采配の妙

カシージャス

2人の知将による素晴らしいチェスマッチ。

コンフェデレーションズカップ・セミファイナル、スペインVSイタリア@ゴヴェルナドール・プラーシド・カステロ(フォルタレーザ)

勝者に相応しかったのはイタリアだった。スリーバックを採用しスペインを上回る決定機を作り、イニエスタとアルバの攻撃オプションを無力化していた。

思えば昨年のEURO2012のグループステージでもスペインと互角のゲームを演じ(ファイナルではコンディションの差で0-4で完敗)、魅力溢れる攻撃的なフットボールを世界に披露し、カテナチオは遠い昔となったアッズーリ。

惜しむらくは、決定機で決めることが叶わなかったことだろう。バロテッリの不在も響いたかもしれない。スペインを完全に沈黙(トーレスの個人技のみが唯一のチャンスだった)させたが、スコアレスで前半を終えた。

スペインは4-1-2-3の布陣を敷いていたが、シルバが全く精彩を欠き、ワイドに開き効果的に右サイドを攻めあがるマッジョに手を焼いていたアルバは、攻撃参加の機会を失っていた。

後半、アクシデント(?)の為か、先に動いたのもプランデッリ。スリーバックの一角のバルザーリを下げて、驚くことにモントリーボを投入。デ・ロッシを3枚の中央に下げ、ボヌッチを右にスライドさせた。デ・ロッシは攻めでも効果的な働きを見せていた前半だったが、近代フットボールでは死滅してしまったリベロ的な役割を担う格好で、前のピルロとモントリーボへボールを供給できるようにトランスフォームした。

一方のスペイン。後半、メンバーチェンジはなく始まったが、消えていたシルバの見切りを早々に付けたデルボスケ。ヘスス・ナバスを右に入れて、バルサスタイルから縦への突破でイタリアラインを下げさせることに舵を切る。酷暑で足が止まるであろうイタリアにとってはかなり効果的な一手だった。お蔭で右サイドでキエッリーニは徐々に疲弊し、ピボーテのピルロやモントリーボが守備に忙殺されることとなり攻めへの活力を失うこととなる。

しかし、ズルズルと時間だけが過ぎ効果的な攻撃が見出せない両者。スペインにはメッシは居ない。天才イニエスタが素晴らしい個人技を披露し局面の打開を試みてはいたが、疲労のせいかシュートの精度を欠いてネットを揺らすことが出来なかった。

デルボスケは前線のペドロをマタに、プランデッリはマルキージオをアイクラーニ(どうでもいいがアイクラーニの奥さんは美人過ぎる・・・)に代えるもゲームは動かない。終了間際にピケに決定機が訪れるが、渾身の力を振り絞って身体を投げ出すアッズーリの魂のディフェンスに、バルセロナまで届かせるが如く大きくフカしてしまいゴールネットを揺らすとこは叶わず、エクストララウンドへと死闘は続くこととなった。

最後も先に動いたのはプランデッリ。前線で頑張っていたジラルディーノに代えてジョビンコを投入し一撃に期待を賭けた。スペインの爺様はここでは様子見。最初にイタリアに決定機が訪れたが、ジャッケリーニの一撃はポストを叩き歓喜は訪れなかった。

これを機にデルボスケが最後の、あまりにもエキセントリックな一手を放つ。正直、『それはねェーよ』と極東の片隅で喚いてしまったが、コレがあまりにも効果的で驚きを禁じえなかった。

ここまで、あまり(とういうか一度しかなかったが・・・)決定機を作れなかった坊主頭のイケメンに代えてハビ・マルティネスを投入したデルボスケ。もう失点しないことが前提なのか?、『ビジャだろ、ソコは・・・』、無知蒙昧な極東の素人の考えをヨソに、そのまま9番の位置にバイエルンのピボーテを配したのである。この190㌢の長身ミッドフィルダーが前線で効果的に動き、ボールをキープし、イニエスタとのパス交換でチャンスを築こうと奮戦した。

シャビの無回転ミドルがブッフォンに弾かれポストを叩き、右サイド深くをナバスが抉る等ゴールの香りが漂い、劇的なスペイン勝利のフィナーレの予感も感じたがとうとう両者ネットを揺らせず、120分の死闘を終えてフットボール・ロシアン・ルーレットでファイナル進出へのチケットを争うこととなった。

ここで詳細は記さないが、7人目にイタリアはボヌッチが右上にフカしてしまい、スペインはナバスがそのプレイスタイル同様、勢い良く左下隅に蹴り込み(あの勢い、ボールスピードではブッフォンはノーチャンスだった)死闘に終止符を打った。

