“ティキ・タカ”は2度死んだ

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

カシージャス

バルサの凋落とともに沈む”ラ・ロハ”。

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第1戦、スペインVSオランダ@アレーナ・フォンチ・ノヴァ・スタジアム。

ボールは持てどゴールを脅かすシーンはほぼ皆無。前半のポゼッションは70%に。5人で引いて守るオランダ相手に、ワントップに入ったジエゴ・コスタにボールが収まらず、横パスや安全なパスに終止。それでもラッキーなペナルティ(ジエゴ・コスタの切り返しから得た)で先制した。2点目を取っていれば勝ち点3は得たであろう。ダビド・シルバに決定機が訪れたが決め切れず、その直後の44分にファン・ペルシーのスーパーなダイビングループヘッドで追い付かれて前半を終えた。

それでもまだ同点だった。

後半に攻めれば問題ないはずだ。

しかし、前回の南アフリカワールドカップ・ファイナルでは散々だったミュンヘンの快速ウイングがキレキレで、ピケとラモスでは止めることが叶わず53分にリードを許してしまい、そこから為す術なく怒濤の失点を重ねてしまった。

後半は前半以上に良いところがなく、『聖』イケルの度し難いミスも重なり、まさかの大敗(1-5)を喫したスペイン。

グループリーグでゴー・ホームの危機に。アレクシス・サンチェスが絶好調なチリにもあっけなく敗れるかもしれない。バルサがカウンターに屈し無冠に終わった今シーズン。世界を魅了した“ティキ・タカ”は、ここブラジルの地でも瀕死の重傷を負ってしまった。

恐らく復活はしないだろう。恐ろしいまでの僥倖に巡り合わなければゴールは生まれないであろう(ラモスが意地のヘッドを見せるかもしれないが)。

衰えた『聖』イケルはダビド・デヘアに、シャビはコケに変えよう。セスクをゼロトップに据えて2列目からの飛び出しを狙う必要もあるかもしれない。そして、2枚のセントラル、ピケとラモスのコンビネーションが悪過ぎる問題もどうするか。

手負いの“ラ・ロハ”。

前回も初戦でスイスに0-1で敗れてからのバウンス・バックで見事優勝を飾ったが、第2戦のチリ戦まで時間はそう多くは残されていない。

 

ロッベン

ロッベン

キレキレだったロッベン。

左サイドバックのブリントからのロングフィードを秀逸なトラップからピケを難なく躱してラモスも振り切って決めきり、前回大会の汚名を見事返上した。

 

ロッベン

圧巻だったスプリント。

スナイデルのスペースに出したパスに、ラモスよりあとから駆け出したが難なくチギって追い付き、カシージャスとの一対一を制しスペインを殺した。

 

ロッベン

オランダ

ファン・ペルシーのダイビングヘッドが今大会のハイライトの一つになるだろうが、この試合はロッベンが主役だった。

 

イニエスタ

カシージャス

酷すぎた『聖』イケル。

 

シャビ

『すべてが悪かった。後半は散々だったし、僕たちは派手な形でミスを犯してしまった。悪かったすべてのことを改善しなくてはならない。チームは簡単に相手のカウンターを許してしまった』

『僕たちはもう水曜を迎えることを望んでいる。素早くリアクションを見せ、このチームが偉業を成し遂げられるチームであることを示したい。ポジティブにならなくてはならない』と語ったマエストロ・シャビ。

復活できるだろうか?

 

ファン・ペルシー

2代目フライング・ダッチマン。

それにしても凄いダイビングヘッド(それもループで)だったなぁ〜。

いよいよ明日は我らが日本。

マスト・ウィン!!

