVSバレンシア@サンティアゴ・ベルナベウ。

バルサのゲームの後に連続でライブ視聴しましたが、バルサにとっては大いなる躓き、マドリーにとっては痛恨のエンパテ(2-2)。負けることが許されないマドリーは、前半からシュートの雨を降らせましたましたが、ゴール右上角、左ポスト、クロスバーに阻まれ、最後は鬼神ジエゴ・アウヴェスがロナウドのペナルティをファインストップ。いつ入ってもおかしくない状況でしたけれど・・・。そんな中、売り出し中のガジャの美しいクロスをパコ・アルカセルが粘ってゴールに流し込み先制に成功したバレンシア。フットボールってホント面白いですね。またセットプレイからバックベッドで追加点も決めて、マドリーの躓きを期待していたバルサクレの僕は思わずガッツポーズ(笑)。ゲームの焦点は、後半マドリーがどういうフットボールを見せるのかに移っていきました。そして見せたインテンシティ。やはりソレは世界一のソレでした。ゲームは結局、2-2で終えてバルサが戴冠に一歩近づき、素晴らしい朝を迎えることが出来ました。

ピース。

 

マドリー

イスコ

後半のアタックはさすがの世界一でしたね(余裕)。

84分のイスコのブラヴォなミドルは凄かったです。とにかくナイスなエンパテ。あとはユーヴェに勝てるかどうか(個人的には『ユーロ・クラシコ』を切望していますので・・・)。ミッドウィークを見届けてましょう。