負けない“ラ・ロハ”。

そしてファイナルは、世界が望む現王者と元王者(ウルグアイを2-1で下したセレソン)との久しぶりのビッグ・マッチとなった。セレソン的には“マラカナンの悲劇”を拭い去るにはまたとない相手。

世界が感嘆するスペクタクルにならんことを願うだけである。

 

ナバス

ラ・ロハ

みんなキックが上手いです。

全くハズす感じがありませんでしたね。イタリア1人目のカンドレーバに“クッキアイオ”で決められましたが、シャビが返す刀を冷静に右隅にブッフォンの逆を取って沈め流れを戻しました。

 

カシージャス&ブッフォン

カシージャス&ブッフォン

健闘を讃えあう両カピタン守護神。

『聖』イケルは覇気がないような印象をい受けましたが、勝ち切りファイナルへ。しかし、延長戦でも決着が付かないゲームをライブ観戦していては遅刻してしまいますね~。

トホホ・・・(笑)。

広告

華麗なるパスフットボール

スタジアム

永遠に繋げるかのようなパス。アンチには退屈で凡庸、“ティキ・タカ”はここ@ブラジルでも炸裂しました。

コンフェデレーションズカップ・グループステージ・第1節、スペインVSウルグアイ@アレナ・ペルナンブーコ。

“ラ・ロヒータ”のU21・EURO2013・セミファイナルも楽しめましたが、“ラ・ロハ”はその上の次元でした。出勤する前にライブ放送を観ましたが、南米王者・ウルグアイを全く寄せ付けず、素晴らしいデキで初戦をものにしましたね。

ペップ・バルサが完成形と言われる“ティキ・タカ”(ボールをワンタッチプレイで回し、選手間でボールが行き来する様を表現した擬音語・・・らしい)。この試合も、そのバルサのプレイヤーが7人も先発し、メッシの居ないバルサよろしくスマートでエレガント、全く慌てることなくプレイし、美しくネットを揺らしました(特にソルダードがフィニッシュした2点目)。

開始10分でまずはイニエスタがスルーしたボールを受けたセスクが、エリア中央手前で前を向いて放ったシュートが左ポストを叩いて試合が動きます。

そして、20分。コーナーキックの毀れ球をペドロがボレーで叩き、シュートコースに居たルガーノに当たりディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれ先制。

32分には、セスクがドリブルで中央やや右のバイタルゾーンへ侵入しディフェンダーを引き寄せ、エリア中央でフリーとなったソルダードに斜めのスルーパスを通し2-0としました。

セスクの右前にはフリーランニングしていたペドロが居ましたし、完璧に崩した美しいゴール。ソルダードは冷静にネットを揺らし、爺様の先発起用に見事結果で応えました(ゴールの前にクロスを合わせ損なうシーンもありましたが・・・)。

前半のボール支配率は80%に迫る驚異的な数字を記録。ウルグアイの消極的な戦術も影響してはいたと思いますが、それでも圧倒的です。

流石に、後半はウルグアイも前への意欲を見せて支配率は70%まで下がりましたが、危なげなくイート・ザ・タイム。終了間際にスアレスにフリーキック(出勤してしまいライブでは観れませんでした)を決められ2-1とされましたが、数字以上に完勝で上々の滑り出しを見せた“ラ・ロハ”。ナイジェリアとタヒチのグループBに入っていますので、セミファイナルまではイージーモード。

ブラジルかイタリアかメキシコとのセミファイナルが楽しみです(悲しいかな我が日本代表は無理でしょうね)。

強いなぁ~。

チャンピオンズリーグのバルサとマドリーの失態で『どうなの?!』的な空気があったと思いますが、このゲームに限っては完全に杞憂に終わりました。

次のゲームでは疲労を考慮し、この試合は途中出場だったカソルラやマタ、ハビ・マルティネスやあるいはフェルナンド・トーレスが先発するかもしれません。EURO2012でもそうでしたが、フレッシュにファイナルに挑める感じがここブラジルでも見えてきました。

またカシージャスがカップを掲げる可能性がけっこう高まったかもしれません。

 

セスク

オープニングシュートを決めていればマン・オブ・ザ・マッチだったかもしれないセスク。

でもアシストを記録しデキは良かったですね。

 

イニエスタ

縦横無尽にエレガントにステップを踏んで攻撃のリズムを取っていた『天才』イニエスタ。

文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。

 

ペドロ

ゴール

代表ではゴールを量産するペドロ。

『神』メッシが居ないからか、積極的なプレイが功を奏しているのかもしれません。

 

ソルダード

あと2点は取ることができましたが、結果を出したソルダード。

次のゲームも先発できるでしょうか?