広告

La Decima!! Campion of “2014”

マドリー

マドリー

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ファイナル、マドリード・ダービー@エスタディオ・ダ・ルス/リスボン。

“個”対“集団”。

それも圧倒的な“個”に対峙する闘う“集団”と形容されたファイナル。ここまで素晴らしいシーズンを送っているロヒ・ブランコ。このゲームも開始から激しく、バランス良く白い巨人に何もさせなかった。

36分に『聖』イケルのミスからゴディンの力ないヘッドがゴールラインを越えてもそれは変わらず、ほぼ完璧だった(ゲームとしてはけっこう退屈だったが)と思う。

そしてそれは90分間続いた(65分過ぎから徐々に足が止まってきてはいた)が、あと5分で栄光のビッグイヤーを手にするところだったのに、『愛すべきクソったれ』の起死回生のヘッド(それは一昨シーズンのドログバのソレのように劇的だった)でテンションが切れてしまった。

この日キレ過ぎていたディ・マリアのシュートの溢れ球を1億ユーロの男が頭で押し込み、後半途中出場した攻撃には秀でるセレソンの左サイドバックが豪快に蹴り込み、最後はこの日ほぼ見せ場が無かったCR7がペナルティを決めてフィナーレを迎えることとなった。

アトレティコは“賞讃されるべき敗者”となり、昨シーズンのドルトムントと同様の結果に、ニュートラルな立場の僕は寂しさを禁じ得なかった。

93分までリードしていたのに。

5分のアディショナルタイムは長ぇーよ。

フットボールではよくあることだが、今シーズンはロヒ・ブランコのシーズンで良かったじゃん!!と思えて仕方なかった。

フットボールの女神は余程お金持ちが好きらしい。

最後はマドリーが、投資資金に見合う果実を手にし偉大なデシマで幕が降りた。

 

シメオネ

『悲しさは感じない。自分の目標を達することができなかったことに対するビターな気持ちが残っている。レアル・マドリーは後半、より良くなった。我々は全員疲れていたが、相手は少し良くなった』と語ったシメオネ。長過ぎるアディショナルタイムに対しては、『レフェリーが望むときに試合は終わる。私が言うことはない』と相変わらず渋過ぎるコメントを残しました。

クロップのようなユーモアはないけれど、カッコいいですね。

 

ゴディン

運もあったが・・・。

早すぎた先制点だったのかなぁ〜。

 

カシージャス

カシージャス

不用意な飛び出しで頭を越されてしまった『聖』イケル。

ラ・ロハの僚友に救われました。ペナルティキック合戦となって、クルトゥワとのマッチアップが観たくもありました。

 

セルヒオ・ラモス

まさに起死回生。

ヤンチャなアンチャンが大きな仕事を成し遂げました。

『僕のキャリアで一番重要なゴールだ。最後まで戦い抜き、ファンに信じられないほどの喜びを与えることができた。これは僕のゴールではなく、最後まで僕たちを後押ししてくれたマドリディスタ、家族、みんなのものだ。長い間待ち続けた。僕たちは優勝にふさわしい』

『ゴールについては、どんな感覚か説明できないよ。すさまじいスピードで、理解できなかった。僕たちは偉大すぎるライバルを相手に、歴史をつくった。フットボールを愛するすべての人とこのチャンピオンズリーグを祝いたい』

 

ラモス&カシージャス

そして、僚友カシージャスに対してはこう言ったみたいです。

『今日の抱擁は、数年前に交わさなければいけなかった。ゴールを決めたときは『君は愛すべきクソったれだ』って言ったよ』

 

ベイル

ベイル

3度あった決定機は逃しましたが、最後に美味しいところを持っていきました。

信じて走っていたかいがありましたね。

『今シーズン、ここまでアトレティコと4回対戦したけど、どれも厳しい接戦だった。彼らに先制されると、守備を崩すのは困難になる。幸運なことに、アディショナルタイムで追いつくことができた』

『僕は逃したチャンスのことを忘れて行き続ける。それを過去の経験から学んだ。そうすれば、また機会がくることがある。うれしいことに、僕は決定的なゴールを決めることができた。それがラスト10分の勢いになった。チャンピオンズリーグ優勝は全てのフットボーラーの夢だ』

『(トロフィーを掲げることは)信じがたい感覚だった。説明できないね。ずっと記憶に残るよ』

 

マルセロ

マルセロ

容赦ないシュートを放ち3点目を奪ったマルセロ。

攻めなくてもいいのに(笑)。

 

ロナウド

足が縺れてましたがね。

17ゴールは見事という他ありません。

 

アンチェロッティ

モウのオヤジやペップよりも凄い成績を残す名将のアンチェロッティ。

調整型の中間管理職。

3度のチャンピオンズ制覇には脱帽です。

 

マドリー

くっそーーーー。

おめでとうございました。

 

ジエゴ・コスタ

わずか9分での交代。

前線でボールが収まらず、この怪我がやっぱり痛すぎましたね。しかし、素晴らしいシーズンでした。

お疲れさまでした。

パス・フットボールの矜持

グアルディオラ

2013-2014・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、レアル・マドリードVSバイエルン・ミュンヘン@サンティアゴ・ベルナベウ。

繋げど繋げどネットを揺らすことは叶わなかった。前半のボールポゼッション率は70%を超えたが、ゴールに直結するあるいは直結しそうなシーンは皆無だった。世界最高のバルサを築いた『賢人』のメソッドを、ドイツ風にアレンジし(両ウイングと両サイドバックの関係、9番のターゲットマンであるマンジュキッチ)次代のパス・フットボールを構築中のバイエルン・ミュンヘン。

マドリーの自陣に引いてカウンターを仕掛ける展開は、過去の対ペップ・バルサと同様に、デジャヴのようだった。

今のバルサが失った前線からのプレスは効いていたが、全くスペースが無かったエリア内でダイレクトプレイが無かったかもしれない。右のロッベンはいつも通りだったが、左のリベリーが不調だったかもしれない。コーナーキックは取れどマンジュキッチへのクロスは正確性を欠いていた。

弱点の2枚のセントラル。マドリーのカウンターに対してスピードに劣るウィークポイントを突かれ、ベンゼマにネットを揺らされた前半。ロナウドにもフリーの決定機が訪れたが、あろうことかバロンドーラーはバーの上に大きく吹かしてくれて首の皮が繋がった。

後半も状況は変わらない。

マドリーにネットを揺らされる雰囲気は無かったが、貴重なアウェイゴールの匂いは漂わなかった。苛立つ『賢人』。終了間際に途中出場のゲッツェにビッグチャンスが偶発的に訪れたが、エリア中央やや右から天才が放った強烈な一撃は『聖』イケルに難なくストップされてファーストレグの幕が降りた。

“バルサ・ワクチン”が効いていたマドリー。ボールを持たして強烈な一撃を見舞う。『賢人』はゲーム後、

『レアル・マドリーはスピードがあり、カウンターにかけては世界一だ。それに対し、バイエルンはポゼッションで試合をコントロールしようとした。足りなかったのは得点だけだ』と悔しさを滲ませた。

そして、自身が信じて疑わないボールポゼッション、パス・フットボールには揺るがない矜持をこう述べた。

『ひとつ重要なことがある。ボールというのは、縦に急げば急ぐほど、跳ね返ってくるスピードも速くなるんだ。つまり縦に急ぐ攻撃をすれば、カウンターを受けるリスクも高まってしまう。そんな展開では、マドリーは我々より優れている。彼らの強みはカウンターなんだ。ミュンヘンでもマドリーは自陣に引いて、カウンターを仕掛けてくるだろう。前半マドリーは3本もパスを繋げなかった。ボールを持てなかった。信じないかもしれないが、試合を支配したチームを私は誇りに思っている』

アドヴァンテージ、マドリー。

セカンドレグはホーム、アリアンツ。『ミュンヘンでもマドリーは引いてカウンターを仕掛けてくる』と語った『賢人』の言葉を借りるまでもなく、よりソリッドに鍵を掛けてくるだろう。