 

カシージャス

唯一の不安材料?、スアレスにフリーキックを決められた『聖』イケル。

壁の上を越えてきた見事な1発でしたが、モウリーニョに干されていたので試合勘が心配されます。この試合はほとんど攻められませんでしたので、真価はセミファイナル以降に問われます。

This is “football”

アトレティコ

マドリー

コパ・デル・レイ・ファイナル・マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

残酷な“明”と“暗”。

決める時に決めておかないと大きすぎるツケを払うことになります。21年ぶりに実現したファイナルでのダービー。マドリーは対アトレティコここ25戦無敗と圧倒していましたが、結果、辛酸を舐め無冠でシーズンを終えることとなってしまいました。

具体的な数字が分かりませんが、シュート数、決定機で大きく圧倒していたマドリー。14分にCR7がコーナーキックをヘッドで捻じ込み幸先良く先制。2年前のバルサとのファイナルのようにヘッドを沈め、マドリーが勝つだろうなぁ~って感じになりました。

しかし、35分。“ティグレ”ファルカオが南米のプレイヤーらしい個人技(アルビオルとケディラを躱し置き去りにする素晴らしいテクを披露)で前を向きボールをキープ、ダイアゴナルに右から中央へ入って来た“ベスティア”コスタにスルーパスを通し、“ベスティア”はエリア手前で左足を振り抜きにディエゴ・ロペスの左を抜いて同点に追い付きました。

分からないものです。

決定機が全く無かったアトレティコでしたが、勝負強く1発を沈め1-1に。前半終了間際に溢れてきたボールをエジルが左脚で叩き付けた一撃が右ポストに当たるシーンがありましたが、イーブンで後半へ。

このポストへの一撃が、結果この試合を象徴していたかもしれません。

後半もマドリーに決定機が幾度となく訪れました。CR7が右ゴールライン際で粘って中央へ折り返し、溢れてきたボールをフリーのベンゼマが左脚で振り抜きましたがこれもポストを叩き、その跳ね返りをエジルが秀逸なトラップでディフェンダーを躱してシュートを放つもゴールライン前で弾き返され、その後のCR7のフリーキックも(壁の下を抜いた頭脳的な一発でしたが左ポスト下を直撃し、溢れたボールはコエントランが吹かしてしまい)はゴールを割れませんでした。

決めきれない苛立。モウリーニョは主審に対する激しい抗議で退席処分。

アトレティコは亀のように耐え凌ぐのみでしたが、一度、右からのクロスをフェリペ・ルイスがダイレクトでシュート(惜しくも枠へは飛びませんでしたが)したシーンがありました。

しかし、両者ネットを揺らせず延長戦へ突入。

そして98分。ついにゴールが生まれます。コーナーキックから、一度跳ね返されましたが、右サイドからコケが絶妙のクロスを上がっていたミランダが合わせてネットを揺さぶりました。

マドリーももちろん諦めず、イグアインとエジルにフリーの好機が訪れましたがクルトゥワがビッグセーブで1点差を守り抜き10度目の国王杯制覇を成し遂げました。

いつもなら簡単に決まっていたであろうチャンスを逃し続けたマドリー。ゴタゴタが無惨過ぎて、オンリー・ワンはチームマネジメントに失敗し、マドリーでのキャリアを最低の形で終えることとなるでしょうね。

アトレティコの皆さん、関係者、クレの方達、おめでとうございます。“ティグレ”の去就は気になると思いますが、来シーズンはチャンピオンズにも出場です。

果たして、どんなシーズンになるでしょうか?楽しみですね。

 

コスタ

貴重な同点弾、良く決めました。

 

決勝点

コケへの寄せが甘かったですかね。

コパ10度目の優勝を手繰り寄せたヘッド。

 

エジル

not his day。

勝負弱いイメージは無いんですけど、3回も決定機を決めることが出来ませんでしたね。

 

ロナウド

先制弾を上げたロナウドでしたが、苛立ちの余りレッドカードを受けてしまいました。

『聖』イケル、優しい。

 

モウリーニョ

立つ鳥跡を濁し過ぎです。

尊大で高慢。似合っていますが、いい加減飽きてきたかな。

 