自身が信じるパス・フットボールが正しいと世界に示すことが出来るだろうか。一つの答えが1週間後に明らかになる。

 

ベンゼマ

ベンゼマ

コエントランのクロスに、秀逸な走り出しとフィニッシュで応えたベンゼマ。貴重なゴールでまずはリード。

 

ゲッツェ

コースが甘く、難なくセーブされたゲッツェの一撃。

決まっていればだが・・・。

 

カシージャス

『特に難しくはなかったよ』

やはり世界一のポルテーロはカシージャスかな。

セカンドレグも刮目です。

歴史的な夜に成り損ねた夜

ムヒタリャン&クロップ

『最高の去り方だ。我々の方が優れていた。問題は2-0でしか勝てなかったことだ。しかしこれも人生だ』

ムヒタリャンにあったビッグチャンスは3度だったと思う。特に後半にあった2度を決めていれば・・・。

『この夜は、長い間忘れることができないだろう。3点目を決めるチャンスは何度もあった。もし3点目が決まっていたら、フットボールの歴史に残る最大の奇跡に入る一戦になっていたかもしれない。だがそれは起きなかった。僕たちの力を証明できた“ただの”素晴らしい夜になってしまった』とゲーム後に語ったフンメルス。

惜しかったなぁ〜。

2013-2014・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、ドルトムントVSレアル・マドリード@ジグナル・イドゥナ・パルク。

ファーストレグを0-3で落としていましたので早い時間で1点を返せれば少しは希望が出てくるのですが、逆に目を覆いたくなる失態が起りました。

 

ヴァイデンフェラー

16分にコエントランの何気ないクロスが手に当たってハンドでペナルティ。コレをヴァイデンフェラーが止めて、ここから試合の流れが変わりました。

得意のゲーゲンプレスはそれほど威力を発揮していたとは思いませんでしたが、24分。ペペのヘッドでのバックパスをロイスが搔っ攫い冷静にエリア外近くまで飛び出してきたカシージャスを躱し、エリア内でラモスの股を抜いて1点を返す。

あと、最低2点。そして次の得点は37分に生まれました。

今度はイジャラメンディの不用意なバックパスをまたまたロイスが搔っ攫いドリブルでエリア内に侵入し、左を駆け上がってきたレヴァンドフスキにパスを通す。レバンドフスキのシュートはカシージャスが手に掛けてポスト右に当たりましたが、その跳ね返りをロイスが冷静に蹴り込んで2-0としました。アグリゲートスコアは2-3。無失点であと1点取れば延長も見えてきます。後半に期待せずには居られませんでした。

 

ロイス

ロイス

ロイス

ロイス

1点目の連続画像。

素晴らしい活躍だったマルコ・ロイス。完璧な決定力でした。

後半はマドリーも攻めへの意識(カウンター)を少し取り戻した感はありましたが、65分に決定的な瞬間がドルトムントに訪れました。

 

ムヒタリャン

ムヒタリャン

センター付近でレヴァンドフスキの胸パスからロイスが抜け出し、ドリブルでマドリーディフェンスを引き付けムヒタリャンへのスルーパスを通し、ムヒタリャンは『聖』イケルを躱してあとは無人のゴールへ流し込むだけでしたが、左足から放たれたボールは無情にも左ポストに当たりゴールはなりませんでした。

コレが決まっていればなぁ〜・・・。

その後にもエリア内でフリーで放ったシュートがあったムヒタリャン。カシージャスが難なく弾き出して3点目を奪えませんでした。

試合はこのままホイッスルが吹かれ、マドリーはからくも昨シーズンの雪辱を果たし、愛すべきシュバルツゲルベンの今シーズンは幕が下りることとなりました。

ファーストレグでアウェイゴールが取れていればなぁ〜。今日あったもう一つのゲーム(チェルシーVSパリ)がまさにソレだっただけに惜しまれますね。

今シーズンは怪我人が多すぎて、今日のスタメンもホント苦しい陣容でした。来シーズンのチャンピオンズ出場権確保とミュンヘンとの一戦、あとポカールで何とかタイトルを取りたいドルトムント。残りのシーズンは怪我人を出さず終えて欲しいものです。

お疲れさまでした。

素晴らしいゲームをありがとう!!。

 

カシージャス

しかし、やっぱカシージャスは凄ぇーわ。

マドリーのチャンピオンズリーグ・4シーズン連続のセミファイナル進出の立役者は間違いなく『聖』イケルです。ここは是非ともセミファイナルでモウリーニョ・チェルシーと当たってもらいたいものです。

抽選会が楽しみだ。

R&B炸裂!!

ベイル&ロナウド

2013ー2014・チャンピオンズリーグ・グループB・グループステージ第4節、ユベントスVSレアル・マドリード@ユベントス・スタジアム。

強烈な個のパワー。

決定機を逃しませんねェ〜。後がないユベントスが引き蘢ってしまい、どうなるかな(ハズレ?)と思いましたが朝から十分楽しめました。

 

カシージャス1

マドリーはボールポゼッションしてもダメですね。ロナウドとベイルはスペースが必要です。攻めあぐねていると、前半終了間際にヴァランがポグバを倒してしまいペナルティで先制されたマドリー。

 

ロナウド

ロナウド

ロナウド

上手い。

マルティン・カセレスの痛過ぎるバックパスのミスを咎めたロナウドの冷静なゴールで追い付き、8分後にあっという間に試合をひっくり返しました。

『あぁぁぁぁ〜』って感じで左サイドを抜けてブッフォンとの1対1にあっさり勝利。ここまでチャンピオンズ4試合で8ゴールと絶好調です。

 

ベイル

60分。

ロナウドのパスを受けたベイルが、エリア右で仕掛けニアに豪快に蹴り込み逆転。1億ユーロの男も速くて強い。しかし、このシーン以外はほとんど消えていましたが。まだまだ手探りかな。

ゲームは、ユベントスも粘り、痛過ぎるミスを犯したカセレスのクロスをジョレンテが頭で合わせ2ー2で終えました。

カシージャス、何てことない右からのクロスだったけどなぁ〜。ディエゴ・ロペスなら飛び出して触っていたかも?って思いました。

 

カシージャス

今日もスーパーなセーブを数度見せてくれた『聖』イケルでしたが、最後のシーンはどうだっただろう?

一瞬の逡巡が致命的となるキーパーは大変です。

グループBはガラタサライがコペンハーゲンに0ー1で敗れ2位争いは混沌としてきました。ユベントスは最下位ながら勝ち点1差。ガラタサライとコペンハーゲンに連勝すれば自力勝ち抜け。どうなるでしょうかね。

どうでもいいけど、マドリーのこのオレンジのサード・ユニフォーム?、オランダ代表みたいで好き。

2.44m×7.32mのドラマ

マドリー守護神

wowowのノンフィクションWを観ました。

『天才』と『努力』の人って括りでは計り知れない凄いドラマです。マドリーのカンテラ出身で同年齢のイケルとディエゴ。

モウリーニョとの確執から出番を失い、怪我もあってどん底に堕ちてしまった『聖』イケル。

その怪我のタイミングに合うように、2013年1月の冬の移籍マーケットでマドリーに戻ってきたディエゴ。そしてただ出場するだけでなく、完璧に結果も残してポジションを手に入れたのが凄いです。

超人的な反応が持ち味のイケルと、サイズがあって的確なポジショニングとセービングが持ち味のディエゴ。

対照的なふたり。

ドラマティックです。

モウリーニョがいつものケンカ腰に言った、『足元がうまく、クロスに飛び出せる高さのあるゴールキーパーが好きなんだ』ってコメントも良く分かりますが、事は『ラ・ロハ』の正守護神だけに簡単にはいきません。結局、モウリーニョが去った今シーズンもマドリーの守護神はディエゴ・ロペスとなりましたがね。