祝勝

シメオネ、お見事。

修羅の道の終焉

ドルトムント

ラモス2

ロナウド2

チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSドルトムント@サンティアゴ・ベルナベウ。

届かなかった。

足りなかった。

ファーストレグを1ー4で落としたツケは余りにも大きい代償となってしまいました。開始早々イグアインに決定機が訪れ、フリーのエジルは有ろうことかを枠の右に外し、ロナウド(怪我の影響?精彩を欠いていましたね)もネットを揺らすことが出来なかった前半。1発でも沈めていれば、違っていたでしょうか。

ドルトムントは、開始から15分間訪れるであろう凄まじい圧力を凌ぐことが出来ればファイナルへ到達するでしょうとファーストレグ終了後に書きましたが、マドリーは冷静さを欠いて熱くなり過ぎだったかもしれません。

猛攻は25分は続きましたが、スコアレスでの折り返し。今日のマドリーなら45分で3点は可能だと思いましたが、ズルズルと時間だけが過ぎて行きました。

打開策はコエントランに代えてカカをピッチに立たせスリーバックにトランスフォーム、同時にイグアインに代えてベンゼマも投入し、最後はシャビ・アロンソに代えてケディラをピッチへ。

チャンスはドルトムントに計3度訪れたのもお構いなし。レヴァンドフスキが一つ決めていればもっと早く終わっていましたが、幸いファーストレグのような決定力はなく、そのお陰か終了間際に盛り上がりを見せました。

83分。

エジルの右サイドからの速いクロスにベンゼマが飛び込み、ようやくネットを揺らすとそこから最後の猛攻が始まります。終止ドルトムント陣内で、88分、左ゴールライン付近で粘ったベンゼマのマイナスの折り返しを上がりっ放しのセルヒオ・ラモスが渾身の一撃でネットを揺らし2ー0に。アグリゲートスコアを3ー4とし、あと1ゴールで奇跡のウェンブリーです。

アディショナルタイムは5分。イケる雰囲気がベルナベウを包みました。

しかし、サンタナを入れ、フンメルスが中盤の底に上がって落ち着きを取り戻したクロップドルトムント。マドリーはゴールを割る事は叶わず、オンリー・ワンのマドリーでの3回目のチャンピオンズは終わりを告げました。

試合後、来シーズンもマドリーを指揮し続けるのか?と問われ、

『おそらくノーだ。皆に求められる場所にいたい』と答えたオンリー・ワン。不倶戴天の敵、バルサを完全に上回った今シーズンでしたが偉大なデシマは叶わず、失敗のシーズンとなってしまいました。

プレイヤー達に極度の緊張感を強いて、時には激しく口撃。ロッカールームから漏れ聞こえたカシージャスやラモス等との不協和音。3〜4年のフットボールサイクルが一つの終焉を迎えたという事でしょうかね。

マドリーの来シーズンは果たして。モウリーニョの夢の跡には荒野だけが残るのでしょうか?

 

ベルナベウ

素晴らしい雰囲気だったベルナベウ。

最後までチームを鼓舞し、奇跡を信じていました。

 

ベンゼマ

ベンゼマの遅すぎた1点目。

『決定機をものにしていれば、突破の可能性は高まったはずだ。だが、フットボールはゴールを記録しなければスコアは動かず、我々は決めることができなかった。今日生み出したチャンスを考えれば、突破はほぼ決定的だった。だが同時に、決め切らなければ、どんな可能性も存在しない』とはモウリーニョ。

 

ラモス

モウリーニョとの確執が表面化したラモスのゴールにアイロニーを感じてしまいました。

 

ラモス③

『今日のような試合を見せて敗れるほうがいい。フットボールとはこういうものだ』

とゲーム後に語ったセルヒオ・ラモス。キャプテンマークを巻くに相応しいファイトで男を上げましたね。

 

モウリーニョ

グッバイ、モウ。

ロンドンでまた観ることが出来るのでしょうか?

スーーパーーー

イグアイン

イグアイン②

イグアイン③

リーガ・エスパニョーラ第30節、レアル・マドリードVSレバンテ@サンティアゴ・ベルナベウ。

ゴラッソ過ぎたイグアイン。

前半は停滞していましたが、イグアインのスーパーボレーで追いつき、ハンドで得たペナルティをカカが決めて2-1で折り返し。

ハーフタイムでボスに怒られたか?ロナウドも後半から出場し縦へ縦へ、速いカウンターを繰り出しそれはもう数多くのチャンスを作りだしたマドリー。

しかし、ゴールは奪えず3点目が入ったのが終了間際。エリアど真ん中でイグアインのマイナスの折り返しを冷静に決めて、エジルが2発(ロナウドとディ・マリアのアシスト)ゴールへ流し込みマニータでイスタンブールへ旅立ちました。

負ける感じしないなぁ~。

カシージャス問題がありますが、ぶれない唯我独尊のオンリー・ワンにとってはノー・プロブレムでしょうね。

 

マドリー

CR7も絶好調。エジルも途中出場ながら2ゴール。

イスタンブールへはヴァカンスだな。

 

カシージャス

放送中に何度も抜かれる『聖』イケル。

今シーズン中に復帰することはあるでしょうか?

痛い負傷と2つのレッドカード

Karim Benzema

コパ・デル・レイ、クォーターファイナル・セカンドレグ、バレンシアVSレアル・マドリード@メスタージャ。

ファーストレグ@ベルナベウを2-0で勝利していますのでよほどの事が無い限り勝ち抜けは出来るマドリーです。が・・・しかし、アクシデントと不用意なカードでセミファイナルは始まる前から厳しい状況になってしまいました。

まずは『聖』イケル。

セットプレイの混戦の中、アルベロアに左手を蹴られ退場してしまいます(クリアしようとした中でのアクシデントではありましたが、その後の報道で骨折と判明。ユナイテッドとの決戦にも間に合わないかもしれません。)。

試合は前半終了間際にベンゼマがキーパーとの一対一を決めきり勝負ありとなりました。

貴重なアウェイゴール。

後半ティノ・コスタに1発決められましたが、大勢に影響はありません。

アグリゲイトスコアは3-1でネクストラウンドへ進出です。しかし、コエントランが2枚目のイエローカード、ディ・マリアが1発レッドで退場となり、セミファイナル・ファーストレグは出れなくなりました。

う~~ん・・・。

バルサがこの後に勝ち上げれば『クラシコ』なんですけどね。ベストメンバーでの勝負がみたいところではありました(『クラシコ』になるかはわかりませんけれど・・・。)。

どうなるでしょう?次週がファースト・レグです。

 

Karim Benzema

勝負を決めた1発で結果を出したベンゼマ。

冷静でしたね。

 

カシージャス

気の毒な『聖』イケル。痛すぎる骨折です。

カシージャスなら止めていたであろう1発を決められたアダンではやはり駄目だと思います。

10人くらいが丁度イイ!?

レッドカード

リーガ・エスパニョーラ第18節、レアル・マドリードVSレアル・ソシエダ@サンティアゴ・ベルナベウ。

絶賛確執中のマドリーですが、ウインターブレイク明けでも状況は変わりませんでした。この試合も先発したアダンでしたが、ベンゼマの開始早々のゴールで得たアドバンテージをあっという間に吐き出して波乱の幕開けです。

エリア内でPKを献上し、1発退場のオマケ付き。ピッチを後にする時のブーイングが切なすぎました。ここで活躍が出来れば今シーズンはスタメンでイケたかもでしたが・・・。次節は出れませんので、そのあとのモウリーニョの采配が気になるところではあります。

試合は、PKを決められ1-1になりしたが、エリアに少し入ったところから放ったリカルド・カルバーリョのシュートをケディラがヒールで引っ掛け流し込み2-1に。しかし、マドリーは10人です。こちらも毀れ球をシャビ・プリエイトに蹴りこまれ2-2で試合を折り返しました。

ハーフタイムでのボスの指示が気になりますが、ロナウドもエジルもよく走っていたと思います。実際はもう勝っても負けてもリーガは終わりましたが、後半はロナウドが4人を相手にベンゼマとの速攻を完成させ、これまた久々にブレ球でFKを捻じ込みました。何度かあったFKをようやく決めて4-2としたマドリーは76分に1点返されましたが、なんとか凌ぎ勝ち点3を手に入れ試合を終えました。

10人だと走るしかないですからね。

プライドを賭け、ガムシャラに・・・なかなか悪くはなかったマドリー。モウリーニョはサポーターのブーイングでどうこうは無いですが、起用されたアダンは全く駄目です。

次節以降とチャンピオンズをどうするのでしょうかね・・・?

 

カシージャス

まさかの途中出場。見えるだけかもしれませんが、なんか生気がなかったですね。

プロフェッショナル中のプロフェッショナルだと思うのですが、やはりモティベーションを保つのは難しいのでしょうか?

 

ロナウド

攻守とも奮闘してました。いつもやればいいのに・・・。

 

ロナウド②

モウリーニョ

2点目を決めてモウリーニョのところへ駆け付けたCR7でしたが、当のボスは『バカヤロウ!早く守備位置につけ!!』って感じの中(違うかなぁ~?2枚目のイエローカードを出さなかった主審に対しての文句だったかもしれませんが)、それでもハグをしてピッチに戻ったCR7が少し微笑ましかったです。