ラインを高く設定する、あるいは必然と高くなる(相手がリトリートするので)ヨーロッパの列強のスタイルは、広大なスペースを埋める事が求められます。そういう意味では、今のディエゴ・ロペスの方が合っています。

厳しい世界です。

そのような世界で、番組のエンディングに心からの笑顔を携え語ったイケルの言葉に心を打たれました。

『これまでになかった経験をした。そこからプラスになることを見つけ出すよ。そしてまた、ファンを喜ばせたい。結局、人に喜んでもらうのが好きなんだ』

『試合に出られないのなら我慢して努力するだけ。どうってことない。つらい時期はもう乗り越えたんだ』

『僕はいま、新しいイケル・カシージャスだよ』

 

カシージャス

超人的で神懸かったセーブが持ち味。

 

カシージャス

ロッベンとの1対1に勝利し優勝に貢献した南アフリカ・ワールドカップでの思い出。

ブラジルでも勇姿を観ることが出来るでしょうか?って何故か最後はカシージャスばかりになってしまいました。

Tú puedes! Íker!!

呪われた『聖』イケル

イケル

イケル

いよいよ始まった2013-2014シーズンのチャンピオンズリーグ。どのゲームにしようかと悩みましたが、まぁ〜相方も観ますので無難にマドリーにしました。

2013ー2014・チャンピオンズリーグ・グループB・グループステージ第1節、ガラタサライVSレアル・マドリード@アリ・サミ・イェン・スポル・コンプレクシ。

リーガではファーストチョイスで無くなった『ラ・ロハ』の守護神イケル・カシージャスですが、チャンピオンズとコパではスタメンとなることが決まっていたので楽しみにしていたのですが、もう呪われているとしか言いようがありません。

開始早々のフェリペ・メロだったと思いますが、強烈なミドルをナイスセーブで弾き出して、『おぉぉっっ!!、やっぱイケル、イイねぇ〜』と思ったのも束の間、ロビングボールの処理でセルヒオ・ラモスと交錯し左の脇腹?背中を痛めてしまいました。そんなに激しい接触では無かったと思いましたが、数分後にピッチを去ってしまいました。

昨シーズンはアルベロアに左手を蹴られて骨折し、モウリーニョ批判も相まって控えに甘んじた苦しいシーズンでしたが、ようやく!と思った矢先のアクシデント。

もうね、モウリーニョの呪いとしか思えませんね。スペイン・フットボールに打撃を与えたかどうかは定かではありませんが、『聖』イケルには確実に打撃を与えてますね。

 

交代

何とも言えませんね。

軽傷を祈るばかりです。

 

ロペス

ディエゴ・ロペス

そして、またこの男がナイスセーブを連発しました。

諦めなかった男(知りませんが)、ディエゴ・ロペス。『神』と同じファーストネームを持つこの『聖』イケルと同い歳の苦労人が、失点を防ぎマドリーは救われました。

ゲームはイスコが先制点を上げて、後半はベンゼマやロナウド等の怒濤の連続ゴール。結局6点を奪ったマドリーが圧勝で初戦をモノにしました。

しかし、分からないものです。

昨シーズン途中まではセビージャに居たディエゴ・ロペスが、あれよあれよで『エル・ブランコ』の正ゴールキーパーとなって(またかなり活躍している)チャンピオンズまで出場です。諦めず、自分の力を信じることの大切さを教えられましたね(ウソですが)。

そして、偉大なデシマを達成する瞬間には、偉大な『聖』イケルは居ないかもしれません。試合後のマドリーの発表では、『骨折はないが、軟骨組織に影響が出ている。左肋骨への打撲で、MRI検査を行う』とのことでした。

寂しいなァ〜。